2012年11月30日

世界へ

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

「ACL!ACL!」
先週土曜日の日立台。柏熱地帯から沸き起こったコール。これこそ、今の我々柏レイソルにとって大きな希望であり、これ以上ないモチベーションです。

121130_sekai.jpg

現在勝ち点52、得失点差+7で4位レイソル。サガンを逆転して3位になるためには、、、JsGOALにとてもわかりやすい説明が載っていました。
http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00147433.html
サガン(勝ち点53、得失点差+10)vsマリノス(勝ち点50、得失点差+10)の直接対決があるため、3位の最低ラインは『勝ち点53、得失点差+11』となります。

レイソルが、もし明日の鹿島戦に引き分けたとしても、勝ち点53で得失点差は+7のまま。すなわち、『まずは鹿島に勝利』しか、レイソルがACLに進む道はありません。そしてマリノスが勝つか引き分けるか、です。

ネルシーニョ監督は「最終節まで希望的な目標を持って戦えることは、とてもポジティブなことです。今季はアウェイで9勝しています。昨年は10勝しました。カシマでは難しい戦いになると思いますが、それでも最近の試合内容やアウェイでの成績からみても、いい結果を残せると信じています」。

また工藤選手は「紅白戦からセットプレーと、しっかりいい準備ができた。言い訳が残るような試合は絶対にできない。最後はチーム全員の総力戦ですから。鹿島は監督が代わることが決まって、いつも以上の力、いつもと違った力が出るかもしれない。でも自分たちもACLへの意気込みは本当に強いし、自分自身としても鹿島相手にいい結果を残したい!」

121130_game.jpg

121130_game2.jpg

そして今日の2タッチゲームでも、選手たちはとても活気にあふれていました。藤田選手が「ACLにむけて、チームが一つの方向を向いているのが強み。勝たないといけないというのも、はっきりして良いです!」と話したように、チーム全体が目標に向けて突き進む雰囲気のまま、大一番に挑みます。カシマスタジアムに結集するサポーターのみなさん、テレビの前で応援される方、携帯片手に祈りを送る方。みんなの力をこめて、世界へとつながる勝利を勝ち取りましょう!

最後に、本日30日が2012シーズンDVDと2013レプリカユニフォームの先行予約の最終日となっております。夜遅くなってきましたが、まだオンラインショップは23時59分まで受け付けておりますので、ぜひお申し込みください!
http://www.reysol-shop.jp/

2012年11月29日

掴み取る

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:河原 正明

 今シーズンのJリーグも今日を入れてあと3日のみ、いよいよ今季の集大成を見せる時が近づいてきました。トップチームは土曜日のアウェイ・鹿島戦に向けての練習を行いました。

 今季鹿島とはナビスコカップを含めて3試合対戦で2分け1敗。ホームの2試合は引き分けたものの、アウェイでのナビスコカップ準決勝第1戦では3-2で敗れています。「ナビスコでやられていますからね」と振り返る橋本選手。普段は物腰の柔らかい言葉遣いですが「自分たちはACL出場権を狙えるチャンスが残っている。今回はアウェイでやり返さないと」と静かに、しかし闘志をメラメラと燃やしています。
 先日の神戸戦の試合開始前でイエローカードが累積3枚の選手が6名いました(那須、ネット、澤、近藤、田中、茨田選手)。結果、3枚のイエローカードをもらいましたが、茨田選手1名の出場停止とレイソルにとっては最小限の戦力損失で済みましたのは幸いです。
 そしてケガ人も戻ってきつつあり、総力を挙げて難敵・鹿島に臨めることは昨季のシーズン最終戦のアウェイ浦和戦と同じような雰囲気になってきました。
 確かにACL出場権は他力本願であることは間違いありません。しかし、前提条件はあくまでも我々が試合に勝つこと。先日のホーム最終戦でサポーターの皆さんが掲げた通りに自ら掴み取るものです。
 
 明日はトップチームは9:30から試合前最後の練習を行います。アウェイでの戦いは厳しいものとなりますが、お時間のある方はぜひ現地で、またスカパー!中継でご声援よろしくお願いします!

1129tr.jpg

 最後にお知らせです。「2012シーズンDVD」と「2013シーズンレプリカユニフォーム」先行予約の締切が、明日30日となっています!王者として戦った2012シーズンをいつまでも保存しておいてください!

http://blog.reysol.co.jp/news/2012/014421.html

 また2013ユニフォームの先行予約も明日までとなります。新シーズンは新しいユニフォームで。こちらも期間限定での受付となりますので、お急ぎお申し込みください!

http://blog.reysol.co.jp/news/2012/014497.html

2012年11月28日

子供の笑顔

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

日に日に寒さが身にしみるようになってきました。ロングのダウンコートが手放せません。今日は紅白戦。ACL出場の3位が手の届くところで戦える、最終戦の鹿島アントラーズ戦。
「もしかしたらもっと早くACL出場を決められたかもしれない。勝ち点をとりこぼしてしまった試合もあった。今回はサガン次第で難しいゲームだが、ポジティブな結果を出せる自信も持っている。復帰から2試合に出て、体力もゲーム勘も戻り、コンディションは上がっている。チームのために貢献して、勝利したい」。頼れるエース・レアンドロ選手の言葉からは力強さが感じられます。

去年は「僕が決めて、歴史を変えます」という有言実行男・工藤壮人のゴール。そして前半途中から10人になりながら、ヨンハ&マスというCBコンビが急増とは思えない連携と魂のディフェンスで、1-0の完封勝利。まさにレイソルの歴史に残る勝利をつかみとりました。今季の鹿島戦は、ここまで3戦して2分1敗。ナビスコ敗退の借りをここで返さなければいけません。

今日は地域の学生さんたちとの交流がありました。まず「朝日れすか」からお越しの職業体験記者さん2人。レイソルを応援してくれているという柏中学校の女の子が取材したのは増嶋選手でした。普通ならちょっと聞き出せないような新生活への質問もありましたが(笑)、とてもかわいらしい笑顔のせいか、「中学生だから今日はいいよ!」とマスが優しいお兄さんぶりを遺憾なく発揮。

最後の記念撮影では、引率の先生の「タラバガニ!」(=ハイチーズの意味合いですね)の声で、マスがしっかりカニポーズのVサイン。ところが2人はそのまま。。。「え?、やってくれないんだもん?」としょげるマス。そこで先生から今度は「ズワイガニ!」のもう一声!すると、こんな素敵な笑顔の写真が撮れました。これからもレイソルと増嶋選手を応援して下さいね?!

121128_masu.jpg

そして午後からは、学校訪問活動「レイソルしま専科」。松戸市立馬橋小学校を、栗澤選手と澤選手の同級生コンビが訪問しました。元気一杯の6年生を前に「夢を叶える」というテーマで経験談を話しました。
「みんないろんな夢を持っていると思うけど、順調にいかないこともあると思います。でもその時に何が足らないのか、夢を叶えるにはいま何が必要なのか。自分に問いかけて、真剣に夢を追ってほしい」(栗澤選手)
「夢を叶えるには近道も遠回りもない。ひとつのことに集中することも大事だし、いろんなことに触れ合って感じ取ることも大事だと思います。みんなの物語はまだ白紙。これから作っていくストーリーは自分次第です」

そして質問タイム。「2人のポジションを教えて下さい」という質問に対し、「フォワードとディフェンダーの間にいる、中盤ですね」とクリ。そこへサワが「女の子もいっぱいいるからね?」と驚愕の答えが。「たとえば、好きな子がいるとするよね。でも恥ずかしくて自分では言えない。そんな時、代わりに伝えてくれる友達がいたりするよね?そんなポジションです。みんな、わかったかな???」。なんと恋愛に例えるという笑撃取れたての澤語録が生まれました!!

121128_gakko1.jpg

最後はサッカーボールを使った10人組によるリフティングゲームや、手つなぎサッカー。宮本マネージャーの司会で体育館の中は大いに盛り上がりました。そして、同校には栗澤選手が小学校時代にサッカーを教わった先生が在籍されていました。すべての行事が終わった後、5年3組のクラスを訪れると、子供たちの大歓迎を受けました。先生は「持久走大会で3位になって悔し泣きしていたよ」と昔の思い出も披露して下さいました。クリも「今日は18年ぶりに先生に会えたこと、本当に嬉しかったよ」と懐かしんでいました。

121128_gakko2.jpg

121128_gakko3.jpg

今日は増嶋選手も含め、多くの子供たちの笑顔に出会うことができました。選手たちにとって大きな力になったことでしょう。これからも子供たちを笑顔にできるような選手でいてほしいと思います!柏中学校のお二人、馬橋小学校のみなさん、今日は本当にありがとうございました!

121128_gakko4.jpg

2012年11月27日

成長株

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

先週末のスカパー!「Jリーグ終盤戦討論会」。サンフレッチェが優勝したJ1リーグ、J1昇格プレーオフなど、今季のJリーグの出来事について、解説者やジャーナリストの方々が、いろんなテーマで議論されていました。時間も押し迫ったラスト、それぞれが選ぶ今季のMVPとベストヤングプレーヤー賞のコーナー。元Jクラブ監督の美濃部達彦さん、浅野哲也さん、ジャーナリストの後藤健生さん。たしか7人中3人が、我らが「茨田陽生」をヤングプレーヤー賞に推してくださいました。

「シーズンを通して波が少なく安定していた」「中盤のどこでもプレーできる」「対戦してやられた印象が強い」など、高い評価を受けていること、とても嬉しく思いました。ボランチでのゲームメイク、左右への散らし、FWへの鋭いクサビ。2列目に入れば、ドリブルへのしかけやシュート。そして苦手だった守備でも身体を張ったり、セカンドボールへの反応など、今年また成長を遂げた3年目です。

レアンドロ選手のように試合を決定づけるプレーは多くなくとも、それでも有識者の肥えた目に強く印象付けるプレーがたくさんあったのでしょう。その本人、いたってマイペースなところもありますが、メディアの方からは「もっと自信を持ってプレーしてほしいな?」という厳しくも大きな期待の声も。今季ここまでリーグ戦33試合全部にベンチ入りし、28試合に出場。最後の最後に累積警告で出場停止になったのは残念ですが、それもフルシーズン戦ったからこその勲章です!

121127_bara.jpg

いよいよ11月も今日を含めて4日になってしまいました。お知らせしていた、「2012シーズンDVD」と「2013シーズンレプリカユニフォーム」先行予約の締切が、金曜日の30日までに迫っています!去年ほど勝ち星を伸ばせない苦しいシーズンではありますが、ここまでACL圏内を争っている今シーズン。チャンピオンエンブレムを初めて付けて戦った記念すべきシーズンを、ぜひDVDとしてお手元に保存してはいかがでしょうか。
http://blog.reysol.co.jp/news/2012/014421.html

そして、インターネット上でも「かっこいい」という声を多く目にした2013ユニフォーム。来季のスタートは、2年ぶりホームのちばぎんカップからです。2013初戦を新しいユニフォームで応援するためには、今月内でのご注文いただくしかありません。
http://blog.reysol.co.jp/news/2012/014497.html

両方とも、オンラインショップ、KAMO柏店、東急ハンズ柏店で受付中です。30日まであとわずか、まだの方はぜひご注文下さい!

最後に、今日メインスタンドの4階から、夕陽に映えるこんなきれいな富士山を見ることができました。何かの吉兆になりますように?

111127_fuji.jpg

2012年11月25日

青天

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:河原 正明

 まずはアカデミーの情報から。本日11時から大阪・万博競技場で行われたJユースカップ準々決勝・対ガンバ大阪ユース戦ですが、1-1の接戦の末、PK戦4-5で敗退となりました。前半にレイソルU-18が川島選手のゴールで先制するも、後半のガンバに追いつかれてしまいます。2日前には粘る清水を延長戦で振り切ったU18でしたが、今日は決着が着かずにPK戦に。今季はPK戦に自信を持っていましたが、残念ながらあと一歩及ばず、ユース二冠は突然に夢と消えました。
 しかし、まだ大きな目標のプリンスプレミアリーグ昇格をかけての関東1部リーグの試合が2戦残っています。可能性のある限りあきらめずに、2連勝で締めくくりましょう!

1125skyissoclear.jpg

 昨日の今季ホーム最終戦、残留に挑んだヴィッセル神戸を1-0で退けて勝利したレイソルイレブン、今日は抜けるような青空のもとでトレーニングを行いました。
 スタメン組はリカバリートレーニングを、そしてそれ以外のメンバーは少ない人数ながらも気持ちの入ったトレーニングに励みました。
中でも神戸戦は出場停止だった栗澤選手は気合十分。次節は茨田選手が出場停止となります。4vs4のキリカエの練習でも鋭い読みからの守備と、緩急付けたパスにシュートと漲る気持ちをプレーで表していました。代わっての出番を目指しての戦いは今日から始まっています。

 さて、今夜8時30分からはチバテレビでライジングレイソルが放送されます。約2年ぶり?
の出演となった菅野選手のインタビュー特集もあります。昨日の試合でも危なげない守備で5試合ぶりの完封勝利をもたらしたスゲ、変幻自在のトークで攻めるあや吉の攻撃をどう対応したのか?ぜひお見逃しなく。
 ちなみに西谷さん、本日行われた神戸マラソンに出場してなんと目標だった3時間15分を切る好タイムだったそうです。もう立派なアスリートですね!おめでとうございます!
 明日はトップチームはオフとなります。また火曜日から鹿島戦に向けて準備をしていきます。引き続きご声援よろしくお願いします!

1124sugenostanding.jpg

2012年11月24日

あとひとつ

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

前半37分。レイソルのすばらしい立ち上がりから、それまでヴィッセルに与え続けた圧力の成果によって、ひとりの退場を引き出したのは間違いありません。ただ、夏の苦い思い出がよみがえってきました。8月4日の新潟戦、8月11日のFC東京戦。相手が退場者を出して、数的優位の状況になったにもかかわらず、勝ち越しゴールを決められなかった試合です。「すごくいい内容だったのに、あそこの引き分けが本当に痛かった」と増嶋選手が悔しんで振り返るほどの悔恨です。

そして4月18日、アウェイでのヴィッセル戦。先制されながらも澤選手のゴールで追いついて、その後も圧倒的に攻め込んだ試合。シュート数は21対6と大きく上回りながら、遠ざかっていた勝利がほしいばかりに、カウンターに沈んだ一戦です。失敗を犯した試合から何を学び、どう生かすのか。そんな課題を突き付けられたような気がしました。

11対10になってから、やはり相手の守備陣形が下がり、レイソルの攻撃は膠着しました。ゴールが遠く、狡猾にファウルを誘ってくる相手や、レフェリーの判定など、ピッチやスタンドからも怒りのエネルギーが漂っている感じがありました。そんなとき、ジョルジの黄金の左が、また光り輝きました。試合途中ではありましたが、これほどまでに安堵感と落ち着きをもたらすゴールがあったかというほど、レイソルは息を吹き返したゴールでした。そして90分、破綻なく、課題をしっかりクリアしました!

121124_JW.jpg

「今日は応援してくれたサポーターの皆さんがプレゼントしてくれた勝利です」。そして「息子に捧げたい」とも。先週17日マリノス戦がジョルジの誕生日でしたが、実は息子さんも同じ日に生まれたという素敵なバースデー。オーバーヘッドのゴールかと思われた1点はオウンゴールに訂正されてしまい、一週遅れではありますが、家族でにぎやかにお祝いできるメモリアルゴールになりました!

今日は2013シーズンに向けて、ヨネックス製の新ユニフォームが日立台でお披露目されました。1stは既報の通り、シャツ、パンツ、ソックスが黄・黄・黄。そして初披露の2ndは白・黒・黒となりました。スタイリッシュな配色の2ndも早く見てみたいのですが、1stが黄色一色になったことで、アウェイゲームの多くでもレイソルイエローで戦えるメリットがあります。またGKユニフォームの1stは黒・黒・黒に。菅野選手が「本当は黒を着たいんですよ?」と望んでいたのですが、フィールドとソックスの色が異なる仕様になったことで、その希望も叶います!

121124_nuni.jpg

また2013シーズンの年間シートの受付がスタートしましたが、早くも多くのお申込みをいただいて本当にありがとうございます。ただ、FAXを送られた際に、裏表が逆になって、白紙のまま到着しているお申込みが何件かあるそうです。送信の際は今一度お確かめ下さい。また心当たりがおありの方は、アソシエイツ事務局までお問い合わせください。

歓喜の試合後には、サポーターの皆様へむけて最終戦セレモニー、あいさつがありました。
大谷キャプテンは「いつも熱い応援をありがとうございます。リーグ戦やACL、ナビスコなど多くの試合があるなか、ホームでもアウェイでも共に声援をいただいて本当にありがとうございます。まだACLの可能性もあるし、天皇杯もあります。あと少し、最後まで後押しをよろしくお願いします」

ネルシーニョ監督からは「いつも皆さんからいただいているサポートに心からお礼を申し上げます。Jリーグ連覇という目標は成し遂げられませんでしたが、まだACL出場の可能性は残っていますし、最後まで戦い続けます。まだ鹿島戦もありますし、12月15日にはここで天皇杯もあるので、最後まで応援をお願いします。元日まで一緒に戦いましょう」。最後はもちろん、イチ、ニ、サ?ン、VITORIA?のコールでした!

121124_nel.jpg

この大きな大きな一勝で、4位に浮上。3位のサガンとは勝ち点1差となりました。鳥栖との得失点差を考えると、まずレイソルは来週の鹿島戦での勝利が絶対条件です。あとはサガンvsマリノスの結果次第。人事を尽くして、天命を待つ。2013年もさらに成長できるステージに立てるよう、まずはこの1試合に全力で挑みます。掴み取ろう、アジアの舞台!

121124_sup.jpg

2012年11月23日

絶対はない

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:河原 正明

 今年のJリーグもいよいよ最終盤、明日の試合はJ1第33節となります。その前日の今日、国立競技場ではJ1昇格プレーオフ決勝が行われ、来季J1に上がってくるチームは大分トリニータに決まりました。リーグ戦6位から2度のプレーオフで見事なアップセット、驚異の逆転昇格劇を演じました。改めてサッカーに「絶対的有利」はないことを見せ付けられました。

 そして、同じ時間に静岡・アウスタでJユースカップ2回戦 清水エスパルスユース戦を戦っていた柏レイソルU-18。常に相手に得点を先行を許すも、粘り強く追いつき2-2で延長戦に。延長戦の前半1分に川島選手がゴールを決め逆転に成功すると、後半に2点を加えて5-2で清水を下しました。準々決勝は25日(日)に、川崎フロンターレU-18を5-1で破ったガンバ大阪ユースと万博競技場で対戦となりました。またしても『アウェイ』ゲームですが、力強く勝ち上がって帰ってきてくれることを期待しています!

 トップチームも寒い雨の中、15時から日立台でいつも通りの練習を行いました。フットバレーで体力調整に務めました。明日の神戸戦についてワグネル選手は「残留争いをしているチームとの試合は難しい。大宮、ガンバと苦労した。残り2試合も神戸、鹿島が相手だが、我々も大きな目標があるので勝つつもりだ」と厳しい試合は想定のうちのよう。
 一方、ネルシーニョ監督は「前回4月の対戦ではフリーキックとカウンター2本に屈してしまった。ただ、今はあの頃とお互いに状況が違う。我々はACL出場圏の可能性を残しているし、神戸は残留のために全力で向かってくる」。だが今回は前回対戦時には不在だった「レアンドロがいるのは大きいのはまちがいない。相手にもイヤだろう」とその存在の大きさを示しました。「明日も拮抗した戦いになるだろう」、我々もすでに残留争いチームと2試合戦った、また自らの過去の経験を生かして、今季の目標達成のために勝利の道へと向かいます。
1123training.jpg

 さて、練習前には今季最後の"BtoJシート"の寄贈式が行われました。明日招待するのは芝浦工大柏中学校サッカー部の皆さん。今日は1・2年生の部員33名が揃って徒歩でスタジアムにお越しくださいました。
 出迎えたのは桐畑、田中、工藤の3選手。こちらも万全の出迎え?でした。「部活でサッカーをやりながらJリーガーを目指して欲しい」との思いをそれぞれが直接伝えていました。3選手には明日の試合、ピッチ上で躍動する姿を見せてあげてほしいものです!

1123shibaurakashiwa.jpg


 いよいよ明日は今季最後のホームゲームです。ヴィッセル神戸との一戦は17時30分キックオフ、おかげさまでチケットもレイソル応援席は残少となっています。寒い冬のナイターになりますが、暖かい格好でお越しください。

1123taniElgorazo.jpg

 スタジアムでは様々なイベントが行われます。明日の試合は「ドコモショップ柏グループデー」。事前にマイショップ登録をされた方に先着1,000名さまに「オリジナルユニフォーム型ストラップ」がプレゼントされます。また、大谷選手が手にしているエルゴラッソ特別版も会場で配布されます。中には大谷キャプテンのインタビューもたっぷりと掲載されています。こちらも忘れずにゲットしてください。


 2013年版柏レイソルオリジナルカレンダーも明日より各所で発売いたします。BtoJシートの寄贈を終えた3選手たちも興味津々。「オレはどう??」と心配な桐畑選手でしたが、全24選手が12ヶ月に渡って登場します!工藤選手も「カッコイイですねー!」とご満悦のカレンダー、ぜひお買い求めください。

1123itssogoood.jpg
1123buythis.jpg

 最後に来季に向けてのユニフォーム展示のお知らせです。明日の試合会場で2nd
ユニフォームとGKユニフォームの1stモデルを初お披露目します。もちろんフィールド用の1stモデルも展示しますので、お楽しみに!

 明日はイベントやセレモニーなど盛りだくさんですが、一番大事なのは90分間の試合なのは言うまでもありません。全力で臨むべく、今週も選手たちは全精力を注いできました。今日のプレーオフの結果は、改めて身がしまる思いをさせられました。明日の試合にも絶対はありません。それでもリーグ戦は残り2試合、泣いても笑っても180分間だけになりました。相手に負けじと最後まで勝ち点6を目指すイレブンに、どうぞ熱い応援をよろしくお願いします!

2012年11月22日

明日は、、、

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

今日はまず、大きなニュースを発表いたしました。
ネルシーニョ監督が来季2013シーズンもレイソルを率いることになりました。2009年の7月から数えて、5年目のシーズンを迎えることになります。J2降格、J2優勝、J1優勝、ACL出場。監督が日立台に来てから、レイソルは確実にステップアップし、前進を続けています。「勝利」への意志、意欲を、クラブやサポーターに強く色濃く植え付けてくれています。5年目のシーズン、2度目のリーグ制覇、そしてタイトル獲得という目標を成し遂げるべく、ネルシーニョ監督のもと、柏レイソルは戦って参ります。

121122_nel.jpg

でも今シーズンはまだ終わっていません。ACL出場権の3位以内へ。レイソルが上位グループのクラブと認められるためにも、ACL出場は大きなスタンダードになります。もちろん浦和や名古屋など、他クラブの結果次第ではあります。ただこのプレッシャーのかかる2試合、前節も含めて3試合、ここをすべて勝てたとしたら、王者として戦ってきた2012シーズンの成果や力を証明することになるはずです。チャンピオンの底力を、まずは土曜日にホーム日立台のサポーターに見せなければいけません。

世の中は、明日から3連休です。国立ではジェフとトリニータのJ1昇格PO決勝戦が13時から行われます。もちろん来年のライバルとなるチームの行方が気になるところですが、レイソルサポーターにとっては、同じぐらい重要な試合があります。U-18チームがJユースカップの2回戦に挑みます!
http://blog.reysol.co.jp/news/2012/014521.html

いつもは16時30分からのトレーニングですが、今日はトップチームの非公開練習のとなりで遠征前の最終調整が行われました。一番右、目下得点王の吉川選手は軽やかにリフティング。
121122_u182.jpg

3年生の中村選手に代わってゴールを守る2年生GKの伊藤選手、1年生GKの木村選手も、険しい表情で松本GKコーチの話に耳を傾けます。
121122_u181.jpg

昇格POと同時刻、場所は清水のアウスタ。午前中はあいにくの雨模様ですが、そこはベストピッチ賞のアウスタ。すばらしいピッチが雨のおかげで、よりボールスピードが増し、レイソル伝統のパスサッカーがより際立つコンディションになるかもしれません。ここを勝てば、はや25日日曜日に万博へ。ガンバvsフロンターレの勝者との準々決勝です!こちらへもどうぞ御声援ください!

そして明日23日は、Jリーグアウォーズのサポーター参加申し込みの締め切りとなっております。昨年のように選手全員がレッドカーペットを歩く夢は叶いませんでしたが、華やかなステージに立つレイソル戦士3人の姿を、ぜひ横浜アリーナで御観覧ください。そして個人的ですが、レイソルとして獲りたい賞がひとつあります。「最優秀育成クラブ賞」です。毎年のように「なんでレイソルじゃないの!?」って内心思っていました(苦笑)。他にもすぐれたクラブが多数ありますから仕方ないとも思うのですが、本当に今年こそは!と思える、これまでのアカデミーチーム、そして工藤選手らユース出身選手の活躍がありましたからね。これは本当に楽しみに期待しています。観覧のお申込は下記Jリーグサイトからどうぞ。
http://www.j-league.or.jp/awards/

そして去年のすばらしい余韻に少し浸ってみましょう!
http://www.j-league.or.jp/search/?type=photo&club=&category=013&year=2011&month=&day=&search_word=&search_b=SEARCH

最後に、今日からクラブスポンサーの「モラージュ柏店」さんに、レイソルブースがオープンしました。鮮やかなグリーンの人工芝が敷かれ、工藤選手や茨田選手のスパイクやサイン入りボール、おなじみティキタカ編集部さんが撮影された数々の写真パネル、また大きなスクリーンにはDVD映像が放映されています。ホームタウンにまたレイソルのイエローやエンブレムが輝くスポットが増えました。モラージュ柏店さんには深く御礼を申し上げます。今後ともレイソルへのご支援をどうぞよろしくお願い申しあげます。

121122_mallage.jpg

2012年11月21日

あきらめない

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:河原 正明

 今日の午後、流山市立長崎小学校で学校訪問「レイソルしま専科」が開催されました。今回の参加選手はチーム最年長の安 英学選手、そして流山、といったらご当地出身のわれらがキャプテン・大谷秀和選手は外せないですね。
 そしてさらに秋谷スクールコーチも参加。実はこの長崎小は秋谷コーチの母校でもあるのです。そのことを良く知るPTAの方からの熱いラブコールを受けて「レイソルトーク」にも挑戦。午後2時に安 英学選手と大谷選手、それぞれの応援歌に導かれ体育館に入場しました。

1121yonhaktalk.jpg

 トップバッターは安 英学選手。澤選手に負けず劣らずにこれまでに様々な経験をしてきたヨンハ選手。なにより現在、レイソル所属の現役選手では唯一「FIFAワールドカップ 南アフリカ大会」に出場した経歴の持ち主です。
 サッカー漬けだった小?中学校、そして高校時代。実は高校卒業前、就職を考えて一時はサッカーをあきらめていたいたヨンハ。正月に親戚が集まった席でいとこから「本当はサッカーがやりたいんだろ?自分の人生、後悔はするな。俺はやりたいことをやらずに今でも後悔している。ヨンハには同じ思いはしてほしくない。今からでもプロになるために一生懸命やってみろ!」と諭され、号泣したそうです。「サッカーができる、サッカーをしたい」という答えが見つかってからも努力をし続けて、そして大学卒業後にアルビレックス新潟でプロ選手となりました。
 クラブハウスに帰ってきてから「お昼ごはんでちょっと眠そうな子もいたので(笑)、目が覚めるような話をしてきましたよ!」といたずらっぽく笑っていましたが、自らの軌跡を一言一言思いをこめて話す姿に寝た子も起きたことでしょう。
 
 続いてはキャプテン。実は今回招聘してくださった6年生を受け持つ先生は、大谷選手が西初石中時代の美術の先生!そんな偶然から話はスタート。
 中学時代にJr.ユースでスタートしたレイソル人生。ユース時代の高校3年生にはトップチームに練習参加をするようになりました。練習で対峙したのは明神選手(現:G大阪)や玉田選手(現:名古屋)といった代表クラスの選手たち。その時に将来の夢が「プロ選手になりたい」から「プロ選手に絶対になる」と変わりました。そしてプロ入り。両親がすごく喜んでくれたのが嬉しかったそうです。プロ入り後も決して順調なだけのサッカー人生ではありません。J2降格を2度体験しましたが、昨年にJ1で優勝することができました。最後に「ACLで優勝してアジアチャンピオンとしてFCWCに出場すること」と今の新たな夢を披露してくれました。

1121taniakiya.jpg

 そして最後は秋谷コーチ。冒頭、自分が八木幼稚園から長崎小、そして八木中学校と今日参加した在校生のほとんどと同じ歩みをしてきたというツカミで、一気に子どもたちの心を掴みます。流山でサッカー選手を目指していましたが、「サッカー選手をあきらめたのは隣の選手がいたからです(笑)」と隣の大谷選手を指差します。「大谷選手は当時から本当に上手かった!」その後スポーツの専門学校に進学、2007年から縁あって柏レイソルのスクールコーチを務めています。
 「夢は簡単に叶わないものです」とは秋谷コーチ。しかし「ダメと思わずに悩んで、考えて次の夢を見つけることもできる。だからみんなもたくさん考えてほしい」。同じ年の二人が紆余曲折を経て揃って地元の学校を訪れる。当時は考えられなかったことでしょうが、3人に共通しているのは「あきらめていない」こと。夢を持ち、叶え、あるいは変え、そして次の夢に向かう。3人のメッセージはきっと子どもたちにも理解できたと思いますし、レイソルの選手、スタッフとしても現在進行形でなくてはならないことでもあります。

1121nagasaki.jpg

 最後に全員で記念撮影を。「僕も学生時代にJリーガーが学校訪問してくれたことを今でも良く覚えていますよ!」とヨンハ選手。だからきっと、長崎小の児童たちもプロ選手の発する言葉に勇気付けられただけでなく、今日のことを忘れないでしょう。

1121goodbye.jpg

 さて、トップチームは明日は非公開練習となります。そして土曜日にはヴィッセル神戸との今季最後のリーグ戦ホームゲーム。我々の誰一人もACL出場圏である3位をあきらめてはいません。チケットもレイソル応援席は柏熱地帯を除く指定席は残り少なくなっています。土曜日は雨も上がる予報です。ぜひスタジアムで今シーズンの集大成となる試合を見届けてください!

2012年11月20日

ラスト2

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

リーグ戦は残り2試合。ACL出場の3位以内を目標に、新たなスタートを切っているレイソル。マリノス戦で復帰戦を勝利で飾ったレアンドロ選手、そして近藤選手をはじめ、2日のオフでリフレッシュした選手たちが、今日からトレーニングを再開しました。優勝争い、ACL出場争い、J1残留争い。Jそれぞれのチームが、それぞれの最大目標に向けて戦うラスト2。マリノス戦よりもさらに苦しく厳しい戦いを覚悟しなければいけないでしょう。

121120_TR1.jpg

フィジカルにボールトレーニングと2時間にも及ぶ練習。ただ選手たちの表情は、気持よい青空のように晴れやか。一つの勝利で自信を取り戻し、ボールや対人に激しくアタックしようという気迫がみなぎっています。去年の今頃、優勝を懸けて戦ったホーム最終戦セレッソ戦の前と変わらぬような、いい空気が流れています。

121120_TR2.jpg

今日はたくさんのテレビクルーが日立台へ。チバテレビ「ライジングレイソル」の西谷さんは菅野選手インタビュー。J:COM「レイソル魂」の須貝さんは初対面の選手にあいさつ&取材。キリの激しい口撃をかわすことができたでしょうか!?

121120_maaya.jpg

そしてBS日テレ「アスリートの輝石」のみなさんは、柏からドイツへ旅立った酒井宏樹選手のルーツを求めて、日立台にお越し下さいました!同級生の工藤選手、中学時代にトレーニングを共にした酒井直樹コーチ、そしてU-14の古賀選手、増田選手など、サカイが育った日立台と縁深い仲間をご取材いただきました。もちろんドイツで頑張っているサカイのインタビューもあるそうですよ!12月の放送予定ですので、お楽しみに?

121120_kudo.jpg

121120_sakai.jpg

2012年11月17日

雨中の激戦を制す

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:河原 正明

 雨のやまない日産スタジアムでの横浜F・マリノス戦は、接戦の末に2-1で勝利することができました。
 シーズン最終盤に差し迫ってもまだ混沌としているリーグ戦。優勝争いは2チームに絞られましたが、昨年よりも3位争いはシビアな状況です。今日は浦和×広島、そして横浜×柏とACL出場圏内での直接対決が2試合行われました。
 我々の試合はどうしても勝ちたい、という両チームの意地がぶつかる激しいものとなりました。ピッチコンディションが良くなく、立ち上がりこそ慎重だったものの、試合が進むにつれて、互いの感情がむき出しになっていきます。

 レイソルはセットプレーのチャンスでラッキーな先制点をあげます。しかし、思うようにボールをコントロールすることができず、試合の流れを掴めません。それでも一点リードで前半を折り返します。
 しびれる試合展開の後半はやはり復帰したエース、レアンドロ選手に注目が集まりました。しかし、相手のマークもきびしく、何度も倒される場面が。
 それでも数少ないチャンスをしっかり決めるのがエースのエースたる由縁。「長い間チームを離れていたが、復帰初戦でゴールすることができてチームに貢献できました。これも支えてくれたスタッフ、家族のおかげです。もちろんサポーターの声援も力になりました。残り2試合も応援してください!」と感謝していました。

 またCB近藤選手も予定より早く復帰することができました。実は試合勘の部分では不安があった、と試合後に明かしましたが、「マスと試合中にコミュニケーション取って、ゲームをやりながら戻しました(笑)」とタフな部分を実戦で見せてくれました。
コンビを組んだ増嶋選手も「最後までカラダを張って守れた」と話し、工藤選手も「前節のガンバ戦の反省を活かせた」と逃げ切り成功で直接対決を制したことを喜んでいました。

 これで順位も6位となりました。しかし、一喜一憂はできません。残り2戦も全力で臨むだけです。雨の中、最後までご声援いただきましてありがとうございました。次はホーム最終戦です。上位進出をかけての、そして「ACL圏内の目標を保つことができた(ネルシーニョ監督)」戦いとなります。チケットは残りわずかです。ぜひスタジアムで応援よろしくお願いします。

 なお、トップチームの明日の練習はオフとなりました。西が丘では14時からJユースカップ・大宮ユース戦があります。観戦は無料ですので、お時間ある方はヤングレイソルの応援にお越しください。

2012年11月16日

ワグネルファミリー

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

さあ10日ぶりのリーグ戦が明日に迫りました。アウェイ横浜でのマリノス戦です。
「相手は攻撃力がある。ウチはまず守備をしっかりして、切り替えを早くして、カウンターにつなげたい」(増嶋選手)。
「マルキーニョスはすごくキープ力があって、前線でタメを作れる。それで後ろが押し上げられるし、いいリズムを作っている」(栗澤選手)
「経験豊富なDF、クリエイティブな中村俊輔、前線にはスピードのある選手がいる。開幕で対戦した時よりも数段チーム力が上がっている」(ネルシーニョ監督)

一様に相手を警戒するコメント、マリノスにはそれだけのタレント、そして調子の良さがあります。ただ甘んじて受け入れるはずもなく、いい緊張感が走っていました。ただ試合前日の2タッチゲームは明るく元気な雰囲気に包まれ、この中断期間をうまく過ごせた証拠ではないでしょうか。同点での延長戦は、藤田選手の左クロスを、那須選手が押し込んで劇的Vゴール!その手前で倒れ込むディフェンスの井原コーチ。3人とも奇しくもマリノスOBです。それぞれ期するところがあるでしょう?明日の試合が楽しみです。

121116_game.jpg

ほかにも明日を楽しみにしている選手がいます。ジョルジワグネル選手です。実は今週、ブラジルからご両親をはじめ、妹さん家族、親戚などワグネルファミリーが大挙来日しています。その中には、10月の川崎戦のマッチデープログラムで紹介してくれた甥っ子のレオくんも(写真左)。

121116_JW1.jpg

練習後のピッチではジョルジ叔父さんを相手に、見事なシュート!!
121116_JW2.jpg

そして駐車場ではファミリーが揃って、大賑わい!15番のレイソルTシャツを着たレオくん、愛らしい姿で写真に収まってくれました。
121116_JW3.jpg

明日11月17日は、ジョルジの34歳の誕生日です。もちろんファミリー皆さん、日産スタジアムへ駆けつけて、ジョルジとレイソルの応援に駆けつけてくれるそうです。心強い応援団を得て、黄金の左足が雨の横浜を切り裂くバースデーゴールを決めてほしいですね!
14時キックオフ、横浜で会いましょう?

121116_JW4.jpg

最後に、18日日曜日から、2013シーズンのヨネックス新レプリカユニフォームの先行販売予約がスタートします!当初の1000枚から3倍増の3000枚を準備いただいているそうです。そしてデザインが変わるのはもちろんですが、より選手の体にフィットする仕様になっていることから、レプリカも裾回り・肩幅がタイトになります。ホームページのニュースから比較表をご参照頂き、よくご確認の上、お申し込みください(身丈・胸囲に変更はございません)。多くのご注文をお待ちしております!
http://blog.reysol.co.jp/news/2012/014497.html

2012年11月15日

準備OK?

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:河原 正明

 今季のJ1リーグも残りあと3試合。土曜日には日産スタジアムで横浜F・マリノス戦との一戦を迎えます。日産スタジアムでの試合は「横浜国際総合競技場」と一時的にネーミングライツが外されていた昨年12月18日のクラブワールドカップ3位決定戦以来、11ヶ月ぶりとなります。
1115spreadwings.jpg

 トップチームは9時30分から練習を行いました。今週、だけではなくここ最近のメディアの注目選手は工藤選手。ガンバ戦でリーグ戦6試合ぶりのゴールを決めて今季13得点。スコアランキングも3位タイに浮上し、俄然、周囲の期待も上がっています。
 しかし、本人は周囲の喧騒をよそに「自分は得点を取るのが仕事。ガンバ戦は2ゴールしても勝利に結びつかなかった」。あと1点とっていれば、との思いのほうが強いようです。それは自分自身に課す責任感と、そういう自分への期待の裏返し。
2010シーズン J2リーグ第3節・福岡戦であげた初ゴールからこれまでに積み上げたゴール数は34。当時から今も変わらずFW陣で最年少です。しかし、取材を受ける度に発する言葉は重さと力強さもゴール数に比例して増しています。
 
 今季は途中で3人のFWがチームを去りました。ネット選手が加入後も「攻撃の軸は自分だと言い聞かせて、どんな形でもチームに貢献しなければいけないし、頼られるプレーをしなくてはいけない」と最年少ながらFW陣を、チームを引っ張っていくんだという強い決意をたびたび口にしています。それだけに「マリノス戦は勝てば相手の順位を上回れる大事な大事な一戦。自分のゴールで決めたい」。不退転の決意で臨む今季ラスト3戦、工藤選手に期待したいと思います。

kudo1115.jpg

 チームバスもきれいに清掃されました。先月の広島戦以来約1カ月ぶりの出番が待ちきれないようです。そういえば去年はラッピングバスで横浜に乗り込んで行ったなー、という郷愁もありますが、やはり乗りなれたいつものヤツで行くのが一番でしょう。
 さて、明日は午前中に練習を行い、午後に移動となります。土曜日は雨予報ですが、皆さんの準備はOKですか?どうぞスタジアムで選手の後押しをしてください!

1115readytogo.jpg

2012年11月14日

ネクスト

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

マリノス戦へ向けて、調整が進んでいます。今日は紅白戦、ちょっと冷たい澄んだ空気のなか、白熱のゲームが行われました。リフレッシュの効果か、フィジカルトレーニングにおかげか、選手個人の動き、そして連動したパスワーク、非常に良く映りました。土曜日が本当に楽しみになりました。

その選手たちのなか、久しぶりの顔がありました。山中亮輔選手です。U-19アジア選手権から昨日の夜に帰国し、今日から日立台のトレーニングに復帰しました。「時差ボケがあってほとんど眠れてません」。そして準々決勝敗退で、U-20ワールドカップの出場権をあと一歩のところで逃しただけに、表情はやはり晴れません。

121114_yama.jpg

「個の力が足らなかったと思います。アジアレベルで相手を圧倒するぐらいじゃないと、世界では通用しない。個人のレベルアップがもっと必要だと感じました。ワールドカップへあと一勝だったのに、そこを勝ちきれなかった」。悔しいっす、という言葉が本当に今の心情を表していました。ただ、すぐに次の舞台が待っています。週末のマリノス戦へ向けて、少しでもチームの力になれるよう、コンディション調整に努めます。

11月9日から放送されている、クラブオフィシャル番組「HITACHIDAI TV」。ご覧いただけましたでしょうか。スカパー!のレイソル担当の方からは、番組についてのツイッターの書き込みをお送りいただいて「良かった」というご感想が多数あって、ほっと一安心です。お見逃しの方も、まだ再放送がありますので、今一度ご覧いただければと幸いです。

そして、続く第2回も準備も進行中です。今日、日立台のスタジアムで撮影を行いました。今回はドキュメントから一転して、トークを企画!登場するのは大谷秀和選手。SADAのスーツに身を包み、あるゲストの方をお招きし、桑原学さんの司会により収録が進みました。「いったいゲストは誰!?」というのは、またのお楽しみということで。。。改めてゲストの方の発表、また予告映像もホームページにアップできると思いますので、いましばらくお待ちください?

121114_tani.jpg

2012年11月13日

突き詰める

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:河原 正明

 トップチームは17日(土)の横浜F・マリノス戦に向けて9時30分から練習を行いました。オフ明けの昨日から戦列に戻ってきた選手も多く、また明日からは残念ながらU-19日本代表から帰国した山中選手も合流予定、ようやくにぎやかな練習場が帰ってきそうです。
 今日のメインは"キリカエ"とシュート練習。実はネルシーニョ監督の言う"キリカエ"は「攻守を切り替える行動」そのものではなく「素早い守り」を意味するのですが、狭いコート内で足元へのパスだけでなく、空いているスペースを見つけて声を掛けて人を動かして、そして励ましあう。これまで積み重ねてきた基本をさらに突き詰める作業。もちろん、ベースはシーズン当初よりはるかに上回っています。
 ただし、それは相手も同じ。開幕戦で3-3の派手な撃ち合いを演じたマリノスですが、いまやリーグ最小失点の強固な守備陣を誇ります。1点勝負が予想されますが、「残り3試合で一番順位が近い相手(ネルシーニョ監督)」だけにレイソルの勝利には攻撃陣の奮起が必須となるでしょう。今日もたっぷりと時間を割いての準備に余念がありませんでした。


1113tr.jpg


 さて本日、ホーム最終戦・神戸戦チケット情報を更新しました。おかげさまでホーム側の指定席が残りわずかになってきました。最終戦を良い席で観たい!とご希望のサポーターの方はお早めにチケットをお買い求めください!

 また明日の夜、スカパー!で天皇杯3回戦のダイジェストが放映されます。見逃した方はぜひチェックを!また天皇杯4回戦以降の試合もスカパー!で全試合放送されます。ちなみに12月15日(土)の横河武蔵野戦はNHK-BS1での生中継となりました。その天皇杯4回戦のチケットは11月24日(土)より発売開始になります。
 さらに土曜日の横浜戦はBS-TBSでの中継も追加されました(120分枠)。でもアウェイゲームを試合前から最後の監督インタビューまで楽しむなら、ぜひスカパー!でどうぞ!!

2012年11月12日

レフティー

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

3日ぶりの広報日記です。トップチームはお休みでしたが、その間、いろいろな試合が行われました。まずは一番の大きな大会、山中選手が参加中のU-19アジア選手権。グループリーグを2位で通過し、今日の明朝に迎えたイラクとの準々決勝。勝てば日本代表が来年のU-20ワールドカップ出場権を獲得できる試合でしたが、結果は1-2で惜敗。

2大会続けて世界への切符を逃していただけに、日本サッカーの命運を背負い、大きな使命感を持っていたことでしょう。大変残念な結果に終わってしまいましたが、山中選手は左サイドバックで4試合にフル出場。国内では得難い経験をつかみ、明日遅くに帰国し、残り3試合リーグ戦に戻ってきます。初出場、そして活躍を期待したいと思います!

アカデミーも、3カテゴリーそれぞれが公式戦を戦いました。U-18チームはJユースカップのグループリーグ、浦和ユース戦でしたが0-1で敗戦。グループリーグは2位での通過となり、18日(日)に西が丘で大宮ユースと1回戦。勝てば23日(金)の2回戦は清水のホームへ、さらに準々決勝は25日(日)に万博へ。非常に厳しいトーナメントとなりましたが、今季最後のタイトルへ向けて、気持を新たにして戦います。

またU-15チームは、高円宮杯の関東予選。16チームによるトーナメントを勝てば全国大会出場でしたが、2回戦でマリノス追浜に1-4で敗戦。残念なニュースが続きましたが、U-12チームはやってくれました。千葉県の小学生年代クラブが勢ぞろいするチバテレビ杯、フクアリで準決勝と決勝を戦い、ともに5ゴールを挙げて、2年連続の優勝を果たしました!

トップチームは、土曜日のマリノス戦へ向けて、始動しました。前節、残りわずかで勝ち点2を失い、マリノスは6位に順位を上げて勝ち点47。レイソルは46にとどまり、8位。この2試合で足踏みしてしまいましたが、ACL出場の3位との勝ち点差はまだ「3」。上の5チームを追い越すには3連勝が必要な厳しい状況に変わりありませんが、もうやるしかありません。

マリノス戦当日の17日、ジョルジワグネル選手の34歳の誕生日です!この秋、得意のフリーキックから直接ゴールやアシストを決めるなど、今季もっとも調子を上げているジョルジ。ただマリノスにもジョルジと共通項を持った名選手がいます。34歳、レフティー、そして黄金の左足を持つ中村俊輔選手です。中村選手も先日の名古屋戦をはじめ、勝負を決定づける直接フリーキックを決めていますし、レイソルにとっては脅威の存在になるでしょう。ゴール前でファウルを得るのか、それとも与えるのか。チームの戦略にも大きくかかわる、このレフティーの対決。これは本当に見ものです!昨冬のFCWC以来となる日産スタジアム、ぜひご参戦ください!

121112_photo.jpg

2012年11月 9日

スタート!

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

11月に入り、ニュースでは日光や箱根など、大変美しい紅葉の風景が放送されています。この日立台でも朝晩が冷え込むようになり、木々の色がかなり変わってきました。赤や黄色に葉替わりした木々、そして澄んだ青空、生えそろう緑の芝。まさにアースカラー。今日は風もおだやかなで、最高の練習見学日和でした。

121109_sora.jpg

選手・スタッフは、明日から2連休。週末のオフは相当に久しぶりです。心身ともにリフレッシュを図れる絶好の機会を前にして、今日はもちろんハードトレーニング。筋トレやフィジカル、そしてボールゲームまで2時間以上のメニューでした。6対6のゲーム、茨田選手の動きが目立って見えました。

後方で組み立てに参加しながら、鋭い縦パスを入れ、またチャンスと見るや、前線まで飛び出してしっかりシュート。ガンバ戦では攻撃的なポジションに入り、工藤選手のアシストをマーク。密集での巧みなキープやカウンターのドリブル、また守備でも「ボランチもできるバラがあそこに入ると、後ろは助かる」と大谷選手から守備面での貢献も称えられていました。また一つ、大きく成長するタイミングを迎えているのかもしれません。

121109_bara.jpg

茨田選手ほか、レイソルの主力選手を送り出した、レイソルアカデミーの特集が、今夜まもなく放送されます。スカパー!のレイソル公式番組「HITACHIDAI TV」。21時30分からのオンエア、金曜の夜ですが、お酒もほどほどに、ご自宅のテレビの前でスタンバイしてください?

最後に、昨日からモバイルレイソルで新コーナーがスタートしました。J:COMの応援番組「レイソル魂」でMCを務める須貝茉彩さんのコラム「まあやの一筆入魂」です。10月から新しく番組に加わったアナウンサー2年目の22歳女性。レイソル魂のほかには、大井競馬場など地方競馬の番組でもご活躍中です。ツイッターをお見かけすると、競馬の資料作りで、更新時間が夜の2時3時を回っていることも。あまりのハードスケジュールに「お身体大丈夫ですか?」と声をかけたところ、「若さと元気が取り柄ですから!」と笑顔で答えてくれました。でも本当に体調には気を付けてくださいね?。これからレイソルのことをどうぞよろしくお願いいたします!

121109_maaya.jpg

2012年11月 8日

いよいよ明日

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:河原 正明

 先ほど、第92回天皇杯サッカー大会のRound16抽選会が都内で行われました。TVで生中継されましたのでご覧になられた方も多いかと思いますが、柏レイソルの4回戦の対戦相手はJFLの横河武蔵野FCに決まりました。
 18時過ぎ、クラブ職員がスタジアムの一室に集合しTVで抽選の行方を見守りました。今年のナビスコカップの抽選会は自クラブの選手、レイソルは田中順也選手に運を託しました。が、今回はドロワーはNHKサッカー中継の解説陣の方々の手に委ねられることに。そしてAグループのやぐら決めは木村和司氏が、そしてBグループでは長谷川健太氏がレイソルの対戦相手を抽選されました。TV中継にはロアッソ熊本の南選手と北嶋選手の元・レイソルコンビがskypeで出演、抽選のあやでもしや・・・という思いもあったと思いますが、熊本は名古屋との対戦になりました。
 中継で横河武蔵野の監督・選手たちが話していましたが、相手は「相手にとって不足はない。粘り強い戦いでジャイアントキリングを」再び起こそうと向かってくるでしょう。選手、スタッフは午前に練習を終えてすでに帰宅していたので話は聞けませんでしたが、レイソルには相手をリスペクトせずに戦う試合などひとつもありません。まずはリーグ戦3試合をしっかりと戦い、そしてその後に天皇杯4回戦の戦いに進んでいきます。
 なお、現時点ではキックオフ時間および準々決勝以降の会場は未定となっております。決定次第お知らせいたします。

 トップチームは昨日のリカバリー組以外の選手が9時30分から練習を行いました。今日のメインはシュート練習。ネルシーニョ監督自らパスを出し、ボールを投げてのサーキットトレーニング。一球ごとに監督から裂帛の気合が発せられます。一方、ナイスプレーには大きな声で賞賛、明るい雰囲気の中フィールド陣はたくさんのシュートをGK陣に浴びせ続けていました。

1108yonhakdive.jpg

 さて、明日の夜9時30分からスカパー!でレイソル応援番組「柏レイソル HITACHIDAI TV」がいよいよスタートします。初回はアカデミー特集。今後も「レイソルアカデミーのプロモーションビデオ」とするつもりで作った1本です。先日のアカデミーブログでも書いてありましたが、レイソルのこれまで、そしてこれからの礎を作っている元・レイソル戦士のコーチたちも出演しています。ぜひ多くの方に番組ご覧いただき、ご意見・ご感想がございましたらこちらより広報あてのメールにお送りください。

1108nelsinho.jpg

2012年11月 7日

最後まで目標へ

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

レイソルがようやくつかみかけた勝ち点3が、こぼれ落ちていきました。
判定は絶対。覆ることもないし、受け入れざるをえないことも十分にわかってはいます。それでも後半45分、工藤選手が競り合ったシーンが、「ハンドだったのか」「ハンドにはあたらないプレーなのか」「それとも見えていなかったのか」「主審の方が見えなかったとしたら、副審の方はどうだったのか」。そんな疑問に対する答えを、現状ではファンの方は知ることはできません。

先月、イタリア・セリエAの試合後に、非公式ながら判定に対して言及する審判サイドのコメントが報道されました。それだけでも疑問に思った人たちの溜飲は下がったことでしょう。敵味方がいて、試合に携わる人がたくさんいて、勝ち負けがあって、すべての人が幸せになることは難しいのがサッカーです。それは理解しているけれど、今日はレイソルが負傷で多くのメンバーを欠きながら、現状で最高のパフォーマンスを発揮して90分を戦っていただけに、こんなに残念な気持ちになったのは初めてかもしれません。

ただ、オンプレーの流れから、最後の最後にしっかりとシュートを決めたガンバのレアンドロ選手。あれぞ、ストライカー。決定的な仕事ができるJ屈指の選手であることをまざまざと見せつけられました。彼もまた、勝負を決定づけられる選手であることを証明しました。別のシーンですが、突っ込んできた遠藤選手のシュートを身を呈して防いだGK菅野選手のビッグプレー。彼も勝負を決められる選手です。そして「あれは自分たちのミスです」と悔しがった渡部選手。途中出場ながら、長所である高いヘディングで何本もクロスを跳ね返し続け、すばらしいプレーを見せていながら、最後の最後に踏ん張りきれなかった。試合に勝つ、勝ち点3を獲る。本当に簡単なことでないことを改めて思い知らされました。

残り3試合。まだあります。3位の浦和レッズとは、ひとつ縮めて、勝ち点3差に。今日で数字上も連覇の夢は断たれてしまいましたが、「ただ、残り3試合勝点9、この中でできるだけ多くの勝点を必ず取って、今のわれわれの目下の目標である3位以内を必ず達成したいと思います」とネルシーニョ監督が口にしたように、明確な目標が先にあります。あと3試合、今日のようにサポーター皆さんと共に戦い、ACL出場権を勝ち取りましょう。寒い中、本当に御声援ありがとうございました。

121107.jpg

2012年11月 6日

コツコツと

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:河原 正明

 本日午後、オフィシャルユニフォームサプライヤーとしてヨネックス株式会社と新たに 2013-16シーズン オフィシャルユニフォーム サプライヤー契約更新という大きなお知らせをしました。今回は4年間もの大型契約となります。
 そして例年よりも早くに新ユニフォームのデザインも発表させていただきました。まずはフィールドプレイヤーの1stユニフォームだけですが、FCWCやACLver.同様に全身黄色となります。練習前にデザインを見た選手たちも「大きく印象が変わりますね」(大谷選手)、「斬新」(栗澤選手)、「赤がカッコイイです!」(田中選手)、「好きですねー。早く着たいです」(澤選手)と、概ね好評のようです。
 昨季よりクラブ全体、さらには提携クラブまで全てのカテゴリーでの商品を製作、また供給いただいています。この場をお借りしましてあらためて、引き続きの厚いご支援に感謝申し上げます。
 また、レプリカユニフォームの先行予約は早くも今月に始まります。詳細は後日公式サイトなどでお知らせいたします。ちなみにフィールド用の2nd、キーパー用の1stは11月27日(土)のホーム最終戦の神戸戦で実物をお披露目する予定ですので、もうしばらくお待ちください!

 さて、明日はナイトゲームでガンバ大阪を迎えます。なぜだかミッドウィークの水曜日にガンバ戦が多く、昨季のホームゲーム、さらには今季のナビスコカップ準々決勝はホーム&アウェイとも、そして明日もです。
 相手のガンバは残留争いの中にいますが、そういう時の強さは「2009年に(降格の)リーチがかかってからも必死に戦い、上位チームに勝ったことも良く覚えている」(橋本選手)、「勝ち点3のプレッシャーがかかるけど力を発揮できることもある」(大谷選手)と自らの記憶を重ねるだけでなく、忘れえぬ前節の苦々しいな記憶も鮮明なだけに、言わずもがな身にしみています。レイソルも上位争いに生き残るためにも、「今週の練習ではACL出場という目標をハッキリと伝えた」(ネルシーニョ監督)さらにホームで結果を残すべく士気を挙げて10日間準備をしてきました。
 今日は試合前日恒例のミニゲームではなく、久々のフットバレー。小雨交じりの中でしたが、リラックスした雰囲気でかつ真剣に試合に向けての調整を行いました。

1106footvolley.jpg

 そんな今日は大谷キャプテンの28歳の誕生日。あいにくの雨空でしたが訪れたサポーターから両手にプレゼントをもらっていました。ワグネル選手は「タニ、オメデトウ!」、安 英学選手は「28歳?まだ若いよ!」と年長者2人から冷やかされます。大谷選手も「お祝いはゴールでよろしく!」とワグネル選手におねだりをしていました。
 本人は「もう『おめでとう』って年でもないですよ(笑)」と照れるも、一転明日の試合に向けては「今季はここから上位を、という大事な試合を落として波に乗り切れていない。これは自分たちの責任と受け止めている」と神妙な顔つきに。「明日のガンバ戦に向けては、試合間隔が開いたので良い準備に当てられた。今週の練習前に監督からは『大宮戦の一敗で、自分たちの全てが崩れたわけではない』と言われた。もちろん選手たちもそう思っている。あくまでも目標に向けて1戦1戦戦うだけです」とキャプテン然として決意を話してくれました。
 チーム史上最年少でのキャプテン就任から6年。北嶋選手(現・ロアッソ熊本)と共に務めた時期もありますが、レイソル史上最長のキャプテン歴でもあります。そしてレイソル一筋で積み上げてきた公式戦の出場試合数は、まもなく300試合になります。
 選手・スタッフのみならず、クラブ職員にファン・サポーターの皆さんからの人望も厚いタニ。明日の試合後もこんな笑顔が見られますように。誕生日おめでとう、そして明日も頼みますよキャプテン!

1106tanisbirthday.jpg

 最後に明日の試合は当日券も発売されます。天気も回復しそうです。ぜひ、スタジアムまでご声援に駆けつけていただきますようお願い申し上げます!

2012年11月 5日

言葉

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

最高気温が20度を下回るようになりました。11月、本当に寒い朝になってきました。練習を見守っていると、もうロングのダウンコートが手放せません。施設休館日、そして非公開練習。自分と強化部スタッフ2人以外は、誰も見学者のいない日立台のグラウンド。

だからでしょうか、今日の戦術練習では、ネルシーニョ監督がホイッスルでゲームを止めるたびに、いたるところから選手たちの掛け声が聞こえてきました。細かなポジショニングや動き出しなど、小さなことでも遠慮なく互いが要求し合うことで、チームの綻びをなくすことができます。リーグ最強の攻撃を誇るガンバ相手に、まずはサンフレッチェ戦のようなディフェンスの連携が必要です。

先週発売された「Jリーグサッカーキング」。もうお買い求めでしょうか。表紙と巻頭インタビューを飾った大谷選手と菅野選手のインタビュー動画が、同紙サイトにて本日公開されています。内容自体は雑誌に収録されたものと同じですが、選手自身が発する言葉、その表情など、新しい目で今一度ご覧いただけるはずです。ビデオの最後、菅野選手のポジティブな言葉、見習って信じたいと思います!
http://www.soccer-king.jp/media/article/78076.html

ホームページにて、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(SCJ)への支援活動報告第2回を本日アップいたしました。今回は学校訪問とともに、乳幼児や妊婦への栄養・保健の支援事業についてです。日本とは異なる環境、子供たちがすこやかに育んでいくために、いろんなご苦労があることが伝わっていきます。レイソルとして、少しでもその手助けができればという思いで、今季から支援活動に参加しています。
http://www.reysol.co.jp/club/sponsor/scj.php#report

121105_SCJ.jpg

先日の大宮戦では、通常おこなっている募金活動に、栗澤、近藤、レアンドロの3選手が急遽参加し、普段よりも多い募金を集めることができました。大変遅くなってしまいましたが、ご協力いただいた皆様に厚く御礼を申し上げます。これを今だけでなく、継続していくことが何より大切なことです。今後ともレイソル、そしてSCJへの活動にご理解ご賛同いただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。
http://www.savechildren.or.jp/

121105_bokin.jpg

2012年11月 4日

忍耐力

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:河原 正明

 抜けるような青空の下、トップチームの選手たちは水曜日のガンバ大阪戦に向けてトレーニングを行いました。
 今日はおとといの練習試合にフル出場したメンバーもフルメニューで参加したものの、一方ではけが人やアカデミー選手たちが不在で、ピッチはかなり少ない人数となり少々寂しい感もあります。
 だからといってピッチに立つことが保障された選手は誰もいません。人数が少ないからこそ、どの選手たちも声を掛け合い、励ましながら練習をしていたのが印象的でした。 ここで負けない、投げ出さない。簡単そうなことだがひたすら基本を繰り返して試合に向けて準備していく。シーズン終盤にきて、改めてそういうことが大事な力=忍耐力でこれまで多くの困難を乗り越えてきたと思いますし、これからもそうであると思います。残り4試合、2012年のチームは試されます。
 
1104skyblue.jpg

 さて、日本時間で深夜に行われたAFC U-19 Championship UAE 2012の予選グループ初戦、U-19日本代表は惜しくも0-2でイラン代表に敗れました。レイソルの山中亮輔選手は左サイドバックでフル出場しました。立ち上がり2分にCKキックから先制されると、そのままペースが掴めないままに追加点を奪われてしまいました。残り2試合を連勝すれば予選突破の可能性は残ります。次はクウェート代表、最終戦は開催国UAEとの対戦と厳しい戦いが待っていますが、なんとかU-20W杯出場目指し頑張って欲しいものです。

 今季は日曜日は試合翌日となることが多く、リカバリーあるいは移動やオフとなることがほとんどで、日曜日の全体練習はおそらく6月上旬以来でした。昨日の祝日に引き続き今日も多くのサポーターの方が見学に訪れ、ファンサービスゾーンも大変にぎわいました。ご来場ありがとうございました。

1104supporters.jpg

 水曜日のガンバ戦は水曜開催のナイトゲームになります。まだチケットは発売中です。今日は来られたけど・・・という方も多いと思いますが、レイソルも負けられない試合です。残り2戦となった今季のホームゲーム、ぜひスタジアムにお越しいただきたいと思います。
 明日は非公開練習および月曜日のため一般見学はできません。また6日(火)は試合前日のため15時からの練習となります。この日は大谷キャプテンの誕生日でもあります。選手を励ましに、そしてキャプテンにお祝いの言葉をかけに練習場にもお越しください!

2012年11月 3日

今夜から

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

11月3日。国立ではナビスコカップの決勝戦が行われました。あの華々しい舞台に、レイソルはあと一歩まで届かなかった。オレンジと黄黒のコレオグラフィーのなか、昨冬の埼スタと同じように純白のユニフォームで優勝を懸けてピッチに向かう選手たちの雄姿を見たかった。そして優勝カップを大谷キャプテンが掲げ、一緒に喜びたかった。アントラーズは先週のリーグ戦のエスパルス戦で敗れながら、ここぞの大一番でまたしてもタイトルを勝ち取りました。常に勝者であり続けるクラブになるために、今日日立台でトレーニングせざるをえなくなったことを悔やみ、決して忘れてはいけません。

121103_game.jpg

柏を離れて戦う選手たちで、別のビッグマッチを迎える選手がいます。J2は残り2試合、自動昇格の2位以内をめざす戦い、また6位以内のプレーオフ進出を懸ける試合が明日おこなわれます。一部報道では、モンテディオ山形に期限付き移籍中の比嘉厚平選手が「初スタメン有力」というニュースを目にしました。現在8位の山形から、6位の千葉まで勝ち点5差。山形は2連勝しなければプレーオフ進出はむずかしい状況。このピンチ&チャンスで、比嘉選手がどんなプレーを見せてくれるか。同僚の林陵平選手とのプレーも楽しみですね!もちろん他のチームにもレイソルゆかりの選手たちがたくさんいます。レイソルサポーターみなさんにとっても、熱い一日となることでしょう。

さらにビッグマッチは終わりません。今日の深夜から「U-19アジア選手権」が開幕します。レイソルからは山中亮輔選手が参加しています。日本時間で今夜の深夜2時から、初戦のイラン戦。その翌日5日(月)の22時からはクウェート戦、そして第3戦は8日の深夜2時からUAE戦と予選リーグが続きます。山中選手は左サイドバックとしてのレギュラー起用が有力。グループリーグを突破し、続く準々決勝に勝てば、U-20ワールドカップの出場が決まります。CSの朝日ニュースターで生放送もされますので、ご契約の方は若き日本代表にも御声援ください!
http://www.tv-asahi.co.jp/newstar/contents/sports/0022/

最後に、ホームページのトップページには2つの動画をアップしました。
まずは11月8日21:30からスカパー!で放送される「HITACHIDAI TV」の予告映像

そして現在予約受付中の「2012シーズンレビューDVD」のCM映像

2012年11月 2日

練習試合 対柏レイソルU-18戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:河原 正明

 今日はトップチーム対U-18の練習試合が組まれました。今季3度目の対戦、トップチームは7日のガンバ戦に向けて出場を狙う選手が出場、一方U-18の選手にとっては3たび訪れた腕試し、といったところでしょうか。
 9月の天皇杯でも、また先月日立台で2試合行われたJユースカップと多くのサポーターの方にもその実力は良くわかっていただいているでしょう。今日も平日にもかかわらず多くのギャラリーが試合観戦に訪れていました。

 前半立ち上がりから攻勢に出たのはトップチーム。圧倒的なフィジカルで圧力をかけていきますが、U-18の最終ラインも局面局面で体を張って起点を作らぬようにこらえ、得点を許しません。
1102neto.jpg
1102masushima.jpg

 しかし、やがて体力に上回るトップチームが押し込む展開に。一瞬のスキをついてネット選手が入れたラストパスを先輩・工藤選手が決めてトップチームが先制します。

 ハーフタイムには「後半も自分たちで仕掛けるように。相手を守備でハメていこう!」と巻き返しをすべく下平監督から指示が飛びます。
1102halftime.jpg

 しかし、後半立ち上がりにトップチームが追加点を挙げます。後半から出場した福井選手のクロスに田中選手が合わせて2点目、ゲームを優位に運びます。
 しかし、これで目が覚めたのか、その後U-18はさらに果敢に攻め込むようになります。攻撃の中心となるのはやはりトップ登録されている木村、小林、秋野の3選手。トップチーム選手に当たり負けない体力とポジショニング、さらにテクニックで真っ向から挑みます。これに伊藤選手や手塚、宮沢選手といったイキの良い若手が絡んでいきチャンスを作っていきます。が、トップチームも簡単にはやられまいと必死にディフェンスで応酬します。

 そして迎えた後半ロスタイム、チャンスと見るや猛然と上がっていった安 英学選手が工藤選手の絶妙クロスにダイビングヘッド!これが見事に決まり最後の最後で追加点を奪い、3-0でトップチームが貫禄勝ちを収めました。

1102yonghak.jpg

 「オジサンの意地ですよ(笑)」と決めたヨンハ。大宮戦同様に玉際ではU-18選手であろうと厳しいチェックを仕掛け続けました。「それは彼らが本当にウマイからですよ。未来のある若者ですからケガをさせてはいけないですけど(笑)高校生とはいえ簡単にやらせてはいけないです」と謙遜しますが、「プロと戦ってもビビらずにプレーできるのはスゴイです。僕らの時代では考えられなかった」とそのプレーと精神力を賞賛していました。

 U-18の下平監督は「1点取りたかったけど取れなかった。最後の菅野の壁がねー」と悔しがります。「ただ、今回は前回(天皇杯)のような遠慮は無かった。何回か狙い通りの守備と攻撃も出来た。本当に良いトレーニングになるし、ありがたい」とこちらはJユースカップに向けて稽古をつけてもらった、というところでしょうか。

 一方、トップチームはFW陣が2得点を挙げたのは光明といえるでしょう。次節・ガンバ大阪は攻撃陣が好調なだけに、打ち合いの様子も呈します。明日からも日立台でトレーニングし、水曜日の試合に備えます。

1102aftermatch.jpg

2012年11月 1日

秋深まり

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

今日から11月がスタートしました。10月までは暑さが残り、青々としていた日立台の木々たちも、ようやく秋模様。黄色や赤茶色の葉っぱが増えてきました。シャツにジャケットだけだと十分身体が冷えてくる季節になりました。ただ陽が昇る午前中は、心地よいお天気。今日は久々の2部練習、朝はみっちりとフィジカル。午後はゲーム形式のトレーニングです。

11月7日、ホーム日立台に迎え入れるは、ガンバ大阪。今季はアウェイのリーグ戦、そしてナビスコカップ準々決勝と、すでに3回の対戦。優勝した昨年でさえ2連敗を喫した苦手の相手に、今年は3連勝。「それは全然過去のことです」。マッチデープログラムのインタビューに答えた菅野選手をはじめ、選手からそんな空気は1ミリも感じません。前節のショッキングな敗戦、リーグ最多得点のガンバ攻撃陣、レアンドロ選手や遠藤選手といったJ屈指の選手がそろうチーム。「残留争いから抜け出そうとするチーム、上位のチームとの対戦よりも難しい相手(菅野選手)」。来週の水曜まで、まだ時間はありますが、オフなしで準備を続けています。

121101_bara.jpg

レイソルサポーターなら期待をこめて比較してしまう茨田選手と遠藤選手。ネルシーニョ監督は相手のキーマンを間違いなく封じにかかるでしょう。その任務を任されることの多いバラ。得意の攻撃より、遠藤選手に守備で食い下がっている姿が印象的です。今回の対戦はどうなることでしょう。守備はもちろん、攻撃でもバラらしいプレーを期待したいです!11月7日は水曜日ではありますが、日立台でのリーグ戦はもう2試合だけ!苦しいピンチを乗り越えようと戦うチームを、どうかスタジアムで支えてください。残席状況などはこちらからご確認ください。
http://www.reysol.co.jp/game/next/index.php#g1107

今夜23時45分から、TBSの関東ローカル「Jリーグ予報」では、工藤選手のガンバ戦への意気込みが放送されます。遅い時間ですが、ぜひチャンネルをお合わせください?

明日は14時から、再び日立台ダービー!トップチームとU-18チームのトレーニングマッチです。ガンバ戦を約1週後に控え、大宮戦先発選手たちも出場の予定です。現在、練習グラウンド拡張工事のため、ダッグアウトの場所が変更になるかもしれません。それに伴い、火曜日のベルマーレ戦もそうでしたが、南側ゴール裏でのご観戦をお願いする場合があります。また工事車両が出入りすることもありますので、合わせてご注意ください。御来場の方には、グラウンド内に案内図を張り出しますので、ご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。