2014年1月31日

指宿キャンプ5日目

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

キャンプ5日目。チームスケジュールとしては、午後練習一本だけでしたが、キムチャンス選手をはじめとするリハビリ組や、ゴールキーパーは朝9時からしっかりトレーニングを行いました。いつものように強烈なシュートを浴びせるアレックスGKコーチでしたが、なにかがおかしい。

140131_ball4.jpg

「あれ、何!?」スタッフもすぐに気がつきました。

140131_ball1.jpg

140131_ball2.jpg

カラフルなボール。なんと「バレーボール」だったのです。

練習後の桐畑選手が教えてくれました。「無回転シュートの対策みたいですよ。たしかにブレます。正面に入ったと思っても、手元で少しズレたりするんすよ」。たしかにバレーボールの「フローターサーブ」は、まさにブレ球。そういう球質をうみ出すには、もってこいのボールですよね。ボールを触ってみたら、通常のバレーボールよりも空気を強く入れているようでとても堅い。レシーブするとすぐに手が赤く腫れあがりそうでしたが「一回顔面に当たって、メッチャ痛かったです(苦笑)」。キーパーは本当に強靭な肉体と勇気がなければ務まりません。アレックスのユニークなトレーニング、キーパーたちは常に新しい刺激を受けて、さらなるレベルアップをめざしています。

140131_kiri.jpg

いよいよ明日は、今季初のトレーニングマッチ。鹿屋体育大学と45分×2本のゲームが予定されています。公式戦を前にした時と同じように、今日は、強度自体は軽めのトレーニング。切り替えのパスゲーム、そしてセットプレーと、よりよいコンディションで、よりより成果を上げるための準備が行われました。昨年までレイソルで監督のフットボールを深く理解している選手たちに、新加入選手がどう融合していくのか。その第一歩、本当に楽しみです。午前10時キックオフです!

本日、Jリーグからゲームスケジュールが発表されました。リーグ戦では4月からの第6?11節までが前半の大きな山場となります。C大阪、川崎、横浜FM、浦和、G大阪、鹿島。すべてACLやリーグ優勝経験のある強豪チームとの連戦です。もちろん昨年の順位表が示すように大変拮抗したチームがそろうのがJリーグ。3月でいいスタートを切り、さらに4月で上位に食い込んでいきたいところです。
http://www.reysol.co.jp/game/results/

そしてチケットは、アソシエイツ会員先行が2月8日から、一般が2月15日から発売です。
http://blog.reysol.co.jp/news/2014/016240.html

さらにひとつ大事なお知らせがあります。今季からチケット価格を改定させていただくことになりました。柏熱地帯を除く席種のほとんどで100円の値上げとなります。きたる4月1日の消費税率改正及び昨今の経済情勢をかんがみてのことです。サポーター皆様には、ご負担をお掛けすることとなってしまいますが、より日立台での試合を楽しんでいただけるよう観戦環境の向上に努めてまいります。大変心苦しい事ではありますが、なにとぞご容赦の上、今季もレイソル選手への応援をどうぞよろしくお願いいたします。
http://blog.reysol.co.jp/news/2014/016240.html

2014年1月30日

指宿キャンプ4日目

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

昨日深夜から降り始めた雨は、朝まで降り続き、強い風をともなって南国特有の嵐のような一日のスタートでした。午前は室内から屋外へ出てのフィジカル系が予定されていましたが、室内のみで終了。そのころようやく空が明るくなり始め、午後に向けてなんとか降りやんでくれました。あさって1日には鹿屋体大とのトレーニングマッチが控え、トレーニングは試合を想定した内容に変わってきました。

これまでネルシーニョ監督の主戦スタイルだった4バックに加え、昨年から新しくチャレンジしてきた3バックも、昨季終盤には対戦相手に対して互角以上に押し込める形も見えてきました。対戦相手と試合状況によって、2つの異なるオプションがあることは、たいへん優位なこと。今日の実戦形式では、ピッチの各所で激しい1対1が見られました。U-18時代の同期、太田選手vs輪湖選手。

140130_tetu.jpg

また中央ではMFレアンドロ選手とハングギョン選手の戦いも大変迫力がありました!グギョン選手は攻撃時には中盤の底、相手のマークを受けながらもボールをしっかり受け、シンプルなボールタッチで正確なパスを出せる展開力も披露していました。今年のレイソルにとって大きな戦力となってくれるのではないでしょうか。

140130_han.jpg

トレーニング後には、昨年に引き続いての「心肺蘇生講習会」に選手全員が参加しました。練習中の不慮の事故で元日本代表の松田直樹さんを亡くし、同じサッカー選手としても一人の人間としても、同じような悲しい出来事が一件でも減らせるように、和田トレーナーの発案で実施されました。

もちろん専門的な知識を深め、適切な対処ができるようになることが目的です。しかしそうした講習を受けたことが無い方でもできることがあります。倒れている人を見かけたら、、、

【1】 呼吸や意識を確認する
【2】 手を上げて大きな声で「誰か来てください!」と呼びかける
【3】 119番通報と、AED確保を頼む

140130_sinpai1.jpg

140130_sinpai2.jpg

これだけでも命が助かる可能性は高まります。一人ではなく周りの人の助けを借りて。さらに音声操作に沿ってAEDを起動させ、救急車が来るまで胸骨圧迫(心臓マッサージ)を繰り返す。ほんの少しの勇気で救える命があります。今日学んだ選手たちは、みずからのSNSを使って、サポーターやファンの皆さんにその大切さを伝える役目も果たしました。心肺蘇生方法の一例を下記リンクにてご紹介しましたので、ぜひぜひ一度ご覧いただけると幸いです。
http://www.jhf.or.jp/aed/

140130_sinpai3.jpg

2014年1月29日

指宿キャンプ3日目

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

キャンプ3日目、今日はこちらに来て初めての一部練習でした。1月17日の始動から一日のオフなくトレーニングを積んできましたから、選手たちの疲労を軽減する必要もあるでしょう。部屋でリラックスしたり、睡眠をとったり、思い思いの時間を過ごし、午後3時からのトレーニングに備えました。

2月1日の土曜日には、今季初めての対外試合を行います。トレーニングの負荷を落とし、なおかつ戦術的なトレーニングが増えてくるミッドウィーク。今日は対人練習はなく、フォーメーション練習とパストレーニング。フィールド10人が自分のポジションへ散らばり、監督の指示に沿って、ボールを動かし、フィニッシュへつなげる練習でした。

FWレアンドロ選手をはじめ、新加入の選手にとっては、ここから本格的にレイソルの戦術に取り組んでいく第一段階。ゴールを決めるまでの方法は無数にあります。左右、サイドなのか中央なのか、ショートパスかロングパスか、速攻か遅攻か。ただ主たる軸のスタイルをたたき込む必要もあります。ボールをどう動かすのか、改善点があればすぐさま監督が時折ホイッスルで止め、細かく指導します。

140129_LD.jpg

ただ多少タイミングやパスがずれて、最初の思惑とずれることもあります。そんな時に自分の判断で、チームを有機的に機能させる動きができる選手もいます。そんな時、監督からはより大きな声で「ナイスプレー!」と声が上がります。MFレアンドロ選手、大谷選手や増嶋選手はそういう選手のうちのひとりです。さらに大きな声を出し、周りへ要求し、またリーダーシップも持っている。そんな彼らのようにチームや味方を瞬時に助けられる選手が多ければ多いほど、どんな状況にも対応できる「優勝できるチーム」に近づけます。まだまだ始動したばかりですが、練習試合やプレシーズンマッチでより熟成されていくことでしょう。

140129_masu.jpg

今年の最大の目標として、多く声が上がるのは、やはり「Jリーグ優勝」です。昨年はACLとリーグ、2つの開幕戦がありましたが、今年はまちがいなく3月1日のFC東京戦に100%の準備ができます。そしてスタートダッシュしなければなりません。明後日31日の夕方18時ごろにはリーグスケジュールが発表されます。来る3月に向けて、より高い質とコンディションを持ってくるため、この指宿キャンプを過ごしています。明日は午前午後の2部練習です。

140129_df.jpg

2014年1月28日

指宿キャンプ2日目

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

今日の指宿は思いかけず、お昼過ぎから雨模様。今年も鹿児島県や指宿市みなさまによる「柏レイソル激励式」は、室内ホールでの実施になりました。今年も、かごしま黒豚40kg、カンパチ、お茶、フルーツ盛り合わせ、鰹節、勝武士ラーメンと、たくさんの食材を贈っていただきました。指宿副市長の渡瀬貴久様より「ぜひぜひJリーグ優勝の銀杯を勝ち取ってください!」と熱いエールをいただくと、チームを代表して栗澤選手が「今日いただいたもので栄養をつけ、今年もタイトルを獲れるように頑張ります」とお礼と決意を述べました。花束を贈呈いただいた「いぶすき菜の花レディー」の都外川恵さんを交えた記念撮影、ニーヤンは今年も完璧なポジショニングで頬が緩んでますでしょうか。この光景、もはや風物詩となりました(笑)

140128_LD.jpg

指宿2日目は、みっちりと2部練習。午前はウェイトスタートからピッチでのフィジカルトレ。「フォーステーション」と呼ばれる4種目のダッシュ&ターンを繰り返す練習。フェイスブックでは増嶋選手と高山選手の練習風景ムービーをアップしていますので、ぜひご覧ください。ピメンテウコーチの熱いゲキと、選手たちの荒々しい息遣いや激しさが伝わってきます。

140128_han.jpg

午後は切り替えのパスゲームから、守備をつけてクロスからのシュート練習。動き出しのタイミングやパススピード、ポジショニング。気になった点があれば、すぐに監督から修正の指示が飛びます。選手間でも、少し精度を欠けば要求の声が飛び、またすばらしいシュートやクロスには「ナイス、ワタルー!!」などど称え、気持ちを高めあいます。左サイド輪湖選手からのクロスを、右サイド太田選手がハーフボレーのスーパーゴールという、同級生ホットラインのナイスプレーも胸を熱くするプレーもありました。

140128_shoot.jpg

合計3時間以上の充実したトレーニングを終えての夕食。今日のメインディッシュは「ローストビーフ」、スタッフの方がその場で薄く切り分け、お皿にもってくださいます。そんな幸せの時間、ひそかに準備していたイベントが始まります。今日1月28日は、釈迦野トレーナーの誕生日でした。日立台にいるときと同じようにバースデーケーキが運び込まれ、みんな手拍子でお祝いです。さらにサプライズ、なんとホテル宛てに誕生日当日に届くよう、奥様からお手紙が届いていたのです。家庭を離れての選手・スタッフが多い中、なんとも心温まる、ほっこりするお誕生日になりました。シャカさん、おめでとうございます!!

140128_syaka1.jpg

140128_syaka2.jpg

最後に、、、渡部博文選手がブログをスタートしました!キャンプ中もいろいろ更新してくれるかもしれませんので、ぜひブックマークを?
http://ameblo.jp/hirofumi-watanabe0707

2014年1月27日

指宿キャンプ1日目

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

今日から、鹿児島での指宿キャンプがスタートしました!2011年から数えて、4回目の訪問です。今年も鹿児島空港でのセレモニーにて自治体や市民の皆様から、温かく歓迎をいただきました。そして1時間強、バスで南下して指宿市内に入ると、突然嬉々とした歓声が聞こえてきました。市内の学校のお子さんたちや、市役所のみなさん、指宿駅前でも駅員さんやタクシードライバーと思しき方々が、旗を振ってお迎えいただいたのです。毎回びっくりするのですが、今回はいつもより何倍も多かったと思います。本当にありがとうございます。

140127_road1.jpg

140127_road2.jpg

菜の花で有名な指宿市ですが、この1月には33回目を迎える大きなイベントが行われました。1月12日「いぶすき菜の花マラソン大会」です。実は今年「去年は別のフルマラソンを走って、今年のオフでちょうど時期が合ったんですよ。今年指宿は2回目ですね」と布部陽功コーチが参加し、4時間を切るベストタイムをマークしたそうです。菜の花が黄色く咲き誇っている町並みは、勝手にレイソルロードと名付けたくなるような光景でしょう。こうしてチームの活動以外にもまた訪れたいと思うような南国指宿です。

140127_nunobe.jpg

旅程は滞りなくすこぶる順調で、予定よりも30分早い午後4時から初日のトレーニングがスタートできました。GK陣はランニングからさっそくシュートセーブ。フィールド陣は40分間のジョグで体をほぐしました。少し歩けば、体がぽかぽかしてくるような気候。気象庁サイトで気温を調べると、12.8度(15時34分)。体感だと15度近いと思うほどの陽気。我孫子市が7度台だったことを考えると、やはり思い切り体を動かせる温暖な地、選手たちにとってすばらしい環境です!

140127_run.jpg

新加入選手たちが初めて参加するキャンプ、チームに本格的に溶け込むには大切な時間!
ということで、今回の部屋割りです。

チャンス×グギョン
レアンドロ×レアンドロ
ドゥー×シンノスケ
スゲ×ジュンヤ
イナ×バラ
マス×クドー
タニ×ユウスケ
ナベ×カオル
テツ×ワコ
ダイスケ×アキノ
キリ×キム
ケンタ×ワタル
マサト×コウスケ
そしてU-18の大島、中山選手と練習生。という組み合わせになりました。11泊12日のキャンプ。ピッチ内外で連携を深め、どんなチームに仕上がっていくのか、見守っていきたいと思います。それではまた明日。

※練習スケジュールが変更になる場合があります。見学される方は必ずホームページやモバイルレイソルをご確認の上、お越しください。急遽の変更はレイくんツイッターにてお知らせしますので、そちらも合わせてご確認ください。

140127_kudo.jpg

2014年1月26日

日立台打ち上げ

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

今日で「日立台キャンプ」が終了。17日の始動から10日間、オフなく選手たちはトレーニングに励んできました。今日は2部練習、午前はウェイト→キリカエのパスゲーム。午後は300メートル走×10本。最高気温が15度近くになり、3月下旬の暖かさになった正午前後でしたが、午後にはものすごい冷たい風が吹き付け、あっという間に真冬に逆戻り。ただ明日からは、柏よりも暖かい指宿へ飛びます。

140126_nel.jpg

この10日間をネルシーニョ監督が振り返りました。「シーズンスタートの第一段階、プランニング通りで順調です。第二段階として、指宿で技術や戦術のトレーニングをおこない、全体的なオーガナイズ(組織)を再確認します。今回補強で加わった選手たちがウチのやり方に順応するための期間になります」。2月1日には鹿屋体育大学、5日にはカターレ富山とトレーニングマッチを実施、より多くの選手が実戦を重ね、レギュラーポジションを争う競争も本格化していきます。明日からは指宿からレポートをお送りします。このブログやフェイスブックもぜひご確認ください?

今週受付していた、2014シーズンのレプリカユニフォーム先行予約販売。本日が最終日です。KAMO柏店は20時、東急ハンズは21時、ゼビオのモラージュ柏店とかしわ沼南店も21時、オンラインショップは23時59分までとなっていますのでお急ぎください。赤い星が4つに増えたレプリカ、これを着て選手たちも個人写真を撮影しました。本日のモデルは、、、田中順也選手笑顔バージョンです。本日先行で、モバイルレイソルにてプロフィール写真(真顔)を更新していますので、どの番号にしようかな??などと思案して、ぜひぜひ開幕戦までに「戦闘服」をGETしてください。
http://blog.reysol.co.jp/news/2014/016192.html

140126_TJ.jpg

2014年1月25日

追い込み

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:河原 正明

 日立台での「キャンプ」も残り2日。今日は午後のみの練習でしたが、土曜日ということもあり多くのサポーターの方が練習場を訪れていました。
 多くの方のお目当ては、新加入選手。「レアンドロはどこ?」「グギョンだ!」「タカヤマもイイネ!」と話題の中心でした。もちろん今季も共に戦う選手たちにも声援が集まります。
 5vs5の「キリカエ」トレーニング。ワンタッチ、ツータッチで小気味良いテンポのプレーが続きます。もちろん狙いはゴール。シュートシーンが多いので観ている方も楽しめたのではないでしょうか。その中でもキラリと光ったのはGKのセービング。菅野選手が高山選手の近距離からのシュートを弾くと、続けざまのシュートも身を挺してブロック。緊張感高いシーンが続きます。
 0125suge2.jpg

 明日が日立台での今月最後の練習になります。「練習はキツイけど、体が思うように動くようになってきた」とは増嶋選手。シーズンを最初から最後まで戦いぬくカラダを、自らを限界まで追い込んで手にする期間も一区切りとなります。次は鹿児島でのキャンプになります。
 
 さて、昨日発表になりましたが、2月23日(日)に栃木SCとのプレシーズンマッチが行われます。昨年まで2年連続でFUJI XEROXスーパーカップに出場していましたが、2011年の水戸戦以来のPSMとなります。開幕までちばぎんカップ+もう1試合という流れは変わりません。チケットは本日より販売中です。ぜひ4年ぶりのグリーンスタジアムでの試合もお楽しみに!なお、TV中継などは決定次第お知らせします。

 0125meetwithfan.jpg

2014年1月24日

あと3日

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

「日立台第一次キャンプ」は、今日を入れてあと3日となりました。2部練習日の午後は、フィジカルや1000m走など、ほぼフィジカル強化のメニューが入り、コンディションを高めるトレーニングが続きます。「それぞれのコンディションは、まだバラバラだからね」と大谷キャプテンは言いますが、そういう意味で高いレベルをキープしている選手たちも多くいます。コパサンパウロを戦ってきた中谷選手は「コパサンパウロに行ってたこともあるのか、1000mは少し速いグループに入って、タイヘンですね」と苦笑です。

130124_tani.jpg

また4月から高校3年になる中山雄太選手、大島康樹選手もトップチームの練習に参加しています。アカデミー伝統のボールさばきは、トップに入っても大きな遜色はありません。去年はトップ登録された中山選手、そしてコパサンパウロではまさにエースナンバー9にふさわしい働きを見せた大島選手。将来が楽しみな宝が続々と生まれています。2人とも日曜からは指宿キャンプにも参加します。

キーパー陣はピッチ上では3人でのトレーニング。2011年以来の公式戦出場をめざす桐畑選手も歯を食いしばってボールに食らいついています。シーズンオフに膝を負傷した中村選手も手術を終えて、日立台でリハビリをスタート。キリがはじき出したボール、2014シーズンに使用される「ブラズーカ」です。ブラズーカとは「ブラジル人の誇り」を表す言葉だそうで、日本でいえば「大和魂」みたいな感じでしょうか。6月に行われるブラジルでのワールドカップをイメージしたカラーリング。蹴る方も防ぐ方も、新しいボールに慣れるのも、この時期の大きな課題のひとつです。

130124_kiri.jpg

最後に、明日25日は年間シート受付の最終日となっています。昨年からご購入いただいている皆様には、昨年にご継続の案内を送付させていただいておりますが、今年も同じお席で観戦いただくためには、必ず明日までにお手続きをお願いいたします。今季もホームでの開幕戦(3月1日)です!お早めにお申し込みください。

2014年1月23日

4年に一度

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

今日も2部練習が続いています。午前は5対5のミニゲーム。シーズンが始まったばかりで疲労もたまってくる頃でしょうが、トレーニングの激しさや動きは一歩ずつ高まっているようにも感じます。ゲームの合間には、ネルシーニョ監督がレアンドロ選手らFW陣、また別のチームのハングギョン選手らボランチ陣など、数選手を集めて言葉をかける場面もありました。本格的な戦術練習は指宿に行ってからと聞いていますが、それでも気になるポイントはすぐに伝えて修正する。ピリッとした緊張が伝わってきます。

140123_nel1.jpg

140123_nel2.jpg

そんなトレーニングを見ていたのが、山中真スクールコーチ。昨年のこの時期にも紹介した記憶があります。U-18では太田選手と同期ですが、今年はまた一人、昔の盟友が日立台に戻ってきました。輪湖直樹選手です。「テツローは身体がでっかくなったって思いましたけど、ワコはそんなに変わらないですかね。でも見た目は大人っぽくなったと思いますよ」。すごく冷たい朝でしたが、いい光景でした。

140123_yamanaka.jpg

今年はワールドカップイヤーです。レイソルからも日本代表や韓国代表として、王国に挑む選手が一人でも多く選出されてほしいところです。そのブラジルからやってきたネルシーニョ監督が共同通信のワールドカップ関連の取材を受けました。「一番古い記憶の大会は、1962年のチリ大会。当時はテレビがなくて、ラジオを必死に聞いていたよ」。ブラジル国民のワールドカップへの熱く強い思い、そしてJリーグの創世期と20年後の変化を知る貴重な人材として、日本サッカーの展望などを語りました。配信はもう少し開幕が近づいたころとなるそうです。

140123_nel3.jpg

2014年1月22日

経験を生かす

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:河原 正明

 今朝の日立台は深夜から明け方にかけて降った雪が一面に残っていました。練習内容も午前と午後で一部変更、午前は雪の中1000m走が行われました。
 その模様をじっと見ていたのはチバテレビRising REYSOLの番組MC 西谷綾子さん。実は彼女、芸能界で1、2を争うマラソンランナーでもあります。それゆえにレイソルの選手がどれくらいのスピードとインターバルでトレーニングを行うのか、とアスリートらしい視点で練習を見学していました。
 ちなみに、今日のグループ分けでは2番目に速いグループの平均速度でフルマラソンを走り続けると「3時間を切る」のだそうです。いやはやマラソンランナーも大変な能力が必要とされるのですね...。
 今日のインタビューはその2番目のグループに入っていた栗澤選手が登場。25日(土)に放送されますのでお楽しみに!なお、放送時間が19時30分からと変更になっていますのでご注意ください。
 
0122runinsnow.jpg

 チームが始動して6日。ここまで休み無しでトレーニングを積んできています。短い時間ながら集中してハードなメニューが続くので、どの選手も少々お疲れモードに。特に新加入した選手は環境だけでなく、練習や目指すサッカーそのものが違うのでカラダだけでなく頭もフル回転でしょう。「今日も疲れました。今までのクラブとは練習方法が違って、まだレイソルの練習のペースになれていないので...」とは輪湖選手。でも3度の移籍を経験しているだけに「慣れれば大丈夫です!」と力強い返事が返ってきました。開幕までの40日間、日立台とキャンプ地でレイソルのサッカーに慣れ、レイソル戦士として鍛え上げられていきます。

01223colors.jpg

 さて、最後にもうひとつ選手の番組出演のお知らせです。明日、11時からNHK FM千葉局で放送の「ひるどき情報ちば」の「ひるスポ」のコーナーに大谷秀和選手が電話出演します。周波数は千葉局は80.7MHzです。また番組公式サイトでは配信も行っています。お聞き逃した方もインターネットで聞くこともできますのでご利用ください!

http://www.nhk.or.jp/chiba/program/b-det0006.html

2014年1月21日

開幕戦決まる

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

140121_taka.jpg

チームが始動して、今日は5日目。これまでは走り込みやパスゲームなど、助走段階のトレーニングでしたが、この日はゴールを使った6対6のミニゲームを行いました。やはり「ゴール」があると、見ていてもおもしろいし、選手たちの当たりの激しさも違います。そして新加入の5選手がいったいどんなプレーを見せてくれるのか、見学に来られたサポーターみなさんも食い入るように見つめていました。高山選手のスピード、グギョン選手の力強さ、輪湖選手のあざやかな左足、物おじせずガンガン戦っているルーキー中谷選手、そしてFWレアンドロ選手の決定力はやはり目を見張るものがありました。

140121_LM.jpg

早くも開幕が待ち遠しくなってしまいます。今日の夕方、Jリーグから開幕戦のカードが発表されました。レイソルは2010年から5年連続のホームスタート、対戦相手は昨季ホーム最終戦で戦ったFC東京とのリターンマッチです。イタリア人のフィッカデンティ新監督に代わり、ブンデスリーガにも在籍したFWエドゥー選手が加わりました。元々力のあるチーム、4-1というスコアを再現するのは簡単ではないでしょう。

そして11月の試合では大変多くのFC東京サポーターが駆けつけました。3月の開幕戦でも完売必至でしょう。ここはレイソルの聖地・日立台。イエローで埋め尽くして圧倒しなければいけません。昨年末から募集している年間シートの受付締切が、1月25日(火)に迫りました。昨年からの継続手続きがまだの方、そして日立台20試合フル参戦しようという新しいサポーターの方、下記サイトをよくお読みの上、ぜひぜひお申し込みください。
http://www.reysol.co.jp/fan/supporters/big_associates.php

今日は午前がオフだったため、この時間を利用して写真撮影を行いました。コパサンパウト組は幸か不幸か日立台に帰って来ましたが、U-22アジア選手権を勝ち進んでいた秋野選手は間に合わず。写真の納品締切もあって、彼の帰国より先に、どうしても撮影せざるをえませんでした(アキ、ゴメンナサイ)。というわけで、26選手+ネルシーニョ監督での集合写真とあいなりました。毎年、同じような規則性を持ってポジショニングしていたのですが、変化がないな?と思いまして、今年は大きく変えてみました。でもレイサポの皆さんなら、この配置の意味をすぐにわかってくださるでしょう?考えてみてください!

140121_syugo.jpg

2014年1月20日

進行中

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:河原 正明

 今年もどのクラブの広報スタッフが新シーズン開幕前に悩まされる(?)季節がやってきました。3月の開幕に向けて今月下旬までに準備しないといけないものがたくさんあるのです。例えば写真。皆さんが手にするサッカー専門誌や新聞などの選手年鑑などで使用される顔写真や集合写真の撮影や、各種登録リスト。そしてなんといっても「イヤーブック」。今日は本を作る上で欠かせないネルシーニョ監督のインタビューを行いました。

0120nelson.jpg

 先週の土曜日に行われたシーズンスタートミーティングでも話していましたが「今年の選手の顔ぶれを見て質の高い選手たちが揃った。元々ある基盤に新しい選手の特長が加わることで、戦い方のオプションも増えるだろう」と自信を持って話していたのが印象的でした。ここでは一部の紹介にとどめますが、もちろん監督以外にも新加入選手インタビューなどもすでに行っています。
 これから月末にかけてバタバタと取材・撮影を行い、キャンプ中に編集・校正という作業の日々が待ち構えています。今年もアソシエイツ会員の皆様に開幕前にお届けすべく準備が進行中です。お楽しみにください!

 選手たちも順調に準備を進めています。午前中は室内でのトレーニングの後にピッチでボールトレーニング。午後は走力トレーニングでした。
 寒風が容赦なく吹き付けた昨日とはうって変わって風の無い穏やかな天気。気温は低くてもそれだけで過ごしやすかったです。新加入選手たちも徐々にコミュニケーションを図りながらチームに溶け込んでいます。そして一方では復帰を果たす選手も。
 鈴木大輔選手は昨年10月26日の浦和戦で負った重傷を乗り越えて始動から完全合流。年末にかけてオフ返上でリハビリ、そして年明けも自主トレで鍛えてきました。このプレーを見るともう心配なさそうですね。
 もちろんキムチャンス選手に藤田選手、中村選手など現在リハビリ中の選手もたくさんいます。彼らの復帰までの道のりは少し長いですが、暖かく見守っていただければと思います。

0120daisuke.jpg

 最後に、アカデミーU-15が参加しているアル・カスカップ。残念ながらベスト8でACミランに逆転負けを喫しましたが、まだ5位?8位の順位決定戦が残っています。日本時間今晩9時30分からマンチェスター・シティと対戦します。現地入りしているスタッフの情報によるとなんでも「ドゥンビア(元・レイソル、現CSKAモスクワ)みたいな強烈に足の速いアフリカ人のFWが2人いる!」そうです。強敵相手にレイソルのサッカーで挑んで勝利し、バルセロナFCとの再戦を見たいものです!こちらの試合にもご注目ください。

2014年1月19日

ブラジルからただいま!

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:河原 正明

 昨晩の「シーズンスタートミーティング」、大変多くのファンクラブ会員の皆様にご来場いただきましてありがとうございました。昨日の広報日記でも紹介しましたが、昨日夕方にコパ・サンパウロに参加していた木村選手、小林選手と中谷選手が無事に帰国をしました。
 12月末から約3週間を真夏のブラジルで過ごした3人を翌朝待ち受けていたのはなんと「雪」。「朝、クルマを見てビックリしました」とは小林選手。日立台の練習場の日陰にもうっすらと積もっていました。
0119snowing.jpg

 海外から日本に戻ると悩まされるのは時差ボケ。中谷選手は「夜に眠れるようにドバイから成田までは寝ずに帰ってきた」作戦が功を奏して「昨晩はよく眠れました!」。もちろんしっかりとフルメニューでプレーしたので「練習がキツかったので今夜もぐっすり眠れそうです(苦笑)」。もっとも年末年始のオフ返上で大会に参加していたので体調面の準備はバッチリ!といったところでしょう。

0118nakatani.jpg

 U-19チームは大会敗退後も港町・サントスのホテルに滞在。海が近い=ビーチがある、ということで、選手たちも自由時間はビーチ探検にも出かけたそう。
 楽しかった?と聞くと「うーん・・・町を歩いていても、バスに乗っても『お前たちはサントスに4-0で負けた!』と言われるんですよね」と指を4本出して答えたのは木村選手。「買い物に入った店の店員にまでも言われて。それだけ試合を見られていたと同時に、本当にサッカーの国なんだなと思いました」。日本国内では通常経験できない強烈な体験。ユースカテゴリーの試合でも高い注目度と容赦ない批評は、日常におけるサッカー文化、熱の違いが生むのでしょうか。またそうした環境で生き残れる選手でないと一流のプロ選手になれないとすれば、それはサッカー王国・ブラジルの強さの理由のひとつなのかもしれません。
 「だからこそサントスに勝ちたかった」(小林選手)。次に彼らが今回対戦した選手とピッチ上で再会するのはいつ、どこででしょうか。いつか世界の舞台で再戦を、その思いは必ずや自己成長を促すことでしょう。彼らの2014年シーズンは2日遅れでスタートしましたが、本当はどうやら3週間早く良いスタートが切れていたようです。今はカタールにいる同期の秋野選手、リハビリ中の中村選手らと切磋琢磨の一年が始まります。

0119yusuke.jpg

2014年1月19日

スタートミーティング

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

「2014スタートミーティング」。今年も新加入選手のお披露目、無事に終えることができました。真冬の寒さ、大変厳しい中にもかかわらず、市民文化会館をいっぱいに埋め尽くした1400名のサポーターの皆様。ご来場、そして温かいご声援や拍手をいただいてありがとうございました。

今日の私たちの最大の懸案事項は「中谷進之介、開始までに帰って来られるのか問題」。コパサンパウロでキャプテンとしてU-19チームを引っ張った中谷選手、なかなか帰国チケットの手配が難しいと聞いていました。何とか行程が決まったものの、成田到着が今日の17時20分到着予定。しかし神風が吹いたのか、ドバイからの便が50分も早く着陸し、一度クラブハウスで制服にしっかり着替えての来場。実際は19時クラブハウス出発の本隊よりも早く、一番乗りでビックリでした!

140118_sin.jpg

激戦と長旅にもかかわらず「眠さもないですよ!」と、舞台でもハキハキ堂々としたコメントでした。「サントスに負けてしまったんで、今日ここに間に合うことができました」と悔しさも見せながら「でもこうして皆さんの前であいさつ出来てよかったです!」とプロとしての初仕事をしっかり果たしました。間に合うかどうかわからないにもかかわらず、会場まで足を運んでくれたご両親や兄弟にも晴れ姿を見せることができましたね!

第1部では、寺坂常務と吉田強化部ダイレクターが今季のチーム強化やクラブ運営についてのご説明、また観客の方からの質問にお答えしました。議事録としてまとめたものを、週明けに公開させていただきますので、今しばらくお時間をいただければと思います。

第2部では、今季で6シーズン目の指揮を執るネルシーニョ監督がごあいさつ。「今日、柏の街が静かで、人がいなくてどうしたのかと思ったが、ここに来て皆さんに会えて良かったです」と和ませながらも、「2014シーズン、最大の目標はJリーグ奪還です!」という力強い言葉に、盛大な拍手が贈られました!そしてスローガンはもちろん、こちらです!!

140118_nel.jpg

そして、キャプテン大谷選手がサプライズ登場!今季からリニューアルされたヨネックスの「アンセムジャケット」。試合前の選手入場時に着用されるウェアのモデルとして舞台に上がりました。そのウェアを脱いだ下には、2014年のユニフォーム。ともに胸には赤い星が、一つ増えました★★★★! チャンピオンの証がまた私たちに誇りを持たせてくれます。「今年もまたタイトルを獲ります!力を貸して下さい」。

140118_tani.jpg

レプリカユニフォームの先行予約は、1/19(日)?1/26(日)。同じくアンセムジャケットは2/2(日)?2/9(日)にて受け付けます。オンラインショップ、KAMO柏店、東急ハンズ柏店に加え、今季からスーパースポーツゼビオ「モラージュ柏店」「かしわ沼南WOOWCITY店」もオフィシャルショップとして受付が可能となります。数量限定ですので、お早めにお申し込みください!

最後に、新加入選手5名が壇上へ。この日一番の大きな拍手が選手たちに贈られました。司会の桑原学さんが昨日のトレーニング終わりに顔合わせと情報収集に来て下さったおかげもあり、選手たちのいろんなキャラが引き出されました。そして恒例の「あや吉質問」、今年も選手たちは力を合わせて、レイソルに来て初めての試練を乗り越えました(笑)。この2日間、合流間もなく、多くのメディア対応をこなした選手たち、本当にお疲れ様でした。柏サポーターみなさんの熱い応援と、これほどまでに大きな期待を身をもって体感したことと思います。このレイソルに、新しい息吹とさらなる力をプラスしてくれることを待っています!

140118_new.jpg

2014年1月17日

2014シーズン始動!

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:河原 正明

 トップチームの2014シーズンがいよいよ始動しました。朝9時、日立台に見慣れた顔と新しい顔が集まりました。
 今日は「コパ・サンパウロ」に参加している木村、小林、中谷選手とU-21日本代表の秋野選手を除く23選手とネルシーニョ監督以下チームスタッフとの「結団式」でスタート。まずはネルシーニョ監督の挨拶から。

0117hottalk.jpg

 「朝起きたときから勝利することを考えて欲しい」。リーグ戦、ナビスコカップ、天皇杯のタイトルに強い決意で挑もうとする指揮官のスタンスは、就任6シーズン目も変わることがありません。
 
 その後、新加入選手は午前11時からスタジアムで会見を行いました。会見でのコメントや質疑応答はすでに全文がJ'sGoalに掲載されていますので割愛しますが、会見後の取材ではどの選手からも「タイトルを狙えるレイソルだから移籍を選んだ」と話していたのが印象的でした。

 0117conference.jpg
 
 午後2時から練習がスタート。とはいってもいわゆる全体練習ではなく、今日・明日の午前の2日間は主に体力・筋力の測定となります。取材陣が一番見たかったのはレアンドロドミンゲス選手とレアンドロ選手の"Wレアンドロ"のツーショット。走力テストに出てきたL・ドミンゲス選手とレアンドロ選手が言葉を交わすとカメラのシャッター音が響きます。

 今シーズンは2人となったブラジル人プレーヤー、オン・ザ・ピッチでのコンビネーションに期待と注目が集まることでしょう。もちろん、昨シーズン55試合を戦った22名の選手たちも健在です。今日からキャンプまでオフはありません。今年は約40日間かけて長いシーズンを戦う基礎力を作っていきます。

0117wleandro.jpg

 明日の夜は「シーズンスタートミーティング」を柏市民文化会館で開催します。新加入選手の登場はもちろん、2014ver.ユニフォームのお披露目もあります。寒い中ですが、当選されましたアソシエイツ会員の皆様のご来場をお待ちしています!

 最後に、今日、町田ゼルビアに期限付き移籍中だった相馬大士選手の契約満了と現役引退を発表しました。3年間のプロ生活、そのうち2年間は期限付き移籍でJFLでプレー、プロ選手としては日立台でプレーを見せることはできませんでした。アカデミーの大先輩の大谷選手も「残念」と一言。レイソルU-18時代に見せたガツガツ!と強引にボールを奪うプレーと、時に見せる大胆な攻め上がりが魅力的な選手でした。短いプロ生活でしたが、お疲れ様でした。

1172011souma.jpg

2014年1月16日

世界の列強と

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

レイソルの名前が、世界中へどんどん発信されています。U-19チームが参加したコパサンパウロは、惜しくも前年王者のサントスに敗れ、ラウンド16に進むことはできませんでした。それでもブラジル国外のクラブがグループ突破を果たしたのは、45回の歴史のなかで初めての快挙です。下平監督は「遠征直前に主力選手の怪我もあったが、試合を重ねるごとにチームとしての結束力も高まり、目標だった予選リーグ突破できたことは大きな成果だった。サントス戦は年上の選手を相手にして現時点では力が足りなかったが、1年後2年後には埋められない差ではないと確信しています」と選手たちの奮闘と成長に対する大きな手ごたえを総評として述べました。

そして中学生のU-15チームは、中東のカタールへ。「アル・カスインターナショナルカップ」で旋風を起こしています。トップチームだけでなく育成組織も世界一と称される、スペインのFCバルセロナに2-2の引き分け。さらにフランスの名門、パリサンジェルマンには2-1で勝利し、見事決勝トーナメント進出を決めました。続く準々決勝の組み合わせは今夜遅くに決まるのですが、イタリアのACミランとの対戦が有力視されています。もはや、ヨーロッパチャンピオンズリーグのなかにレイソルが加わっているかのように思えてきます。大会サイトでは見事なゲームLIVE配信もありますので、ぜひPCから応援ください!
http://internationalcup.alkass.net/

140116_u15_1.jpg

140116_u15_2.jpg

140116_u15_3.jpg

そしてトップチームは、いよいよ明日から2014シーズン始動します!ネルシーニョ監督らもブラジル組も無事来日したとのことです。明日の午後と、明後日の午前は、恒例の乳酸値測定と筋力測定を行います。選手たちは細かく区切られたスケジュールに沿って、個別に測定を行うため、グラウンドに顔を出す時間は少し短いかもしれませんので、あらかじめご容赦ください。それでは明日、新加入の選手たちの表情をお伝えできればと思います。今シーズンもレイソルと広報日記をどうぞよろしくお願いいたします。

2014年1月11日

史上初に向けて

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:河原 正明

 トップチームの2014シーズン始動まであと1週間を切りました。サポーターの皆さんにとっては待ちに待った、選手・スタッフたちはいよいよ始まる!と緊張と楽しみが増している頃でしょう。
 そんな中、育成組織・レイソルアカデミーの選手たちがブラジルで快進撃を続けています。初出場の「コパ・サンパウロ」に挑んだU-19チーム19名。内訳はトップチームの木村、小林に中谷に加えてU-18(現・高2と高1)15名にU-15から古賀選手となっています。

 今日は3試合終えての監督、選手のコメントが届きましたのでご紹介します。まずは下平U- 18監督。「今回歴史あるコパサンパウロに参加できたことを大変光栄思います。柏レイソルU-19という新たなカテゴリーで大会参加するにあたり、まずは予選リーグ突破を最大の目標に掲げてきました。同グループのサンパウロFCを始め、どの相手も簡単ではなかった。しかし、初戦に引き分けたことで、一戦一戦戦うごとにチームは自信をつけていきました。トップチーム所属の小林、木村に加え、今季昇格する中谷、最年少はU15所属の古賀がいますが、チームとしてのまとまりは出来ています。決勝トーナメントでは、更なる強豪チームとの対戦になると思いますが、柏レイソルの名に恥じぬ戦いを続けたいと思います」。

 続いて今大会もキャプテンを務める中谷進之介選手。昨日の試合ではコーナーキックを頭で合わせて先制ゴールを奪いました。「全体的に自分たちのサッカーをまだやり続けられていないが、勝利することができたのは大きい。サンパウロFC戦はモチベーションが大きかったが、残り2試合は、自分たちのテンポに相手を合わせることができなかった。もっと自分たちのテンポのサッカーを続けられることが重要になると思う」。

 プロ選手として参加している小林祐介選手。2戦目では華麗なワンツーパスで相手DFを置き去る見事なアシストを決め、昨日は同じく流れるような攻撃から3点目をゲット。得意の攻撃的なポジションで結果を出しています。「ブラジルでは日本では出てこない所に相手の足が出てきたり、日本人との特徴のちがいなども分かってきて、1試合1試合とても勉強になっています。また、試合の中で、個人でかなわないところがあっても、グループで通用している部分も多く、チームとしても試合毎に良くなってきていると思います。ただ、3試合目は相手に合わせてしまったところもあり、今後は余裕を持ち過ぎないように戦いたい」。

 そして、今大会3試合4ゴールの活躍で地元メディアからも熱い注目を浴びている大島康樹選手は「ブラジル人の選手やチームに対して、あまり自分たちのサッカーが通用しないのでは、という先入観があったが、フィジカルや個人技で勝てなくても、グループで勝てることがわかり、自信に繋がっている。初戦も手応えがあったが、試合を重ねる毎に自信がついてきた。3試合目に関しても、絶対勝たなくてはいけない状況の中で、得点を決めることができたことは良かった。ブラジル人のディフェンダーは、足の伸びが日本人とは違うし、パスが通ると思っても通らない場合も多い。体の使い方やボールの置き方がうまく、勉強になっている」と経験だけでなくしっかりと手応えも掴んでいるようです。

 現地での報道も増えています。テレビ局やスポーツ紙を始め、日本の通信社や地元・サンパウロの日本語新聞の「ニッケイ新聞」からも問い合わせが日本にもあり、日に日に注目度が高くなっています。
 理由は海外招待チーム初の予選突破の可能性が高いからです。過去94年から96年にかけて日本からは名古屋グランパス、川崎ヴェルディ(当時)、U20日本代表などが参加するもいずれも予選敗退。また、バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)やボカ・ジュニアーズ(アルゼンチン)など早々たるチームが挑戦するも退けられています。
 日本時間の今朝行われた残りのグループの結果を踏まえ、現時点で2位チームの3位あたりにつけています。明日早朝から行われる残りの試合でほぼ趨勢は判明するでしょう。やれることは全てやりました。あとは良い知らせを待つのみです。

 また、今夜U-15がカタールに向けて出発します。13日からドーハで開催の「アル・カスカップ」に出場、初戦はFCバルセロナ、2戦目はパリ・サンジェルマンと強豪チームとの対戦が待っています。率いるのは酒井直樹U-15監督。どうやら「初戦のバルサ対策で頭がいっぱい」のようですが、U-18に続いて弟分たちからの朗報に期待しています!

 1月10日配布の「ちいき新聞」(柏北・柏南・我孫子版)で新しく月に1回のコラム連載がスタートしました。ポスティングで各家庭に届きます。今回は12月のベトナム訪問を紹介しています。こちらもぜひお読みください。

111chiikishinbun.jpg

 現在、柏市役所では『ちばぎんカップ第20回大会記念 ポスター&フォトパネル展』が開催されています。期間は16日(木)までとなります。この企画の連絡を受けたときに「95年からのちばぎんカップの集合写真またはプレー写真を1枚ずつ欲しい」とのリクエストがありました。実は2005年くらいまでの当時は現在のようにデジタルデータではなく、いわゆる「ポジフィルム」で保管してあるのです。(もっともデジタルアーカイブ化すればいいのですが・・・)膨大なストックから時間をかけてなんとか探し出しました!無料ですので、ぜひご覧ください(試合当日もフクアリのバックスタンド側コンコースで展示予定です)。

111cityhall.jpg
111cityhall2.jpg

<写真提供:エイ・エフ・エイ様>

2014年1月 7日

新年

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

7日になってしまいましたが、あらためまして、あけましておめでとうございます。本年も柏レイソルへの変わらぬご声援をどうぞよろしくお願いいたします。

今日からレイソル事務所は仕事始め。不在のスタッフもいて、少し静かなスタートになりましたが、そのスタッフ2名が帯同しているU-18チームのブラジル遠征から吉報が届きました。今日早朝に行われた「コパ・サンパウロ」第2戦、グレミオバルエリ戦で、大島選手2ゴールで見事な逆転勝利を収めました!!

ハイライト動画はこちら
http://youtu.be/UMqvdWlf-9I

これで2戦して1勝1分。勝ち点4でサンパウロと並んでいます。ただ今日の試合でサンパウロが5-0と大勝し、得失点差でビハインド4ポイント。決勝トーナメントに進むのは、A?Zまでの26グループの首位と+グループ2位で成績上位の6チームですから、日本時間10日早朝のエスポルチ戦で勝利が求められます。もし勝ち点7でサンパウロを上回れず、グループ2位となった場合のためにも多くのゴールが必要でしょう。アカデミースタッフブログでは、毎日レポートが届いていますので、ぜひそちらもご覧の上、地球の裏側へ熱い思いを馳せてください!
http://blog.reysol.co.jp/youth/

レイソルのホームタウンでお見かけすることが多いと思います、「レイソルイエロー」自動販売機。クラブサプライヤーの利根コカ・コーラボトリング様やオーナー様のご協力により、設置・運用され、売上の一部が強化資金となる取り組みです。2009年の9月17日に第一号機が設置され、そしてこのたび、記念すべき「100台目」が誕生しました。柏市の須田材木店様、ご協力ありがとうございました!設置に興味をお持ちの方は、下記ページにて詳細をご確認の上、ご検討いただければ幸いです。ホームタウンをレイソルイエローに!!
http://www.reysol.co.jp/club/sponsor/cocacola.php

140107_coca.jpg

最後に、1月18日(土)に開催する「2014スタートミーティング」に参加申し込み締め切りが、明日8日に迫っています。参加資格は2013年、2014年のアソシエイツ会員の方で、参加無料。応募方法はこちらです。
【応募エントリー】
受付期間:2013年12月25日(水)10:00?2014年1月8日(水)23:00まで
★会員番号(7桁)+ログイン番号(4桁)にてログインしてください。
★電話受付 0570-084-686(ガイダンスに従い、操作してください)
★インターネット受付 http://l-tike.com/reysol-s (通常のチケット購入方法と同じです)

また当落の確認は1月10日(金)15:00?1月12日(土)23:00まで、また当選チケットの引き取りは1月11日(土)10:00?2014年1月14日(火)23:00と期日が詰まっておりますのでお気を付け下さい。詳細は下記サイトからご確認ください。新加入選手たちがサポーター皆様の前で初めて披露される恒例のイベント、多くのご参加をお待ちしております。
http://blog.reysol.co.jp/news/2013/016113.html