2014年3月31日

花も嵐も

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:河原 正明

 昨日に引続き春の嵐が吹き荒れた日立台。桜は一気に満開になりましたが、やっかいな風は止むことがありませんでした。トップチームは午前中にトレーニングを行いました。早くも明日にはアウェイ・甲府戦に向けて移動となります。

0331vcherry.jpg

 春休みということもあり、いつもは月曜日がオフのアカデミーも活動。今日はU-15がヴィッセル神戸との練習試合を行っていました。

 0331U15vskobe.jpg

 先週末も各地で大会も行われており、昨日・一昨日とU-12がダノンネーションズカップ決勝大会に出場しました。予選を全勝で勝ち上がり、決勝トーナメントに進出。ベスト16ではセレッソ大阪を、準々決勝では江南南を下して勝ち上がったレイソル。しかし、昨日の東京も傘は壊れるし、レインコートも全く役に立たない暴風雨。午後1時35分から横河武蔵野との準決勝戦を迎えるころにはさらに風雨が強まりました。
 20分1本勝負で前後半のコートチェンジがないルール。5分ごろに失点、反撃に出ようとしても風下だっただけに、見えない風の力にも押し戻されてしまったようでした。結果は残念ながら0?1で惜敗。2006年に秋野、木村、中村、中川らを擁して以来の優勝とブラジルで行われる世界大会出場に手が届くかというところだっただけに惜しかったです。

0331u12danon.jpg

 アカデミーは今週末にかけて大会や遠征が続きます。そして6日(日)にはいよいよU-18が高円宮杯プレミアリーグに初参戦。相手は鹿島アントラーズ、会場はカシマスタジアムです。
 次の6日(日)開催のJ1リーグ 対セレッソ大阪戦のチケットは完売しています。チケットを購入済みのお客様はまたスタジアムで、そうでない方はスカパーで、またはお時間があればアカデミーのプレミアリーグ観戦もいかがでしょうか?トップチームともどもアカデミーにも注目・応援ください!

2014年3月30日

世界から柏へ、柏から再び世界へ

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

日立台の桜、いよいよお花見ができそうなまでに咲き誇っています。今日の天気と、昨日の結果がもう少しだけよければ、もっと気持ち良い日曜日を迎えられましたね。。。「相手にいいところを出させず、自分たちのいいところを出せていた」。4月6日セレッソ戦のマッチデープログラム、公私ともに多くの幸せが舞い込んでいる橋本和選手のインタビューです。

140330_wataru.jpg

「でも自分の頭を越えてしまったクロスからゴールが決まってしまった。ゴールは決められたけど、そっちの方が何倍も悔しいですね。去年対戦した時、高さのあるチームと言えば、名古屋か大宮かと感じてました。大宮にはニール、ノヴァコ、ズラタン、(長谷川)悠、それに菊地、高橋。それが一気に飛び込んでくるのは大変だった」。インプットも警戒もしていただけに、悔しさもなおさらのことです。

それでも今季はゴールだけでなく、持ち味のスピードやドリブルも光っており、カオルの右サイド、ワタルの左サイド、相手はどっちをマークすればいいか困ってしまうほどの両翼です。勝ててないからといって、何より良くないのは焦りです。80分良かったゲーム内容、勝利するためには90分、いや笛が鳴る最後まで継続し、そしてハードワークが欠かせません。勝つためにすべきことをなせば、おのずと勝利は引き寄せられるはずです。今週は水曜にナビスコ甲府戦、日曜にセレッソ戦。その連戦で答えを出してほしいところです。

140330_LD.jpg

今日は、日本テレビの朝の情報番組「ZIP」の取材がありました。新しく始まるスポーツコーナーで、日本で活躍する外国籍選手が「日本に来て驚いたこと」をリサーチ。モンチャン、ニーヤン、チャンス、グギョン。レイソルにはブラジルと韓国、2人ずつ選手がいます。日本では当たり前のことも、彼らにとってはビックリだったり、思わず笑ってしまうようなこともたくさんあります。どんな経験談が飛び出したでしょうか。

140330_leo.jpg

最後の日本語のセリフには「ハズカシイネ」とモンチャン苦笑でしたが、しっかり「ワタシガ、タマゲタノハ......○○」と答えてくれましたよ!4月3日木曜から始まるスポーツコーナー、月木と週2回あるなかで、おそらく木曜日を中心に順次放送される予定です。朝6時15分ごろ、ちょっと早起きが必要ですが、彼らの素顔にぜひ触れてみてください。

最後に、ニュースでお知らせしましたが、澤昌克選手の新しいクラブが決まりました。ペルーの2部に在籍する「デポルティーボ・ムニシパル」。2007年にシーズン10得点を挙げ、最優秀外国籍選手賞を獲った古巣への復帰となります。ペルーへ旅立つ3月上旬にはチームメイトと食事会で別れを惜しみ、3月8日にはクラブハウスにこんなメッセージを残して旅立ちました。

140330_sawa1.jpg

ワタルの子供が生まれた時にも「ペルーからおめでとう!」とLINEでメッセージが届きました。チームは変わっても、このメンバーで過ごした時間と成し遂げたこと、そしてつながりは色褪せることはありません。「元レイソル選手、日本人として誇りを持って戦っていこうと思います。少しでも日本に情報が届くように頑張ります。これからも応援よろしくお願いします」。チームメイト、そしてサポーターからこよなく愛されたまさかっちゃんの、ますますの活躍を祈って「ボア ソルチ!」(幸運を?)

140330_sawa2.jpg

2014年3月29日

好事魔多し

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:河原 正明

 またしてもホームで大宮に勝てず。あと一歩のところでスルリとこぼれた勝利。今日の試合は一言で言えば「好事魔多し」というべきでしょうか。試合後のスタジアムは喜ぶアルディージャサポーターと負けたかのようにがっくりとするレイソルサポーターが対照的でした。

 前半から相手に全く攻撃をさせず(公式記録では大宮のシュートは0本)、セカンドボールもほぼ拾って「完璧に近い、今季一番良い試合運び」(ネルシーニョ監督)を見せたレイソル。チャンスを作れどなかなか得点できませんでしたが、27分に得たセットプレー。レアンドロドミンゲス選手のフリーキックがクリアされたボールを、逆サイドの高山選手がダイレクトに中に折り返すと、最後は橋本選手が左足アウトサイドですらすように蹴りこんで先制!24日(月)に生まれた長女に自ら捧げる「ゆりかごダンス」でお祝いをしました。

0329hasimoto.jpg
0329cradledance.jpg
(あまりにもオフィシャルカメラマンと近すぎました・・・本人写らず)

 後半に入ってからもギアが上がらない相手に対して、52分は相手ボールを奪ってからのカウンター。レアンドロドミンゲス選手が長躯ドリブルで持ち込んでからのスルーパスに走りこんだ高山選手が中央フリーの工藤選手にラストパス。これを確実に決めて2?0に。 

03293arrows.jpg

 鮮やかな速攻が決まり"ヤマト"で盛り上がるスタンド。その後もレイソルペースで時間が過ぎていきます。だが、残り時間が10分を切ってから、相手はパワープレーを仕掛けてきます。負傷による交代で本来センターバックの選手がボランチに上がり、何度もロングボールとサイド攻撃で押し込んできます。今季のレイソルなら、ここでしのげるはず。そう信じていたサポーターの方も多かったと重います。失点も多いが得点も多いのが今季の大宮の特徴。試合終盤のパワープレーで川崎に逆転勝利(4?3)した大宮の強さに屈する形であっという間に2失点してしまいました。

 試合後ピッチから引き上げてくる選手は一様に硬い表情でした。「勝てる試合を落とした」大谷キャプテンを筆頭に誰もが悔しさを滲ませます。そしてまたしても日立台での対大宮戦未勝利記録を終わらせることができませんでした。
 しかし、すぐに試合がやってきます。「もやもや」していたまま前に進むわけにはいきません。しっかりとリセットして3連戦の2戦目、アウェイでの甲府戦に挑みます。 今日は暖かな陽気の中、多くのご来場ありがとうございました。

2014年3月28日

桜前線に乗って

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

昨日の肌寒さが嘘のように、これ以上ない春の陽気に包まれた日立台。ついに、桜の木々がピンク色の花を咲かせ始めました!全体から見れば、まだ一部咲きといったところでしょうが、今日も明日も20度を超える好天に恵まれそうで、一気に春が来るウィークエンドになりそうです。

140328_sakura.jpg

そんな明日、絶好のサッカー観戦日和に迎えるは、大宮アルディージャ。東武野田戦ダービーです。先日お送りしたメルマガにもありましたが、なぜかアウェイチームが勝ち続けているこの対戦。最後にホームが勝ったのは2008年のレイソル。以来、引き分け2回を挟み、天皇杯1回も含めると、10試合続けてホームチームの勝利がありません。だからこそ「監督からも『この流れを断ち切らない』といけないと言われました」と大谷キャプテンら、選手たちの合言葉になっています。

互いにまずは守備を固めるというチームイメージがありますが、ここ5試合は、すべて4得点以上と多くのゴールが決まる乱戦になっています。だからこそ、守備で崩れず、ミスを減らし、安定した戦い方が求められます。守護神に懸かる期待も大きいでしょう。ここまでの公式戦5試合で4失点、ここまで得た勝ち点はGK菅野選手の大きな働きによってもたらされたといって、異論を唱える人はいないでしょう。

140328_sugeno.jpg

スゲから週半ばにこんな言葉をかけられました。「次の試合に出たら、通算450試合目って、知り合いの人が教えてくれたんです。そんなの知らなかったでしょう!?」と突っ込まれ「いや、知ってた!」とは到底言えず、ただただ恐縮してしまいましたが(苦笑)。もちろん公式戦のキャリアを調べてみました。(もし誤差がありましたら、お知らせください)

J1:185試合
J2:187試合
ナビスコ:25試合
天皇杯:28試合
ゼロックス:2試合
ACL:18試合
クラブワールドカップ:4試合

たしかに、合計449試合。明日の大宮戦に出場すれば、450試合目の節目となります。もちろん、今年の5月でようやく30歳の大台となるスゲのキャリアは、まだまだ続いていくはずで、その数字は通過点でしかないでしょう。その記念すべき明日の一戦、月曜にパパになり、今日もゴールを決める好調の橋本選手への祝福、そして何より上位追撃とリーグ奪還への足がかりにすべく、ビッグマッチとなります。チケットはAR席、AL席を除いてはまだ残数に余裕があります。さきほども言いましたが、すばらしい陽気に恵まれそうな明日の土曜日。ぜひ日立台のスタジアムで桜の香りを感じながら、レイソル戦士たちへのご声援をどうぞよろしくお願いいたします。
http://blog.reysol.co.jp/news/2014/016439.html

140328_wataru.jpg

2014年3月27日

断ち切る

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:河原 正明

 今週続いていた春の暖かさがウソのように季節が戻ったような日立台。今日はトップチームは非公開で大宮戦に向けた練習を行いました。
 大宮とはなぜか互いにホームスタジアムで勝てない流れが続いています。昨年、一昨年もJ1優勝した2011年ですらホームで完敗。日立台での勝利は実に2008年にまでさかのぼります(フランサ選手の華麗なループシュートが決勝点でした!)。この流れを断ち切ってホーム戦勝利でリーグ戦2連勝へ。明日最後の準備をして挑みます。

0327nelson.jpg

 昨日の広報日記でもご紹介しましたが、ただいまファンクラブ会報誌「日立台通信」を製作中です。今日は増嶋選手が取材を受けました。「もう少し選手のプライベートなどがわかる企画を」とのリクエストに応える形で選手も私服で登場。増嶋選手はスキなし、さすがの着こなしです。

0327masushima.jpg

 プロ11年目の今季を迎えるにあたり「プロ入り後は、まさか自分がプロで10年できるとは思っていなかった」と意外な(?)告白も。在籍4シーズン目はプロ入りして一番長いチームとなります。これまでのプロ生活とレイソルでの3年間、そしてこれからへの思いを赤裸々に語ってもらいました。もちろんマスのプライベートについてもバッチリ!ファンクラブ会員の皆さんは4月の発送までもう少々お待ちください!

 昨日セレッソ大阪戦のチケット完売のお知らせをしましたが、大宮戦のチケットはまだ余裕があります。春休み最初のホームゲーム、今日とは違って土曜日は暖かな予報にホッとします。当日はグッズも新商品が発売されるなどスタジアムも本格的な春到来となります。良い席はお早めにお買い求めいただき、ぜひ選手たちに直接ご声援をください!

2014年3月26日

子供たち

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

ようやく暖かな春の季節がやってきたようです。桜前線北上中のニュースで賑わっていますが、日立台のグラウンドを取り囲む桜の木々は、まだ眠いようです。「どこか一つでも咲いていないかな?」と思い、上を向いて歩いたんですが、つぼみはまだ膨らんでいる途中。日立台の開花宣言は、明日以降に持ち越しです。またお伝えしたいと思います。

140326_sakura.jpg

学校は春休みでしょうか、たいへん多くのお子さんが練習見学にお越しでした。そのなかにヨネックスのウェアを着た少年が。実は日立台の近所に住むU-12の選手、新5年生だそうです。食い入るようにトップチームの練習を見ている後姿を見ていると、本当にサッカーとレイソルが好きなんだなという気持ちが伝わってきます。「自主練です!」と行って、颯爽と人工芝の方へ走って行きました。

140326_aca.jpg

その彼と同じような夢を抱いてきた2人の対談。今日から、ファンクラブ会報誌「日立台通信」の取材がスタートしました。「ダブルパス」今回のペアはこちら、、、

140326_tetuwako.jpg

テツ&ワコのユース同級生コンビです。「オレは荒川沖。ワコは藤代から」とずっと茨城から一緒に常磐線で柏に通ってきた2人。穏やかなテツロー、クールなワコ。そのスタイルは終始変わりませんでしたが、ときおりワコが切り出す昔話、すごくしっかりした記憶を丁寧に伝えると、「そんなことあったっけ」と照れ笑いするテツロー。柏で育ち、外のクラブの空気を吸ってきたからこそ、2人のレイソルに対する愛着は本当に深いものがあります。「一緒に出たいですね」。その夢が叶う日は遠くないはずです。4月下旬の発送予定です。

ニュースでお知らせしましたが、橋本家に待望の赤ちゃんが誕生しました。女の子です。練習後の新米パパに突撃しました。「予定日は21日だったんですけど、少し遅れたおかげで、立ち会うことができました。さすがサッカーしてた子やなぁという根性を見せてもらいました。サッカーの第一線を退いて、頑張ってくれた。2人のためにももっと頑張らないとという思いです」。奥様は、元なでしこリーガー、湯郷ベルのFWとして活躍した中川理恵さん。サッカー界にとってはこれ以上ないサラブレッド、ディープインパクトとウォッカの仔みたいな感じでしょうか(笑)。

とは言っても、周りが過剰に期待しすぎるのも良くないですからね。元気にすくすくと育って、お父さんやお母さんの背中を見て、自分の道をえらんで、切り開いて成長してくれることが一番の親孝行です。先日の取材でいただいた「レイソルロンパース」をプレゼントしました。サイズは80cmですが「いつになったら着れるようになるんかも、全然わからないですね苦笑」と初々しい新米パパ。ワタル&理恵さん、本当におめでとうございます!

140326_wataru.jpg

最後に、BtoJシートの話題です。今季4校目の訪問、柏第五中へジュンヤ&ダイスケが伺いました。「懐かしい感じがするね」と土のグラウンドを踏みしめます。前回チケットを手渡ししたナベが、その浦和戦でゴールを決めるというスーパーヒーローな活躍をしましたから、その流れが続くといいですね!土曜日の大宮戦、試合後のピッチで笑顔で再会できますように?。部活のみなさんがHPに載ることを楽しみにしてくれているそうなので、HPにてクリックすると拡大されるように配置していました。これからもレイソルや選手たちへの応援をよろしくおねがいします。

140326_btoj.jpg

2014年3月25日

試運転

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:河原 正明

 今日は今月2度目の対戦となった筑波大学との練習試合。結果は木村選手の得点で1?0でレイソルが勝利しました。(スコア、メンバーなどはNEWS欄をご覧ください)。

0325ota.jpg

 この試合のトピックスはキムチャンス選手の実戦復帰。昨年ナビスコカップFINALを目前にした10月30日に左足首の関節脱臼骨折の大ケガを負って以来、地道にリハビリを続けてきました。今月に入って練習に合流、そして今日試運転の試合を迎えました。

0325chansooisback.jpg

 久しぶり、そしてもちろん今季初の対外試合。試合後の第一声は「やっぱり少し怖かった部分もあった」と正直な気持ちを吐露。「やっているうちに怖さもなくなってきた。もちろん、まだまだプレーの質や体力、ゲーム勘など足りない部分はたくさんあります。それでも今日は(60分間)プレーできたことが嬉しかった」と安堵の笑顔を見せました。
 あれだけの大ケガの後です。「自分が思ったよりも、同じケガをした他の選手よりも早く実戦に戻れたと思う」と本人が言うようにまだまだ完全復帰には時間かかるとは思います。しかしながら時間が経てば公式戦へ復帰できる状態にまで上がってくるのも間違いありません。もう少しの辛抱ですが、サポーターの皆様も見守っていただければと思います。

 昨日は中谷選手の18歳の誕生日でした。練習試合後に試合メンバーでお祝いの集合撮影をしようとすると、すかさず前面を先輩たちがブロック!ルーキーはなかなか素直にお祝いしてもらえません(笑)。18歳の誓いは「まずは試合に出られるように努力を続けるだけです」。試合メンバー入りには地力をつけること。目標に向けてやることは変りません。
 ※集合写真は公式Faebookでご覧になれます

0325shinBD.jpg

 菅野選手を除いた徳島戦に先発出場選手は今日はオフでした。明日からまた全員揃って週末の大宮戦に向けてのトレーニングが始まります。大宮戦のチケットはまだ余裕があります。春休みのリーグ戦はホームで2連戦。良い席はお早めにお買い求めください!

2014年3月23日

J1通算250勝!

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:河原 正明

 4度目の正直で、春到来の声。
 J1リーグ 第4節 徳島ヴォルティス戦は敵地で2-0の勝利。4試合目でようやく今季初勝利となりました。
 4度目、といえば今日の試合会場の鳴門大塚はJ2時代に3試合連続で未勝利のスタジアムでしたが、J1の舞台でやっと攻略することができました。

 今日の試合で一番注目されていたのはやはりドミンゲス兄弟対決でした。大変仲が良い兄弟ですが、さすがに「兄とはこの1週間連絡をとっていない」(弟・クレイトン)、「弟とはいえ、勝負のためにボールをもったらガッツリいくぜ!」(兄・レアンドロ)と試合前は強く意識せざるを得ない雰囲気に。
 レイソル、ヴォルティスサポーターならずとも、容姿、プレースタイルがソックリなことを改めて気づいたと思います。その2人が初めてコンタクトしかけたのは前半5分くらいだったでしょうか。ドリブルする兄に迫る弟。

0323brothers.jpg

 さらに後半にはファウルの判定を巡る兄弟をハン グギョン選手が「まぁまぁ」と抑える場面も。「試合開始すぐは不思議な感覚だった。でもすぐに慣れて、レイソルか勝つためにだけ集中できた」(兄・レアンドロ)。「どんな時でも兄は弟に負けてはいけないよね」と試合前に話していた"ニーヤン"、今日の試合結果は兄の貫禄勝ちといったところでしょうか。次の兄弟対決は6月1日のナビスコカップ。今度は兄がホーム日立台で弟を迎え撃ちます。

0323brothers2.jpg

 試合結果は勝利でしたが、試合後に満足な表情をしている選手は少なかったです。ハーフタイムにネルシーニョ監督からも「もっとシュートを打つように」との指示がありましたが、今季未勝利チーム同士の対戦とあってか引いて守る相手に対してボールを持つことが出来ても、レイソルはなかなかフィニッシュまで持ち込むことができません。
 後半立ち上がりにたて続けに攻めるも得点にはならず。逆にミスから相手のカウンター攻撃で2度あわやのピンチをしのぎます。レイソルは「あと少し」、ヴォルティスには「なんとかいけるかも」と互いに辛抱強く攻守の時間帯が変わる展開でしたが、後半22分にようやく均衡を破ります。

0323watarugoal.jpg

 前半にもシュートチャンスがあった橋本選手が、工藤選手が競ってこぼれてきたボールを強引かつ強烈な一振り。これまでのうっぷんを晴らすようなシュートでようやく風穴を開けます。橋本選手は神戸戦の得点に続いて今季2得点目。チーム得点王です!
※このゴールは第4節のノミネートゴールに選ばれました!

032311firstgoal.jpg

 ややガックリしたヴォルティスに対してようやくスッキリしたレイソルの攻撃陣が奮起し、後半40分には工藤選手のクロスにレアンドロ選手が頭で合わせ、嬉しい移籍後初ゴール。直後にネルシーニョ監督はクローザー役として工藤選手に代えてDFの渡部選手を投入、そのまま逃げ切りました。

 これでクラブ創設以来J1リーグで通算250勝、節目の試合となりました。先週水曜日のナビスコカップ浦和戦と続いて公式戦での「連勝」。次はリーグ戦での連勝を目指します。今日も遠く徳島まで応援に来ていただきありがとうございました。次はホームゲーム。春休みの試合となります。ぜひスタジアムで声援を送ってください!

 明日はトップチームはオフ、明後日火曜日午前の練習試合 筑波大学戦出場メンバー以外はオフ、連休となりましたのでご了承ください。

0323supporters.jpg
 

2014年3月22日

4年ぶりの四国へ

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

昨日ほどではありませんが、今日も冷たい冷たい風が吹きつけ、身体が冷える午前トレーニングでした。しかし恒例の2タッチのリラックスゲームは、選手たちの活気でいっぱい。ネルシーニョ監督は「レッズ戦はとても大きな勝利だった。ここまで内容も足らないゲームが続いている中で、個人もチームの質も高い内容で、結果も出せた。自信につながるいい勝利だった」と振り返ります。

140322_game.jpg

水曜日のレッズ戦の勝利は、自信と希望を取り戻すきっかけとして、最高のゲームとなったようです。ただ、それは明日勝つことができて初めて言えることでもあります。ヴォルティスは水曜日のナビスコは先発全選手を入れ替え、この日曜日の試合に備えてきています。相手の監督は小林伸二監督。チームに組織的な守備とカウンター、90分間走り続ける体力と諦めないメンタルを植え付け、山形時代には日立台でJ2降格への決定打となる零敗も喫しました。

ニーヤンの弟、クレイトン選手にも注目が集まります。囲み取材で質問を受けた監督も、予期していたかのようにニヤリと頬を緩めます。「レアンドロとクレイトン、とてもよく似た特徴を持っている。ボールを欲しがるところとかね。だからこそ、ウチの選手にとってもイメージがしやすいと思う。そして注意しなければいけない選手だね」

1ゴール1アシストを決めた田中順也選手。「この前はいい試合ができたけど、これを継続したい。コーナーは気持ちをこめて大事に蹴らないと、中に飛び込んでくる人にも思いが伝わらないし、ゴールも生まれないと思う。いいプレーをしても数字で結果を残さないと、『いい選手』で終わってしまう。相手にとって『怖い、嫌らしい選手』にならないと」と2試合連続勝利と自身の好結果を誓います。

2タッチゲームのあと、すぐさま気持ちを入れ替えて、GK菅野選手は個人練習に戻りました。スゲの後ろからアレックスGKコーチがネットに向けてボールを投げつけ、その跳ね返りにす即座に反応する。またユニークなトレーニングですが、今季数々のビッグセーブ、しかも至近距離シュートを止め続けているのも、こういった反応速度を速める練習が効果を出しているのかもしれません。「今季はまだゼロ(完封)がない。スタートダッシュにも失敗してしまったので、今度こそ結果を出さないと」。妥協を許さない守護神、明日もイレブンを助け、引き締めるプレーを見せてくれるでしょう。

140322_suge.jpg

明日14時、鳴門大塚でキックオフです。四国まで遠征される方、スカパーやオンデマンド観戦の方も、勝利を信じて応援をよろしくお願いします!

2014年3月21日

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

140321_kaze1.jpg

北日本では爆弾低気圧といえるほど低気圧が発達し、大雪に見舞われているそうです。今日の柏は天気こそ良かったものの、春の嵐というか、ものすごい強風の一日。グラウンド脇のベンチは風で倒れ、立っているのもやっという強風も時折吹きつけます。地面から砂も舞ったりして、目も開けていられません。そんな自由の利かない中でも、非公開練習にて選手たちはボールを蹴り、走り続けます。明後日日曜日、アウェイ徳島にて、レイソルにとっては初めてのJ1戦を戦います。

140321_kaze2.jpg

明日、3月22日。土曜日の19時30分から、チバテレビ「ライジングレイソル」の放送です。今回のインタビューは、レアンドロ選手ことモンチャン。まだゴールこそありませんが、アシストやPK獲得など、相手に脅威を与える存在にあるのは違いありません。彼がすばらしいストライカーであるのはすでに証明されていますし、レイソルの選手たちが彼の特徴や好みを感じ、先日のレッズ戦でも連携の進歩が随所に見てとれました。こちらが焦らなくても、必ず近いうちにモンチャンはやってくれるでしょう。ライジングレイソルの4月以降の放送曜日はまだ未定ですので、決まり次第お知らせします。

レイソルの公式フェイスブック、「いいね!」の数が8000人を超えました。レイソルサポーター、サッカーファン、柏をはじめとするホームタウン、千葉県、そしてブラジルや韓国や東南アジア、中東からもご登録いただいています。本当にありがとうございます。ナビスコ浦和戦では、テツ&クドーのCMをいいね!いただいた方を対象に「優勝カップフォトセッション」を開催しました。もちろん試合当日のファンイベントであることは間違いありませんが、みなさんの「いいね!」によって、そのご友人、ネットワークにどんどん拡散いただくという目的もありました。

140321_FB.jpg

当日に参加してもらった4選手には、来る3/29大宮戦の告知ボードを持ってもらいました。フォトセッションに参加いただいた皆様、ぜひその写真をフェイスブックにアップして、試合観戦を呼び掛けてください。そして、それをまた「いいね!」してもらう。今日の広報日記を読まれた方も、よろしければ「いいね!」して広めてください。サポーター皆さんも、レイソル広報グループの一員です。この前のレッズ戦のように、すばらしい雰囲気、応援の中で、選手たちのテンションや戦いぶりをぜひ高めてください!3/29大宮戦、4/19マリノス戦、4/26浦和戦のチケットは好評発売中です?
http://l-tike.com/kashiwa-reysol/

2014年3月20日

兄と弟

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:河原 正明

 昨晩の勝利の余韻に浸る間もなく、日曜日には中3日での連戦。トップチームはリカバリー組と練習組に分かれてのトレーニングを行いました。再びリーグ戦に戻ります。苦しいシーズンスタートでしたが、ナビスコカップでレッズを相手にした勝利は何よりも良薬となるでしょうか。

 対戦相手の徳島は今季初のJ1リーグを戦っています。この試合、両チームで「ドミンゲス兄弟対決」をキーワードに告知をしています。ドミンゲスが二人、レイソルとしてはレアンドロも二人な試合、実況の方はさぞ大変でしょう。その今季徳島に加入した弟、クレイトンドミンゲス選手との対戦が楽しみだと練習後に語った兄・レアンドロドミンゲス選手。2人兄弟の対決は実は「プロになって敵同士としての対戦は初めて。同じチームでプレーしたことはあるけど」だそう。
 すでに公式サイトなどでご覧になられた方はお分かりでしょうが容姿は兄弟そっくり。でも見た目だけでなく、ボールを持った姿勢はさらにそっくり。「弟はボールを持ってからのスピード、反応・判断の速さがあるしシュートもキックも上手い。前線では怖い。スペースを与えるとやられるよ(笑)」とは兄の弟評。でも「兄としては負けられないもの」だそう。
0320domingues.jpg

 そのレアンドロ選手は昨日の試合を振り返って「浦和という強いチームに勝てたのは大きい。失点はしたが、2点とって逆転したのは勝利が欲しかったチームには良かった。これでチームの力も高まる。この先勝ち続けるリズムに乗ることができると思う。次の試合に向けて調整をして、自分の力でチームを助けたい」と復帰と兄弟対決へ高い意欲を見せていました!

 徳島にはもう一人忘れていけない選手がいます。GK川浪吾郎選手。昨日のナビスコカップ 新潟戦でJ1デビューをしました。同期の茨田 陽生選手は昨日の試合出場について「吾郎のスタメンはロッカールームで知ったので、特に連絡はしていません。ま、すぐに会えるので」。背の大きなゴロウとバラも兄弟のような仲良しコンビでした。3日後に再会するのが楽しみです。できればピッチで戦う二人を見てみたいですね!

 トップチームは明日は非公開練習となります。祝日ですがご見学できませんので何卒ご了承ください。22日(土)は公開練習予定です。

2014年3月20日

サッカー

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

まず、今日の試合。平日の夜なのに、これほどまでにスタンドが黄色と赤に埋め尽くされている様子を見て、昨年のACL広州戦を思い出しました。試合前からメディアの方が多く詰めかけ、いつもとは違う雰囲気や緊張感がありました。ただ、選手入場から両サポーターの応援は非常に統率がとれていて、キックオフ後のピッチでも個人対個人、チーム対チーム、戦術や球際のぶつかりなど、試合内容はとても拮抗した90分間でした。周りをとりまく難しい環境があるなか、今日の日立台は純粋にサッカーをプレーする選手たちと、それを応援する人たちによる、すばらしいゲームだったと思います。

140319_stand.jpg

ここまでのリーグ戦、2分1敗。「このゲームはとにかく、結果も内容も立て直さないと、本当にまずいという危機感が、みんなすごくあった」。田中順也選手はそう試合後に吐き出しました。対レッズということもあり、ここ3戦の4バックではなく、3バックで臨んだレイソル。そして最近のレッズ戦を振り返れば、ボール保持のレッズvsカウンターのレイソルという構図はみなさんも予想がついたと思います。ただ昨年11月のように、じっと耐え続けるという試合ではなく、ワタル&カオルの両翼があれほど輝いたように、レイソルの攻撃もしっかり形になっていました。

140319_TJ.jpg

「とにかく結果を出さなければ」。田中選手の決意はプレーでしっかり表現され、特に橋本選手とのコンビネーションでレイソルの左サイドは活性化していました。前半終了間際のPK、レアンドロ選手が取ったもので、大きな重圧もあったかと思いますが「まったく緊張はありませんでした」と日本代表GKの西川選手相手に、落ち着いて浮かせたチップキックのPKゲット。そして後半のCKチャンス。実はあのゴールの3分前、同じ右サイドからのCKチャンスでいいクロスが入りませんでした。以前ジュンヤは「ニアのストーンにひっかかってしまうのが一番許せない」という話をしていました。ニアサイドに立ってクロスを跳ね返す選手をストーンと呼びますが、中央に飛び込む味方まで届かずというまさに悔しいミスを犯した直後。ニアを超えて、ゴール中央に落ちてくるボールを、慎重に慎重にキックしていたように見えました。

140319_nabe.jpg

そこへ飛び込んできた、渡部博文選手。キャンプ当初から3バックの左CBとして起用されながら、なかなか結果を出せず、控えに甘んじる我慢の日々をすごしてきました。この日のチャンス、まずは力強い守備で失点を最小限に食い止め、そしてセットプレーのチャンス。それまで再三の攻守を見せていたGK西川選手の両手の上から叩き込む、レイソル最高峰の高さを遺憾なく発揮しました。

140319_nabe2.jpg

そして試合後、嬉しい再会がありました。中学生招待「B to Jシート」で日立台に来てくれた柏三中サッカー部のみんなが待ち構えていました。去る3月13日、キリと一緒に三中を訪問し、交流したみなさんです。「もう、本当にしびれました。すごくいい子たちだったし、直接会ってチケットを手渡したみんなの前で決められた。写真撮影の時も本当にみんな喜んでくれてました」。彼らは、この日の試合とナベのゴールを一生忘れることはないでしょう。

140319_nabe3.jpg

この最高の結果、今日で終わらせるわけにはいきません。ナベ個人としてもそうでしょうし、そして選手みんなが口にした「次のリーグ戦、徳島戦につなげないと」。この勝利が良かったと受け止めるためには、次の日曜日の勝利があってこそです。自信を取り戻し、連戦に挑みます。

今日は2004年以来となる、日立台でのレッズ戦。すばらしい応援で選手たちを後押しし、円滑な試合運営にご協力いただいた両チームサポーターの皆様、本当にありがとうございました。

2014年3月18日

Be A Hero

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:河原 正明

 明日開幕のJリーグヤマザキナビスコカップ予選リーグ第1節で、レイソルは日立柏サッカー場に浦和レッズを迎えます。レッズ戦は2004年以来11シーズンぶりの日立台開催です。平日のナイトゲーム、という前置きがつきますが、明日の試合がいろいろと注目度が高い理由のひとつは、開幕で決勝戦の再現というマッチメイクの妙にもあると思います。

 レイソルにとっては2009年シーズン以来、実に久々のナビスコカップ予選リーグとなります。ネルシーニョ監督は「(予選6試合と)ナビスコカップは短期決戦。すぐに終わって、決勝に進む2チームが決まる大会。トーナメントのつもりで試合に臨むし、明日も決勝だと思っている」と短期決戦に挑む術、心持を授けます。
 
 両チームで注目なのはやはり若い力でしょうか。この大会には「ニューヒーロー賞」という23歳以下(開幕時)の選手を対象とした賞があります。レイソルでは工藤選手や茨田選手をはじめ昨年のルーキーカルテットに今年のルーキー中谷選手が対象となります。そしてこの選手も。

0318beahero.jpg

 ハングギョン選手も現在23歳、「え、今年24歳になるけど?」と驚くも対象選手であることを告げると「もらえるように頑張ります!」。
 レッズの印象は「個人能力が高い選手が集まっているチーム。でもレイソルも組織で戦えばいい結果が出せるはず。チームが勝利することが一番」。その言葉は昨年のカップファイナル後にレイソル選手が口にしていたコメントそのもの。今季新加入のグギョン選手ですが、そのマインドがしっかりとあることが心強いです。明日はレイソルから「ニューヒーロー」が登場することを期待してください!
 
 ナビスコカップでは恒例の「ナビスコキッズイレブン」イベントを実施します。シュートゲームやドリブルゲームなどのサッカーアトラクションに参加者の中から抽選で11名様に「ナビスコキッズイレブン」として公式球モデル(ミニボール)をプレゼントします。さらに1名様に当日使用した試合出場全選手サイン入りフェアプレーフラッグもプレゼントします。また、参加賞としてアトラクションに挑戦した皆様に、ヤマザキナビスコのお菓子をプレゼントします。

0318kidseleven.jpg
0318chipstar.jpg
※写真は昨年の実施風景です

 また、公式Facebook連動企画、『Facebookで「いいね!orシェア」を押してJリーグヤマザキナビスコ優勝カップと写真を撮ろう』を開催いたします。この撮影イベントへのご参加にはフェイスブックへのご登録をお済ませの上、下記のムービー投稿ページを「いいね」「シェア」ください。参加するにはムービーへの「いいね」をした画面を提示してください。
https://www.facebook.com/ReysolOfficial/posts/228245437360764

 本物のナビスコカップと一緒に撮影できるチャンスです。ぜひご参加いただくと同時に、併せて柏レイソルフェイスブック」ページ本体への「いいね!」もお願いいたします。

 0318getacupagain.jpg

 イベント告知に協力してくれた工藤選手は「明日の試合は、両チームのサポーターだけでなくレッズの選手も日立台で試合をするのが楽しみと言っていた。そういう中でできる喜びを、日立台の柏レイソルサポーターの力を背負って全力でレッズにぶつかりたい!」。チケットは当日券も販売予定です。もう一度カップをこの手に。ぜひ、スタジアムで応援よろしくお願いします!

2014年3月17日

on the way

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

先週木曜日のお話ですが、、、HPやモバイルレイソルの選手ノンフィクション「on the way」の取材に行ってきました。今回は、鈴木大輔選手と一緒に、柏市内の「マルシェバトン」さんにお邪魔しました。先日のテレビ東京「モヤモヤさまぁ?ず2」の柏・流山編でも放送されたダイニングバーです。

140317_book.jpg

レイソルでは珍しいほうになってきた「高体連」出身選手。ライターの鈴木潤さんがお持ちいただいた、「うわ、懐かしい??!!」と当時の大会プログラムに釘づけに。「練習が本当に大変だったですからね、身体もメンタルも鍛えられました」という石川県の名門、星稜高校から、アルビレックス新潟へ。ロンドン五輪の主力として活躍し、新潟でも確固たるポジションを得ていたにもかかわらず「ポジションが約束されているのではなく、ギリギリの競争ができる場所へチャレンジしたかった」と常に貪欲に向上心を持ち続けて、柏にやってきました。

140317_suzulunch.jpg

貪欲というか、食欲もたいへん旺盛でしたね!牛フィレのグリルランチ、十五穀米は大盛りで。さらに「シーザーサラダランチもください!」とモリモリ食らう様子は、ダイスケらしい豪快さがありました。その他のランチメニューには、骨付きもも肉が乗った「スパイシーチキンカレー」、パスタランチも2種類、さらにお子様ランチやクレームブリュレもあって、ママさんたちのランチにもぴったりのお店です。

140317_cajyu.jpg

また夜は、イタリア&スペインバルとなってお酒も楽しめます。モヤさまで、さまぁ?ずの2人がチャレンジしていた「カジュッタ」(=グレープフルーツの中身をそのままジュースにして、カシスなどリキュールを割ります)も、ディナータイムで楽しむことができます。お店の情報は下記のとおりです。ぜひお立ち寄りを!大変快く取材を受け入れたくださったマルシェバトンの皆様、本当にありがとうございました。
https://www.facebook.com/marche.baton
140317_baton.jpg

今日は非公開での戦術練習、明日火曜の調整を経て、水曜日はさっそく試合です。ナビスコカップ予選リーグの初戦、浦和レッズを日立台で迎え撃ちます。昨年のファイナルから、いきなりオープニングマッチでの再戦。レッズにとっては昨年の悔しい思いを倍返しにしようと向かってくるでしょうし、今季未勝利のレイソルは強敵レッズを破って、浮上のきっかけをつかみたいところです。

先月、テツ&クドーが出演してくれた、フェイスブックでの告知CMはご覧になられましたか?このページを「いいね!」したご来場の方は、試合当日の19日(水)に「優勝カップフォトセッション」に参加できます。去年獲得した栄光の優勝カップと記念の写真を撮れるチャンス、選手も数名参加する予定です。
http://blog.reysol.co.jp/news/2014/016330.html
時間は開場16時45分から18時と早い時間ですが、恒例のサッカーゲームアトラクション「ナビスコキッズイレブン」もありますし、どうぞ夕方から日立台にお越しください!!
http://blog.reysol.co.jp/news/2014/016384.html

2014年3月16日

デビュー戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:河原 正明

 うれしいニュースがありました。本日行われたJ3リーグ第2節 藤枝MYFCvsJリーグU-22選抜戦で、J3デビュー戦となった木村裕選手が先制ゴールをあげました。前節、琉球相手に無得点の敗戦でしたので、木村選手のゴールは記念すべき[U-22選抜]の初ゴールとなります。試合も4?2でJリーグ選抜が勝利。同じく柏レイソルから2試合連続で召集された秋野、小林選手と3人が揃ってスタメン出場しました。
 年末年始のブラジル遠征と春季キャンプをたて、好調を維持していた木村選手。プロ初ゴールはJ3でしたが、次はJ1レイソルの選手として正真正銘のプロ初ゴールが見てみたいですね!ゴールシーンは今夜22時からスカパー!で放送のハイライト番組でチェックしてみたいと思います。

 「デビュー戦」といえば、今日の午後日立台で行われたレイソルアカデミーU-15が関東リーグ vsFC東京深川と対戦。この試合で今年度からU-15以下の選手たちが着用する新ユニフォームがお披露目になりました。

0316newshirts.jpg

 胸のスポンサーはレイソルアカデミーをご支援いただいている「マブチモーター」社さま、背中が「日立製作所」と昨年までと逆になり、エンブレム上の星も4つとなりました。パンツには変らず「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」のマーキングです。新調されたユニフォームで今季の活躍が楽しみなアカデミーです。

0316u15front.jpg
0316u15back.jpg

 トップチームは昨日のスターティングイレブンはリカバリーを行い連戦に備えました。すぐ水曜日には浦和レッズとのナビスコカップの第1戦を迎えます。平日ナイトゲーム、お仕事帰りに駆けつける方も多いかと思いますが、チケットはまだ販売中です。昨年のファイナルと同じカード、相手は昨日のリーグ戦でも勝利し2連勝と勢いがあります。ぜひ黄色いホームにしていただき熱いサポートをお願いいたします!

0316tothenextmatch.jpg

2014年3月15日

またしても・・・

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:河原 正明

 久しぶりに快晴のホームゲームでした。ここ2シーズン名古屋を迎えての試合は雨続き。過去にもゲリラ豪雨でキックオフが遅れるなど「名古屋戦といえば雨」のイメージもありました。今日は厚い上着もいらないほどのお日様の力も借りて、試合結果もすっきりしたかったのですが・・・残念ながら0?1で敗戦、ホームゲーム2試合連続で勝ち星を落としてしまいました。これで対名古屋戦は2012シーズン以来5試合未勝利となりました。

 試合前からこのゲームの注目点はピッチ内外でたくさんありました。まずは両チームを率いる監督がそれぞれの古巣であること。ピッチ内では、レイソル攻撃陣の"カルテット"とケネディ・玉田選手の2トップにダニルソン、闘莉王の強烈な個の対決。特に元・レイソルの玉田選手には通算で4得点を決められていまので「タマさんにはやられないように!」と大谷キャプテンも必死のチェイシングで自由にさせません。

0315chacintamada.jpg

 双方のキーマンがぶつかりあう激しい展開になるか、と思いきや、今日はレイソルからするとなかなかギアが上がらない展開でした。試合後に名古屋の西野監督は「もう少し攻撃的に圧力をかけてくるかと思ったけど、想定していたより自分たちでボールを持つことができた」と出方をうかがう形だったにも関わらず、自分たちのペースで「ボールをつなぐ攻撃がなかなか出来なかった(大谷選手)」と攻撃ではチグハグな感触のまま90分を終えてしまったようでした。
 一方、守備は後半21分に橋本選手が攻撃参加したウラのスペースを駆け上がった元・レイソルの矢野選手にクロスからこの試合唯一の失点を喫してしまいましたが、その他の時間帯は決定的なピンチの場面は少なかったです。多くのサポーターが頼もしく思えたのはハングギョン選手ではなかったでしょうか?

0315kookyoungfigting.jpg

 「ピンチの芽をつめるし、こぼれ球に強い」とネルシーニョ監督も特長にあげるプレーで何度も相手の攻撃へのシフトチェンジを防ぎ続けました。90分間戦い続ける姿は、韓国代表の面目躍如といったプレーでした!

 今日の敗戦は残念ですが、すぐに水曜日には浦和レッズとのナビスコカップの第1戦が待っています。ホームで連敗は出来ません。昨年のファイナルと同じ顔合わせ。11年ぶりの日立台でのレッズ戦はぜひホームの雰囲気作りをお願いいたします!

0315sunrisesagain.jpg

 さて、最後に明日16日(日)15時から柏市民体育館でナショナルバスケットボールリーグ(NBL)日立サンロッカーズ 対 三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋戦が行われます。本日のチケット半券や年間シートICカードを持参して柏市中央体育館にて当日券を購入すると、チケット1枚につき、2名まで半額で購入することができます。コラボ企画もバスケの2013?14シーズンでは最後になります。ぜひご観戦ください。

2014年3月14日

激突!柏vs名古屋

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

今年も人気サッカー漫画「ジャイアントキリング」、講談社さんのご協力により、「ジャイキリシート2014」が設けられています。ちょうどモーニング誌上では、ETUがホームで名古屋グランパレスと対戦していて、ただいまクライマックス。実は、去年のレイソルvsグランパスを思い起こすような展開だと、勝手に胸躍っています。ジャイキリシートは今日3月14日の23時59分が2回目の締切。もう予約流れしかチケットがない、4月6日のセレッソ戦も含まれています!まだチケットをお持ちでない方は最後の望みをかけて、ご応募いただいてはいかがでしょうか?
http://morning.moae.jp/page/giantkillingseat2014

140314_lea.jpg

リアルタイムも漫画でも「名古屋戦」の真っただ中です。去年も春先の試合だったグランパス戦。4月6日、強い雨の中、開始3分でセットプレーにやられ、すぐにジュンヤクロス→クドーヘッドで追いつき、ニ―ヤンのゴールで逆転し、クリが勢いあまって2枚目のイエローカード。数的不利の後半はパワープレーにやられたものの、クドーが1対3のカウンターを単独で決めるスーパーゴールが忘れられません。

140314_TJ.jpg

その工藤選手は「ウチは高さはそれほどないけど、地上戦での一瞬の引き出し、動きでは負けていない。去年は開始早々にセットプレーでやられたけど、この週は特にセットプレーの守備にも注意してやってきた」と意気込んでいます。「自分は一生懸命走ってサポートして、遠めからでもチャンスがあれば打っていきたい」という田中選手は、出場すれば三菱養和ユースの後輩、田鍋選手との対戦にもなりますし、先輩として負けられません。大谷キャプテンは「この2試合、勝ち点を失ったと思っている。だからこそ明日こそ結果を残して、今季初勝利をホームでサポーターの人たちに届けたい」と勝利を誓います。

「名古屋戦」は、さらにサッカーだけではありません。ホームページでもお知らせしていますが、同じ日立台を練習拠点とするバスケットボールの「日立サンロッカーズ」が、明日明後日と柏で公式戦を戦います。迎え撃つは、三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋。15日のレイソル戦のチケット半券や年間シートICカードをおもちの上で、16日日曜日の柏市中央体育館にて当日券を購入すると、チケット1枚につき、2名まで半額で購入することができます。現在サンロッカーズはリーグ6連勝中と上り調子、名古屋に対しては今季2戦2敗ですので、一矢を報いたいところ。まずは土曜日にレイソルが勢いをつけて、サンロッカーズへいい流れをバトンタッチしたいですね!
http://blog.reysol.co.jp/news/2014/016334.html

明日の日中は10度を超え、晴れ間が広がる予報です。今日はホワイトデー、先月のバレンタインにたくさんのプレゼントをいただいた選手たちは、「白星」で一日遅れのお返しを!チケットは、AR席以外はまだまだ余裕があります。開幕のFC東京戦のように、スタンドを圧倒的なホームの雰囲気にして、レイソルの今季初勝利への後押しをよろしくお願いします!
http://blog.reysol.co.jp/news/2014/016386.html

2014年3月13日

新しいステージへ

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:河原 正明

 本日新U-18チームの集合写真撮影を行いました。今季はこのメンバーでクラブ史上初の高円宮杯U-18 プレミアリーグに挑みます。昨日、日本サッカー協会から大会概要とマッチスケジュールが発表になりました。4月6日(日)アウェイでの鹿島アントラーズユース戦から12月までの長いリーグ戦が始まります。アカデミーページの「試合日程」も更新していますのでご確認ください。
http://www.jfa.or.jp/match/league/2014/takamadonomiya18/index.html
 ここ数年レイソルアカデミーの戦績、評判は高いものの、プレミアリーグまでの道のりが長かったのも事実。「ようやくこの舞台にたどり着いた」と下平U-18監督。会見では「初参加だが、プレミアリーグを盛り上げられるように一試合一試合大切に戦いたい」と話していましたが、本音は「初参加でも目指すところは優勝」。「注目度の高い日本最高峰の戦い。相手をリスペクトして準備して、目指すはチャンピオンシップ。レイソルの存在感を見せたい」と意気軒昂です。今季もアカデミーの試合にもご注目ください。

0313U18group.jpg

 トップチームにはU-18出身で、プレミアの舞台には立てなかった選手も多くいます。昨季トップチームに昇格した秋野選手、今年昇格した中谷選手がフリーマガジン「サッカーキングFree」の取材を揃って受けました。互いに「秋野くんは自分の一列前のポジションで、すごく頼もしかった。ボールは取られないし、パスの精度も高い!(中谷選手)」、「シンノスケは長短のパスを使い分けられる。プロになっても自信を持ってプレーしているところが良い(秋野選手)」と認め合う仲。実は同じ高校の先輩後輩でもあり「毎朝柏駅から一緒に自転車で学校に通っていた」そう。トークもプレーも息がピッタリなのはそういう影響もあり?

0313akinonakatani.jpg

 その2人がプレミアリーグに挑戦する後輩たちに贈る言葉は「全勝する勢いで!特に同じ千葉県の流経大柏高と市立船橋高との試合は勝って欲しい!(中谷選手)」「一つ上のレベルでどこまで出来るか。レイソルのサッカーは注目されるとは思うが、いつも通りのサッカーでチャンピオンシップ出場を目指して欲しい(秋野選手)」。二人とも時間があれば「試合も見に行きますよ!」。後輩たちの活躍が楽しみですね。

 二人よりもちょっと年上の桐畑先輩は、渡部選手とともに招待事業「BtoJシート」の寄贈で柏市立柏中学校と柏第三中学校を訪問。あいにくの強風と雨天でしたが、訪問した時間帯はラッキーなことに雨も弱く、練習グラウンドでチケットを手渡しすることができました。今週末の名古屋戦、そして来週のナビスコカップ浦和戦で招待となります。試合を楽しんでもらい、部活でサッカーを頑張る励みになりますように。「いつかは柏市の中学校サッカー部からJリーガーを」。夢が叶うときを信じて選手たちも日々の練習、試合で己に挑みます。

0313nabekiri1jrh.jpg

0313kirinabe3jrh.jpg

2014年3月12日

家族

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

ようやく春らしい一日になりました。午前中はシャツにジャケット、午後からはそのジャケットすらいらない、本当に心地よい陽気でした。花粉症の方は大変おつらいかもしれませんが。。。

今日は取材がたくさんでした。まずはチバテレビ「ライジングレイソル」のインタビュー。新加入のレアンドロ選手があや吉との再会です。開幕戦では工藤選手へのすばらしいアシスト、神戸戦では6本ものシュートを放ったものの、期待されているゴールはあと一歩、生まれていません。でも一本決まれば、詰まっていたケチャップが飛び出すように、レイソルを勝利に導くゴールが次々と決まるような、そんな予感もあります。先日、東京マラソンで、3時間3分3秒のキャリアハイをマークしたあや吉。縁起の良い3並び、まさしくハットトリックをもたらしてくれる勝利の女神!?彼女との握手で、モンチャンに幸運が訪れますように!

140312_leo.jpg

そしてスタジアムでは、小さな小さな選手がピッチ入場です。
140312_akasugu1.jpg

パパが外国の方というハーフ、とてもとてもかわいらしい顔立ちのモデルの男の子が来ているのは「Jリーグロンパース」のレイソルバージョンです。リクルートが発行している育児雑誌「赤すぐ」の創刊20周年を記念して制作されたスペシャルグッズです。今発売されているのは、浦和、大宮、FC東京、川崎、横浜FM、そしてレイソルの6クラブ。そのクラブに所属しているパパさん選手へのインタビューが続いていて、レッズの阿部選手に続き、レイソルからは近藤選手が取材を受けました。

140312_akasugu2.jpg

男の子と一緒に手をつないでピッチを懸けたり、抱っこしたり、、、など編集の方の撮影イメージがあったのですが、お連れいただいたおじいちゃん、そしてパパとは違う、イエローのユニフォームを着たお兄さんとは、慣れる時間が短すぎたのか、つねに涙の嵐。おじいちゃんのそばを離れようとせず、ドゥーもさすがに困り果てこの様子(苦笑)。

140312_akasugu0.jpg

なかなか撮影が進みませんでしたが、でもさすが2児のパパ、これこそ赤ちゃんだとばかりに、微笑ましく見守ります。「でも、楽しかったよ!!」と笑顔で家族の待つ我が家に帰って行きました。

140312_akasugu3.jpg

さらに続いてもう一件!奥様、宇井愛美さんのご懐妊が明らかになり、パパになる田中順也選手。ご夫婦そろっての取材、初めてのことです!「やっぱ、ちょっと照れ臭いですね」と言ってましたが、徐々に緊張も解けて、新婚生活や将来の家族のことについてなど、2人でお話が弾みます。その後は「赤すぐ」の姉妹誌というんでしょうか「妊すぐ」というマタニティライフを楽しく過ごすための雑誌取材や写真撮影もあり、日立台のピッチで大変絵になる2ショットを披露してくれました?。宇井さんのブログにもさっそくアップされていますよ!

140312_akasugu4.jpg

レイソルロンパースがすぐに欲しい!という方は、通販サイト「赤すぐNET」でお買い求めください。サイズは70cm、80cm、90cmの3種類、価格は税込み2,614円(3月現在)です。
http://akasugu.fcart.jp/g1JYA510601/

近藤選手、田中夫妻のインタビューや写真はこちらのページに、3月中に公開される予定です(現在はレッズ阿部選手分が公開中です)。田中夫妻の「妊すぐ」は6月発売予定です。
http://akasugu.fcart.jp/ey0000776/

2014年3月11日

黄色いまち、青い空

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:河原 正明

 「街を黄色に」と毎年ご協力いただいている「イエロー大作戦」。今回も開幕まで時間が無い中で柏市インフォメーションセンターや市民活動センター、サッカーショップKAMO柏店、さらにはスーパースポーツXEBIO各店さまのご協力で2014シーズン前半戦のポスターを配布をすることができました。
 柏市を始め、教育委員会、柏市商店会連合会さまをはじめとする関係各所の皆様、そして何よりもたくさんのサポーターの皆さんのご協力で、柏駅周辺の店舗や公立学校をはじめとする公共施設などでのポスター掲出が例年以上に進みました。ちなみに本日夕方現在で、スーパースポーツXEBIO各店さまにはまだ若干数の在庫があります。店舗店頭など多くの方が目にする場所への掲出をご協力お願いいたします!

 そして、アウェイ・神戸戦翌日にはサポーター有志の方たちにより「柏三小通り」、通称レイソルロードのフラッグ架け替えも行われました。多くの方のご協力で今年も(遅ればせながらも)確実に黄色くなっていることに御礼申し上げます。

0309flagsrenewal.jpg
※本活動は柏市、「三小通り商店会」の許可・協力の下で行っております

 ポスター、といえば毎年恒例、オフィシャルスーツサプライヤーSADAさまのポスター撮影が行われました。今回は大谷選手、鈴木選手、工藤選手の3名が登場。スタジアムのアップルームに機材を持ち込み、スタジオさながらの本格的な撮影です。新シーズンから着用した新モデルのスーツ。黄金色に近い黄色のネクタイが光っていますね!今日は鈴木選手と工藤選手のオフショットのみ公開しますが、出来上がりが楽しみですね。詳細はまた後日お知らせします。

0311daisukekudo.jpg

 3年前の3月11日午後2時46分。あの日に起きた大地震、そしてその後のさまざまな「震災」は決して忘れてはいけない。ここ数日の新聞やテレビ報道で記事や映像を目にする度に、痛ましい記憶が頭によみがえります。柏も震災の影響を少なからずも今も受け続けています。
 今日、レイソルロードで青空にはためくフラッグを見て、同じ空の下、今も復興に向けて歩んでいる人々に思いを馳せました。クラブでは今年も東北支援活動"Team as One"への協力をしていきます。それぞれがそれぞれに出来ることを。日立台からも行動、発信していきたいと思います。

0311flags.jpg

 明日は非公開での練習となります。ご見学は出来ませんのでご了承ください。

2014年3月10日

全国からの吉報

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

土曜日にリーグ戦が終わり、オフとなった日曜日ですが、日本全国でJ2、そして新しく始まったJ3リーグと、レイソルサポにはスカパー!放送やオンデマンドが手放せない今シーズンになりそうですね。元レイソル戦士の活躍が追い切れないほどですが、ここはまずひとつ!ジェフに期限付き移籍中の山中亮輔選手、待ちに待った初ゴールは、ジョルジやジュンヤにも匹敵するものすごい左足のロングシュートでしたね。チームを救う一撃、スタッフや選手の信頼もこれで増したことでしょう。これからが本当に楽しみです!

そして二つめ。安英学選手が、2年ぶりのJリーグ復帰を果たしましたね。レイソルを離れた2012年末、昨季はヨーロッパ挑戦をめざしていましたが、今季横浜FCに新加入。2戦目にして初先発をつかみました。ツイッターには「いきなり退場しかけたけど」とありあまる闘志が出てしまったようですが、今季36歳を迎えるとは思えない向上心と溌剌さはまったく変わりません!柏から応援しています、ガンバレ、ヨンハ!!

そのヨンハから、多くの薫陶を受けたレイソルの若手選手たち。秋野選手、小林選手は日曜日にJアンダー22選抜の一員として、FC琉球と対戦しました。結果は0-3と完敗、厳しい船出となりました。「ミスが多く、ボールもなかなか受けられなかった」(アキノ)。「前々日に集まって、8対8をやって、すぐ試合。やっぱり難しさがありましたし、試合後はみんな納得いかない感じでした」(ユウスケ)。柏の寮に戻ってきたのは24時を過ぎていたそうで、未体験の行程にやはり疲れは隠せませんでした。ただ「多くのお客さんの前で公式戦をやれるのはいいこと。ほとんど知っている選手ばかりだったし、いろんな選手とは話せたのもいい機会です」と前向きな言葉も。今後の招集については、毎週試合前日の発表となりますので、ホームページにてお知らせします。

140310_TM.jpg

今日のトレーニングマッチは、筑波大学戦。アキノ、ユウスケに負けじと、木村選手が2ゴールを決めました。グラウンドコートが手放せない、大変風の強い、そして強烈に寒い、大変な悪コンディションにも負けず、しっかりと仕事を果たしました。それでも「もっとシュートシーンを増やしたい。ポストに当てたシュートもきちんと枠の中に入れないと」と満足はありません。試合後には筑波大学に進んだ吉川修平選手と記念撮影。アキノらとピアノランチで旧交を温めていました。

140310_yoshikawa.jpg

140310_aizu1.jpg

そして、もうひとり挙げたいのはU-18の会津雄生選手です。前半、ゴール前の密集から相手を軽やかなタッチでかわして落ち着いた先制ゴール。そして2点目は、渡部選手のロングボールに合わせて裏へ飛び出し、ヘディングでキムのゴールをアシストしました。レイソルアカデミーらしい足元の技術はもちろんですが、非常に運動量が多く「走れる」選手という印象です。ナベのボールへの動き出しもそうですし、前線からのチェイシングも怠らず、スライディングでボールを奪いにいくところも印象的でした。実は土日と練習試合を連日こなし、さすがに3日目は厳しかったそうですが、まったくそうは見えない走りで60分躍動しました!

140310_aizu2.jpg

午後の練習後には、マッチデープログラムのインタビュー。今週末の名古屋戦は高山薫選手の登場です。湘南から加入したプロ4年目、レイソルとの思い出は「大島が怖かった」。フロンターレのユース時代から、レイソルとは何度も対戦したそうで、最終ラインにいた大島嵩弘選手(現長野)の迫力に気圧されていたようです。穏やかなシマからはちょっと想像できないのですが、ピッチではものすごい闘志を発揮してチームを牽引していたのでしょう。そんなシマもパルセイロの中心として、J3初戦で1-0の完封勝利に貢献しましたね!

カオルの話にもどりますが、いつどんなときも「まだまだです」と2試合連続先発にも納得いくプレーが出せていないようです。それでも目標を問われると、「移籍したばかりで言葉にするのは難しいんですけど、、、」と前置きしながら、「とにかくレイソルの勝利に貢献したいというか、レイソルのサポーターに必要とされるというか、高山が来て良かったって思われるようになりたいんです」。こういう気持ちを持ってプレーしてくれる選手は、本当にチームの宝です。だからこそ早く勝利とゴールをつかんでほしい!グランパス戦までいい準備をして、試合を迎えてほしいものです。

140310_taka.jpg

最後に、今週の非公開練習は「3月12日(水)」となりましたのでご注意ください。

2014年3月 8日

勝ち点1

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

あぁ、勝てなかった。
タイムアップの笛を聴いて、みんながそんな思いだったと思います。サポーター皆さんも今日こそ!という思いで応援いただいていたと思いますし、選手たちも同じように自分たちに期待していたはずです。「今日は特に前半、ウチらしいサッカーができなかった。パスミスが多く、相手にボールを渡してしまった」(ネルシーニョ監督)。「つなぎのところで、どこか自信なさげに見えた」(栗澤選手)。

140308_wataru.jpg

橋本選手のヘディングの1点を守りきって、1-0。内容はベストではなかったけど、今日は結果がすべて。大谷選手のコメントにもありましたが(モバイルに掲載)、そんな談話が聞かれるような試合展開にもっていきたかったろうし、リーグタイトル奪還への道は「こういう試合をものにしないと(工藤選手)」拓けてはきません。

140308_kudo.jpg

ただ、レイソルの出来がベストでなかったことも事実でしょうが、この試合を90分見ていれば、ヴィッセルが強いチームだったということも事実だったと思います。ペドロジュニオール選手のスピードは依然と遜色なく、シンプリシオ&チョンウヨンのボランチコンビは、常に中盤で力強さを発揮し、優位に立っていました。森岡選手、小川選手、すばらしい攻撃センスを持った若手選手も育っています。マルキーニョス選手については、温めて触れる必要もないでしょう。レイソルは1回こそヴィッセルゴールをこじあけたものの、増川選手を中心とした最終ラインに大きく破綻する予兆は見られませんでした。

先週のFC東京もそうですし、やはりリーグは拮抗していて、簡単に勝てる相手などひとつもありません。でもそういう相手を毎試合上回っていかないと、勝ち点60以上を奪い、優勝することはできないのです。守備だけでいえば、1失点ずつと踏ん張っています。菅野選手の安定した守備、そしてビッグセーブは今日もレイソルを救ってくれました。単純計算ですが、34試合で34失点のペース。去年より断然いい成績です。やはりあとはゴールでしょうか。前線の決定力はもちろんですが、「いい攻撃はいい守備から」というレイソルのスタイルを1試合も早く取り戻したいところです。いまは、焦りは禁物。バチっと型にはまる予感は間違いなくあります。だからこそ、見守る私たちも我慢を続け、変わらずサポートをお願いいたします。

140308_game.jpg

明日からは、第2回チケット販売の一般発売開始です(4月26日浦和戦は後日)。セレッソ戦はものすごい売れ行きですので、残席も多くはありませんが、お早めにお買い求めください。

2014年3月 7日

そして神戸へ

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:河原 正明

 2年ぶりの神戸でのリーグ戦に向けて、トップチームは午後に移動しました。午前中は日立台で試合前日恒例のミニゲームで汗を流し、試合に備えました。

030701.jpg
0307inada.jpg

 時折、突き刺すような寒風が吹いた今日の日立台ですが、選手たちが朗らかだった理由のひとつにはチームメイトの嬉しい復帰があったからでしょう。

0307chansoo.jpg

 昨年10月末の練習中に左足関節脱臼骨折の大ケガを負ったキムチャンス選手が、合流しました。11月から続いた入院生活を終えると、オフ返上で年末年始も日本でリハビリ。キャンプにも帯同し、暖かな指宿でじっくりと復帰に向けトレーニングを重ねてきました。仲間とボールを蹴る表情も笑顔が多く、プレーできる喜びが伝わってきます。ピッチでプレーする姿が見られる日も早そうですね!


 明日は神戸戦。2年前のアウェイ戦は3?1の敗戦。ACL、アウェイでの広州戦から関西に直行してアウェイでの連戦を戦いました。シュート数では大きく上回ったものの、野沢選手のスーパーシュートとカウンター攻撃に沈みました。当時公式戦6連敗中だった神戸ベンチは総出で大喜びしていたのを覚えています。
 今季、神戸は1年でのJ1復帰を果たして、さらに新たに強力な戦力が加わりました。マルキーニョス(前:横浜F・マリノス)、ぺドロ・ジュニオール(元:アルビレックス新潟)、シンプリシオ(前:セレッソ大阪)といずれも「Jリーグで実績のあるブラジル人(ネルシーニョ監督)」に、スピードも持ち味の若いアタッカーが絡んだ攻撃、特にカウンター攻撃には前回同様、十分に注意をしないといけません。マルキーニョス選手の実力は言うまでもないでしょう。昨年もナビスコカップ準決勝第2戦で得点されています。
 鈴木選手は「ペドロとは新潟で一緒にプレーした」ことがあります。スピードだけでなく「ドリブルをさせたら怖い」と警戒を強めます。それでも、対戦経験があるだけに「自由にはさせない」と守備で対抗する自信を見せます。

0307kudoemontela.jpg

 一方、レイソルの攻撃陣には得点の期待がかかっています。工藤選手は「リーグ戦初勝利が欲しいですね。東京戦ではレアンドロ、L・ドミンゲスとゴールシーン以外にもチャンスを作り出せていた。自分のゴールだけでなく、レアンドロにもゴールを取ってもらえるように、アシストやL・ドミンゲスも絡んで3人目の動きでサポートしたい」と古巣対決になるレアンドロ選手とのコンビネーションに自信を深めています。そして「相手のマルキとペドロはうちの守備陣がしっかりと抑えてくれるはず」とチームメイトへの信頼は厚いです。
 明日も午後3時キックオフです。スタジアムにお越しいただけるかたも、そうでない方はスカパー!で観戦・応援いただきますようお願いします。

 最後に、明日発売のTikitaka編集部による「柏レイソルアニュアル2013-2014」ですが、スーパースポーツゼビオ モラージュ柏店とかしわ沼南WOOWCITY店ではご購入先着15名さまにレイソルグッズのプレゼントがあります。なお、同日午後の入荷予定ですのでご注意ください。

2014年3月 6日

冬のような

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

いやぁ、今日は本当に寒かったです。日立台の練習グラウンドは、基本的に風の通りがよく、イコール冬の寒風がもろに吹きつけます。帽子、手袋、マフラー、ダウンコート。フル装備でも体感温度をぐっと下げる強い風が続き、選手たちも大変な一日だったことでしょう。

練習後、今日は鈴木大輔選手のインタビューがありました。「スカパー!TVガイド」の取材です。「家では常にスカパーがついてますよ。サッカーか音楽系です」という、この取材にぴったりの人材。プレミアリーグやチャンピオンズリーグを見ては、何か自分の糧になるものを取り入れようとしています。そしてちょっと変わったところでは「ほかのクラブの応援番組がおもしろかったですね。マリノスのトリパラでの、マナブとユウヘイ(斎藤選手と佐藤選手)の絡みとか。その選手と知りあいっていうのが大きいんですが、ちょっとつまらない場面でも逆に笑えたりするんですよ?」

140306_suzu1.jpg

もちろんシーズンが始まったJリーグの話題も。この雑誌が発売される3月24日の直後には、セレッソ大阪を迎えてのホームゲームもあります。フォルラン選手のイメージもヨーロッパサッカーを観てしっかりインプットできているようです。「彼にやらせちゃうと、相手の選手もサポーターも乗せてしまうから」と特に警戒を強める相手です。スカパー!では今季もJリーグ戦は完全生中継。テレビだけでなく、スカパーオンデマンドではPC、タブレット、スマホでもくっきりと試合を見ることができます。来る8日の神戸戦も、現地に行けない方は、ぜひスカパー!で応援ください。

140306_suzu2.jpg

その8日(土)からは、2014仕様のレプリカユニフォームの一般販売がスタートします。まだ入手されていない方、新しくサポーターになった方は、公式オンラインショップ、KAMO柏店、ゼビオのモラージュ柏店かかしわ沼南WOOCITY店でお買い求めください!詳細は明日、ニュースにてお知らせいたします。

また同日8日には、Tikitaka編集部による「柏レイソルアニュアル2013-2014」も発売です!税別1200円でオールカラーの96P。ジョルジ、サワ、ドゥー、アキノのインタビュー。またアカデミーの写真やページもいっぱいです。お取り扱い店舗やインターネット通販などの販売に関する情報は、のちほど発表されるそうですので、こちらもどうぞお楽しみに!!
https://www.facebook.com/tikitaka2012

2014年3月 5日

同級生なふたり

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:河原 正明

 今日は急遽の非公開練習となりました。トップチームは冷たい雨の中でのトレーニングを行いました。急な変更で見学を予定されていた方にはお詫び申し上げます。なお、明日も非公開練習とさせていただきます。何卒ご了承願います。

 先日の土曜日にJリーグが開幕し、我々もホームゲーム初戦を終えることができました。選手たちは無事に開幕戦を終えてもホッとする間もなく、すぐに試合が続きます。中でも、今季新加入した選手たちは、開幕戦を終えてそれぞれに思うところがあったでしょう。今日はその一人、高山選手がJ-com東関東局の応援番組「レイソル魂」の収録に臨みました。

0305kaoruonTV.jpg


 移籍してすぐのリーグ開幕戦でスタメン出場と、これ以上ない好スタートを切った高山選手。ピッチに出た瞬間「スタジアムの雰囲気はすごかった!」と振り返ります。「敵にすれば圧迫感が怖かった。味方になれば頼もしいですね(笑)」と改めて実感したそう。

 プライベートに関するトークは、私も知らないエピソードがたくさん出てきました。事前に専修大学の先輩・渡部選手から仕入れていた情報を上回る面白ネタがたくさん(笑)。そしてなによりもいつに増してMC高村彩乃さん(あやのん)とのトークの掛け合いが弾んでいました。その理由は・・・二人が同じ年だから?ベルマーレ時代には同年齢の選手が多かったそうですが、レイソルには誰もいないそう。でも「じゃあ私だけが同級生ですね?♪」あやのんの天然発言にはさすがにちょっと苦笑いのカオルでした。
 オンエアは3月16日(日)放送分からとなりますのでお楽しみに!

0305kaoruwithayanon.jpg

 今週から第2回のアソシエイツ会員向けチケット先行発売が始まりました。おかげさまでといいますか、やはりセレッソ戦の売れ行きが好調です。現時点で指定席はほぼ完売となっています(予約したチケットがキャンセルされる可能性はあります)。
 その前に、来週土曜日には名古屋戦、そして水曜日にはナビスコカップ浦和戦と連戦が続きます。まだまだチケットは販売中です。高山選手が話していた「相手が圧迫されるほどのサポーター」で選手たちが頼もしくプレーできる雰囲気作りをしていただきますように、ぜひスタジアムでの応援をよろしくお願いします!

 今日は国際マッチデー。日本代表戦では工藤選手、酒井宏樹選手(先発ですね!)の活躍と、日本時間深夜2時からのギリシャ代表vs韓国代表戦ではハングギョン選手が活躍してくれるのを楽しみにしたいと思います!

2014年3月 4日

日立台から国立へ

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

3月に入り、今日は春らしさが少し顔をのぞかせる陽気がありました。空は本当にきれいなブルー、しかしヘリコプターが旋回する物々しい音も聞こえていました。昨夜起こった柏市内での事件、本当に痛ましい出来事です。そして容疑者も逃走しているということで、柏近辺でお勤めやお住まいの方、本当に身の安全にご注意ください。また練習見学にお越しの皆様も、決して無理はなさらないようお気を付け下さい。

140304_sora.jpg

昨日は練習試合とトレーニング組に分かれた選手たちでしたが、今日は全員揃ってのトレーニング。先日のFC東京戦、グギョン→クドー→ニーヤン→モンチャン→クドーとダイレクトで渡ったゴール。今節のベストゴールに入れてもらえなかったのがとても残念でしたけど。。。ただ、これ以上ないコンビネーションは、もちろん彼らのセンスによるところもありますが、日々のトレーニングがあってのもの。特に新加入選手が息を合わせていくためには、本当に大事な時間です。

そして今日は太田選手のクロスがすばらしかったです。「ナイス、テツロー!!」。ネルシーニョ監督、そしてチームメイトから何回声があがったことでしょう。栃木戦、FC東京戦とメンバー入りを逃しており、気持ちを新たにして競争に立ち向かっているところです。そういった選手たちの奮起や頑張りは、チームにすごくいい影響を与え、士気を高めます。土曜日はアウェイ神戸戦、敵地ではありますが、勝ち点3を柏まで持ち帰らなければなりません。

140304_ota.jpg

本日発売のサッカーダイジェストで、酒井宏樹選手のヒストリーが掲載されていますが、新聞紙上から日本代表の青いユニフォームで戦っているニュースが伝わってきます。そして無二の戦友、工藤選手もいっしょです。今日もスポーツ紙の記者さんがクドーにまつわる話を取材にお越しでした。増本アカデミーダイレクターは「クドーとサカイ、同じ右サイドで出てほしいなぁ」とレイソルに関わる人すべての心を代弁してくれました。明日19時40分、国立競技場で、そしてテレビの前で2人を応援しましょう!

140304_sakai.jpg

140304_kudo.jpg

2014年3月 3日

練習試合 順天堂大学戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:河原 正明

 オフ明けの今日、トップチームは先週に引続き大学生相手の練習試合が組まれました。メンバーはFC東京戦のスタメン以外の選手たち。出場選手たちにとっては週末の神戸戦へのメンバー入りを目指しての大事なアピールの場です。
 一方、J1・J2開幕から1週遅れで、9日(日)にJ3リーグが始まります。柏レイソルで新設の「U-22選抜チーム」に登録される可能性のある選手は4人(負傷中の中村選手を除く)。今日の練習試合には全員が出場しました。

0303shinnosukegoal.jpg
 
 前半立ち上がりに「攻撃」でアピールしたのは中谷選手。狩野選手からのコーナーキック、秋野選手のシュートを相手キーパーがこぼしたところにいち早く反応してゴールゲット!本人は「狙っていないです。たまたまです」というものの、本業の守備でも無失点で抑えて巧手で勝利に貢献しました。

0303kimuchase.jpg

 木村選手は最前線で田中選手と組んで出場。尊敬する先輩の工藤選手は開幕戦で1ゴール。同じストライカーとして相手守備陣のウラへの果敢な飛び出し、あるいはセットプレーでひたすらゴールを狙い続けます。結果はノーゴールでしたが、ゴールへの欲求がギラギラと出つづけていた60分間でした。

0303yusuke.jpg

 後半に出場した小林選手は、持ち味の狭く密集した中でも確実なボールキープから展開したパスで好機を演出しました。そして、休まずに午後の練習にも参加。4vs4のトレーニングではスキあらばシュートを決めるなど疲れも見せずにプレーしてアピールしていました。
 もちろんどの選手たちも神戸戦に向けて研鑽を積んでいますが、ひょっとすると違う形でリーグ戦でプレーする姿を見ることができるかもしれません。どの選手が選ばれるかはわかりませんが、サポーターの皆さんにとっても今年は新しい楽しみ方が増えますね。
 
 今週は国際試合が多く組まれています。日本代表の工藤選手は今日の午後に都内でチームに合流です。
 一方、韓国代表に選出されたハン グギョン選手は、一足先に昨日ギリシャ・アテネに向かいました。一人でアテネまでは機中も寂しいだろうなぁと思っていましたが「成田から(新潟の)キム ジンス選手と一緒だから大丈夫(笑)」だそうです。両選手が水曜日の試合に出場できるか、楽しみに待ちたいと思います。
 

2014年3月 1日

開幕

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

待ちに待った2014シーズンが開幕しました!天気予報は芳しくなかったものの、観客は「14623人」。2012年にリニューアルされて以来の、新日立台レコードをマークしました。レイソルサポーターの皆さん、FC東京サポーターの皆さん、多数のご来場、誠にありがとうございました。

レイサポをまず出迎えたのは、こちら。赤い星が「4つ」に増えた、柏の誇り「CIVIC PRIDE GATE」です。
140301_gate.jpg

続いて柏熱地帯の入口にはこんな横断幕による呼びかけもありました。
140301_ticket.jpg

3月19日のナビスコカップ初戦、浦和レッズ戦を前に、アソシエイツ会員限定販売期間の今日「3月1日」までの購入を呼びかけるものです。本日、まだ時間は残っていますので、ローソンなど帰り道にお立ち寄りいただければと思います。また明日3月2日(日)からは、第2回チケットの会員先行販売となります。4月のホーム3試合はどれも好カード。フォルラン&柿谷の4/6セレッソ戦は完売必至、また19日のマリノス戦、26日レッズ戦とリーグ屈指の強豪を日立台に迎えての「ゴールデンマッチ」となります。こちらも、まずは会員先行販売期間にて、よい席はお早め!どうぞご購入ください。

さあFC東京との開幕戦。結果は1-1の引きわけ。両監督とも試合後の会見では、互いに力を出し合って、サポーターも興奮する好ゲーム、ドローは妥当な結果、という見解でした。たしかに1-1に追いついてからのレイソルの猛攻、工藤選手や狩野選手の惜しいシュートがゴールのわずかでも内側に転がっていれば、というシーンもありました。逆にFC東京のセットプレーでは目を覆いたくなる大ピンチもありました。しかしペナルティエリアからの嵐のようなシュートを、GK菅野選手の神がかったような再三のビッグセーブ。青赤のサポーターからすれば、あの背番号21の後ろ姿が憎らしくてたまらなかったことでしょう。

140301_suge.jpg

レイソルが奪ったゴールは「ものすごい興奮と今後への一層の期待が高まる」美しいゴールでした。ポストで受けたクドーがニーヤンへ落とし、ダイレクトでモンチャンへ。間髪入れず右サイドへ動き出したクドーへ向けて、またもダイレクトのラストパスが通ると、まさに「クドーゾーン」の右45度から右足を強振。日本代表GKの権田選手の手をはじいたボールが、左→右とポストを跳ね返ってゴールインしました。「3人のイメージしたとおりの形だった」とクドーも納得の今季1点目。あれほどにスピーディーで、ボールと人が動いて、連動したゴールは、最近のレイソルにはなかった形です。まだ初戦です。コンディションが上がれば、さらに多くのゴールと勝利が生まれると期待を抱かずにはいられません。

140301_kudo.jpg

そのクドーに、最初のパスを通したのは、ハングギョン選手でした。「ミスばかりだった」と反省の弁がまず飛び出すほどでしたが、もっと良いプレーが標準で、高いレベルをめざしているということの現れでしょう。大谷キャプテンとコンビを実戦で組んだのは、栃木戦後半の45分のみでしたが「大谷さんに合わせながら、コミュニケーションを図って、連携を高めていきたい」。そしてタニも「グギョンの長所はボールが奪えて、前に行ける強さがある。僕らでボールが奪えれば、より高い位置でカウンターチャンスが増える。グギョンのやりやすいようにしていきたい」。互いに「合わせたい」というコンビ。今後の関係性がより深まっていくに違いないでしょう!

140301_han.jpg

そしてクドーは明日から日本代表へ、5日のニュージーランド戦@国立です。グギョンは韓国代表としてヨーロッパに飛び立ち、同じく5日にギリシャと対戦です。「柏から世界へ」。レイソルの世界への挑戦は、今年もまだまだ続いて行きます!