2015年1月31日

指宿キャンプ6日目

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

昨日はキャンプ初めての1部練習となりましたが、今日は午前午後としっかりトレーニング。午前は1対1でぶつかりあう場面がたくさん見られました。負けたくないという気持ちを出して、ボールを必死に追い、そして何より前向きに。選手たちの活発で生き生きとした表情がとても印象的でした。サッカーは11対11の勝負ですが、個々の局面で、走る、ぶつかる、奪う、飛ぶ、気迫、怯まない、そういった要素がたくさん見られた時間でした。午後は、セットプレーなど実戦的な練習で。明日のトレーニングマッチへ準備を整えました。

150131_tani.jpg

150131_kuri.jpg

※Facebookの写真も良い表情ばかり、ぜひご覧ください!
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.656595011133155.1073741861.298491856943474&type=1

今季からコーチングスタッフも新任コーチが加わりました。松本拓也GKコーチもその一人です。2007年からアカデミーでGKコーチに。菅野選手とはオフシーズンの自主トレ中にトレーニングパートナーを務めるなど、いまのGK選手たちと初対面ではありませんし、また昨年までと違い通訳を介する必要もなく、直接コミュニケーションをとれるメリットもあり、日々トレーニングを重ねています。

「練習の量としては、去年より少ないかもしれませんが、一本一本のプレーを考えながらやっています」という松本コーチ。対する菅野選手も「体重はほとんど変わらないし、心拍数のところだったり、身体にかかっている負荷は高いんだと思います。考えながらやる。まだまだGKとして一回り成長できると感じて練習しています」。新しく生まれ変わった「チームGK」、その成長、進化にもご期待ください。

150131_sugeno.jpg

明日のトレーニングマッチは、鹿児島ユナイテッドFCとおこないます。鹿児島ユナイテッドは、ヴォルカ鹿児島とFC鹿児島が統合して発足。2014シーズンはJFLで3位となり、将来のJリーグ入りをめざす新しいクラブです。現在は同じ指宿市でキャンプを実施中、監督はグランパスや日本代表でも活躍された浅野哲也監督が新しく就任しました。選手では田原豊選手の名前は、多くのサッカーファンも知っていることでしょう。地元鹿児島実業出身、Jリーグでは、マリノス、サンガ、ベルマーレ、横浜FCでプレーした、32歳、187cmの大型ストライカーです。増嶋選手は、2008年に京都でチームメイトでした。30分×4本、14時キックオフ、キャンプでの成果を確認できる集大成のひとつ、大変楽しみな一戦になります!!

150131_tr.jpg

2015年1月30日

指宿キャンプ5日目

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

昨日のトレーニングマッチ、多くの選手が60分間プレーし、今日の午前はキャンプ初めての半休、午後もパスゲームやランニングなど、ほとんどの選手が短めのトレーニングに終わりました。ウォームアップでは、センターサークルのなかでジャンプしてハイタッチするメニューが。まるで子供のように飛び跳ねる選手たち(笑)見ているこちらも楽しい気持ちになりますね~。

150130_jump.jpg

ただアタッカー陣は、吉田監督のもと、居残りで黙々とシュート練習。今日も周囲を驚かせるばかり。右でも左でもパワフルシュート、クリスティアーノ選手。工藤選手は的確に枠を捕え、大津選手もボールタッチを確かめるように何本何本と打ち続けました。武富、茨田、大島のU-18出身らしいなめらかなボールコントロールも目立ちました。来たる日曜日のトレーニングマッチ、鹿児島ユナイテッド戦へ向けて再始動です。

150130_cris.jpg

150130_yuki.jpg

最後に、昨日の夜のお話で。毎年恒例のルール講習会がおこなわれました。柏原レフェリーアセッサーと山本レフェリーのお二人にお越しいただき、20個のプレーを見ながら、警告か退場かノーファウルかシミュレーションか。用紙とペンを手にして、ああだこうだと賑やかに、前向きに選手・監督スタッフたちが解答していきます。

150130_rule1.jpg

最後に答え合わせ。足裏を見せるタックルや手を使ってファウルに対して、厳しい判定が下されることが多いという注意。またシーンの中にはレイソルの試合もあり、大谷選手が危険なファウルを受けた場面に対して、柏原さんからタニへ「蹴る瞬間にファウルを受けると危ないですよね」「はい。痛かったです(笑)」といったやりとりも。またもう一つレイソルの試合でのハンドの判定については、選手たちから多くの質問が上がり、レフェリーお2人と積極的な意見交換が行われました。

150130_rule0.jpg

好ゲームには、レフェリーのオーガナイズや正しい判定が必須ですし、選手たちはシミュレーションや遅延行為なく正々堂々とプレーしてこそ、ファンの印象に残るベストゲームが生まれるはずです。レイソルとしても、試合内容はもちろんベストを尽くし、今季1試合でも多く、そんなゲームを演じ、お見せできればと思います。

明日1月31日から、ACLプレーオフのチケット発売開始です。土曜日は会員先行、翌2月1日から一般発売もスタートです!こちらは年間シート対象外となりますので、会員のみなさまはもれなくお買い求めいただき、日立台へのご参戦をお待ちしています!
http://blog.reysol.co.jp/news/2015/013263.html

2015年1月29日

指宿キャンプ4日目

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

ここまでのキャンプの取り組みをどれだけ発揮できるか。鹿屋体育大学とのトレーニングマッチ、30分×4本にて行われました。基本的には1本目2本目が同じメンバー、3本目4本目が同じメンバーで、ほとんどの選手が60分間プレーしました。結果から言えば、6-0で勝利。1本目に中川選手、太田選手。3本目に、工藤選手、クリスティアーノ選手、レアンドロ選手。4本目に工藤選手。セットプレーから押し込んだ工藤選手の1点目以外はすべて流れの中から奪ったものでした。クドーの2点目「足で押し込みました」。相手ともつれ合いながら、泥臭く押し込む、彼らしいゴールでした。

150130_kudo.jpg

試合後の大谷選手です。「攻撃でも守備でもみんながやろうとしていることを、意識的に出せている。これまでの紅白戦ではお互いにやり方が分かっているからやりづらさもあったけど、今日は初めて戦う相手で、試合の中で見えてきたこともあるし、タツさんに言われてきたことが形になってきています。今日の課題をまた練習で修正していきたい」

茨田選手です。「今日一緒にプレーした3人の前線(レアンドロ、クリス、工藤)は、みんなストライカーで、どこからでも攻めていける。自分たち中盤がしっかりつないでいけば、きれいにフィニッシュまで行けるはずです。新チームだけど、ずっと何年もやっているかのような、パスやコミュニケーション、アイコンタクトがあって、いい形でスタートできています。守備の面で課題もありましたが、奪ってからいい攻撃にいけるように、主導権を握って守備をするような考え方でやっていきたい」

工藤選手は「チームとしてテンポよく、スピード感を出すことをイメージしてピッチへ。クリスやモンチャン、タケやクリさん、周りといい絡みができた。守備でも前線から襲い掛かって、自信を持てるような内容だった。タケとのプレーは懐かしさも感じながら、でもボールを奪うところ、球際が強くなっていて。熊本でも湘南でも試合に出続けて、肉体もメンタルも強く、たくましくなって帰ってきた」と2010年以来となる盟友とのプレー、連携にも手ごたえを感じている様子でした。切り替えの早さ、ボールへのアタックは非常に迫力がありました。

150130_nakagawa.jpg

150130_lea.jpg

150130_take.jpg

攻撃でも守備でも、戦術や目的を共有して、ひとつのチームとして戦う。初めての試合でしたが、吉田監督によるトレーニング、戦術、いろいろなものが選手たちの中に一歩一歩蓄積されて、新たなサッカーへの形が試合のなかで見えてきました。ただ、ここからさらにブラッシュアップして、より質を高めていかなければなりません。30日のトレーニングは午後3時からの一本のみに。休息をとり、また新たなトレーニングに全力で取り組んでいきます。

2015年1月28日

指宿キャンプ3日目

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

昨日に続きまして、今朝の指宿キャンプもお客様がお越しくださいました。レイソル後援会の皆様です。毎年キャンプを訪問くださって、選手たちの力となる食材を贈呈いただいています。今年もいっぱいの牛肉と聞いていますが、昨年通りなら明日の夕食あたりで、鉄板で香ばしく焼かれたステーキとなって、選手たちの心と胃袋を満たしてくれることでしょう。お忙しい中、指宿まで足を運んでくださいまして、誠にありがとうございました!

150128_koen1.jpg

150128_koen2.jpg

150128_koen3.jpg

いよいよ、明日は吉田レイソルにとって、初めての対外試合をおこないます。鹿屋体育大学を迎えてのトレーニングマッチです。今シーズン、鹿屋体大からは、鳥栖、北九州、栃木と3人のJリーガーを輩出するなど、全国的にも実績を残している大学です。今日のトレーニングはセットプレーや紅白戦などで実戦へ向けた試合前日の準備が行われました。夕食後にはビデオミーティングで、始動からのトレーニングを振り返り、その意図や目的、狙いを再度刷り直しました。

150128_meeting.jpg

14時キックオフで、30分×4本の試合形式です。天気予報は少し雨マークがついていますが、降ったりやんだりと、それほどの荒天にはならなさそうです。観戦自由ですので、遠く関東から連日お越しのサポーターの方々、お近くの方、ぜひぜひその「初陣」にご声援ください。

本日、レイくんがツイートしてくれましたが、ACLプレーオフのチラシが今日から柏インフォーメーションセンターで配布されています。いよいよ約3週間後の2月17日、アジアへの3度目の「真の」挑戦権を勝ちうるための大決戦です!!!

150128_acl.jpg

そのチケットは、今週末の1月31日(土)からファンクラブ会員先行、翌2月1日(日)からは一般販売がスタートします。本日ニュースページにも追記した内容は下記の通りですのでご確認をどうぞよろしくお願いします。
※年間シート会員は、登録が完了していればチケット購入ができます。なお、年間シート代金は、お支払いに関するご案内書に記載されている期日までに必ずお支払いください。期日までにご入金が確認出来ない場合はキャンセルとなります。新規入会で会員番号がご不明な方は、アソシエイツ事務局へお問い合わせください。
※2014年度アソシエイツ→2015年度年間シート、または2014年度年間シート→2015年度アソシエイツにお手続きの方は、会員番号が変更になります。2015年度の会員番号での購入となりますので、ご不明な方は、アソシエイツ事務局へお問い合わせください。
http://blog.reysol.co.jp/news/2015/013263.html

2015年1月27日

指宿キャンプ2日目

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

指宿での2日目、今朝は指宿キャンプでの恒例行事となっている、地元自治体、団体みなさまによる「柏レイソル激励式」がおこなわれました。いぶすき菜の花レディーの田中絵里佳さんより吉田監督へ花束が贈呈されました。続いて指宿市の豊留悦男市長からは激励の言葉を頂戴しました。「指宿は菜の花、黄色が市のカラーです。レイソルと同じです。この指宿の地で、1年間を戦い抜く体力と技術と戦術を身に付けて、今年こそはぜひ優勝を期待しています」

150127_nanohana.jpg

そしてチームを代表して、太田、菅野、狩野、山中の4選手が、かごしま黒豚、カンパチ、鹿児島茶、フルーツ、そら豆と実えんどう、鰹節と名産品をいただきました。最後に吉田監督より「本当にありがとうございます。毎年ここにきて、おいしい食事と、このすばらしいピッチと、ホスピタリティ。それらを毎日感じながら、おもてなしをいただき、ここにいる選手とスタッフ全員がその温かさを共有して頑張ろうという思いです」。

150127_zotei.jpg

150127_zotei2.jpg

さっそく夕食から色とりどりの食材が並び、トレーニングで披露した身体を癒し、回復させるべく、選手たちはもりもりいただいておりました。毎年毎年、本当にありがとうございます。その模様は「レイソルチャンネル」にて動画配信しております。久々の選手たちの姿、元気そうな様子をぜひご覧ください。


http://youtu.be/8MhsBTw3kUg

昨日からトレーニング参加している湯澤選手。今日も午前午後と日が暮れるまで、走り、ボールを蹴り続けました。練習後、話を聞くことができました。
「レイソルは地元から近くて、元々憧れていたクラブでした。レイソルから誘われて、達磨さんからも話を聞いて、自分が一番成長できるクラブだと思ったので決めました。いまの日本代表のサイドバックは、酒井(宏樹)選手や内田選手がいますが、その出身クラブで自分にとって大切な何かを得られるんじゃないかと。

150127_yuza.jpg

酒井選手には見た目というか、プレー中の動きが特に似ていると言われてきました。自分の持ち味は、前への推進力や後半周りの運動量が落ちた時に後ろからどんどん上下動してチームを助ける。アシストや、守備でも身体を張って泥臭い部分でチームに貢献できたらと思います」。レイソルに憧れていた、というのは本当にありがたく、嬉しい言葉ですね。これからが本当に楽しみです。

明日のトレーニングは、9時30分、15時30分の2部練習です。どうぞよろしくお願いいたします。

2015年1月26日

指宿キャンプ1日目

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

昨日の午後、グアムを出発して、都内に一泊。そして今朝、鹿児島への飛行機に飛び乗り、お昼前に鹿児島空港から出発し、14時前には無事に指宿へ到着。休息を挟みながら、約24時間かけて、新しいキャンプ地、指宿いわさきホテルへ到着しました。2011年、2013年は2回、そして2014年と、のべ5回目の訪問となります。毎回、到着の際は、ホテルの皆さんが玄関でお出迎え下さいます。これまでもお世話になった皆様の懐かしい顔が並んでいて安心しました。再び握手をかわすことができ、懐かしい嬉しい思いでいっぱいです。8泊のキャンプ、どうぞよろしくお願いいたします。

150126_welcome1.jpg

150126_welcome2.jpg

今日からのキャンプ、新しい仲間が加わっています。先日リリースしました、2016シーズンからの加入が内定している、湯澤聖人選手です。練習前には吉田監督に促されて「流通経済大学3年の、湯澤です。よろしくお願いします」と少し緊張した面持ちであいさつ。しかし、周りの選手たちからは温かな微笑みのリアクション。。。思わず照れ笑いしてしまう湯澤選手。

150126_yuzawa1.jpg

もうお分かりですよね!?レイソルに在籍した、あの選手にそっくりですよね。ポジションも同じ右サイドバックです。初対面なのに初対面じゃないような。「またマサトが増えて、4人になりますね~」とは工藤選手。工藤壮人、藤田優人、湯澤聖人、そして私も(笑)。その中に自分も入れてくれて、相変わらずナイスガイのクドーです。

150126_yuzawa2.jpg

山中選手や秋野選手は年代別日本代表でチームメイトになったこともありますし、練習中も「ユザ!!」と呼ばれながら、まったく物怖じするようなところを見せず、ダイナミックで堂々とフルメニューを消化しました。2月には全日本大学選抜メンバーとしてデンソーアップに参加する予定、日本期待の大学生です。また彼の言葉も後日お伝えできればと思います。

150126_yuzawa3.jpg

移動当日ではありましたが、ウォームアップからパスゲーム、そしてゲームトレーニング。さらにはポジション別に分かれ、吉田監督の指導が行われるなど、16時開始で、ピッチを最後に後にした菅野選手がホテルに着いたのは18時30分を回り、あたりはもう真っ暗。しっかりと練習をおこないました。「このいい環境で、いいものをもっと積み上げていこう」。練習前に選手たちに投げかけた監督の言葉、明日からのトレーニングでその作業をおこなっていきます。明日のトレーニングは10時と15時30分スタートです。

2015年1月25日

グアムキャンプ最終日

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

グアムでの1週間が無事に終わり、日本へ向かう機内です。今日もグループに分かれてのパスゲーム、戦術練習が続きました。吉田監督から指示があり、試合中のいろんなシチュエーションを想定して、プレーすることを求められます。きれいな形から初めてシュートが決まる場面では選手からは拍手も起きましたが「まあまあだね」。今よりも次。さらにもっと。「MORE」というスローガンどおり、もっともっといいものを追求していく姿勢です。

150125_yosi2.jpg

すべてのトレーニングを終えたあと、円陣が組まれ、監督から10分近く話がありました。選手たちもその一言一句を聞き逃すまいという表情でした。このキャンプの成果を、さらに指宿へ、そしてACLプレーオフにつなげていかなければなりません。そして最後は、監督からの言葉で拍手が贈られました。今日1月25日に誕生日を迎えた松本拓也GKコーチ、そして一日遅れでしたが24日に和田トレーナーに温かい祝福が送られ、キャンプ打ち上げとなりました。

150125_hakusyu.jpg

150125_matumoto.jpg

150125_wada.jpg

レオパレスリゾートを出発する前に、吉田達磨監督にこのグアムキャンプを総括してもらいました。

「天候も良くて、スコールも少なく、大きなけが人もない。予定よりも早いペースでメニューを進めることができています。選手たちの努力や意欲が、その表情や取り組み方、反応からも感じられた。練習はとてもハードで負荷が高く、要求したものも高かったし、これまでやったことのない練習もあったと思う。ほぼ実戦的なトレーニングばかりだったが、理解したら反応が返ってくるし、きっかけをつかんだらもっと入り込んでこれるし、もっとピッチでいいことができると思う。

グアムでは紅白戦もやって、大まかなところはやれている。あとは指宿キャンプで細かなところで、選手たちが描いているところ、イメージをクリアにしていきたい。あと、当然身体を使う仕事なので、体力的に相手よりもアドバンテージを得られるようなトレーニング、メニューや環境を考えていきます。

そして選手自身が『チームになってきている』と感じているのでは、という手ごたえがあります。まだ始動して10日ほどですが、大枠のところはイメージ以上に進んでいます。選手たちとはこれまでずっと(ダイレクターの立場として)一緒でしたし、選手のレベルが高いことを知っています。選手がサッカーに没頭した1週間を過ごしてくれました。この意欲があれば、もっといいものが出せる。そして選手たちも自分と同じような感覚で入れてくれたら、この上なく嬉しいことです」

150125_yosi3.jpg

指宿ではトレーニングマッチも予定されています。今度は対戦相手との実戦のなかで、さらに新しいサッカーが高まり深まっていくことを期待して、グアムキャンプのレポートを終えたいと思います。明日はさっそく指宿からお送りします。

2015年1月24日

グアムキャンプ6日目

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

グアムでの6日目。昨日は20分×3本とハードな紅白戦がおこなわれたこともあり、今日は多少ボリュームを落としたトレーニングに調整されました。とはいえ午前中、多くの選手が早めに終える中、中盤の選手たちを中心に吉田監督の指導が続きました。その分、午後の時間は短くなりましたが、狩野選手は午後にも、FW陣のシュート練習にも最後まで参加。それでも疲れた様子よりも「いま、それだけサッカーがやれていることが大きいですね」と前向きさや充実感が表情に表れていました。

150124_kano.jpg

午後は、松原コーチによるフィジカルを中心としたトレーニングがメイン。開始前には選手たちを集め、このメニューはこういう目的をもってやる、という説明が長く伝えられました。なぜこの練習をするのか、理解して臨むことでトレーニングへの集中や意識も高まります。強弱をつけながら、ダッシュやターン、そしてシュートまで。シンプルに走るだけでなく、ボールを使うメニューが取り混ぜられています。

150124_matu.jpg

150124_kondo.jpg

キャンプと言えば「走り込み」というイメージをお持ちかもしれませんが、栗澤選手に聞くと「普段のトレーニングやプレー中でもダッシュする場面が多かったり、そういったところでも、自然と鍛えられる要素が含まれてるんだと思います」。こうして、キャンプのメニューが日々消化されています。

150124_kuri.jpg

6日間のキャンプを見て、いろんな発見など自分なりに感じたことをお伝えしています。ただ昨日の日記で、アカデミーでやってきたサッカーを、今度はトップチームの選手たちがやっているように見えます、というくだりに対して、「そこはちょっと違うんだよね」と吉田監督から話がありました。「サッカーは変わっていくものだし、トップのこのメンバーならもっと違うことやいいことができる」。新しいレイソルのサッカーを正しく伝えることが広報として何よりも大事な仕事です。しっかり反省し、いろんな言葉に耳を傾け、気を引き締めて、また明日からのトレーニングを見守っていきたいと思います。

本日、スタートミーティング第一部の議事録をアップいたしました。公開までお時間がかかり、ご参加が叶わずアップを待たれていた方々には特にお詫びを申し上げます。監督やダイレクターの選定について、チーム強化の方針、また限られた時間のなかでしたがご来場いただいた方からのご質問への回答などを掲載させていただきました。本文中にあるようにサポーター皆様に対しまして行き届かないところもありご迷惑ご心配をかけておりますが、貴重なご意見をもとに、クラブ運営に活かしていければと思います。議事録の内容につきましては下記よりご確認ください。
http://blog.reysol.co.jp/news/2015/013277.html

明日は午前練習を終え、午後には帰国の途に就きます。月曜日には鹿児島県指宿市へ移動し、第二次キャンプに臨みます。

2015年1月23日

グアムキャンプ5日目

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

グアムに来て5日目。これまでで最も「暑い」午前中でした。青い空と木々やピッチの緑が色鮮やかに映えるなか、フォーメーションの各位置に散って、ボールの動かし方、丁寧なパスに注意しながら、フィニッシュまで行くトレーニング。この練習は、午後にそのままつながっていました。20分×3本、始動日から8日目にして、フルサイズのピッチで、最も本格的な紅白戦が行われました。午後からは突然の強烈なスコールで、吉田監督の姿が見えづらくなるほどでしたが、、、

150123_yoshida0.jpg

150123_yoshida1.jpg

なんとか天候回復。吉田監督によるホワイトボードを使った説明は、みっちりと5分以上続きました。それに聞き入る選手たち。システム、ビルドアップ、連動した守り方、ボールの動かし方。この1週間で新しく取り組んできた形、ピッチの随所で見ることができました。U-18チームなどアカデミーでやってきたサッカーを、今度はトップチームの選手たちがやっている。まさに一新、そんな風景でした。ゴールはクロスをヘディングで合わせたクリスティアーノ選手、左サイドからのボールをフリーで流し込んだ工藤選手でした。

150123_game.jpg

もちろん監督やコーチのなかで、うまく行っているところ、修正しなければいけない課題、ピッチの中でいろんな発見があったはずです。撮影したビデオで確認し、コーチたちとミーティングを行い、また明日への練習につなげていく。そういった作業の繰り返しで、新しいレイソルのサッカーが作り上げられていきます。

150123_yoshida2.jpg

このキャンプには、U-18から2人の選手が練習参加しています。GK滝本晴彦選手、右サイドバックの熊川翔選手です。トップチームの中、多くの先輩を前に緊張しているかと思いきや、ピッチではダイナミックな動きでしっかり自分を出しているように見えます。「もう時間が経つのがあっという間で、本当に充実しています」とは滝本選手。「クリスのシュートは本当にすごいです」とプロのパワーに驚きながらも、必死に食らいついています。

タイミング良い攻撃参加が光る熊川選手は、「ユースではあまり大きい選手がいないんで、グラウンダーでクロスを入れることが多いですが、トップにも大きな選手もいるので」と高低使い分けながら、的確にクロスを送り込んでいます。2人とも柏日体高校の2年生、「キャンプが終わったらテストがあるんで。まずは提出物をしっかり出さないといけないです」と学業との両立にも頑張っている日々です。

150123_u18.jpg

吉田監督は、いいサッカーをするためには、良いトレーニングをしなければいけないと話していました。茨田選手は「各ポジションにほぼユース出身の選手がいて手本になれば、ほかの選手もみんな能力は高いので、もっと身についていくと思います」と話します。たとえば、このタイミングで前へ出ていくんだ、ここにボールがある時はあそこでもらいに行く、といった約束事。監督の言葉で理解することはもちろんですが、それを自然と表現できるチームメイトが多ければ多いほど、トレーニングの質は自然と高まっていくはずです。今日の紅白戦をスタートにして、チーム内の共通理解が深まり、また競争も激化していくキャンプ。明日も2部練習、グアムでは残り2日間となりました。最後に、雨上りの虹。なにかの吉兆であれば何よりですね~

150123_rainbow.jpg

2015年1月22日

グアムキャンプ4日目

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

今日でグアムキャンプは4日目。今日も時折雨が降ってくる時間もありましたが、おおむね好天のなか、順調にメニューを消化しました。昨日は吉田監督を紹介しましたが、監督をサポートする4人のコーチたちもたいへん精力的に動き回っています。その一人、松本拓也GKコーチのトレーニングも、器具を使うなど、いろんなバリエーションで選手たちへの指導が行われていることが確認できます。

150122_suge.jpg

ちょっとしたウォームアップにも、足でボールを扱うシーンがあったり、セービングだけでなく、攻撃の起点としても役割を担えるような練習が取り入れられています。この日はヘディングの練習も。DFラインが陣形をコンパクトに保つためラインを高くキープすれば、その分背後のスペースを突かれます。そんな時、キーパーがペナルティエリアを飛び出し、手で扱わなくてもボールを処理しなければなりません。足か頭を使うしかありませんから。ただ、そんな試合中にすぐに起こることを想定した実戦的なトレーニングです。

午後のトレーニングは、また興味深いものでした。7対6のゲーム形式ですが、片方のチームにはなんとゴールが3つもあり、それぞれGKが守っています。攻撃側はどのゴールにシュートしてもいいルール。一転して守備側がボールをキープすれば、両サイドのGKはサイドバックと同じようにボールをつなぐ役目も担います。

150122_GKtr.jpg

現在世界最高のキーパーと呼ばれるノイアー選手(バイエルンミュンヘン、ドイツ代表)はセービングはもちろん、味方DFの背後をカバーするため、ペナルティエリアの外まで躊躇なく飛び出し、プレーエリアの広さや足元の技術などを含めて、高い総合評価を集めています。いまのレイソルではキーパーも攻撃のビルドアップの第一歩となるべく、またキーパーがゲーム練習に入ることも多く、それだけ戦略上、攻守に大きな任務と期待を懸けられていることを感じます。試合の機会には、キーパーの動きやプレーにもご注目いただければと思います。

本日、J1リーグの日程を発表いたしました。
http://www.reysol.co.jp/game/results/
今季から2ステージ制が復活し、またACL出場組への日程の配慮などで、大変に複雑なマッチメイクになっています。レイソルの試合には、大変多くの注釈がついていて、チームの勝ち上がりによって週末からミッドウィークへの変更が多く増えます。年間シートをご継続、お申込いただいたサポーター方々におかれましては、週末以外の試合も多く、ご不便をおかけする試合も多くあるかもしれませんが、チームがベストコンディションで臨むためにも日程の要望を出し、このようなスケジュールとなりました。チームへのサポートとして、大変申し訳ございませんが、なにとぞご理解をくださいますようお願いいたします。その年間シートの受付が1月24日までとなっています。まだ間に合いますので、試合予定などをお考えの上、お申し込みください。
http://blog.reysol.co.jp/news/2014/013103.html

2015年1月22日

グアムキャンプ3日目

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

グアムでの3日目。午前午後と2部練習でしたが、午前は「リカバー」。これまでのトレーニングの負荷を考慮し、45分ほど短めのトレーニングでした。とはいえ、ウォームアップ、フィジカル、パスゲームとボールも使うのが、今体制のやり方。その後はプールやランニングなど、それぞれでコンディションを整え、午後に備えました。

午後からは、日立台から数えて6日目、もっとも本格的な実戦練習となりました。ピッチに配置された選手たちが、攻守に分かれます。グアムに来てから何度も反復練習を行った守備のやり方、その動きは今日のトレーニングのなかで、しっかり約束事として果たされていました。7対5の流れから、そのまま11対11へ。ピッチは少し小さくしていましたが、文字通りの「紅白戦」を見ることができました。

選手達の声がよく出ていました。新加入のクリスティアーノ選手、ワンツーからのリターンを求め「モウ、イッカイ!!」、また「クドーーーー!!!」と大きな声で新しいチームメイトの名を呼ぶなど、Jリーグ2年間の経験で、すんなりチームに溶け込み始めています。秋野選手は「前線にパワフルな選手がいると、少しパスがずれても個の力で収めてくれますから。もちろんしっかり良いパスを送らないといけないですが」と、新しい選手たちがその特徴を徐々に発揮し、周囲もそれを感じ取っています。

150121_01.jpg

そして何より声が出ているのは、吉田達磨監督です。監督ですから当然のことなのでしょうが、それでも選手たちの動きに対して、すぐに反応します。たとえばレアンドロ選手がくさびを受けようと、少しアクションを起こしただけでも「ナイス、レアンドロ!!」とすぐさま声をかけました。味方のパスコースを作る動き、敵を引き続ける動き、監督の要求に応えるプレーがあれば、些細なところでも見逃すことなくしっかり褒めます。始動日に「アピールしすぎなくていい。しっかり見ているから」という監督の言葉がありましたが、選手たちもそれを実感しているのではないでしょうか。

150121_02.jpg

トレーニング後には、また監督は精力的に選手たちに声をかけ、指示やアドバイスを送り、選手からの質問にも答えながらコミュニケーションをとっていました。本当に「よく話す」監督です。今日のトレーニングもしっかり撮影し、今頃コーチたちとミーティングしているはずです。今日より明日、明日よりも明後日。日に日に吉田監督のサッカーがチームにしみこんでいくグアムキャンプです。

150121_03.jpg

150121_04.jpg

本日、ACLグループリーグの会場、キックオフが発表されました。プレーオフ勝利からのグループリーグのHOME3試合は、すべて日立台19時開始予定です。また明日の夕方にはJリーグの日程も発表されますので、ホームページなどでお伝えいたします。

2015年1月20日

グアムキャンプ2日目

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

※アップが遅れましたことをお詫び申し上げます。

担当:大重正人

グアムキャンプ2日目は無事に終了しました。午前は9時から、午後は4時から、2部練習をみっちりと。昼前後にはスコールがありましたが、練習時にはしっかり晴れて、太陽王の力が発揮されたようです。「1月はずっと雨が多かったんですけどね」とはレオパレスのスタッフさん。ありがたいお言葉をいただきました。韓国のFCソウルが年明けからずっとキャンプを張っています。昨日コンビニで、レイソルの胸のエンブレムを見て、にこやかに「こんにちは〜」と声をかけてくれたのは、元レッズのエスクデロ選手でした!

アカデミー出身の若手選手にとっては、誰もが経験しているはずのサッカーですが「今は思い出していく感じですね」と小林祐介選手。「昔の感覚を取り戻すきっかけやヒントになればと、キャンプ前にタツさん(監督)に教わっていた中3の時の練習ビデオを見せてもらったんです。自分で言うのもなんですが、うまいなあというか、みんなよくできていて驚きました。秋野も同じことを言ってました」。

さらに「タツさんの練習は毎日撮影してました。当時もそのビデオを見てアドバイスをもらったり、自分の良かったプレーを編集して見せてくれていました。撮影されているので、ちょっとした合間にもし気を抜いていたら、それも見つかってしまいます(苦笑)。だから自然と緊張感のあるトレーニングになります」

吉田監督のトレーニングはグループで行われることが多いです。見ていて、常に組織、連動、連携を意識して、とても整えることに注力しているように感じます。めざすサッカースタイルを日々浸透させていく毎日が続いています。

今日は、午後からかわいいサポーターが来てくれました。ご家族でグアムへ旅行のさなか、キャンプのことを知って延長してくれたそうです。浦安から来たコウちゃん、トレーニングで疲れた選手たちを癒してくれました。明日の午前は9時から、午後は4時からのトレーニングです。

150120_fan.jpg

2015年1月19日

グアムキャンプ初日

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

ただいまグアムへ向かう機内で、この日記を書き始めております。

まず最初に、スタートミーティングのことから始めさせていただきます。イベント終了後にアップいたしました youtubeにて、まず吉田監督スピーチ、新ユニフォーム、新加入選手のごあいさつやインタビュー、昨日は監督への質疑応答、コーチングスタッフのごあいさつを公開しております。また写真については、公式 Facebookにアップしております。第 2部の内容につきましては、ぜひそちらをご覧ください。第 1部の内容につきましては、議事録にてまとめさせていただいてから HPやモバイルのニュースで公開いたします。ご来場が叶わなかった皆様におかれましては、大変申し訳ございません。今しばらくお時間をくださいますようお願いいたします。

会場選定につきましては、例年と同じぐらいの 1000人以上の会場で開催できればと考えておりましたが、新体制に移っての練習スケジュールのなか 1月17 日の夜という時間が決まり、収容人数やアクセスや選手の移動などいろんな条件を考え、柏の葉カンファレンスセンターさんにお願いさせていただきました。収容人数については例年より大きく減ってしまい、ご参加いただけなかった方々には申し訳ございませんでした。また当日は、午後のチーム集合写真撮影のあと、柏の葉へ急行してリハーサルを行ったのですが、機材のところなどで時間がかかってしまい、想定よりも開場を早めることができず、早くからお並びいただいた皆さんにもご迷惑をおかけしました。

ただ今回、この施設を利用させていただくにあたり、下見をして、スクリーンによる映像放映や装飾など、これまでになかった演出が可能になり、せっかくこの会場でやれるなら!といろいろ準備しました。横断幕のご協力をいただき、新ユニフォームも展示して、施設の外から、レイソルの黄色が少しでも映えるよう考えました。監督登場時の映像も自分で気持ちをこめて編集しました。年末から曲を選び、写真素材を集めて、正月明けは、箱根駅伝→編集→箱根駅伝→編集の三が日でしたが、こういうクリエイティブな仕事はこんな時だから目一杯できます。時間があっという間に過ぎていきました。とても充実した時間でした。

日立台へ、胸躍らせ、興奮して観戦に来られるサポーターの視線をイメージしてゲートをくぐり、スタンドへ。今季戦う 4つの主要大会のロゴ。そして秋野、太田、工藤の 3選手、彼らの昔と今の画像です。このレイソルアカデミーで育ち、トップチームの一員となった彼ら、 10~15 年前からこの日立台で脈々と息づき始めた系譜を表現しました。そこに、他クラブや高校で育った選手たち、キャリア豊富な選手たち、外国籍選手が加わります。最後に、新しくレイソルを率いる吉田達磨監督のミーティングとトレーニング、新しいレイソルがついに始まる!という気持ちを込めて編集しました。

イベントの質疑応答では、情報発信について、サポーターの方から貴重なご意見もいただきました。現在、ホームページ、モバイル、ブログ、メールマガジン、ツイッター、フェイスブックと様々な媒体があり、また送信先としても、パソコン、タブレット、携帯電話とあり、そしてスマートフォンが今一番の主要となってきた時代になりました。本来はすべての媒体に、すべての送信先に同じようにお届けしなければなりませんが、ほんとうに申し訳ありませんが、人員的時間的にスムーズに行き届かない場合もあります。それでもいかにサポーター皆さんへご心配をかけることなく情報をお伝えできるか、最善や効率を考えながら、可能な限り迅速に、正確にわかりやすく、お届けしなければならないと改めて気を引き締め、業務にあたっていきたいと思います。

そして、この広報日記につきましても、今季から原則私一人で担当しております。これまでチーム稼働日は毎日更新して参りましたが、今後は不定期とさせていただくことも、この場でお願いさせていただき、なにとぞご理解をいただけますようお願い申し上げます。その分はブログ以外の多くの有用なツールと併用しながら、少しでも多くの情報をお届けできるよう努力していきたいと思います。もちろんご期待いただいている吉田レイソルの初キャンプの 2週間は、しっかり毎日レポートして参ります。 HPのフォトギャラリーについては、フェイスブックにて更新いたします。スマートフォンをお持ちの方が大変増えていると多いと思いますので、 PCでもスマホでも見やすい媒体を利用していきます。

みなさんお待ちかねのグアムキャンプのくだりまで、大変長くなってしまいました。今朝は 7時に日立台を出発し、11時ごろ成田空港から離陸。3時間強のフライトで予定通りグアムに到着し、レオパレスリゾートへ。日本時間の17時半、グアムでは時差1時間ですので、18時半からトレーニングを行いました。

移動日ではありましたが、1時間半ほど、戦術などボールトレやフィジカルなどをしっかり消化しました。昨年の足首手術からの復帰を目指す狩野健太選手も元気です!年末年始の休みもそこそこに、トレーナーや布部コーチとの復帰へのメニューを日々こなしてきたからこその今があります。「少し硬さがあったりもしますが、始動日から合流できて良かったです。ここはすごく暖かいのも足にとっていいですね!サッカーができる喜びを噛み締めてますよ」。福島での夢先生授業での言葉、いま、まさに実感しています!

明日からは午前午後の本格的なトレーニングのスタートです。またご報告して参ります。

2015年1月18日

スタートミーティングの模様です

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

 本日は、スタートミーティングを開催いたしました。ご来場いただいた皆様、大変寒い中、ありがとうございました。キャパシティが350人のため、ご当選されなかった皆様には改めてお詫び申し上げます。下記リンクに、その模様のムービー、写真を公開していますので、ご覧ください。内容についてはまた日を改めてお伝えいたします。

★動画は、youtubeから
https://www.youtube.com/playlist?list=PLHMywUFp3R8Av8RxvINMhJtA_nA4vq-an
オープニングムービー
吉田達磨監督スピーチ
新加入選手挨拶
新ユニフォーム披露

★写真は、facebookから
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.649577425168247.1073741850.298491856943474&type=1

2015年1月17日

南半球から

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

吉田レイソル2日目のトレーニング、今日も手際テンポよくメニューが消化されていきます。そんな様子を食い入るように見ていた、海外の子どもたち。彼ら、この時期の日立台の恒例でもある、ニュージーランドからのホームステイでやってきたサッカー選手たち。これまで「ウィナーズ」として毎年ご紹介してきましたが、ウェリントンフェニックスというクラブの育成組織となり、フェニックスU-12として日立台にやってきてくれました。アカデミーコーチを見るやいなや、ひとりひとり丁寧に握手であいさつするなど、大変礼儀正しい彼らです。

150116_win.jpg

毎年NZからやってきてくれているわけですが、その中から、成長を遂げて現在開催中のアジアカップに出場している選手がいると、伺いました。オーストラリア代表の、ジェイソン デイヴィッドソン選手です。2005年のU-14レイソルフェスティバルに参加したことがきっかけで、祖母の祖国である日本を気に入り、2008年まで日本へ留学したそうです。調べてみると、留学先は成立学園高校。。。なんと大津祐樹選手のチームメイトでもあったようです!レイソルの選手たちを食い入るように見つめる彼らから、世界的な選手が生まれるかもしれませんね~日本代表は2連勝中ですが、オーストラリアのデイヴィッドソン選手も注目ですよ。

明日の夜、「スタートミーティング」を開催いたします。会場は柏の葉カンファレンスセンターです。ご当選され、ご来場いただく皆様へお知らせ、お願いがあります。

※正面玄関から向って右手に入口があり、2階へつながる階段の上が、列の先頭となる予定です。1階にはホテルとの共用部分もあり、一般の方の往来もあります。お並びいただく際には、荷物などを置かれて無人となるなどすると、ご迷惑になる場合もありますので、どうぞご注意ください。
※気温の低い時期でもありますし、会場内の準備進行状況によっては、待機列の引き込み、開場時間を早める場合もありますので、あらかじめご了承ください。
※座席は定員分のみとなりますので、席をあけず詰めてご着席くださいますようお願いいたします。

それでは、明日お出迎えできるよう準備を整えたいと思います。

最後に、ACLプレーオフの日程が、2月17日(火)19時キックオフ、会場はホーム日立台に決定しました!チケット販売など詳細は決まり次第お知らせします~

2015年1月15日

吉田レイソル始動

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

本日から、いよいよ2015シーズン、そして吉田達磨監督率いる新生レイソルがスタートを切りました。あいにくの冷たい雨でしたが、「いきなりボールを使うというのは、ここ数年なかったので新鮮でした」という大谷選手の言葉通り、吉田監督はボールを使ったトレーニングを課しました。パスゲーム、また11人のグループを作ってチームとしての動き方のベースを落とし込んでいくトレーニングでした。監督自らボールの配球に加わりながら、精力的な指導、声掛けを行っていました。

150115_t1.jpg

初練習を終えて、吉田監督のコメントです。「練習前のミーティングで、こういうサッカー、攻めるサッカーをやっていく、という話をしました。選手たちがすごくいい顔をしていた。去年から残ってくれた選手、今年一緒にやりたいと思ってくれた選手たちの顔を見て、嬉しく思いました。選手たちがすごく前向きで、何かやってやろうという姿勢が見えたけど、『アピールはしなくていいよ、しっかり見ているから』と伝えました。質はこれからだけど、今日の取り組みは良かった」

150115_t2.jpg

「日々、一回一回のトレーニングを成功させる」べく、できるだけトレーニングに集中できる環境づくりのため、サポーター皆さんやメディアの方々の見学エリアを今日から変更させていただきました。本日お越しの皆様には、ご協力をいただきまして大変ありがとうございました。バックスタンド下のネット越しと選手たちからの距離はこれまでよりも遠くなってしまい申し訳ございませんがなにとぞご理解をお願いいたします。

150115_bench1.jpg

150115_bench2.jpg

午後3時からは、新加入選手7名のメディア向け会見を行いました。柏へ加入・復帰しようとした理由、自分の特徴やアピールポイントについての全体質問のあと、個別の囲み取材などを行いました。スカパー!「マッチデーハイライト」からは平畠啓史さんが大津選手にショートインタビューくださいました。笑顔がこぼれる楽しげな会話は、近日放送される予定ですので、またお知らせいたします。

150115_yuki.jpg

スタートミーティング観覧にお申込の皆様へ、チケット引き取りは明日1月16日(金)23:29までとなっておりますので、お忘れないようお引き取り下さいますようお願いいたします。

2015年1月14日

練習見学エリアにつきまして

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

明日より、柏レイソルの2015シーズンが始動いたします。ミーティングが終わり次第(11時前後から)、グラウンドにて今季初のトレーニングがおこなわれます。練習見学にお越しの皆様へのご連絡です。当面、練習中の見学エリアを変更させていただき、バックスタンド下にてご見学くださいますようお願いいたします。練習後のファンサービスエリアにつきましては今季同様となります。ご理解とご協力くださいますようお願い申し上げます。

2015年1月10日

【1/10】本日スタートミーティング締切です

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

元日からお時間が経ってしまいましたが、改めましてあけましておめでとうございます。本年も柏レイソルへのご声援をどうぞよろしくお願いいたします。

先日ツイッターにて、期限付き移籍から復帰した、山中選手と中川選手の元気な笑顔をアップしましたが、来週15日の始動を前に、選手たちが自主トレやメディカルチェックのため、日立台のクラブハウスに顔を出し始めました。いよいよ吉田レイソル始動の日が近づいています。

150110yamanaka.jpg

その新加入選手たちのお披露目「スタートミーティング」を1月17日(土)の夕方に開催いたします。ローソンチケットでの事前申込に大変多くのご応募をいただいておりまして、たいへんありがとうございます。エントリーの締め切りが本日23時までとなっております。2014年もしくは2015年アソシエイツ会員の方で観覧を希望される方は、お申し込みをお忘れなくお願いいたします。下記ニュースのお申込方法をご確認ください。
http://blog.reysol.co.jp/news/2014/013211.html

昨日、打ち合わせと下見にいってまいりました。収容人数が例年より大幅に減ってしまうことは改めてお詫び申し上げなければなりませんが、オープンして4~5か月ということで、外観やエントランス周りから都会的な空間になっていて、いつもとは違うフレッシュな雰囲気で開催できそうです!当落のご確認は、1月11~14日まで、チケット引き取りは11~16日までとなっておりますのでもれなくご確認ください。

150110cc.jpg

来週15日の前には、2015シーズンを戦う選手たちの全容をお伝えできるよう、準備を進めておりますので、今しばらくお待ちくださいますようお願いいたします。