2016年8月28日

川崎戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

首位フロンターレを相手に、今日の選手たちは本当に勇敢に、自信を持って戦い続けました。昨日の日記で望んだ通りの、胸のすくような快勝を私たちに届けてくれました。キックオフからすぐは両軍ともボールを奪い合うような展開でしたが、開始2分、レイソル自陣からのビルドアップ。川崎の鋭いプレッシングを中谷、中山、秋野の3選手が見事なパスワークで外し、右サイドからの攻撃へつなげます。今日はやれる、という手ごたえをつかんだようなきれいな展開でした。

そしてCKを得ると、ディエゴ選手のヘディングが決まって、開始4分での先制に成功。さらにその1分後、またも自陣からビルドアップからチャンス。左サイドのクリスティアーノ選手へのパスは通りませんが、ここへ中川選手がすばらしい切り替えでアタック。相手のボールをカットすると、折り返しをまたもディエゴ選手がゲット。これ以上のない立ち上がりのラッシュを浴びせました。

160828_diego2.jpg

しかし、この早いタイミングでの2点のリード。首位の川崎、これまで見せてきた圧倒的な得点力を発揮すれば、残り85分は3点以上を取るに十分な時間です。動じることなく、1点ずつ返していけばいいというような、そんな落ち着き払ったパスワークから、見事に崩されて19分に1点差とされます。ただここでレイソルは強さを見せました。29分、セットプレーのチャンスから、ディエゴの完璧なヘディング。惜しくもクロスバーに跳ね返されますが、茨田選手がゴール左隅を狙いすましてゲット。

さらに32分、またしても中央でディエゴがフリーになってヘッド、ここはしっかり枠をとらえて、レイソル史上17回目、14人目のハットトリックを達成しました。「今まで2点までは取れたことがあるけれど、ハットトリックは自分自身のサッカーキャリアの中でも初めて。こういった形でレイソルに貢献できたことを嬉しく思います」

160828_diego.jpg


前半38分、この試合の流れを大きく左右するプレーがありました。レイソルの左サイドを崩され、小林悠選手のシュート。GK中村選手が抜かれるも、中谷選手がすばらしいカバー。しかしこのボールが味方の秋野選手に跳ね返り、ボールは辛くもゴールの右へ。あわやオウンゴールというところでしたが、今日は不運ではなく幸運にも失点を免れます。ここで1点返されていれば、後半はまた違った展開になったはずです。GK中村選手を中心に、これ以上はやらせないという気迫が、今日の最終ラインからはみなぎっていました。

160828_gk.jpg

後半はディエゴが負傷交代し、武富選手を投入。川崎のポゼッションが長くなり、レイソルは自陣で耐え、カウンターを狙う展開に。「中盤を開けるな。飛び出したらすぐに戻って閉じる。コンパクトにしてしっかり閉めよう」。フロンターレのパスワークに動かされますが、前後左右の距離をできるだけコンパクトに保ちながら、相手の縦パスを狙っていきます。レイソルがカットすれば、フロンターレの素早い切り替えに遭い、クリアを余儀なくされる場面もありましたが、密集から勇気と自信をもってつないだ場面から5点目が生まれます。

相手のプレッシャーを見事にいなす、中山、栗澤、中谷、秋野のスクエアパス、栗澤選手から武富選手への縦パスが通ると、一気に広大なスペースへのカウンター。ドリブルからのスルーパスに飛び出した中川選手がワンタッチでGKの脇を抜くシュートを流し込んで5点目。勝負を決定づけました。「ゴールが欲しかった。相手が前掛かりに来ていていることは意識していたのでワンチャンスはあると思って走っていた」。この日、ヒロトが走った距離は12.86km。今日の7試合中、断トツの1位。彼の働きを示す数字は嘘をつきません。2点目の起点となった敵陣での守備。相手の巧みなビルドアップに対し、走力と頭脳を駆使して守備のスイッチと勢いを作っていたなか、攻撃でも勝利を引き寄せる大仕事をやってのけました。

160828_hiroto.jpg

82分に1点を返され、最後は小林、太田とフレッシュな選手を入れ、もう一度チームにパワーを注入し、5-2。今節、Jでもっともインパクトを与えたであろう勝利を手にしました。試合後のミックスゾーン。記者の方からこんなことを聞かれました。「最後、ピッチにいた選手のうち、10人がアカデミー出身でしたよね」。レイソルは長年、選手育成に力を入れ、出身選手を中心としたチームを作ってきました。その選手の多さ、また年齢の若さについては驚きをもって受け取られています。選手やコーチたちが日々成長しようと努力してきたことが、少しずつ実を結び始めています。

アカデミーで育った選手、アカデミーで作ってきたサッカーのスタイルを土台にして、外国籍選手の個の力、今日で言えば伊東選手のスピードや、栗澤選手の経験や献身性、気迫が加わり、首位のチームから5点を奪う勝利を挙げました。この一勝をさらに自信にして、より確固たるものに。そのためには、やはりタイトル獲得やACL出場という実績を積み重ねていかねばなりません。レイソルのサッカーをより磨き続けて、揺るがないものに。

160828_youth.jpg

今日はJリーグで首位を走るチームを撃破しました。首位との勝ち点差は3差に。川崎、浦和、鳥栖、ガンバ、神戸、そしてレイソル。一時は2連敗で2ndステージは非常に困難な状況になりましたが、残り7試合でこの位置につけられたのは、間違いなくビッグチャンスです。ここからの戦いでさらに力を付けて、来年以降、より成長していけるようなステージに立ちたい。柏から世界へ。来週9月3日の天皇杯2回戦は奈良クラブ戦、翌週10日は1st王者の鹿島戦。大事な大事な試合が続きます。9月はホーム日立台で最大4試合、ぜひとも引き続きの応援をよろしくお願いします。今日もチームを勝たせる大きな後押し、本当にありがとうございました。

2016年8月26日

明日は川崎戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

現在2ndステージ9試合を終えて、5勝1分3敗のレイソル。勝ち点16で7位につけています。そして明日、勝ち点22で首位の川崎フロンターレ戦に挑みます。5月の1stステージ、破竹の5連勝で迎えた川崎戦でしたが、1-3。「中盤を支配され、なかなかチャンスを作れなかった。相手の守備も前からプレッシャーをかけてきて、ビルドアップからさせてもらえなかった」。下平監督もこう振り返るように、狙い通りのサッカーができないまま、完敗という試合に終わりました。

「ただ、あの時とは選手たちも変わっているし、力もつけてきている」という自信と、そして勝てば勝ち点3差という大きなモチベーションを持っての戦えるビッグマッチとなりました。1stステージ、2ndステージとも首位を争っている川崎は「いま一番脅威のあるチームだと僕は感じています(中川選手)」という強敵。前線は大久保選手、小林選手というJ屈指のストライカー、大黒柱の中村憲剛選手に加え、五輪代表の中心選手だった大島選手、エドゥアルドネット選手とエウシーニョ選手のブラジルコンビも足技に長け、献身的な選手たち。11人全員のレベルが高く、シンプルに誰かを抑えればいいというチームではありません。

だからこそ、まずは前線からの守備、コンパクトな陣形を保った戦いが求められます。相手の巧みなビルドアップでプレスを外されても、チェイスを繰り返し、ポジションを修正しながら、粘り強く対応しなければなりません。そしてボールを奪った瞬間、川崎の守備への切り替えが大変速いだけに、そこでいかに相手を外し、しっかりボールをつなぐのか、一気にカウンターを狙うのか。その判断と技術をいかに正しくできるかで、試合の結果は大きく左右されるでしょう。

守ってばかりで、チャンスの回数を多く与えれば、後ろの選手はどうしても苦しくなります。「やはり攻撃の時間を少しでも長くしないといけない」。下平監督の言葉通り、相手の良さを消しながらも、自分たちの長所をいかに出せるか。相手は間違いなく攻撃的なスタイルでねじ伏せに来ますから、その背後や隙を逃さず、好調の3トップで突きたいところです。昨年のアウェイ戦、今春のナビスコカップのような胸のすく勝利を!!

160826_cris.jpg

160826_take.jpg

160826_takeYNC.jpg

ここからはグッズ販売のお知らせです。「1000ゴールDVD」の予約受付は8月28日日曜日までとなっております。この期間にご予約いただければ、特典として『柏レイソル Jリーグ1995-2016全ゴールリスト』がプレゼントされます。来週には現役選手とレイソルアカデミーで指導するOB選手の副音声収録を行う予定です。こちらの模様もぜひ後日お知らせいたします。
http://blog.reysol.co.jp/news/2016/014905.html

そして昨日お知らせしましたとおり「ユニフォームクッション」の受注生産販売が決定しました。J1優勝した2011シーズン以来、5年ぶりの発売です。
http://blog.reysol.co.jp/news/2016/014954.html

【こちらは8/27~9/4でのご注文のみとなります】
FP黄色、GK黒色=選手名と背番号入り
FP白色=選手名と背番号なし

【こちらは予約販売および10月上旬から通常販売も行います】
FP黄色=背番号なし、FP黄色=背番号12、GK黒色=背番号なし

繰り返しになりますが、お気に入り選手のネーム入りクッションは『8/27~9/4』の期間に必ずお申し込みください。いかなる場合も上記期間を過ぎてのご予約はお受け出来ませんので、あらかじめご容赦ください。
柏レイソル公式オンラインショップ http://www.reysol-online.jp/、サッカーショップKAMO柏店、スーパースポーツゼビオ モラージュ柏店、スーパースポーツゼビオ かしわ沼南WOOWCITY店にてどうぞお申し込みください。

2016年8月21日

名古屋戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

台風が近づき、天候悪化の予報だった今夜のグランパス戦。そんななかでもレイソルの勝利を信じ、日立台に駆けつけてくださったサポーターのみなさんの思いが通じたかのようなすばらしい勝利。その思いは天にも通じたか、雨は一滴も落ちることなく、日立台の太陽王の力を見せることができたゲーム。選手たちがタオルマフラーをスイングしながら、勝利の美酒に酔いしれました。

160820_hakunetu.jpg

5バックになって守備を固めてきたグランパス。1トップ永井選手の快足はレイソルの守備時にも攻撃時にも脅威の存在でしたが、徐々にその両脇のスペースを起点にして、レイソルの4バックやダブルボランチが攻撃の糸口を作り、敵陣へと攻め込みます。チャレンジしてボールをロストしても、中川選手の献身的な守備への切り替えから相手のクリアを誘発し、そのボールを栗澤選手らがしっかり回収。シュート数は11対1。いいリズムを作った前半でした。

160820_ito1.jpg

一方で、その前半で先制できなかったということが頭を少しよぎったのも事実でした。しかし、その不安を伊東純也選手が見事に拭い去ってくれました。後半13分でした。左サイドを起点にして、「後ろから走ってきているディフェンスが分かっていて、スライディングしてくると思った」。安田選手のスライディングを予測しながら、前に立ちはだかるGK楢崎選手の動きを見て、瞬時に駆け引き。「普通に打ったらブロックされると思ったので、ワンタッチ、ツータッチととっさにタッチを増やしてシュートした」。スピードこそ伊東選手の最高の武器ですが、勢いだけでなく緩急を織り交ぜたり、柔らかなボールタッチを見せたり、彼のすばらしいところが一瞬に凝縮されたゴールだったと思います。

160820_ito2.jpg

ゴールを待ちわびていた日立台のサポーターにさらに火が付くと、25分にはまたしても速攻のチャンス。1点目同様に中央で起点となったディエゴ選手からやわらかなスルーパスが出されると「うまく流し込めた」というクリスの2点目。その5分後、それまで2アシストと大きな貢献を果たしていたディエゴに、今度はセットプレーから待望のゴールが生まれて3点目。1点目は栗澤選手、2点目は中川選手、スペースへ飛び出すフリーランニングの貢献も見逃せません。

160820_diego.jpg

グランパスに1点を許してしまったことは、今日からレイソルでの公式戦に復帰したGK中村選手やDF中谷選手にとっては悔やまれるものだったでしょうが、それでも、チームの連敗を2で止め、そしてホームのサポーターに勝ち点3を届けられたという意味でも、非常に大きな一勝になりました。

そして次節、首位に並ぶ川崎フロンターレ戦、アウェイ等々力での大一番になります。「今の良い状態を継続しながら、次のフロンターレ戦に向けて気持ちを切り替えて準備していきたい(クリス)」。5月8日、ホームでの敗戦。力の差を見せつけられた完敗でしたが、あれから3か月後の再挑戦。勝ち点6差、上位進出への可能性がわずかに残されたラストチャンスです。来週も大きな後押しをよろしくお願いいたします。

160820_cris.jpg

2016年8月19日

明日は名古屋戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

まずはU-15クラブユース選手権の話題からです。グループリーグ2勝1敗ながら、予選3位で決勝トーナメントに進出したレイソルU-15。3位通過だったため、1回戦=ラウンド32は、いきなり他グループの1位と対戦する厳しいスタートとなりました。相手のガンバはグループリーグ3連勝で勝ち上がってきた強敵でしたが、前半1分の奥田選手のゴールを皮切りに、後半に2点を追加。結果3-1で見事難敵を打ち破り、ラウンド16に進みました。

明日20日の午前10時から対戦するのは、名古屋グランパスU15。奇しくもトップチームとの同日対戦になりました。この大会の上位入賞は2007年の3位までさかのぼらなければなりません。現讃岐の仲間選手らを中心としたチームでした。それ以来の進出へ、まずは明日のラウンド16へ挑みます。試合速報はこちらからご覧になれます。
http://jcy-result.info/jcy/view/s.php?a=338&f=2016J00650.html

そしてトップチームは、同日19時から日立台でグランパス戦です。ここ16試合勝利がない相手ですが、レイソルも2連敗中。なんとしても勝ち点3を獲らなければならない状況で、厳しく難しい試合は避けられないでしょう。名古屋とはJ1通算13勝8分20敗と負け越しており、特に近年は拮抗した試合の中、終盤に相手のフィジカルを生かした攻撃を止められず、0-1で惜敗する試合が目立ちます。

ただ、昨年11月の日立台の試合では工藤選手の2ゴール、中川選手のプロ初ゴール、レイソル初ゴールで3-1と、リーグ戦9試合ぶりの勝利。また6月のアウェイ戦も0-1とリードされながら、茨田選手の当節のノミネートゴールにも選ばれたすばらしいシュートで1-1に追いつきました。

前回対戦でクロスからの失点を許した197cmのシモビッチ選手が負傷の発表があり、不在の模様です。そんななか名古屋は、前節5バックにしてゴール前を固め、永井選手の快足をいかしたカウンター攻撃に活路を見いだす戦い方を見せました。シモビッチ選手は欠場でも、ほかにもレイソルを上回る高い選手がそろっており、グランパス伝統のフィジカルとスピードを生かしたダイナミックな攻撃、安田選手や矢野選手が攻撃参加してのサイドアタックやクロス、またセットプレーが脅威的です。

レイソルが失点を重ねている形を相手は得意としていますが、「仮にセットプレーになっても真ん中できっちり跳ね返せばいい。そういう気持ちで戦えれば」と栗澤選手の言葉通り、思い切りを失うことなく、変に構えすぎずに守備に挑むことも大事になります。もちろん先制したいところですが、追う展開になっても、ここ数試合は追いつく力も見せています。いかに自分たちのリズムの時間帯にしっかりゴールを仕留められるか。そこに尽きるでしょう。立ち上がりからタイムアップのホイッスルが鳴るまで、相手を上回る力を今度こそ見せてほしいです!!

160819_omaku.jpg

昨日、柏駅東口の大幕をリニューアルしました。明日は力強いクリスのガッツポーズと、レイソルが誇るアタッカー陣を見て、気持ちをおおいに高めて、日立台に参戦ください!そしてポケットスケジュールですが、大変申し訳ございませんが、今回はダウンロード版を配信させていただくこととしました。ご面倒をおかけいたしますが、ご自宅のPCからダウンロード、印刷いただき、ご利用ください(印刷用のため、15MB近くの大容量となっており、ダウンロードに時間がかかるかもしれません)。また明日のスタジアム、柏熱地帯下のインフォメーションでも若干数ですがプリントアウトしたものをご準備いたしますので、こちらも合わせてご活用ください。
http://www.reysol.co.jp/rnd_2016/images/fan/download/2016_2nd_pocket.pdf

160819_PS.jpg

2016年8月17日

土曜日は日立台で名古屋戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

昨夜から明朝にかけて千葉県を台風が通過しました。大きな被害のニュースは報じられてはいないようですが、今後もゲリラ雷雨など急な天候変化のある季節ですので、くれぐれも大雨や強風にはご注意ください。

今日は午前中の練習予定でしたが、台風通過をしっかり待っての午後3時半からのトレーニングに変更。照り付けた夕陽が西の空に沈むなか、2時間弱+若手選手の筋トレとみっちり行われました。マリノス、ベガルタと2連敗中。これ以上黒星を並べるわけにはいきません。「どうプレーすれば自分たちが勝てるか。どんなことをやってしまったら負けるのか。そういうところを全員がもっと理解しないといけない」。栗澤選手の厳しい言葉をチーム全体が自分のものとして共有していかなければいけません。

リオ五輪から帰ってきた中村選手、中谷選手も日曜日のリカバリーから合流し、いつもの日立台のトレーニングに戻りました。バックアップメンバーとして参加していた中谷選手は「向こうで試合に出られなかったので、早く試合がしたいという気持ちでいっぱいです」と逸る気持ちを抑えるような口調でした。今度の土曜日20日はグランパス戦、夏休み最後のホームゲームですから、ぜひとも日立台を黄色一色に染めて、勝利を勝ち取りましょう。
160817_shin.jpg

アカデミーの選手たちも柏を飛び出しての戦いが続いています。U-15チームは北海道帯広市でクラブユース選手権の全国大会です。今日のグループリーグ3戦目、1勝1敗で負ければ突破が苦しくなる最終節で強敵エスパルス相手に0-1から逆転し、底力を見せました。2勝1敗で3チームが並ぶ非常に熾烈な戦いのすえ、得失点差の結果で3位となってしまいましたが、勝ち点6を獲ったこともあり、レギュレーション上の成績順で、ラウンド32の決勝トーナメントに進出しました。その初戦はガンバ大阪、強敵との戦いが続きます。19日の午前10時キックオフ、LIVE速報もありますので、こちらからどうぞ応援ください。
160817_u15.jpg
http://jcy-result.info/jcy/view/s.php?a=316

決勝トーナメント表はこちら
http://jcy-result.info/jcy/pdf/2016U15T.pdf

2016年8月14日

仙台戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

試合後のあいさつ。常に先行を許す厳しい展開にもかかわらず、失点のたびに奮い立ち、最後の最後まで勝利のために応援を続けてくれたサポーターのみなさんから厳しい声が飛ぶのも無理もない、2-4という完敗でした。

立ち上がりから仙台の勢いに押し込まれ、レイソルが課題としてきたセットプレーの守備をあっけなく破られて先制点を献上。その4分後にはビルドアップのパスを狙われ、そこからウイルソン選手の突破を許して2失点目。さらに大谷選手が膝を負傷し、交代するアクシデント。いったいどうなってしまうんだと頭を抱えたくなるような立ち上がりでした。

160814_PK.jpg

ここからようやく目を覚ましたように相手の背後を狙うパスから、狙い通りサイドで起点を作り、ラストパスに飛び込んだディエゴ選手が倒されPK。これをクリスティアーノ選手がしっかり決めて1点差に。その後もゴール前でファウルを取り、クリスの直接フリーキックで攻め立てます。これは惜しくも決まりませんでしたが、昨年冬の天皇杯の爪痕は間違いなく深く残っていたはずです。

立ち上がりのレイソルがそうだったように、今度はベガルタが受け身に回り、ホームスタジアムの雰囲気はどこかナイーブだったように感じました。2-1になってからは、それだけレイソルが自信を取り戻した戦いを繰り広げていました。そして後半7分、伊東選手の見事なカウンターアタック、ドリブルシュートが決まって、ようやく試合を振り出しに戻しました。

160814_ito.jpg

結果から言えば、ここでさらに畳みかけなければいけなかった。2点差を追いつくためにはとても大きなパワーを消費したでしょうし、ここで一つ呼吸を整えて、落ち着いて3点目を獲りに行こうというところでした。しかし逆にベガルタが2-2になって落ち着きを取り戻し、前半の立ち上がり同様に、サイドを起点にした攻撃を受けました。CKを与え、サイドからのクロス攻撃に対して、レイソルはナイーブに映りました。絶対に跳ね返すんだという気迫で必死でしたが、相手を押し返すことはできず、PKを与えて3失点目。さらにオウンゴール。DFたちが懸命にボールにアタックした結果ではありますが、ここ4試合で3回目となる同じような形。ベガルタのシュートはたった4本に抑え込んだにもかかわらず、4失点。

「これだけミスが起こったら勝てない。今日の試合は攻撃で同点に追いついて、これからという時にミスが多くなってしまったら、このレベルの試合だと勝てない。前半から切り替えて、後半上手く入って同点に追いつけたことは良かったけれど、そこからこういった展開になってしまうというのは、自分たちがまだ弱いということ」

栗澤選手は悔しさをかみ殺しながら、バスへと乗り込みました。攻撃にかかった時のレイソルは、間違いなく相手を慌てさせるほどの勢いや迫力を持って襲い掛かっています。一方で、イーブンの状況や守勢に回った時、そしてセットプレーの守備。ここは絶対に跳ね返さなければいけないという状況で、ここ数試合踏ん張りきれません。強いチームは、攻撃時も守備時も心揺れず闘い続けられます。自分たちのリズムでない時に耐えきって、自分たちに流れを持ってこれる強さがあります。90分を通しての真の強さ。今自分たちに足りないもの、選手たちもしっかり分かっているはずです。次の名古屋戦、とてもサイズのあるチームです。仙台戦と同じような攻撃をうけたとしても、心強く、たくましく、より厳しく闘ってほしいと祈っています。

160814_FK.jpg

2016年8月12日

明日はアウェイ仙台戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

本格的な夏のシーズン、いかがお過ごしでしょうか。世界のスポーツの祭典、リオオリンピックでは日本人選手たちの華々しい活躍が朝のニュースを飾っています。ただ頂点を争う勝負のなかで、勝者もあれば敗者もいて、その厳しさを思い知らされるシーンを何度も目の当たりにしました。柏から世界へ。レイソルから送りだした中村航輔選手は第2戦、第3戦と先発出場し、日本代表に勝ち点4をもたらした一員となりましたが、グループリーグ突破はなりませんでした。「もちろん見てたよ」という下平監督。「航輔は安定していたね。テレビ越しですが、その安定感が周りにも伝わっているようだった。シンは悔しい思いをしただろうけど、この経験をまた戻ってきて発揮してくれれば」と愛弟子たちをねぎらいました。

レイソルは、明日アウェイ仙台でベガルタと戦います。「今年は2戦して2敗。なんとしても勝ちたい」と監督の声に力がこもります。3月のナビスコカップでは押し気味にゲームを進めながら、相手のカウンター一発に沈んで0-1。6月のリーグ戦では前半シュートゼロに抑え込まれるなど、終始いいところが出せないままの0-2の完敗でした。

160812_nabe.jpg

「守備を崩しづらいし、攻撃はしたたかでカウンターを狙っているし、きちんとビルドアップもしてくる。仙台はチーム力がある」と警戒を強めます。また鎌田次郎選手にとっては、古巣との対戦となります。「最近の試合を見ていると、ウィルソンとハモンを2トップにおいて、しっかりブロックを作り、前線を活かしたカウンターを狙ってくる。やっぱり簡単なゲームにはならないだろうし、点差のつかない試合も覚悟しないといけない」と神妙な表情でした。元レイソルの渡部選手を中心としたセットプレーの攻防も、試合を大きく分けるポイントとなるのは間違いありません。

160812_cris.jpg

今季は連敗していますが、ユアスタと言えば、昨年12月の天皇杯準々決勝の激戦が思い出されます。クリスティアーノ選手が直接フリーキックだけでハットトリックを達成。数的不利となったレイソルを救い、PK戦の末に勝利。私たちにとってはすばらしい思い出、ベガルタにとっては悔しい記憶として深く残っていることでしょう。負ければこのチームは終わり。ACL出場も潰える。あのような試合と同じシチュエーションで戦える試合はなかなかありません。普段以上のパワーが出ていたのをピッチサイドでひしひしと感じていましたが、明日の試合でも同じように、この90分で勝ち点3をつかむために、高いテンションと集中力と意地と執念を発揮しなければなりません。一戦必勝。明日もユアスタで共に戦いましょう。

160812_yua.jpg

そして昨日8月11日から、今季第3回目のポスター配布「イエロー作戦」がスタートしました。クリス、タケ、ディエゴ、IJ、ヒロト。5人のアタッカーを配し、リーグ戦、そして天皇杯で何としてもACL出場を果たしたいという思いをこめ「柏から世界へ」のスローガンも大きく配置しました。「サッカーショップKAMO柏店」、「スーパースポーツゼビオ モラージュ柏店」、「スーパースポーツゼビオ かしわ沼南WOOWCITY店」、「かしわインフォメーションセンター」、「パレット柏 市民活動サポートコーナー」の5か所にて配布しております。今季日立台での7試合全勝できるように、ホームタウンのみなさんを一人でも多く日立台に応援に来ていただけるように、ぜひとも皆様のご協力をどうぞよろしくお願いいたします。なお柏駅東口の大幕は8月17日に架け替え予定です。
http://blog.reysol.co.jp/news/2016/014900.html
160812_pos.jpg

最後に、明日8月13日から、レイソルJ1通算1000ゴール記念DVDの予約がスタートします。J1の1001点+J2の155点の合計1156ゴールのすべてが収録されています。8月下旬にはOB選手、現役選手のトーク収録も予定しておりますので、オールドファンもビギナーファンも、レイソルの歴史が詰まったこの一枚をぜひお買い求めください!
http://blog.reysol.co.jp/news/2016/014905.html

2016年8月 6日

マリノス戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

試合を通して、どこか勢いがつかないというか、火がついて爆発するようなシーンが続かないままに90分が終わってしまった。そんな悔いの残る試合になってしまいました。

160806_IJ.jpg

オウンゴールで先制を許し、セットプレーで追いついて、1-1。主力としての実質1年目を戦う中山雄太選手。これまで若さを感じさせず、ミスも少なく、落ち着いたプレーを続けてきましたが、ここまではっきりとした形で失点となったのは初めてに近かったように思います。「決して難しいボールではなかったですが、後ろにいたカイケのことを少し気にしすぎてしまいました。ただ、やってしまったものを取り返す気持ちに切り替えた。ゴールを取れたことは良かった」。

160806_yuta.jpg

ここから、このスコアの時間帯をキープできていれば、日立台の大きな後押しを受けて、もう1点勝ち越せたのではと心から思うのですが、同点ゴールから6分で勝ち越し点を献上。「あそこさえ乗り切ればうちのペースになったと思うし、そこでやられてしまうのが未熟な部分(栗澤選手)」。

増嶋選手の言葉もこの試合を表しているように思います。
「あまりやられている感じがしないなかで、オウンゴール。追いかけないといけない形になって、リスクを負わないといけなくなって、徐々にカウンターでやられた。その後に追いついたけれど、またセットプレーでやられて、守備面でやられている感じがしなかっただけに痛い敗戦。雄太が追いついてくれて、いけるかなって思っていた時にセットプレーでの失点はもったいなかった。前半もそうだけど崩されている感じはしなくて、上手く守れていただけに悔しい。流れのなかでやられたわけでなく、力負けした感じもない。もやもやの残る終わり方だった」

だからこそ悔しさが募るし、選手たちは自分たちの未熟さを痛感しているでしょう。マリノスは非常にフィジカルが強く、タフに戦い、しっかりと決定機をものにしました。逆にレイソルはこういう試合こそ、内容よりも結果で、勝ち点3を死ぬ気で奪い取らなければいけない試合でした。1万2000人を超えるサポーターにご来場いただき、今日も試合前からすばらしい後押しの雰囲気を作っていただいただけに、次こそ、その心に響くようなプレーや熱い興奮、何かを感じてスタジアムを後にしていただくような試合を見せなければいけません。

160806_timeup.jpg

2016年8月 5日

明日はマリノス戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

今日は午前中から、携帯やインターネットが気になった方が多かったことでしょう。リオオリンピックの男子サッカーが今日から開幕し、日本代表がナイジェリア代表と対戦。激しい打ち合いの乱戦となりましたが、4-5で苦杯。厳しいスタートとなりました。レイソルからメンバー入りしているGK中村航輔選手はベンチスタートで、今日の出場はありませんでした。普段通りの試合ができず失点を重ねていく仲間を見守りながら、次こそは自分がチームの力になりたい、そんなふうに思っていたのではないでしょうか。

中学1年生で初めて出会い、高校1年生から本格的に航輔を指導してきた松本拓也GKコーチ。航輔が代表チームに選ばれてから、どんな子供時代を送ってきたのかという昔話やエピソード取材を何件か受けてきました。そのなかでこんな話がありました。

「もちろん試合に出てほしいと願っていますよ。でも、もし試合に出ても出られなくても、絶対に得られるものがあるはずだから。すでに他の人とは違う経験ができているわけだし、何か成長してきて戻ってきてくれたら、試合に出る出ないは別にして、それでいいと思っているんです。仮に出られなくても、その悔しさでこのあともっと成長できるだろうし。航輔には昔から『トップで居続けることが一番難しい』と話してきました。もし今回試合に出られたとして、この先もずっとトップでいるためには、もっともっと努力しなければいけない。ここで満足してしまって少しでも気を抜けば、すぐに後ろから抜かれてしまいますから。成長するために、いまリオにいるんです。もし試合に出られなくても、いつか最後の最後に一番上に立てていれば、それでいいと思っているんです」。

試合に出ても出られなくても、大きな成長の機会になる。将来への貴重な経験を積んできてほしい。そんな思いを込めて、柏からリオへ送りだしました。でもやっぱり、航輔の成長、負傷、努力、それを知っている関係者、そしてレイソルのサポーターなら、やはり世界の大舞台で日本のゴールを守る航輔を見たい。日本の勝利と航輔の活躍を願って、まずはグループリーグの残り2試合、応援したいと思います。

160805_kosuke.jpg

中村選手、そして中谷進之介選手がレイソルを離れているなかですが、レイソルにはチームのために勝利のために、全てを尽くせる選手たちがまだまだ揃っています。明日、マリノス戦を迎えます。この8月6日、ちょうど5年前の同じ日、同じ日立台で、同じマリノスと戦いました。8月4日に松田直樹選手が亡くなり、なんとも言えない寂しさや複雑な思いで迎えた試合でした。その前の仙台戦で引き分け、マリノスに首位の座を譲って2位で迎えた首位決戦。レアンドロドミンゲス選手の強烈なミドル、ジョルジワグネル選手の鮮やかなカウンターで2-0と勝利。ふたたび首位の座を奪い返す強さを見せた試合でした。

160805_JW.jpg

今年はマリノスと2度対戦。4月のナビスコカップでは、中川選手の見事なミドルシュート、増嶋選手のCKからの2発で、今季の柏レイソル、そして下平新監督の初勝利を挙げたメモリアルな試合でした。しかし6月のリーグ戦では中村俊輔選手の正確なプレイスキックから3失点。なすすべなく完敗に終わっての、今回の第3ラウンドになります。「セットプレーの失点が目立つので、まずは意識の部分から改善を図ってきた。7月までを一区切りとして、また8月はこの試合からいいスタートを切りたい」。下平監督と選手たちがこの暑い夏でさらにジャンプアップしていけるか、大事な試合となります。

160805_masu.jpg

明日はホーム側の開場は、いつもより30分早い「16時15分」となります。まずは恒例の「柏レイソルカードフェスタ」開催があります。トレーディングカードを3パック買うごとにスピードくじにチャレンジでき、選手の直筆サイン入りの写真などが当たるチャンスです。
http://blog.reysol.co.jp/news/2016/014881.html

そして「アフラックデー」では、自宅から遠く離れて小児がんなどの難病と闘うお子さんと、そのご家族を支援する「アフラックペアレンツハウス」のご紹介と募金活動を実施いたします。また、サイン入りユニフォームなどが当たる抽選番号付のチラシの配布やファン・サポーターの皆さまにご参加いただく投票ブースなどをご用意。さらにブースにお立ち寄りいただいた先着3,000名様へは、アフラックの新テレビCMに出演中の渡辺直美さんをモチーフとした「直美とダックのぬいぐるみ」をプレゼントされますよ!
http://blog.reysol.co.jp/news/2016/014878.html

いずれも人気が予想され、お早目に待機列に並ばれる方も多いと思われますが、水分補給を欠かさず、くれぐれも熱中症にはご注意いただきますようお願いいたします。チケットも大変売れており、残り少なくなっておりますので、お早目にお買い求めください。手賀沼の花火大会もありますが、それ以上に熱く盛り上がる日立台の雰囲気を作って、選手たちへの後押しをどうぞよろしくお願いいたします。

160805_sup.jpg