2018年6月19日

韓国キャンプ3日目&サカイW杯へ

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

韓国での3日目。昨日一昨日の猛暑が一変して、朝から曇り空。時折小雨が落ちてくることもあり、肌がジリジリ焼けるような暑さはありませんでしたが、それでも少し蒸し暑さを感じるような最高気温25度の一日でした。

10時からの午前練習の前には、ミーティングでこれから取り組んでいくサッカーの形やイメージを共有し、すぐにピッチでのトレーニングで実践されます。ピッチ上でも加藤監督が時間をかけてポジショニングやチームの動きを伝え、そのまま実戦形式へ。それぞれがそれぞれのポジションで、果たすべき役割をしっかりやり遂げようという積極的な姿勢が良く伝わってきます。

180619_kato1.jpg

選手同士のコミュニケーションも多く、声も良く出ています。監督がそこに加わる様子もあります。全体練習の時間はきっちり区切られ、2部練習が続いていることもあってか、どちらかといえば短めではありますが、その分の質は濃密です。選手たちの表情を見れば、身体への負荷も相当かかっているように映ります。

「そりゃキツいですよ。でもキャンプだから」。最年長のベテラン栗澤選手は苦笑しながらも、充実の表情も見せます。「望さんのやりたいことの基本的なトレーニングだと思いますが、こういうことが実際の試合で生きてくる。みんなが声を出しているのも、一人一人が責任をもってプレーしていることの証拠。俺もしっかりやるから、お前もしっかりやれよ、ということだし、妥協すれば周りから声が飛んでくる」。ベテランも若手も関係なく、新たなサッカーに取り組み、そして競争が生まれています。

180619_kuri.jpg

午後練習のあとには、居残りのシュート練習。日立台でも見られる光景は、ここ昌原でも変わりありません。加藤監督自らが球出しし、ボギョン、ヤマ、アタル、セガワ、リクが次々とシュートを放ち、それをキリたちGK陣も必死になって立ちはだかります。こうしたトレーニングのひとつひとつが、実となり幹となっていきます。

180619_kato2.jpg

さあ今夜は、ついにワールドカップ、日本代表の初戦です。21時からのコロンビア戦、時差のない韓国からも日本のみなさんと同じように応援しています。柏市富勢出身、レイソルアカデミーから世界へ羽ばたいた酒井宏樹選手、ついに初めてのワールドカップのピッチに立ちます!!

180619_sakai4.jpg

180619_sakai3.jpg

180619_sakai1.jpg

180619_sakai2.jpg

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.reysol.co.jp/MT/mt-tb.cgi/15246