2005年8月31日

更新日:8/31 18:34

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

本日の担当:横井孝佳

今朝お伝えした山下選手の期限付移籍。個人的には非常にショックです。彼の上手さ、非凡さは、練習見学に来られた方ならお分かりいただいていることと思います。試合で結果が出なかったのが残念でなりませんが、6月の新潟合宿の折、「後半戦で二桁得点目指そう!!」と話していただけに…。大宮で、心機一転頑張って欲しい。レイソル戦を除いて。
午後3時から行われた拓大との練習試合は、日立柏サッカー場奥の野球場の真ん中で行われました。ご見学にお出でいただいた皆さんには、さぞ見にくかったと思います。申し訳ございませんでした。
試合は前半が、トップのサブ組中心、後半がユース中心。前半には、前節を体調不良で回避した玉田選手が調整を兼ねて出場しました。唯一の得点となった李忠成選手のゴールは、柳澤選手の右CKをヘッドで押し込んだもの。ボールが相手DFに当たったため、オウンゴール気味かも。その後も田ノ上選手や宇野沢選手に決定機がありましたが、惜しくも決められませんでした。
その田ノ上選手。長かったリハビリから復帰し、今日は久しぶりに90分間プレー。さすがにバテ気味でしたが、随所に光るプレーを見せていました。
午前練習では、練習試合に出場しない選手がフォーメーションの確認などを行っていました。ここで特筆すべきは、右ひざのケガで全体練習から外れていた鈴木達也選手が部分的にですが参加したこと、そして、DFが足りなかったため、GKのピント選手がCBをこなしたこと。ピント選手、頭を5厘に丸めて、2本のライン(バリカンで)を入れています。なかなか精悍です。
なお、レイソリスタなどに多くのお問い合わせをいただいている平山選手のケガですが、大分戦で負った右足かかとの負傷です。今週末から来週あたりの復帰を目指しています。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.reysol.co.jp/MT/mt-tb.cgi/204