2018年11月30日

明日最終戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

1月30日に始まったレイソルの2018シーズンが明日終わります。このガンバとの最終戦、チケットは早い段階で完売となっていました。ここが最後の大一番になる、最後の最後まで後押ししたいという思いでチケットをお買い求めいただいたかと思います。この試合を待たずしてJ2降格が決まってしまい、皆様にはお詫びをするよりほかありません。

岩瀬健監督がチームを率いて約3週間。あとがなくなった状況でしたが、選手もスタッフも「残り2試合を勝つ」という最大の目標を達成するために、もう一度仲間同士奮い立たせ、下を向かずポジティブに、サッカーに打ち込んできた姿を見てきました。セレッソ戦の勝利は偶然でなく、勝つために準備してきて、その成果が表れたと言いたいです。だからこそ、このガンバ戦では、先週以上の試合を期待したいですし、大事なものが懸かった試合を戦いたかったという悔いでいっぱいです。

栗澤僚一選手の引退をお知らせしました。2008年の加入前、当時の石崎監督が「栗澤はいい選手よ」と絶賛していたことを思い出します。そのラブコールが実り、夏に柏に来てくれました。加入前は今よりもう一列前の攻撃センスの光るMFの印象でしたが、レイソルではボランチ起用されることが増え、守備的なポジションに適応するセンスも持っていました。ポジショニング、危機察知能力、そして体は大きくなくとも球際や競り合いの局面での激しさもあり、そして周りを動かすコーチング、リーダーシップも備え、ボランチというポジションに最も輝ける場所を自ら見いだしました。

このチームは明日のガンバ戦を終えると、解団になります。今日が、日立台のグラウンドでの、このメンバーでの最後のトレーニングになりました。「まだ明日勝って、みんなで終わりたい。明日勝ちましょう」。クリのあいさつで、チームはまた締まり、一つとなって、いい準備を整えて明日の試合を迎えることができます。先週のような戦いを、今度こそホーム日立台で。岩瀬監督、選手たちへのご声援をどうかよろしくお願いいたします。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.reysol.co.jp/MT/mt-tb.cgi/15447