2018年1月22日

ACLプレーオフまであと8日

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

昨晩のテレビ朝日、やべっちFC、ご覧いただけたでしょうか。いまのチームの雰囲気、新加入選手が溶け込んでいる様子、ありのままのようすを感じていただけたと思います。今回、どうしても伝えたかったのは、クリスティアーノ選手とパクジョンス選手の関係です。昨年の天皇杯準決勝、さらにその前の9月のリーグ戦から、ジョンスがクリスを激しくマークし、その伏線があったようです。そして天皇杯でファイナル進出が叶わず、クリスの悔しい思いが爆発してしまいました。ただ試合直後に気持ちを落ち着かせ「彼に謝りたい」とマリノス側に出向き、レイソルとマリノスの通訳さんをまじえ、和解することができたと聞いていました。

しかし、その後ジョンスのレイソル加入が決まり、その火種を心配する声をみかけました。2人が握手する写真をすぐに載せても良かったのですが、少し焦らしてみようかなと思いまして笑、せっかくなら明るく笑えたほうがと、雄太や康平と話して、デジっち撮影を決行することになりました。撮影したのは、実は1月16日。ジョンスが指宿にやってきた日、レイソルに初めて合流したその日でした。クリスに目的とストーリーを説明すると「ダイジョーブ!でも笑わずにできるかな?」と快諾してくれました。

180122_PJ.jpg

そしてジョンスにも。日本語がすごくできるとは聞いていましたが、ほぼ通訳なしで、こちらの意図を汲んでくれました。食事会場で「はじめまして」とあいさつして、その流れからのいきなりの無茶ぶりだったにもかかわらずです。合流初日なのに。。。でも見た目通りの好青年で、放送やツイッターの動画どおりに、明るく楽しくやってくれて、クリスが「ジョンス、ようこそ柏へ!」とユニフォームをプレゼントし、大きな歓迎の拍手でジョンスをレイソルに迎えることができました。マリノスのサポーターの方も心配されていたようなので、ご安心頂けたとも思いますし、彼が横浜でとても慕われていたことを改めて知りました。

あれから約1週間。韓国出身のヒョン2人もいたり、同部屋の今井選手のサポートもあって、すっかりレイソルの一員に。優しい顔つきや親しみやすい性格なのは間違いないですが、いざピッチに入れば、センターバックとして天皇杯のように激しいファイティングスピリットを見せ、「自分の好きなスタイル」というビルドアップにも積極的に加わっています。

180122_PJ2.jpg

「柏に来る前に、クリスといろいろありましたけど(笑)。でもデジっちをあんなふうに楽しくやれてよかったです!いまでは何の問題もなく仲良くやれていますし、クリスのようなすばらしい選手と一緒にプレーできることがとても幸せなことで、一緒に試合に出ることができたらクリスがたくさんゴールできるようにサポートしたいです。韓国の先輩や他の選手たちも優しく迎えてくれて、楽しく過ごせています」とこれ以上ないパーフェクトなコメント。そう思ってもらえたとしたら、こちらも嬉しいかぎりですね!!

そのジョンス、そして2018シーズンの新生レイソルにとっての初戦を明日戦います。鹿屋体育大学とのトレーニングマッチ、予定より1時間早めて、13時キックオフで、40分×4本の予定です。1月30日のACLプレーオフまであと8日、唯一のこの実戦がより実りあるものにするためにも、これまでのトレーニングの成果を発揮し、そしてケガなく過ごせますように。

そして関東地方、大雪警報が出ているようです。明日からの外出や往来はとくに足元にお気をつけ下さい。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.reysol.co.jp/MT/mt-tb.cgi/14868