2018年1月29日

ついに明日ACLプレーオフ

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

180129_sup.jpg

いよいよ明日に迫りました、ACLプレーオフ。タイのムアントンユナイテッドをこの日立台で迎え撃ちます。3年前もアジアの舞台も、このプレーオフから勝ち上がり、本戦の出場権を勝ち取りました。同じタイのチョンブリFCを相手に試合をリードしながらも、その時間は短く、2度の先行のチャンスを活かせないまま、延長戦に持ち込まれ、辛くも3-2で勝利しました。今回も負けが許されない一発勝負、絶対に勝たなければなりません。

スタジアムの看板や装飾がブルーを基調としたACLモードに変わっていくなかで、試合前日の公式プログラムに沿った練習と会見がスタジアムでおこなわれました。会見には下平監督と大谷キャプテンが出席し、待ちに待ったこのACLへの意気込みを次のように語りました。

(下平監督)対戦相手のムアントンは本当に素晴らしい相手だと思っています。ただ我々柏レイソルはACLに対して強い意識と意欲を持っているクラブです。隣に大谷キャプテンもいますが、選手、スタッフが一丸となって明日のゲームに向かっていきたいと思います。ムアントンはここまで5試合こなしていてコンディションは非常に良好だと聞いていますし、明日のゲームは難しいゲームになると思いますが、ACL本戦に絶対に出場したいと思います」

180129_shimo.jpg

(大谷選手)「明日の試合に勝つために、ここまでキャンプや柏でトレーニングをしてきました。タイのチームは個人技が高く、スピードもある選手が揃っていて、このあとJリーグに移籍してくる選手もいるなかで、強いチームだという認識で準備をしてきました。自分たちだけでなく、このACLに対してサポーターからの期待もものすごく感じているので、なんとか2015年以来の本戦に出られるよう、明日はしっかり全員の力を集結し、結果を出して本戦に進みたい」

180129_tani.jpg

今日の会見もそうでしたが、多くのメディアの方がお越しでしたし、タイからも10名以上の方が駆けつけています。その多さは広州と戦った時以来かもしれません。相手方の期待や本気度も非常に伝わってきます。だからこそホームクラブとしてレイソルは優位に立場にありますし、その雰囲気を作り出せるのはサポーターのみなさんの力でもあります。一人でも多くのサポーターの方に、この日立台に駆けつけていただき、柏から世界へ、突き進め柏、レッツゴーカシワ、柏がJリーグに誇る歌声を響かせて、選手たちの心を今以上に奮い立たせてください!19時キックオフ、お待ちしています!!
※当日券販売などのマッチインフォです。
http://www.reysol.co.jp/ticket/next/#0130

180129_seka.jpg

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.reysol.co.jp/MT/mt-tb.cgi/14888