2017年3月11日

川崎戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

前半から押し込まれ、耐える展開を強いられた川崎戦。自陣でしっかりブロックを作り、相手のボールをディフェンスの網にかけたいところでしたが、フロンターレのパスワークや巧みなポジショニングで、主導権をなかなか握れません。そのなかゴールを守るGK中村選手の好守、またDF中谷選手らが身体を張って、懸命に無失点で踏ん張っていました。

170310_kosuke.jpg

ただ戦前から、下平監督が、川崎の強力な攻撃に対して守り続けるのは厳しい、自分たちがボールを保持する時間を長くしたい、という狙いを話していましたが、その点で思うようなビルドアップができないまま、跳ね返すばかりでは厳しくなってしまいます。失点はセットプレーと、ビルドアップでのミス。連続失点、前半終了間際という時間帯、失点の仕方。非常に難しい展開となってしまいました。

なんとか反撃に転じたい後半。ほぼカウンターからしかチャンスが作れなかった前半から一変し、ようやくエンジンがかかりはじめ、敵陣での時間が増えると、CKから武富選手のヘディングが決まり1点差に。等々力に押し寄せたレイソルサポーターのボルテージはさらに上がり、同点への機運が見えてきた矢先の後半20分。

170310_take1.jpg

フロンターレのカウンターから飛び出した中村憲剛選手を中山選手が倒してホイッスル。得点機会阻止のレッドカードという判断はレイソル側にとっては当然厳しいものですが、ゴールまでの距離や中谷選手のカバーリングを判断した上で下された判定はもちろん絶対ですし、レイソルはここで戦力を失いました。中山選手にとっては、先週のガンバ戦のPKの判定もエリア内外のギリギリのところ、また前半の失点につながったコントロールミスもこれまでの試合ではほとんどなかったもので、困難な状況が続いていますが、普段からチームを代表して試合に出て勝敗に関わる責任や重みを感じてピッチに立っている彼ですが、より一層、人一倍感じているでしょうし、彼ならば今後への糧にして成長してくれると信じています。

170310_take2.jpg

10人になったレイソルですが、この試合で一番勢いのあった時間でした。一人少ないながら体力的にも厳しい時間帯にもかかわらず前へ前へと相手ボールを追い続け、パスミスを誘い、クリアボールを拾って二次攻撃へ。セットプレーのチャンスから、あわやというシーンを作り出しました。しかし1点が遠くタイムアップ。この10人になった時間に最もプレスの勢いよく戦えたのか。「なぜ11人の時からやれなかったのか」という反省が選手たちから聞かれました。

170310_koba.jpg

フロンターレの巧みなパスワークに対し、しっかり前から追ってプレッシャーをかけるのか、きっちりとゾーンの組織を保ってパスコースを塞いでいくのか。フロンターレ相手に非常に難しいことではありますが、一度相手にボールを渡してしまうとなかなか戻ってこない状況から、ならばいかに奪い返すのかというところで成功しなければ、常に守勢に回ってしまう前半のような戦いになってしまいます。

170310_ito.jpg

リーグ戦はこれで2連敗。次週は水曜日のルヴァンカップ清水戦、土曜のリーグ戦仙台戦と日立台2連戦です。今日は平日夜のアウェイにもかかわらず非常に多くのサポーターの方が駆けつけてくださいました。先週のガンバ戦に続いて大きな後押しをいただいているにもかかわらず勝利をお届けできていません。来週の2連戦、まずは水曜の清水戦。今度こそ皆さんに喜んでいただける結果を届けなければいけません。今日は肌寒い中にもかかわらず応援をいただきまして本当にありがとうございました。

170310_sup.jpg

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.reysol.co.jp/MT/mt-tb.cgi/14184