2017年4月15日

明日は神戸戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

ルヴァンカップの大宮戦を挟んで、ふたたびリーグ戦を迎えます。明日日曜日、16時からアウェイ神戸でのヴィッセル戦です。6試合を終えて2勝4敗のレイソルに対し、ヴィッセルは5勝1敗の勝ち点15。目下リーグ戦を首位でリードしています。

170414_wataru.jpg

ネルシーニョ監督がチームを率いて3シーズン目。昨季の2ndステージは2位に。昨年アウェイで対戦した試合は、レイソルが前半に先制しながら、監督らしいハーフタイムの修正から完全に主導権を譲り、何とか逃げ切りたかったレイソルのゴールをレアンドロ選手の見事なシュートで打ち抜かれました。まさに死闘と言って良い消耗戦のなか、守勢に回る我々をじわじわと追い込んでいく、ネルシーニョ監督のチームらしい強さを感じさせられました。そして、その力がさらに高まっていることを証明する今季の躍進です。

170414_shin.jpg

特筆すべきは、やはりその守備力と勝負強さ。ここまでの4失点はリーグ最少。3失点を喫したレッズ戦を除けば、5試合で1失点。2-0で快勝したルヴァンカップ2試合を合わせれば、7試合で0失点。大谷選手は「ペドロ(現鹿島)が移籍して、モンチャン(レアンドロ選手)も離脱していて、国内の選手が多くなっているけど、その分献身的にチーム全体で守備ができているんだと思います」と分析します。さらに「セットプレーや相手のミスを逃さないところが本当に勝負強い。監督が『勝ち』を知っている人ですからね」と、ネルシーニョ監督が着実に作り上げてきたチームを警戒します。

「いま首位のチームにアウェイで勝って、勢いをつけなければいけない」とこれ以上上位と離されるわけにはいかない現状です。ヴィッセルのサイトには、レイソルになじみ深い4人の顔が並んでいます。橋本選手と田中選手はこのところ出場機会があまりないようですが、コンディションが整っていれば、即座に起用するのがネルシーニョ監督です。渡部選手は岩波選手と組むCBコンビで堅守の要に。GKキム選手と合わせ、現在J屈指の守備陣を形成しています。レイソルが単純なロングボールやクロスを蹴りこむだけでは跳ね返されるでしょう。「ここ2試合はクロスの本数は増えてきた。あとは中央への入り方、工夫。期間は短かったが、その課題について意識づけして、取り組んできた」と下平監督。

タフなゲームは間違いないでしょう。ここ2試合、無失点でゲームを進めながら、ゴールを割れず、勝利を逃す展開が続いています。やはり立ち上がりから受け身になることなくアグレッシブに闘い、願わくば先制点が欲しいところです。日曜16時キックオフ、ノエスタで、DAZNでご声援よろしくお願いします!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.reysol.co.jp/MT/mt-tb.cgi/14253