2017年4月16日

神戸戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

170422_sup.jpg

今日、神戸まで駆けつけてくださったみなさん、本当にありがとうございました!今日の勝利はチームとサポーターと、本当に全員の勝利でした。耐えて我慢して、走って闘って、粘り強く最後の最後まで勝利を信じて戦い、最後の最後に訪れた歓喜のとき。頭が真っ白になるというのはまさにこういう瞬間でした。

170422_V.jpg

今日のチームは本当に愚直に、やるべきことをやり続けていました。最前線の中川選手は相手のセンターバックのビルドアップを何度も何度も追い回すと、相手のロングキックを中谷選手や中山選手がしっかり跳ね返し、両サイドバックの輪湖選手も小池選手も上背こそなくとも身を呈してハイボールに競りかけます。そのセカンドボールや球際で大谷選手や手塚選手が身体を張ってマイボールに。そして攻撃を繰り返すというサイクルを生み出していました。

170422_hiroto.jpg

神戸のカウンターは予想通り鋭く、中谷選手は「渡邉千真選手が起点となっていて、そこからチャンスを作られていたので、そこを潰そうと話していた。ただ、そこがなかなか難しくて、自分達がチャンスを決められてない時にカウンターを受けることが多くなった」と何度か決定的なピンチも作られたものの、GK中村選手が何度もビッグセーブ。同点に追いつかれてからの時間を立て直し、1失点で耐え続けたからこそ、最後の勝利につながりました。「これだけ苦しいゲームを勝てたというのは、やはりチームの力。広島戦のように先制して追加点を取れてというのが理想的ですが、ただ今日のような苦しい状況ができるかというのが選手の価値だし、チームとして価値を今日は示せたと思います」。

そして攻撃面でも、走り、闘うことが実践されていました。今日は欠場したディエゴ選手に変わり、クリスティアーノ選手がセンターフォワードの位置に入りました。下平監督は「急遽クリスをワントップにすることになって、配置転換をした。思った以上にクリスがサイドに流れてくれて、やって欲しいと言ったことを本当に忠実に表現してくれた。サイドで起点をつくって、そこからまたサイドの攻撃というのがスムーズにいった。今日はクリスティアーノの頑張りが攻撃の良さにつながって、狙った以上の攻撃ができていた」と大きく称えました。

170422_crisnabe.jpg

サイドのスペースへの走り込みを繰り返し、またハイボールのターゲットとして、J屈指の神戸CBコンビとも互角以上に貼りあい続けました。これまでの試合では、サイドにいたクリスや伊東選手の個の力に頼り切ってしまうこともありましたが、この日は個の勝負だけでなく、そこを追い越したり、サポートしたり、一人二人と同じサイドに絡んでいってチャンスを作りました。

前半28分、藤田選手負傷明けのリスタートから展開。大谷、手塚選手とつなぎ、中谷選手が右サイドへ大きく展開。小池選手が伊東選手の走り込みに合わせて、ダイレクトで前へ。これはカットされるも、球際で大谷選手がサポートして二次攻撃へ。伊東選手が絡み、バックパスから手塚選手が鋭い縦パス。伊東、大津選手と渡り、再び右サイドの小池選手。ここで中央へのグラウンダーが入り、大谷選手が身体で押し込むようなスライディングシュート。サイドで起点を作り、人数をかけてテンポよくパスを回し、最後に課題だった中央への飛び込みのトレーニングの成果がしっかり発揮されました。

170422_tani.jpg

そして最後のアディショナルタイム。伊東選手が倒れこんでいたものの、残り時間を考えてプレーを続行。右サイドに流れていたクリスが突破してクロス。これはポストに阻まれますが「クリスから良いボールを上がって、こぼれてくる所を狙っていたのでボレーで決められた。ゴールまでのラインが見えたので、あとはそこに向かって足を振り抜くだけだった」と大津選手が右足一閃。待ちに待ったサポーターの目の前で豪快にネットを揺らし、チームメイトと喜びを爆発させました。今季は持ち前の走力で攻撃に守備に奔走。相手の背後を狙うボールに何度もスプリントを繰り返し、守備でも二度追い三度追いをいとわず、また今日は最後の最後まで走りの質量が落ちませんでした。そして巡ってきたアディショナルタイムのチャンス。何よりほしかった「結果」。勝利に導くゴールでこの試合のヒーローとなりました。

170416_yukigoal.jpg

ここまで2勝4敗。柏から世界へ、ACLをめざし戦うチームとしては不本意な成績の状況ではありますが、それでも選手のウォームアップから「突き進め柏」の大合唱で選手たちを送りだし、また今季からの新しい応援歌「勝ちにこだわる俺たちは、そうさでっかい夢がある。柏、世界へひた走る」と力強く後押ししてくれました。今日で3勝4敗。首位神戸相手に今日の勝ち点3は本当に価値ある大きなものですが、この勝利を、勢いを、次の土曜日マリノス戦につなげることで、より価値が高まります。今度こそホーム日立台でサポーターのみなさんに喜んでいただける結果をお届けしなければいけません。今日は本当に選手全員がチームの勝利のために力を出し切った、すばらしい勝利でした。

170422_taiyo.jpg

試合終盤。ノエスタの屋根の合間から太陽が差しこんで、いけるような気がしていました。ご声援ありがとうございました!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.reysol.co.jp/MT/mt-tb.cgi/14257