2017年4月22日

マリノス戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

170422_tani0.jpg

ようやく待ちに待ったホーム日立台でのリーグ戦勝利!さかのぼること、昨年9月25日の甲府戦以来、7か月ぶりの歓喜に沸き返りました。サポーターのみなさんには本当にお待たせしてしまいましたが、勝利を分かちあえることができて最高の本日となりました。試合前、大谷選手のJ1通算300試合出場記念セレモニーで、よちよちとパパのもとへ向かうお子さんの光景は本当に温かくほっこりするものでしたが、4月8日になし得なかった「勝利での祝福」を今日はタニに贈ることができました。

170422_tani2.jpg

マリノスのモンバエルツ監督が「今日は相手を称えたい。非常にアグレッシブで、クオリティーやインテンシティ(プレー強度)も高かった」と会見でお話しされましたが、立ち上がりから両方のチームがエンジン全開でぶつかりあうような、目まぐるしい試合展開でした。

今日のキーになったプレーは前半20分。左サイドで輪湖選手や大津選手が起点を作ると、大津→手塚→大津と見事なワンツーが決まります。ここのところ右サイドからの攻撃が目立つことも多かったですが、大津選手が相手のサイドバックの裏を狙うランニングがジャブとなります。その3分後でした。同じような作りでしたが「予測されているかと思って、今度はターンした。イメージ通りでした」という手塚選手のボールを絡めとるような鮮やかなトラップ&ターンからスルーパス。またしても大津選手へ絶好のボールを送ると、このクロスが相手のハンドを誘ってPKを獲得。クリスティアーノ選手が落ち着いてゲット。先制すれば強い。レイソルにとって理想的な展開に持ち込めました。

170422_kohei.jpg

1-0から、いかに2-0にして、完全に主導権を握れるか。そんなふうに試合を見ていたのですが、あっという間に叶います。またしても左サイドから大津選手が裏へのボールをしっかりキープして、右サイドへ展開。サイドを使った大きな展開に、後方からするすると上がっていく大谷選手の姿が確認できました。「Jがしっかり見ていてくれたし、中でヒロトが準備しているのもわかっていた。折り返すと決めていました」と大谷選手がヘディングで逆サイドに振ると、「いつも練習からクロスで誰かが競った後のボールを僕が狙っているので、それが結果につながって良かった」と中川選手が見事押し込んで、あっという間にリードは2点に広がりました。DAZNを見ると「タニくーん」と駆け寄るヒロトが何とも微笑ましいです。

170422_hiro.jpg

「チームとして良い時は前から守備に行って、相手に蹴らせて、ボールを回収する。そういったサイクルができている時は良い試合ができている。それが今日もできた」(中川選手)
「特に前半、相手の最終ラインを潰しに前からプレスをかけるというチームの戦い方がとても機能した」(クリスティアーノ選手)
「チームとして1人でも守備を怠れば勝てないというのは最近の試合で感じていた。後ろの人のために1歩でも詰めて、1歩でもコースを変えられたら、チーム全体でボールを奪取することができる。それをすることで、そこから攻撃にも繋がる。守備も攻撃に繋がるよう、守備を怠らないことを考えていた」(大津選手)

170422_yuki.jpg

プレスして、相手に蹴らせて、CBがしっかり競って、セカンドボールを回収して、再び攻撃に。最近の日立台の試合で落としてしまった試合でも、こういったやるべきスタイルを実践できる時間帯もありました。いい守備からいい攻撃、あとはフィニッシュの精度。最初のビッグチャンス、2度目のチャンス、ここを仕留めたことが大きな勝因です。

そしてセットプレーのピンチ。何度もありました。マリノスは前半にペナルティエリア近くで2本。後半立ち上がりは左サイドからのFK2本。天野選手の正確な左足から、広島戦で中澤選手が合わせたような危険な場面もありましたが、集中を切らさずゴールを許しませんでした。

170422_SP.jpg

何より、マリノスのキーマンである齋藤学選手への守備の対応が何よりのカギでした。まず対面した小池選手です。「もちろん自分だけの力で抑えられたとは思っていないし、チーム全員がそれぞれの力を120%発揮した結果だと思う。全員よく走って、レイソルのサッカーができた。今日は齋藤選手のドリブルする回数が少なかったと思うけれど、チームとして必ず誰かしらは齋藤選手を見ていて、彼にボールを入れさせないようにしていたし、誰が付いてもそれができていたので、90分間戦い続けられた」と個人の1対1の守備と、グループでの守備と、本当に機能していました。下平監督は「本当に小池がよく対応してくれたし、伊東のプレスバックを頑張ってくれたし、ボランチのカバーもあった」とチーム全体の守備での奮闘を称えました。

koike.jpg

これで4勝4敗。勝ち点を12ポイントとしました。首位のレッズは19ポイントと順当に伸ばしていますが、15ポイントの2位ガンバと神戸には3点差に迫り、10位のレイソルまで9チームがひしめきあう混戦になっています。現時点では上が見える位置まで何とか戻ってこられましたが、出遅れた分をもっともっと取り戻さねばなりませんし、今日は久々にハモンロペス選手が復帰し、ベンチからはディエゴ選手と細貝選手が投入されるなどチームは間違いなく活性化しています。この勝利をまた次の勝利に。

170422_ramon.jpg

明日からは、5/24ルヴァン東京戦、5/27大宮戦、6/4浦和戦と、ホームゲームチケットの会員先行販売がスタートします。今日は1万人を超える観衆を集めましたが、もっともっとスタジアムを埋めていただけるようにチームもフロントも力を注いで、多くのサポーターの声援が選手たちへの後押しになるよう、チケットをお買い求めいただければと思います。今日の日立台のスタンドも相手を圧する力がありました。本当にありがとうございました。
http://blog.reysol.co.jp/news/2017/015527.html

明日は11時からリカバリー、同時刻から中央大学とのトレーニングマッチ。そして15時からはスタジアムでU-18プレミアリーグの鹿島戦です。明日もどうぞ日立台へお越し下さい!!
http://blog.reysol.co.jp/news/2017/015526.html

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.reysol.co.jp/MT/mt-tb.cgi/14277