2017年5月 5日

明日はセレッソ戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

ゴールデンウィーク、すばらしい陽気が続いています。日立台にもあふれんばかりの日差しが毎日降り注いでいますが、水曜のルヴァンカップでは非常に悔しい結果に終わりました。その分までという思いで、明日のセレッソ大阪戦では必勝を期します。試合に向けての準備を進めていますが、メディア向けに報道資料を準備するのですが、その中に今対戦の全結果を印刷しています。セレッソとの初対戦は1995年4月29日、サントリーシリーズの第12節、アウェイ長居での試合なのですが、この試合は、下平監督がJリーグ初ゴールを決めた一戦でした!

170505_shimo1.jpg

下平監督はボランチとして後方からチームを支えたこともあり、Jリーグで決めたのは3得点。ナビスコカップ(現ルヴァンカップ)では2得点ですが、そのうち1点もセレッソ戦。1999年6月12日、アウェイでの試合でした。実は水曜のジュビロ戦、レイソルとの初対戦でゴールを決めていたのが名波監督でした。今回、レイソルにとって追い風になればとご紹介させていただきました。

170505_shimo2.jpg

さて、下平監督は磐田戦を振り返り「まず試合直後にロッカーで不甲斐ない試合をしてしまったことを厳しく話しました。ドゥドゥもあと一本シュートを決めればというところだけで、今後の戦力になってくれそうなプレーを見せてくれましたし、新しい選手が試合に出て経験を積めたという収穫はあった。ただ結果のところは不甲斐ない、申し訳ない思いです。ただ引きずっても仕方がないし、練習前のミーティングでもJリーグにしっかり切り替えていこう」と選手たちにうながしました。

現在リーグ戦は3連勝中。5勝4敗の勝ち点15で、前節終了時点で6位。監督はミーティングで「自分たちの現在の順位、立ち位置を確認しました。一つ上のチームがセレッソ、来週はその一つの上のFC東京。この連戦はシーズンを占う本当に大事な山場になる」。さらに「今季の目標は、勝ち点60を掲げてきたが、シーズン34試合のうち約4分の1を終えて勝ち点15。次は、シーズン半分で30点。このペースをキープしていきたい」。上位グループに食らいつくためにも、シーズントータルの目標に向けても、ここからまたギアを上げていく大きな大きな試合となります。
170505_wako.jpg

レイソルとしては2014年以来の対戦となるセレッソに対しては「まずチームとして穴がない。代表クラスの選手が多くいるなかで、規律もあって、尹監督のやりたいことを、チームとしての発揮しようとしている。かなり手ごわい相手。前線の良いタレントたちがきちんとオーガナイズして守備をしている」と、柿谷選手、清武選手、杉本選手ら攻撃センスに長けたアタッカー達が、しっかり守備を怠らずハードに戦い、これまでの攻撃的な爆発力に加え、守備面での安定が加わったことで、J1昇格1年目をまったく感じさせないシーズンを送っています。ここまで7失点はリーグ最少です。

レイソルにとっては、直近の3試合先制し、理想的な展開に持ち込んではいます。ただ「1-0」から追加点を取ったマリノス戦、何とか防ぎ切った新潟戦、追いつかれ逆転された磐田戦と、結果こそ違えど、守勢に回る時間が増えています。大谷選手は「後半にいかに自分たちが主導権を握ってゲームを進められるか。自分たちが受けるだけでなく、相手陣内でボールを持って進められるか。耐えることも大事だが、その時間が長ければ事故も起こってしまうし、いかに相手陣内でプレーできるか。ここ何試合かを振り返って自分たちに必要なこと」と課題を話しました。レイソルの戦い方は、やはり前線から守備のスイッチを入れ、全体をコンパクトに。そしてボールをしっかりつなぎながら攻撃の時間、回数を増やす。そして先制できれば。そういった理想的な展開に持ち込みたいです。

170505_tani.jpg

明日もホーム側開場は、キックオフ3時間前の「11:00」です。「ローソンエキサイトマッチ」。コンビニのローソンで5月4日から試合当日までにお買いものされた税込1000円以上のレシートを特設ブースにお持ちいただくと、ユニフォームやウェア、選手サイン入りグッズなど合計64名様にプレゼントがあたる「福引大会」を開催します。スタジアム場内のローソン売店3か所での購入でも有効です。前回磐田戦では完売となった「柏レイソル応援!勝つバーガー」も引き続き販売されます。
http://blog.reysol.co.jp/news/2017/015551.html

アソシエイツ会員様向けには、初めてのイベントを実施。スタジアムピッチサイドに入場でき、レイくんと写真を撮れる「レイくんと親子写真撮影会」を開催します。アソシエイツ会員の親子連れが対象で、先着30組となります。ご参加の方法はこちらからご確認ください。
http://blog.reysol.co.jp/news/2017/015575.html

チケットは自由席を残すのみ。ただ指定席の予約流れがあった場合は、随時Loppiで再販売されますのでご留意ください。チケットをお持ちでない方、どうしてもスタジアムに来られなかった方へは中継で。DAZN配信では、ピッチサイドでの迫力の映像が届けられる「ピッチサイドライブ」も。DAZNツイッターにご注目ください。またNHK-BS1での生放送もあります!

それではゴールデンウィークの最終日。勝てばJ1通算300勝に王手がかかります!満員となった日立台で、すばらしい一日となるよう、柏レイソル全員の力で勝利をめざして戦いましょう!

170505_haku.jpg

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.reysol.co.jp/MT/mt-tb.cgi/14310