2017年6月18日

甲府戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

0-0のスコアレスドロー。「8」まで伸びていた連勝はひとまずストップしました。「勝ち点3を取る気持ちで来たけれど試合内容を見ても勝ち点1は妥当な結果。それでも勝ち点3を取りに来たのでみんな悔しさは持っている」。大谷選手はこう試合を振り返りました。今日は2週ぶりの試合ということもあってか、両チームフレッシュなコンディション。またナイトゲームということもあって、両者の運動量は最後までそれほど落ちず、拮抗した試合が結局最後まで続きました。

甲府は前半から5バックの5-3-2のシステムで守備を固め、後半には元レイソルのドゥドゥ選手が右サイドに回って5-4-1のような形でさらに強固なブロックを形成しました。前半からレイソルがボールをキープし、相手のサイドの裏のスペースをなんとかこじ開けようとボールを入れていきましたが、中央への折り返しは跳ね返され、前半のシュート数はわずかに1本。レイソルの左サイドへ張っていたドゥドゥ選手へフィフティフィフティのボールを入れ、輪湖選手との激しいバトルが繰り返されました。両者にイエローカードが出るほどの見ごたえある肉弾戦、懸命に身体を張ってドゥドゥの突進を阻止します。

膠着状態を打開しようと、後半15分、下平監督が動きます。左サイドに大津選手、そして今日加入後初メンバー入りのユンソギョン選手をいきなり起用しました。後半立ち上がりからかなり危険な時間帯が続いていましたが、一気に主導権を握り返し、レイソルが攻勢に出ます。「祐樹がボールを持った時に自分がオーバーラップする様には意識していた」。

さらに35分にディエゴ選手が投入されると、まさに総攻撃がスタート。1点取れば試合をものにできるとゴールへ突き進んだ選手たち。大津選手や伊東選手のクロスからビッグチャンスを作るも、クリスのヘディングやシュートがゴールマウスにヒット。すぐそこにあった勝ち点3をついに手中に入れられないまま、無念のタイムアップとなりました。

後半は攻勢に出た一方で、ドゥドゥ選手やウィルソン選手のカウンターからのピンチもありました。1対1で対峙した中谷選手の力強いディフェンス、そしてGK中村選手はマウスを襲った2度の際どいシュートを弾きだし、「ゼロに抑えれば、勝ち点は獲れますから」と今日も勝ち点獲得に貢献するクリーンシートを果たしました。

連勝が止まり、勝ち点3はならなかったものの、1ポイントを加えて、勝ち点31。目標に向けてわずかではありますが、前進したのも事実です。もちろん悔しさはありますが、今日の選手たちもやるべきことを懸命に果たし、走り、戦ったからこそ得た1ポイントです。これをつなげ、次節の札幌戦、鹿島戦こそ勝ち点3を獲れるよう、日立台のゴールネットを揺らなければいけません。

その前21日水曜日には、天皇杯2回戦のブリオベッカ浦安戦も控えています。今日も甲府、小瀬まで1100人のサポーターが駆けつけてくださいました。びっしりと黄色にうまった スタンドから今日も力強い後押しが絶えず、本当にありがとうございました。来たる日立台3連戦もどうぞよろしくお願いいたします。


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.reysol.co.jp/MT/mt-tb.cgi/14414