2017年8月13日

清水戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

今日は本当に苦しい前半でした。ホームのエスパルスは非常にアグレッシブで、レイソルのビルドアップを封じ込めにきました。セカンドボールの奪い合いでもレイソルは劣勢で、自陣で耐える時間が続きました。前節、セレッソを破った自信と、日本平の大声援の勢いは本当にすさまじいもので、エスパルスの攻勢を浴び続けました。ただホームの雰囲気が本当にすごいテンション、インテンシティだったので、耐え忍んでいれば、いつかチャンスが来るのではと見守っていました。そして今日もアウェイスタンドを黄色一杯に埋めた2階席のサポーターの後押しが、苦しい時間帯、守勢の選手たちを支えていたことでしょう。GK中村選手が彼らしいセーブを見せるなど、先行を許すことなく前半を過ごしていきます。

170813_gk.jpg

すると、前半終了間際。近年のクラブ史に間違いなく刻まれるスーパーゴールが生まれました。相手のセットプレーのクリアを追った伊東選手、非常に冷静でした。相手が頭で跳ね返そうというところを待ち構えて、身体でボールを跳ね返すと、温存していたスピードのギアをぐっと入れたかのように、爆走をスタートさせます。広大なスペースへ迷いなく突き進むと、クリスと相手DFとの2対2の状況でしたが、クリスのフリーランも見事に効いて、中央突破。

170813_J1.jpg

ドリブルで一枚かわすと、追いかけてきた別のDFとの競り合いにも負けず、ボールを右サイドへ出すと、態勢を崩しながらも右足でGKの脇を抜き、ゴールへ流し込みました。まさに相手を切り裂いた、というゴラッソでした。

前節の鳥栖戦。同じような圧倒的なスピードで相手を抜き去りながら、シュートを決められませんでした。「それがよぎるようなことはなかったですが、角度をつけた方が決めやすいので、上手く角度を作って決められました。コースを狙って流し込めば入ると思った」。中3日の瞬く間に雪辱を果たしました。

170813_J2.jpg

さらに後半開始早々には、右サイドの裏へのロングボール一本からクリスが抜け出します。DFとの1対1を制し、角度のないところからでしたが、冷静にGKのニアを抜いて、大きな2点目を挙げました。

170813_cris.jpg

押し気味に進めていたエスパルスにとって、カウンター2本で失点してしまったダメージは決して小さくなかったはずですが、直後の鎌田選手のこれも見事なゴールで2-1に。これで日本平のサポーターは間違いなく息を吹き返し、前節のセレッソ戦と同じ大逆転を信じてやまない雰囲気で覆い尽くされそうになりましたが、前半から中盤で奮闘していた小林祐介選手がスライディングタックルでカウンターを阻止するなど、相手の勢いを止め、そしてレイソルが底力を発揮します。

オープンな打ち合いになりそうなところでしたが、先に仕留めたのは武富選手でした。右サイドで起点を作り、波状攻撃をしかけると、小池選手が狙いすましたクロス。これをヘディングで完璧に合わせて、3-1。相手の勢いと気力を削ぐような、試合をきめる一撃でした。

170813_take.jpg

今日はディエゴ選手とキム選手がそろって出場停止のなか、下平監督はハモン選手と武富選手を起用。「右サイドの伊東と小池からクロスが多く入ると予想していたので、ハモンの高さや、ヘディングの強い武富を使った」と、その意図に選手たちが見事に応えました。さらに4点目もクリスが相手の背後を突き、落ち着いてゴールゲット。非常に苦しかった前半から展開が一変し、効果的なカウンターで2試合ぶりの勝利をおさめました。

170813_cris2.jpg

今日は1位鹿島vs4位川崎で川崎が勝利。2位セレッソは試合がなく、3位マリノスが勝利。順位は5位のままでしたが、首位とは4ポイント、2位とは2ポイント差に縮まりました。敵地での大きな一勝、勝ち点3で、上位戦線に踏みとどまれました。次節は土曜、アウェイガンバ戦です。夏の正念場、引き続きのサポートをどうぞよろしくお願いいたします。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.reysol.co.jp/MT/mt-tb.cgi/14543