2017年8月13日

清水戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

今日は本当に苦しい前半でした。ホームのエスパルスは非常にアグレッシブで、レイソルのビルドアップを封じ込めにきました。セカンドボールの奪い合いでもレイソルは劣勢で、自陣で耐える時間が続きました。前節、セレッソを破った自信と、日本平の大声援の勢いは本当にすさまじいもので、エスパルスの攻勢を浴び続けました。ただホームの雰囲気が本当にすごいテンション、インテンシティだったので、耐え忍んでいれば、いつかチャンスが来るのではと見守っていました。そして今日もアウェイスタンドを黄色一杯に埋めた2階席のサポーターの後押しが、苦しい時間帯、守勢の選手たちを支えていたことでしょう。GK中村選手が彼らしいセーブを見せるなど、先行を許すことなく前半を過ごしていきます。

170813_gk.jpg

すると、前半終了間際。近年のクラブ史に間違いなく刻まれるスーパーゴールが生まれました。相手のセットプレーのクリアを追った伊東選手、非常に冷静でした。相手が頭で跳ね返そうというところを待ち構えて、身体でボールを跳ね返すと、温存していたスピードのギアをぐっと入れたかのように、爆走をスタートさせます。広大なスペースへ迷いなく突き進むと、クリスと相手DFとの2対2の状況でしたが、クリスのフリーランも見事に効いて、中央突破。

170813_J1.jpg

ドリブルで一枚かわすと、追いかけてきた別のDFとの競り合いにも負けず、ボールを右サイドへ出すと、態勢を崩しながらも右足でGKの脇を抜き、ゴールへ流し込みました。まさに相手を切り裂いた、というゴラッソでした。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.reysol.co.jp/MT/mt-tb.cgi/14543