2018年3月 9日

明日はセレッソ戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

180309_sup.jpg

3月に入り2連勝。2月は1分2敗と勝利に届かない苦しい時期を過ごしたあとだけに、一つ一つの勝利が、忘れかけていた勝利の喜びや自信を呼び起こしていき、今月はここまで良いスタートを切れています。やはり日立台の力、ホームのサポーターの応援は絶大なのでしょう。日立台3連戦でここまで2連勝、そして最後の関門は明日のセレッソ大阪戦です。

大きな関門です。リーグ戦で言えば、3位のセレッソに対し、レイソルは4位。勝ち点は2ポイント差。レイソルがあの追いつかれた試合で勝っていれば、、、という、数字上ではそんなわずかな差ではありましたが、セレッソはルヴァンカップで初タイトルを獲得し、そして天皇杯では、レイソルが準決勝で涙をのんだ一方で、決勝戦は延長の末逆転勝ち、2月のスーパーカップも勝ち取りました。「タイトルの懸かった試合で負けない」。代表経験のあるタレントたちが、ユンジョンファン監督のもとで、力強さや勝負に徹する姿勢をより強めて、まるで、ネルシーニョ監督時代のレイソルのような勝負強さを見せつけています。

「中3日でのセレッソ戦。まずはコンディションの維持を図る選手、フレッシュな選手もいて、短い間隔だったが準備してきた。セレッソはタレントが揃っていて、そのクオリティが本当に高く、また去年から率いているユン監督の戦術が深く浸透していて、特に守備がより堅くなっている。去年は勝敗こそ1勝1敗だったが、本当に手強いチーム」と下平監督は相手の力を認めながらも、上位に行くために勝ち点3を狙うための準備を進めてきました。去年のホームゲーム、相手DFのクリアをブロックしたクリスの身体に跳ね返ってのゴールイン。先日のマリノス戦もそうでしたが、決して華麗でなくとも、そうした必死や泥臭さが大きな大きな価値を生みだすことは多分にあります。何より優先されるのは勝利。そこへのこだわりで、まずは絶対に相手を上回らなければいけません。

180309_cris.jpg

キムボギョン選手にとっては、レイソルの一員として戦う初めての「古巣戦」です。DAZNのプログラム「プレビューショー」では、このレイソルvsセレッソが大きくピックアップされていて、その主役としてボギョンへのインタビューが行われました。「自分が柏に来た一番の理由は優勝カップを掲げたいからです」。本当にすばらしい言葉です。予告編はこちらのとおりですが、DAZN加入済みの方はもちろん、すぐにこちらから視聴ください。
https://www.dazn.com/


そしてまだ未加入の方はぜひ「クラブ応援プラン」でのご加入をお願いいたします。こちらのURLからご加入いただくと、その利用料の一部がクラブへと分配されます。
http://prf.hn/click/camref:1101l39gT
もちろんホームゲームはまずスタジアムへご来場、応援いただくのが一番なのですが、もしどうしても来場できない場合とか、また観戦のあと、家に帰ってじっくりと試合を見返したいという場合、次の対戦相手はどんな試合をしたのだろう、などいろんな楽しみ方ができます。また昨年まで対象外だった「DAZN for docomo」も対象となります。ぜひこちらからのご登録をお願いいたします。

180226_dazn.jpg

明日は、今季初めてのホームウィークエンド開催。昨日今日とあいにくの天候でしたが、その分明日は太陽の光に恵まれる試合が見込めそうです。チケットはまだ全席余裕があります。一人でも多くの方に日立台、三協フロンテア柏スタジアムに来ていただき「日立台3連戦3連勝」を掴み取れるよう、大きなサポートをお願いいたします。
■チケット販売やイベントのお知らせはこちらから
http://www.reysol.co.jp/ticket/next/#0310

180309_win.jpg

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.reysol.co.jp/MT/mt-tb.cgi/15005