2018年7月10日

明日は天皇杯山形戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

6月6日の天皇杯2回戦以来となる公式戦を、明日7月11日に迎えます。天皇杯の3回戦、モンテディオ山形とのアウェイゲームです。5月20日の名古屋戦から加藤望監督による新チームとなり、前回のVONDS市原戦は6-0と勝利。その後オフと経て、11日間の韓国キャンプを経て迎える約1か月ぶりの試合です。

「この中断期間は戦術的にも体力的にもしっかりとトレーニングすることができた良い時間でした。そこでやってきたことを山形戦でどれだけ出せるか、完成度の高いパフォーマンスを見せたい」(キムボギョン選手)

韓国でのキャンプ、そしてトレーニングマッチ2試合。その後日立台でもその質を高めようと練習を続けてきました。韓国でのトレーニングマッチでは強敵を相手に2試合。1試合目に失点を重ねたものの、その後しっかりと反省点を話し合い、練習での改善にとりくみました。2試合目には非常にアグレッシブな守備、スピーディーなアタックが増え、あたらしい加藤監督のサッカーの形が少しずつピッチ上で表現されるようになってきていると感じられます。練習を重ね、実際の試合で発揮できた面はさらに質を高め、浮き彫りになった課題はすぐに改善に取り組む。その作業の繰り返しの日々です。

加藤監督が選手たちに求めてきたこと、一回一回の練習で全力を出し切ってほしいということです。「選手たちは『やってやろう』という意気込みを見せてくれたし、そういう選手たちに対して監督の僕も応えなければという思いがさらに強くなった。チームとしての戦い方のベース、やるべきこと、その意味を伝えながら、みんなが同じ方向を向いて、いい方向に向いてやってこられた」。

対戦相手の山形とは、2015年以来の対戦となります。
180710_2.jpg

J1時代J2時代を問わず、苦しんだ試合ばかりで、特に敵地では2分4敗と未勝利です。こちらは懐かしい2006年、ヴェルディ入りが決まったレアンドロ選手、現サガンの小林祐三選手、元レイソル組です。
180710_1.jpg

昨年まで山形に在籍し(今回の試合は残念ながら出場できませんが)、先日レイソルに加入した高木利弥選手は、「リーグ戦ですごく調子良いし、すごく堅いチームになっていて、簡単でない相手だと思います。ディフェンスの選手は対人が強くて、特に栗山選手は去年コンスタントには出ていなかったけど、今年は守備の要になっています」。そして現在リーグ戦10試合無敗と非常に調子をあげています。「常に最強の相手と戦う準備をしないといけない(大谷選手)」。カテゴリーの違いは関係ありません。相性は決して良いとは言えませんが、昨年もこのラウンドで敵地で苦手とされていた大分から勝利をあげました。この天皇杯を勝ち上がっていくために、目の前の相手よりも1点でも多く獲り、勝ちあがることだけに集中してチームは戦います。

明日はテレビ中継がありませんので、公式ツイッターなどSNSを通して、現地の模様を随時お知らせしてまいります。そして遠く山形まで応援に駆けつけてくれるサポーターのみなさんと共に、勝利を届けられるように戦ってまいります。加藤レイソルの3試合目、ご声援どうぞよろしくお願いいたします。
※ご観戦の方へ、入場や観戦のルールはこちらからご確認ください
http://www.yfa.jp/works11-2018-05/

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.reysol.co.jp/MT/mt-tb.cgi/15271