2018年12月 1日

ガンバ戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日も、岩瀬健監督と選手たちはセレッソ戦と同じくすばらしい戦いを見せてくれました。ガンバ大阪の9連勝を止め、4得点の快勝。「残り2試合を勝つ」。岩瀬監督は選手やサポーターの皆さんと交わした約束を果たしてくれました。立ち上がり早々はビルドアップで優位に立ち、セットプレーから「最終戦で点を取りたかった、気持ちが乗り移ったゴールだった」という鈴木選手のヘッドで先制。その後、整備されたガンバのプレッシングで少し主導権を失いかけましたが、その状況でも次の手が準備されていて、全員で共有していたからこそ不穏な雰囲気にはなりませんでした。前半終了間際の瀬川選手のゴール、後半開始早々の中山選手のゴールで3-1とし、そしてクリスの超ロングシュートが美しく決まると、勝負の大勢を早々と決めました。

「この前も、今日も、レイソルは本当に強かった」。メディアの方も今季初の連勝を果たしたレイソルのチームを大きく称えてくださいました。残留を懸けた試合、残留の可能性がなくなった試合、こんな状況でこれだけの闘志や連帯感を出せた選手たちが、どうしてJ2降格しなければならなかったのか。結果的に、16位や15位のチームと勝ち点2差です。選手たちは迷い、まるできっちり武装している相手に対して戦う気持ちはあっても素手で戦うしかないような、試合を迎える準備ができていなかったと感じる試合もありました。今日、これだけすばらしい試合をしたのに、岩瀬監督や大谷選手、そして引退する栗澤選手がサポーターの皆さんに謝罪することになったのか。サポーターの皆さんがブーイングしたり、涙するような状況にしたことは、いったいクラブは何をやっていたんだ、辞めろ、と言われるのも当然です。いつからどこから進むべき道をそれてしまったのか、まずきちんと受け止めること、猛省すること。まずそこからなのです。今の柏レイソルは。本当に申し訳ありません。

【岩瀬監督】
ファン・サポーターの皆様、スポンサー、パートナーの皆様、柏レイソルを支えてくださる全ての皆様、1年間ご支援ご声援を本当にありがとうございました。ACL、Jリーグ、天皇杯、ルヴァンカップと目の前にある全ての試合を勝つために選手・スタッフ取り組んで参りましたが、皆様の期待に沿うような結果を残せず、大変悔しく思っております。しかし、最後の2試合で選手たちがピッチで見せたものは必ず今後の柏レイソルにつながると信じています。どうか引き続き今後とも柏レイソルへご支援ご声援をよろしくお願いいたします。1年間本当にありがとうございました。

【大谷選手】
今シーズンも柏レイソルを応援していただき、本当にありがとうございました。結果は皆さんの声援や期待を裏切るようなことになってしまい、本当に申し訳なく大きな責任を感じています。昨年のリーグ戦4位以上、そしてACLでは獲ったことのないタイトルを取ろうと戦ってきましたが、なかなかチームとしてここまで連勝がなかったように波に乗れず厳しい戦いになってしまいました。2度の監督交代がありましたが、なかなかチームとしてかみ合わずにこのような結果になってしまったのは全てにおいて足りないことがあったからだと思います。来シーズンはJ2での戦いになりますが、非常に厳しく難しい戦いだと思いますが、必ず1年で昇格できるよう戦いたいと思います。そのためにサポーターのみなさんが一緒に戦ってくれたら心強いです。今シーズン本当に苦しい試合ばかりだったと思いますが、最後まで応援していただき本当にありがとうございました。

【栗澤選手】
まずは引退のご挨拶の前に、今シーズンJ2降格してしまい申し訳ありませんでした。いつもどんな時も一緒に戦ってくれたにもかかわらず、このようなことになってしまい、すみませんでした。私も責任を感じています、本当に申し訳ありませんでした。今シーズンのレイソルの戦いを見て呆れてしまったという人もいると思います。レイソルのことが嫌いになってしまった人もいると思います。しかし、来年1年でJ1へ上がるためには、みなさんの力が必要なんです。皆さんの力を貸してください。一緒に戦ってください。よろしくお願いします。

私としましては今年で引退しますが、レイソルでの10年半、苦しい時もありましたが、それよりも皆さんと一緒に多くのタイトルを獲り、スタジアムで一緒に喜びを分かち合えたことが何よりも思い出として残っています。いつも応援していただきありがとうございました。感謝しかありません。素晴らしい経験と素晴らしい思い出をありがとうございました。今思えば2009年のJ2降格の時も、みなさんがチームを見捨てずに最後まで一緒に戦ってくれたおかげで、ついてきてくれたおかげで、1年でJ1復帰を果たすことができたと思っています。そして、その後のタイトル獲得にもつながったと思っています。残念ながら今回同じ状況になってしまいましたが、クラブ、選手、そしてファンの皆さんが一緒になれば必ずこの苦しい状況を乗り越えていけると信じています。今後とも柏レイソルのことをよろしくお願いいたします。

普段はなかなか言えないので、タニに感謝の言葉を伝えさせてください。レイソルに来て10年半、ボランチとして一番やりやすく安心感があったのはタニでした。いつも隣で助けてくれて本当に一緒にいて心強かったです。そんなタニの練習での振る舞いや姿勢、試合で活躍する度に俺ももっと頑張らなくちゃいけないんじゃないか、もっとできるんじゃないかと、そうさせてくれたのもタニでした。レイソルに来て、選手として成長できたのもタニの存在が大きかったと思います。本当にありがとう。これからもキャプテンとしてレイソルをよろしく。

最後になりますが、大学を卒業して強化指定も入れて、4年半お世話になったFC東京のスポンサー、関係者、ファン・サポーターの皆様、10年半お世話になった柏レイソルのスポンサー、関係者、ファン・サポーターの皆様、一緒に戦ってくれた選手、スタッフ、家族、両親、そして私を支えてくださったすべての方に感謝したいと思います。本当に15年間ありがとうございました」

柏レイソルの一員として勝ちたい、頑張りたい、そう思ってすべてをささげてくれた選手やスタッフ、サポーターの皆さんに対して、柏レイソルというクラブに価値を感じていただけるのか。クリが最後に残してくれた言葉に恥じないクラブでなければと痛感しています。今シーズンのご声援に感謝を申し上げるとともに、お詫びしてもしきれないとはわかっていますが、それでも本当に申し訳ございませんでした。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.reysol.co.jp/MT/mt-tb.cgi/15449