2018年12月22日

チームオフに入って

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

リーグの最終戦から時間があいてしまい、申し訳ありませんでした。この間、クラブであったこと、広報として対応したこと、出向いたことなど、改めてお知らせしたいと思います。

まず何より第一に、来シーズンのコーチングスタッフが決定しました。ネルシーニョ監督が2014シーズン以来、5年ぶりにレイソルに復帰してくれることになりました。さらに前会就任時に監督を支え、Jリーグ、天皇杯、ナビスコカップと数々のタイトル獲得に深くかかわった井原正巳コーチも復帰します。そして現役を引退した栗澤僚一選手が新任コーチとして、そしてブラジルからディオゴ フィジカルコーチ、昨季に続き、松原コーチ兼フィジカルコーチ、井上GKコーチ、岡村テクニカルスタッフと、7名の布陣で挑むことが決まりました。

クリについては長年の現役を終えた直後にインタビューも受けました。すでに一部公開されているサッカーサイト「サカノワ」、来年早々にはエルゴラッソにも掲載予定です。エルゴラ恒例の「マイベストイレブン」、クリが選んだベストチーム、どうぞお楽しみに!

Jリーグ各クラブのなかでは移籍のリリースが相次いでいます。レイソルからは、まず増嶋選手のジェフへの期限付き移籍延長をお知らせしました。今年は同じJ2のカテゴリー、J1昇格を争うライバル関係となりますが、同じ県内のクラブでこの千葉のサッカー熱を盛り上げられればと思います。公式戦には出場制限がありますが、プレシーズンマッチには適用されませんので、今年は日立台でその雄姿を見られるかもしれません!

そして鈴木大輔選手を送りだすことになりました。個人的なことを言わせてもらえば、ただたださみしいし、残念だし、このレイソルのユニフォームを来年以降も来てほしいと心から願っていました。ただ降格してしまったという事実があり、ダイスケのキャリアや思いについても理解しているし、新潟から柏、柏からスペイン、スペインから柏へ。常に選んだ場所でベストを尽くし成果を残しながらもそこに留まらず、常に上を目指して安住せずあえて厳しい道を選んでいくのがダイスケらしさだと思っています。

9月、レイソルが最も苦しかった時期に、柏に戻ってきてくれたことに本当に感謝しています。常にポジティブで弱気なところなどなく、周りを鼓舞しながら必死に懸命に、J1残留のために持てるものをすべて出してくれました。ダイスケが戻ってきてくれたから、チームは最終戦までバラバラにならず戦うことができたと思っています。短い間だったけど一緒に戦えたこの秋は濃密な時間でした。日立台のサポーターの前で決めたガンバ戦のゴール、本当に嬉しそうでした。レイソルも、ダイスケと対戦できる場所にまた戻らなければなりません。彼に負けていられません。

17日にはヤフー本社へ、スポーツナビ主催のJリーグとBリーグ合同の広報研修会へ、18日にはJリーグアウォーズに行ってきました。アウォーズにはカップウィナーとして、湘南ベルマーレの全選手が来ていました。ルヴァンカップの準決勝を思い出すと、自分たちがその場に立つチャンスがあったと改めて悔しさが沸いてきます。一方で、晴れやかな表情だったキャプテンのカオルや、アキ、ユウスケには心からおめでとうの言葉を贈りたいです。期限付き移籍中の2人の去就をはじめ、来季の編成についてはメディカルチェックや正式契約など手続きが完了次第、タイミングが来ましたら、すみやかにお知らせさせていただきます。

最後に、来年1月15日火曜日の19:30から、今年も柏市民文化会館で新体制発表会を開催します。新チームの始動のタイミング、トレーニングスケジュールの関係で平日の夜の開催となりますことをお詫び申し上げます。監督以下、新加入選手、新ユニフォームのお披露目などをおこないます。今回もファンクラブ会員向けのイベントで、2018年か2019年の会員様がエントリーいただけます(同伴1名可)。定員1200名を超えた場合は抽選とさせていただきます。12月25日から1月6日までが受付期間となっておりますので、下記リンクより内容などご確認の上、どうぞお申し込みください。
https://www.reysol.co.jp/news/fanclub/001528.html

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.reysol.co.jp/MT/mt-tb.cgi/15461