2014年7月20日

U-18 プレミアEAST首位に!

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:河原 正明

 昨日の大雨が去った日立台、夕方から柏レイソルU-18が大一番を迎えていました。プレミアリーグ2014 EAST第9節 清水エスパルスユース戦です。8節を終えて首位のエスパルスに勝ち点差1の2位に迫っていたレイソルU-18、直接対決を制すれば一気に首位に立ちます。

 今日の相手、清水ユースは今年の優勝候補の呼び声も高いチーム。世代別日本代表の常連、FW北川選手をはじめ3人の代表を擁し、今大会22得点はリーグトップの破壊力です。一方、レイソルU-18はここまでわずか5失点と堅い守りとポゼッションを信条とした戦いを続けてきました。戦前から「盾と矛」の試合展開が予想されました。
 レイソルU-18イレブンはやや緊張の面持ちでキックオフとなりましたが、電光石火の攻撃を仕掛けます。左サイドを駆け上がったDF古賀選手(1年)がボールをキープし、中につなぐとボールは逆サイドへ。これをオーバーラップしてきたDF熊川選手(2年)が折り返すとMF中山選手が高い打点のヘディング!これが鮮やかに決まり試合開始50秒弱(公式記録上1分)に先制をします!
0720nakayama.jpg

0720kumakawa.jpg

 負けられない清水も前に出ざるを得なくなり、試合序盤から互いに様子を見ることが無い展開に。ハイペースで攻守が目まぐるしく変わる試合となりました。
 後半は立ち上がりから圧力を高めてきたエスパルスに対して防戦一方となってしまったレイソルU-18。二重三重に前へ、前へと攻撃を仕掛けるエスパルスを守備陣が何とかしのぎ続けます。中でもGK木村選手(3年)は後半だけで4度の決定機を防ぐ大活躍。「あれがなかったら何点取られたかわからない」(下平監督)9本のシュートを打たれますが相手のミスにも助けられ、また守ってはセーブやパンチングでゴールを許しませんでした。
 何とか逃げ切りに成功し、初のプレミア参戦で首位に立ちました。

 下平監督は「今日は勝って首位に立っただけ。内容を伴うことを目指しているので、嬉しさは半分です」と辛口のコメントを。しかし、勝ちながら修正できることはいいこと、とポジティブに捉えていました。
 今日でプレミアリーグも約1ヶ月の中断となります。「本当ならば出ていなければいけない」(下平監督)日本クラブユース選手権が開催されるからです。プレミアリーグ再開は8月24日(日)。相手はクラブユースの出場を阻んだ鹿島ユースです。首位チームとして今度はホームで戦うことができます。会場は日立柏サッカー場で16時キックオフです。ぜひスタジアムでユースイレブンを応援願います!

 トップチームは明日の午前練習を終えると広島に移動します。仙台戦出場メンバーは今日はリカバリーに努め、万全の体制でリーグチャンピオンに挑みます。水曜日の試合はスカパー!だけでなくNHK-BSでも放映予定ですのでTVでも是非お楽しみください。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.reysol.co.jp/MT/mt-tb.cgi/12071