2010年10月31日

W勝利

2010103119230000.jpg
今日はトップチーム、U-18ともに勝ちました。


今日のU-18は、アウェーでジェフ千葉U-18と対戦し


トップチーム同様に、先制され追いかける展開だったけど


後半から3点を取り、3-1と逆転勝利。


先週に引き続き、2試合連続の逆転勝利は、底力がついてきてるとも言えるけど


前半のゲームの入り方に問題があるとも言えるので


戦術面、メンタル面含めて、まだまだ修正が必要だな。


特にメンタルの部分はゲームを大きく左右するので


ハーフタイムで激を飛ばされる前に


常に最高の状態でピッチに立ってほしい思う。


「サッカー選手はグランドで頑張って当然。自分は選手に頑張れなんて言わない」


とは、ジュニアの松原コーチの言葉。


確かに、ピッチの上で常に100%の力を出してくれれば


ベンチから『頑張れ!』とか『戦え!』なんて言わなくてもいいし


もっと安定したゲーム展開になり、選手としても成長できると思う。


以前、レイソルに所属していた選手で


常に100%、いや120%の力で試合をする選手がいた。


入団当初は下手だったけど、常に全力を出し切るその選手は


レイソルでレギュラーになり、日本代表にまで上り詰めた。


一緒にダブルボランチを組み、近くで彼の成長を見てきて


常に全力を出すことで、こんなに選手って成長するんだなと思った。


毎回、ゲームに最高のモチベーションでのぞむのは難しいかもしれない。


ましてや、まだ高校生だったら。


でも、それができる選手は必ず成長するし、プロに近づく選手なんだと思う。


身体をコントロールしてるのはメンタル。


常にいいメンタルの状態でゲームに入ること。


それが成長につながる。


そして、選手がいいメンタルの状態でいられるように


監督の自分自身も気を配っていきたい。


それもひとつの大きな仕事なんだと思う。


お互いに成長できるように


また、来週から頑張ろう。


ちなみに・・・


120%の力を出し切る彼は、未だにG大阪で頑張ってます。


SHIMO(^-^)v

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.reysol.co.jp/MT6/mt-tb.cgi/5669