2012年4月27日

熱い9日間

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:志田


こんばんは

明日からGolden Weekです。 

 "黄金週間"


「ゴールデンウィーク」の名前の由来を知っていますか?


元は映画界の業界用語だそうです。
1951年のちょうどこの時期に作った映画が正月よりもお盆よりも多数の動員を生み出し、

この時期の映画は魅力があるぞ!!という宣伝用語として作られた単語なのです。
数年後、一般にも広まりこの時期の連休を"ゴールデンウィーク"と呼ぶようになったそうです。


そんな今年のゴールデンウィーク、
トップチームもアカデミーも活動が目白押しです!

明日28日にサガン鳥栖戦
5月1日にはACLブリーラム戦
そして5月6日にサンフレッチェ広島戦


U18はプリンスリーグで川崎フロンターレ、山梨学院、桐光学園と
U15も関東リーグで横浜FC、浦和レッズ、アントラーズノルテ
他カテゴリーも招待試合やジェフ千葉との千葉ダービーTMなど盛りだくさんな予定になっています。

詳しい日程は4月26日更新のアカデミーブログをご覧ください。


今回の9日間のゴールデンウィークが本当の

"ゴールデン"

になるように


そして
1日、1試合、1プレーが黄金の将来に繋がるように!

熱いご声援お願いします!!

2012年4月26日

スクール新2年生 木曜日クラス ミニゲーム大会

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当  秋谷


こんばんは。
火曜日に行ったミニゲーム大会を本日、木曜日クラスでも
開催しました。

小雨の降る中でしたが、
「コーチ、火曜日の暑さより全然いいよ!!」
と、たくさんの選手がコーチのところに来てくれ、チーム一丸となって
優勝を目指してくれました。


本日の優勝チームの発表です!!

120426_171832.JPG

優勝おめでとう!!

これから暑くなってくるけど、暑さに負けず
逞しい選手になっていこう!!

2012年4月26日

GW期間中(5月3日?6日)の各カテゴリーの予定

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

GW期間中(5月3日?6日)の予定をお知らせいたします。
各カテゴリーごとの表記になっておりますのでご確認ください。

U18A
5月3日(木)・・・・・ プリンスリーグ  vs山梨学院(13:00・山梨学院和戸サッカー場)
5月4日(金)・・・・・ TR (15:00)
5月5日(土)・・・・・ TR (15:00)
5月6日(日)・・・・・ プリンスリーグ  vs桐光学園(18:30・柏)


U18B
5月3日(木)・・・・・ 前育フェスティバル vs伊勢崎商業(11:30)終日、前橋育英高崎G
                          vs青森山田(16:00)
5月4日(金)・・・・・ 前育フェスティバル vs大宮アルディージャ(10:30)
                          vs西部台(15:00)
5月5日(土)・・・・・ 前育フェスティバル vs前橋育英(12:00)
5月6日(日)・・・・・ Jリーグ観戦・プリンスサポート


U15
5月3日(木)・・・・・ 関東リーグ vs浦和レッズ(13:00・柏)
5月4日(金)・・・・・ TR (11:00)
5月5日(土)・・・・・ TR (12:00)
5月6日(日)・・・・・ 関東リーグ vsアントラーズノルテ(10:00・つくばアカデミーセンター)


U14
5月3日(木)・・・・・ TM  vs浦和レッズ  (15:00・柏)
5月4日(金)・・・・・ TM  vs町田ゼルビア(13:00・柏)
5月5日(土)・・・・・ TM  vsトッカーノ   (10:00・柏)
5月6日(日)・・・・・ Jリーグ観戦


U13
5月3日(木)・・・・・ 鹿島招待  vsFC東京むさし  (12:00・鹿島ハイツ第4G)
                     vsガンバ大阪    (16:00・   〃   第2G)
5月4日(金)・・・・・ 鹿島招待  vs名古屋グランパス( 9:00・鹿島ハイツ第5G)
                     vs三菱養和      (12:00・   〃   第4G)
5月5日(土)・・・・・ 鹿島招待  vsセレッソ大阪津守( 9:00・鹿島ハイツ第2G)
                     vs東京V        (11:00・   〃   第4G)
5月6日(日)・・・・・ OFF


U12
5月3日(木)・・・・・ TR (10:00)
5月4日(金)・・・・・ TM  vsアルテ高崎(10:30・柏)
5月5日(土)・・・・・ OFF
5月6日(日)・・・・・ LEGA  vs横河武蔵野(12:30・横河電機グランド)


U11
5月3日(木)・・・・・ 古河招待  vsファナティコス(9:40)・終日、リバーフィールド古河
                     vs古河JFC(12:20)
                     vs未定(13:40)
5月4日(金)・・・・・ 古河招待  vs未定(時間未定)
5月5日(土)・・・・・ OFF
5月6日(日)・・・・・ LEGA  vs横河武蔵野(13:30・横河電機グランド)


U10
5月3日(木)・・・・・ OFF
5月4日(金)・・・・・ TR (15:00)
5月5日(土)・・・・・ OFF
5月6日(日)・・・・・ TM  vs横河武蔵野(13:30・横河電機グランド)


以上

アカデミースタッフ

2012年4月26日

今週末の各カテゴリーの予定

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末の各カテゴリーの予定をお知らせいたします。

4月28日(土)

U18A・・・・・プリンスリーグ vs川崎フロンターレ(14:00・県立保土ヶ谷公園サッカー場)
U18B・・・・・プリンスリーグ帯同
U15 ・・・・・ 関東リーグ  vs横浜FC(12:00・LEOCトレーニングセンター)
U14 ・・・・・   ML     vs横浜FC(14:00・LEOCトレーニングセンター)
U13 ・・・・・   ML     vs横浜FC( 9:30 ・LEOCトレーニングセンター)
U12 ・・・・・   TR     (9:00)
U11 ・・・・・   TR     (9:00)
U10 ・・・・・   TR     (9:00)

4月29日(日)

U18A・・・・・   OFF
U18B・・・・・   TR   (16:00)
U15 ・・・・・   OFF
U14 ・・・・・   TM   vs ジェフ千葉(12:00・柏)
U13 ・・・・・   TM   vs ジェフ千葉(10:00・柏)
U12 ・・・・・   TM   vs Wings習志野(14:00・柏)
U11 ・・・・・   TM   vs Wings習志野(15:30・柏)
U10 ・・・・・   TM   vs Wings習志野(14:00・柏)

4月30日(月)

U18A・・・・・   TR   (9:30)
U18B・・・・・   リザーブL  vs東京V (11:00・柏)
U15 ・・・・・   TR   (9:30)
U14 ・・・・・   OFF
U13 ・・・・・   TM   vs浜松フットボールアカデミー (13:00・柏)
U12 ・・・・・   全日本少年サッカー大会  開会式
U11 ・・・・・   OFF
U10 ・・・・・   OFF  

以上
アカデミースタッフ

2012年4月26日

感謝の気持ち

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は体育館の管理人さんたちのご紹介です。

いつもニコニコの菊池さん。
P4120258.JPG

とってもとってもやさしい樋口さん。
P4150261.JPG


P4110256.JPG
左から順に
以前もご紹介させて頂いたベテランドライバー伊能さん。
いつも穏やか西川さん。
時には選手の生活指導までしてくださる飛田さん。


日立台の体育館やグランド、クラブハウスなど
大きな敷地を毎日管理してくださっています。


誰よりも一番早い時間に来て門を開け
アカデミーの練習が終わってから、一番遅い時間に帰ります。


時には、グランド使用時間がすぎても皆さんのご好意で
アカデミーのために遅くまで残業してくれています。


私たちアカデミーは、毎日安心してトレーニングをさせて頂いています。
アカデミーはいろいろな方々に支えてもらいながら活動しています。


これからも、いろいろな方々に感謝の気持ちを忘れずに
日々トレーニングに励んで行きたいと思います!


トレーナー 近藤

2012年4月25日

タイトルは無し

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加


担当      永井 俊太


皆さん、こんにちは。

4月より、U-12コーチ(U-10担当)になりました永井です。
宜しくお願いします!!

さて、今日はポカポカと、天気も良くすっかり春ですね。


日立台グランド(人工芝)では、アカデミーの選手・スクール生共に、新学年・新学期ということで気分一新、頑張っている姿が見受けられます。
特に、この4月からアカデミーに入団した新4年生は、何もかもが新鮮なようで元気良くプレーしています。

そして、U-12コーチになったということで、新たに資格を取ってきました!!!

2012-04-25_11.42.46-1.jpg


これです!!


審判証(4級審判)。

なぜかというと、U-12の大会やフェスティバルなどに参加すると、審判をやらなければならないことが多々あるんです。


ということで、取っちゃいました!   ※平山こーちも。


今度は、何の資格を取ろうかなぁ?!?        では。

2012年4月24日

スクール新2年生 ゲーム大会

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当 秋谷和幸

こんばんは!
やっと春らしくなってきましたね‥というよりかは今日は春というよりも初夏を感じさせる気候でしたね。
4月もあっという間に、最終週になり4月最終週の本日はミニゲーム大会を開催しました。
2年生を8チームに分けて、4チームリーグを2つ作り予選リーグを行い、最後に各リーグ
の順位対決をし、優勝を争いました。
DSC_0309.JPG

一気に暑くなったこともあり、顔を真っ赤にしながらも、一生懸命ゴールに向かっていました。

DSC_0308.JPG

そして、各リーグで1位になったのは、この2チームです。
DSC_0311.JPG
決勝戦らしい熱のこもったゲームとなりました。
そして見事勝利を手にしたチームは‥
DSC_0312.JPG
このチームです☆
(写真左から 吉野光陽君 森田修士君 松 遼太君 山下智也君 鈴木奥介君)

優勝おめでとう!!また5月末にも行う予定です!
優勝できなかった人も今日優勝した人も、来月優勝できるように
1ヶ月、頑張ってトレーニングして行きましょう!!

2012年4月20日

イタリア遠征 

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当 酒井

柏レイソルU-15は4/2?4/11にかけてイタリア遠征に行ってまいりました。

GKコーチ松本による毎日ユニークな日記をブログで拝見されていた方も多いと思います。

そこで今回はベネチアやポルデノーネ、そしてミラノでの一行の描写を皆様に少しでも
共有してほしく写真をたくさん掲載しますのでご覧ください!

写真王宮.jpg


初めて降り立ったベネチアの印象はとても歴史的な建造物が多く、一つ一つの作りが
非常に手の込んだ彫刻ばかりですべてがアートであり感動的でした。


写真withポルデノーネ.jpg

写真withアスパイヤー.jpg


上は地元チームのAC PORDENONE。下はカタールから来たESPIRE AKADEMY。
終了後に記念撮影をした1枚。

イタリアのピッチは粘土質で芝の状況は決して良いとは言えません。
日頃の良いピッチに慣れすぎているため上手くプレーできません。
そんなピッチで当たり前のようにプレーしている海外のチームを尻目に・・・。

個々における"止める、蹴る、運ぶ"という基本的な部分の
欠落が課題として顕著に浮き彫りになりました。


写真集合写真.JPG

ポルデノーネの町にて。町の象徴的な教会前にてみんなで1枚。束の間のフリータイム!
みんなリラックスしてました。

写真開会式.jpg

14Torneo Internazionale Under 15 "via di Natale Memorial Franco Gallini"2012
開会式風景。国内外32チームによる参加数のため半端ではない大規模な開会式でした!


写真閉会式.jpg

そして閉会式の1枚。大会はベスト16で名門アタランタに0-1で敗れましたが好ゲームを披露。
出場チームすべてが前に出て表彰されました。(大会中の写真がなくてすいません!)

写真.jpg

写真ミラノ大聖堂.jpg

大会終了後、すぐにミラノへ移動し、フライト前ミラノの町を観光しました。
ミラノ大聖堂を見た瞬間はみんな感動していました。

写真集合写真.jpg

最後にこの1枚。
何か硬い決意が感じられる1枚。
この遠征をきっかけに今自分を高めるには何が必要なのか?
を知り得た選手を期待して今日からまたがんばりたいと思います!

そして、今遠征に多大なサポートをしてくださった保護者様
誠にありがとうございました。
今後とも何卒よろしくお願い致します。

2012年4月19日

敵を知り、己を知らば百戦危うからず(後編)

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:松原

こんにちは。

『敵(ライバル)を知り、己を知らば百戦危うからず』
中国サッカーの「パワー」の源を知るべく、中国を訪問しました。

?視察編?
total football asia 主催「Jリーグ王者柏レイソル!! 上海ジュニアサッカーキャンプ」を終えた後は、中国国内のサッカークラブを視察しました。

【上海市選抜】
中国版の国民体育大会(国体)に出場する上海市選抜チーム。
サッカーを始めとした各種スポーツ競技施設を備えた複合施設。
2012-03-19 11.16.15.jpg

15?18歳の選手たちが寮に泊まり込み、トレーニングに励んでいます。
2012-03-19 10.48.15.jpg

市の選抜チームにもかかわらず、サッカー選手たちは給与を得ているとのこと。
その金額は、なんと大卒新人の平均給与を上回っているそうです。
画像 007.jpg

【上海申花】
中国超級リーグ1部の上海申花。
施設の規模は圧倒的。
2012-03-19 13.21.37.jpg

施設内は車で移動。
「申花路」 立派な道路が通っています。
2012-03-19 15.03.55.jpg

現在は閉校しましたが、以前は施設内に学校があったとのこと。
2012-03-19 13.21.29.jpg

食堂。
2012-03-19 14.20.27.jpg

トレーニングマッチ用ピッチ(スタンド併設)。
2012-03-19 15.04.07.jpg

練習用ピッチは全部で10面。
クオリティこそかないませんが、その規模は、昨年視察したレアルマドリーに匹敵するものでした。
ちなみに右から6番目の選手は、元チェルシーのアネルカ選手!
間近でプレーを見られることを楽しみにしていましたが、この日はランニングのみのメニューでした。
2012-03-19 15.31.03.jpg

選手ロッカー。
2012-03-19 13.36.49.jpg

ロッカーに書かれた選手の名前はもちろん漢字。
誰のロッカーかわかりますか?
そうです、アネルカ選手のロッカーです。
2012-03-19 13.35.59.jpg

【杭州緑城】
中国超級リーグ1部の杭州緑城。
今シーズンから岡田監督が指揮をとっているチームです。
杭州市へは上海市から新幹線で移動。
画像 046.jpg

上海の新幹線駅は、空港並の規模。
画像 044.jpg

立派なクラブハウス。
2012-03-20 15.43.36.jpg

トレーニングマッチ用ピッチ(スタンド併設)。
2012-03-20 15.46.10.jpg

約10面のピッチ。
選手育成にも力を注いでいて、当日もアカデミーに所属する小学生から高校生までのあらゆるカテゴリーが活動中。
全カテゴリーが同時にトレーニングできる施設を有するクラブは、日本では数少ないのでは?
2012-03-20 16.07.18.jpg

ピッチ後方の建物はアカデミー選手寮
施設内に学校があり、アカデミーの選手は全員寮で生活している。
2012-03-20 15.51.02.jpg

ちなみに岡田監督率いるトップチームは、室内練習場でフィジカルトレーニングとミニゲームを実施中。
2012-03-20 15.44.52.jpg

発展著しく、貧富の差が拡大する中国社会では、子供の学力向上をはかることで社会の競争を勝ち抜かせようとする傾向が強まっているそうです。
大切な一人っ子には、サッカーなどのスポーツをやらせるよりも、学業に専念させたいと考える親が多く、子供のサッカー人口は停滞しています。
そのため、サッカー界の強化策も、底辺拡大を通じた選手育成というよりも、エリートを選抜し、徹底した英才教育を施すという考え方が主流であったようです。
短期間での成果を求めるあまり、強化策に一貫性もなく、なかなか順調に選手が育たないと現地の指導者たちは嘆いていました。
しかし、ここ数年、日本やヨーロッパの選手育成システムを参考にして、ジュニア年代から一貫した方針で選手を育成するクラブがではじめたそうです。
その一つが、岡田監督が指揮をとる杭州緑城です。
杭州緑城アカデミーは、トレーニングの質、選手の質ともに日本にひけをとらないレベルでした。
先日のAFCチャンピオンズリーグでの広州恒大戦を見ても明らかなように、日本の成長速度に勝るとも劣らない勢いで中国サッカーが進歩しているのは間違いありません。
ハード面では彼らに圧倒的なアドバンテージがあることを考慮すると、我々が勝ち続けるためには、ソフト面で常に上回り続けるしかありません。

もっともっと頑張らなきゃな。

画像 039.jpg
上海の夜景(急速に発展する中国社会の象徴)

2012年4月19日

今週末の各カテゴリーの予定

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加


今週末の各カテゴリーの予定をお知らせいたします。


4月21日(土)


U18A・・・・・  TR  (12:00)
U18B・・・・・ 県リーグ vs東海大望洋(9:45・柏)
U15 ・・・・・  TR  (16:00)
U14 ・・・・・  TM   vs東松山ペレーニャ(14:00・柏)
U13 ・・・・・  TR  (10:00)
U12 ・・・・・  TR  (10:00)
U11 ・・・・・  TM   vs浦安トレセン(16:00・柏)
U10 ・・・・・  TM   vs柏レイソルA.A TOR82(14:00・柏)

4月22日(日)


U18A・・・・・プリンスリーグ vs桐蔭学園(11:00・桐蔭学園高校グランド)
U18B・・・・・ 自主TR
U15 ・・・・・関東リーグ   vs FC東京深川(15:00・深川グランド)
U14 ・・・・・  TM      vs川崎フロンターレ(10:00・柏)
U13 ・・・・・  TM      vs川崎フロンターレ(12:00・柏)
U12 ・・・・・ LEGA     vs鹿島アントラーズ(14:00・柏)
U11 ・・・・・ LEGA     vs鹿島アントラーズ(15:00・柏)
U10 ・・・・・  TM      vs鹿島アントラーズ(14:00・柏)


以上

アカデミースタッフ

2012年4月18日

敵を知り、己を知らば百戦危うからず(前編)

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:松原

こんにちは。

昨夜のAFCチャンピオンズリーグ第4節vs広州恒大。
2011年中国超級リーグチャンピオンチームの「パワー」には、本当に驚かされました。
選手がピッチで発する「パワー」だけでなく、スタンドで観客が発する「パワー」も圧倒的でした。
中国サッカーの「パワー」には、我々が見習うべき点も多々あるのではないでしょうか。

『敵(ライバル)を知り、己を知らば百戦危うからず』
中国サッカーの「パワー」の源を知るべく、先月中国を訪問しました。


?キャンプ編?

total football asia主催のサッカー教室特別講師として上海を訪問しました。

【キャンプ概要】

名称:Jリーグ王者柏レイソル!! 上海ジュニアサッカーキャンプ
日程:2012年3月中旬
場所:中国上海
対象:total football asia所属の日本人小中学生×約100名
内容:2泊3日のサッカー合宿(トレーニング6回、ミーティング)
講師:柏レイソルアカデミー 増本・松原

※total football asia(TFA)  
上海を拠点として活動するサッカークラブ。主に上海在住日本人を対象としたサッカースクールを展開。「心の力を強くする」が合言葉。会員数は約600名。 http://www.totalfootball-asia.com/

参加者募集パンフレット
要項1.jpg

要項2.jpg

サッカーを楽しみながら、レイソルアカデミーのコンセプトを感じてもらうことを目指しました

練習3.JPG

練習2.JPG

真剣にトレーニングに取り組みながらも、楽しそうな選手たち

スマイル2.JPG

スマイル.JPG

スマイル3.JPG

最終日トレーニング後の記念撮影

最終日集合写真.JPG

3日間のキャンプを通じて、TFA選手たちからたくさんのことを学ばせてもらいました。

TFA選手たちは、わからないことがあればためらわずに質問してきます。
日本では、わからないことがあっても質問することを躊躇する子供が多いような気がします。
わからないことは恥ずかしいことだという意識があるからでしょう(私自身がそうです...)。
言葉も文化も異なる異国に移ってきたTFA選手たちにとっては、わからないことは恥ずかしいことではなく、当たり前のことなのかもしれません。
わからないことをわからないままにしていては、環境に適応することができません。
『聞くは一時の恥、聞かぬは末代の恥』
わからないことがあれば聞く。
わからないことがあれば調べる。
素直に学ぼうとする彼らの姿勢を見習わなければいけないと強く感じました。

彼らの学ぼうとする姿勢が優れている背景には、上海におけるサッカーの情報(特に日本サッカーの情報)が限られていることもあるかもしれません。

情報が氾濫している → いつでも情報を得られる → 進んで情報を得ようとしない
情報が限られている → 今しか情報を得られない → 進んで情報を得ようとする

選手だけでなく、TFAコーチたちの情報を得ようとする貪欲な姿勢も際立っていました。
恵まれた環境にいることに胡坐をかいて、積極的に学ぶ姿勢を忘れてはいけないとあらためて気付かされました。

TFA指導者の皆さん
スタッフ.JPG

あるTFAコーチが熱く語っていました。
「海外から日本を強くする!」
日本とは異なる環境(海外)で育った選手が、帰国して日本のサッカーと融合することで、より大きな「パワー」となる可能性があるということでした。
上海の日本人選手たちの姿を見ていると、近い将来、「海外から日本を強くする」ことが実現する日がくるだろうと感じました。

柏レイソルも「日本を強くする」ことに貢献できるよう頑張るぞ!

2012年4月17日

Beautiful&Future

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:下平


U-18は、怒涛の春休みを終え先週末プリンスリーグ開幕を迎えました。
プリンスリーグ初戦の相手はFC東京U-18。
FC東京U-18は、昨年までプレミアリーグにいた強豪チーム。
そのFC東京に3?0と快勝できたのは、春休みの大きな成果だと感じています。


春休みはマリノスカップに参加し、決勝でコンサドーレ札幌を破り優勝。
その勢いを保ったままアメリカのダラスカップにのぞみました。
結果は残念ながら予選敗退でしたが、自分たちが今までやってきたことが
証明される大会になり、より自信を深めることができました。

DSC_0164.jpg

予選リーグ

vs Club Bolivar(ボリビア)1?1△

vs Everton Football Club(イングランド)4?3○

vs Coritiba FC(ブラジル)1?4×


トレーニングマッチ

vs Paris St Germain(フランス)3?1○

vs FC Dallas(アメリカ)3?3△


以上がダラスカップでの戦績。


どのチームも力のある素晴らしいチームばかりで、サッカースタイルも多種多様。
フィジカルを前面に出して、ダイレクトなサッカーをするチームや
個々のテクニックが素晴らしいチーム。マリーシアに長けたチーム。
カウンターが恐ろしく速いチーム。
さらにU-19の大会なので、チームによってはプロ契約を結んでる選手を起用してくるチームもあった。


スピードや高さ、パワーでは全く及ばず、見た目の雰囲気でも全くやらなそうな我がチームでしたが・・・


『Beautiful』  『Future』


これが大会後関係者から頂いた、レイソルに対しての言葉。
レイソルアカデミーのサッカーが少し世界で認められた気がしました。


世界的に見てもフィジカルでは劣るけど、戦い方次第では互角以上に戦える。


今までレイソルアカデミーが積み上げてきたものが間違いではなかった。


そう再認識できた素晴らしい大会でした。


最後に、ホームステイさせて頂いたダラスのホストファミリーに感謝。


彼らがプロになって活躍し恩返しできることを願っています。

2012年4月12日

今週末の各カテゴリーの予定

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末の各カテゴリーの予定をお知らせいたします。

4月14日(土)

U18A・・・・・ TR 15:30
U18B・・・・・ TR 15:30
U15・・・・・ TR 8:30
U14・・・・・ TR 8:30
U13・・・・・ TR 8:30
U12・・・・・ 野田交流試合 vs新座片山(9:50)終日:野田市スポーツ公園G
                vs JACPA東京(12:20)
                vsバディー横浜(15:40)
U11・・・・・ TR 15:30
U10・・・・・ TR 15:30


4月15日(日)

U18A・・・・・ プリンスリーグ vs FC東京(14:00柏)
U18B・・・・・ 県2部リーグ vs 敬愛学園(9:00柏), 
         リザーブリーグ vsFC東京(16:00柏)
U15・・・・・ 関東リーグ vs大宮アルディージャ(11:00柏)
U14・・・・・ TR 12:30
U13・・・・・ TR 8:30
U12・・・・・ TR 12:30
U11・・・・・ TM vs malva浦安(9:00柏)
U10・・・・・ TM vs malva浦安(11:00柏)

以上

アカデミースタッフ

2012年4月10日

イタリア遠征9日目

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC_0146.JPG
DSC_0149.JPG
DSC_0190.JPG
DSC_0184.JPG
担当:松本

イタリアの日の出は遅く、昨日から天気は回復し、晴天の最終日です。
午前中に市内観光。ミラノの中心部について日本人女性のガイドの方に説明をして頂いて歩きます。
ガイドさんの最高に丁寧な街の説明が終了し、さぁ自由行動。

「これ買う!って物が決まってからお店出るのに10分はかかりますからね(笑笑)」

「10時45分には全員集合して下さいね(笑笑)」

「今何時ですか?」

「10時です(笑笑笑笑)」

45分!短かっ・・・(苦笑)

皆、慌ててお目当ての場所に一目散です。

しかし、日本もそうですが昔の人々が作った物は、何て手の込んだ物が多いのでしょう。ミラノ大聖堂も、500年もの時を経て造り上げられたと聞きました。

この選手らが、選手として生きて行けるのは今から長くて20年。
僕も長くてあと30年くらいしか自分の好きな物に携われません。サッカー人生の半分は過ぎてます。
まずは今の場所で自分を磨き、そして歴史のある世界へと!
時間は限られてます。無駄には出来ませんね。

今回の遠征で一番良かった事は、全員が怪我や体調不良になる事がなく、また離陸までには大きなハプニングも無かった事です!これは育ち盛りの好奇心旺盛な選手の意欲が勝ったのでしょう。

増本マネージャーもお腹の調子が戻り毎日この有り様です(笑)

最後に、この遠征を最後まで親切にコーディネートしてくれました山崎さん(左)と、星野さん(右)。本当にお世話になりました。山崎さん、誰かに似てません?(ヒント→菅沼実)

僕らがまた海外で活躍できる人間にまで成長し、恩返しできる様に頑張って生(行)きましょう!

それではこれにて遠征報告を終了します。どうもありがとうございました!

2012年4月10日

イタリア遠征8日目

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC_0168.JPG
DSC_0172.JPG
DSC_0174.JPG
担当:松本

同じベスト16で破れた「I FALCHI PASIANO」との試合は10時半キックオフ。
4-4-2の相手に、中盤で人数が多いレイソルが終始ボールを支配しますが、前半またしても自分たちのミスから、相手のシュート1本で1失点。それ以外はミスも無く押し込み続け、決定機も数多く作り、後半8分に1点返して同点!しかしなかなか2点目が取れずにPK戦に突入。
レイソルは5人全員が決め、相手は最後、5人目のシュートをGK松本が止めて、ラストマッチは勝利で終えました。
GK松本とは僕の事じゃないです(笑)

昼食後は、決勝戦を観戦。パルティザン・ベルグラード(セルビア)対エンポリ(イタリア)です。結果はエンポリが1対0で勝利しました。
その後は表彰式に全チームが参加しました。

表彰式で印象的だったのは、優勝した青のユニフォームを着たエンポリの選手の振る舞いです。優勝した後でも誰一人勝手な行動を取ることが無く、15歳にして既に品格がある。歴史のあるチームが作り出す品格のある選手たち。選手にはこういう所を見てほしかったなぁと少しばかり残念です。
写真(上)では分かりにですが、行儀良く座り、発表されるチームの健闘を最後まで拍手で称えてました。彼らは皆、レイソルの選手と同じ15歳です。

さて、あなたはサッカーで生きて行きたいですか?

イタリアはW杯で3回も優勝をしている国です。
イタリアや、世界と肩を並べる為には、我々にはより努力が必要です。今回、チームのムードメーカーだったレイソルの選手も、結局ピッチでは存在感をあまり発揮できませんでした。我々がグランド外で(自分たちのだけの世界観で)楽しい時を過ごしている傍ら、サッカー先進国の選手らは、毎日画面から流れるサッカー映像や、世界のトップを走るリーグを肌で感じて時を過ごしています。
世界との差をどうやって埋めましょうか?
まだまだやれる事は沢山あります!


話は少し変わりますが、僕の尊敬する柏の守護神は、6年生最後のGKスクールに来てくれて、こんな事を言いました。

− 君たちは何でプロサッカー選手になりたいんですか?

− プロサッカー選手になるのは、お父さんお母さんに恩返しする為なんだよ!

− 今身に付けているGKグローブやスパイクは、誰が買ってくれたの?それはお父さんお母さんが一生懸命働いて買ってくれた物だから、大切にしないといけないよ!
− 物を大切に出来ない人(選手)は、絶対に一流の選手にはなれないからね!

− 人から尊敬される選手になれば、沢山の人を幸せに出来るし、それがお父さんお母さんへの最高の恩返しになるんだよ。だから、自分の好きな事に対しては一生懸命頑張らないといけない。

一生懸命頑張る事が、お父さんお母さんの為だけで無く自分の為であっても、遠く遥々イタリアまで来させてもらっているのは、紛れもなく親御さんのお陰です。
ならば今出来る最大の努力をするべきです。

大会も遠征も、明日で終わりです。「あっ」という間でした!今週末からは関東リーグ、ユースもプリンスリーグが待ってます。1年もあっという間です。
時間を無駄にしない様に、一緒に頑張りましょう。今回の親御さんへの恩返しは、人としても選手としても成長した姿を見せてあげる事です。


選手からのコメントも今日で全員終了です。

小川晃大(左)
−遠征を振り返って一言。
−サイドからの数的優位を作ればチャンスは作れたし、ボールを失った後のプレッシャーも、みんなが一つになってかければかなり奪えたので、それはこれからも継続したいです。失点も気の緩みや声をかけてない事が原因なので、ボールだけに集中せずに周りと声をかけて失点しない事を心がけたいです。
−親御さんに一言。
−1年の時(スペイン)も今回も、お金を出してもらっているので、今回も経験した事を日本で活かしていきたいです。

安西海斗(右)※再登場!
−終末から関東リーグが始まりますが、遠征での感想を含め意気込みを。
−世界と戦って課題も見つかったし、その課題をくくふく(克服)して関東リーグにつなげていきたいです。
−親御さんに一言。
−良い経験をさせて頂いたので、ありがとうございます。

※今回の遠征で一番成長したのは、彼ではないでしょうか?所で、口の中には何が入れてますか?克服と言えてません(笑)

明日は午前中、ミラノの街を観光→午後2時35分のAZ786便で成田に向かいます。到着は11日の午前9時25分となっております。
時間があればまた明日ブログを更新させて頂きます。それではチャオチャオ!!

2012年4月 9日

イタリア遠征7日目

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC_0141.JPG
DSC_0148.JPG
担当:松本

予選リーグ残り1試合は、地元イタリアの「FIUMI VENETO」でした。マンツーマンの守備と、若干緩いプレッシャーだったので、完全に守備に主導権を握りながらの展開となり、終わってみればの快勝でした。前半3-0(安西1、白川2)、後半3-0(新井1、窪田1、山崎1)で6-0で勝利!
ただ、相手に合わせて自分たちの「こだわり」を疎かにしてしまうプレーもこれまた数多く、大差で勝った事に満足している選手の意識は変えていかなければなりません。

もう片方の試合が引き分けに終わった為に1位通過が決定。決勝トーナメント1回戦の相手はイタリアの育成で最も定評のある「Atalanta」となりました。

相手は写真の通りサイズもあります。初戦は相手に怯んでしまった事もあり、今日もその繰り返しにならないかと心配もありましたが・・・

午後3時キックオフ。相手は今回初めて目にするレイソルと同じ布陣4-3-3。開始から相手は猛烈にプレッシャーをかけてきましたが、レイソルの選手達も自分たちのスタイルを貫き通すべくプレッシャーを解放しながら攻撃を繰り出します。

・・・今日は、選手は本当に頑張りました!

相手陣内で殆どの時間攻撃と守備をし続けました。しかし結果は0対1の負け。
カウンターに対して、プレッシャーが後手後手になってしまい、サイドからの低いクロスをFWに合わされ失点。決定機も何度かありました。相手GKのファインセーブに阻まれ得点出来ません。

試合前の事です。アタランタのロッカールームの中からはこんな声が聞こえます。

「Atalanta!Atalanta!Atalanta!」

我がクラブのプライド。
我がクラブの誇り。
「我々はアタランタなんだ!」と。

レイソルの選手はどうでしょうか?
レイソルに誇りを持ち、このユニフォームを着れる事に喜びを感じ、負けてはならないと思って戦いに出ているのでしょうか?

恐らく分かってはいるのです。しかし、彼らほど強烈には表現出来ません。まさにプライド。そういう意味では、最初から負けていた様に思います。
このユニフォームに袖を通したら、胸を張り、クラブの為に自分の持っている最大限のエネルギーを試合に注ぎ込むという意味では、圧倒的に差があったのではないでしょうか。
しかし何度も言いますが、今日はレイソルの選手は良く頑張りました。今までで一番内容も良く魂の入った試合でした。
このユニフォームを来ている以上は、常に、今日ぐらいプライドを持って戦って欲しい。そうしなければこの経験は全くの無駄に終わってしまいます。
しかしそれは選手だけでなく我々スタッフも同じ事が言えます。

今日はこの4名からコメントをもらいました。本当はもっと良い顔の4人ですが、朝起きてすぐなので皆、若干ブサイクです(笑)

滝本晴彦(中央左)
−残り1試合になりましたが、この遠征の感想を。
−日本にいる時に経験出来ない事をこのわずか2週間で沢山経験出来たし、まだ時間は残っているので無駄にしないで過ごしたいです。そしてこれを日本に戻ってからきちんと活かしていきたいです。
−親御さんに一言。
−ありがとうと言いたいのと、学校も休んで来させてもらっているので、学校の先生方にもお礼を言いたいです。

新井瑞希(右)
−残り1試合になりましたが。
−試合に出たときは点を取りたいです!
−この遠征に対しては何を感じてるか?
−レイソルのサッカーを見せれて良かったと思います。
−親御さんに一言
−(フゥ、緊張します。と言いながら)いつもありがとうございます!

松本健太(左)
−残り1試合になりましたが。
−最後の試合となりましたが、レイソルのサッカーをそけで見ている人にも見せつけてやりたいです!
−この遠征については?
−良かった所と課題が明確になったので、良かった所は更に伸ばし、課題の所は日本に戻ってから改善していきたい。
−親御さんに一言
−高いお金を出してもらい、とてもありがたいです。感謝の気持ちを忘れずにこれからもサッカーに取り組んでいきたいです。

駒形俊太郎(中央右)
−残り1試合となりましたが。
−最後の試合も手を抜かず全力で戦いたいと思います。
−この遠征での感想は?
−世界と戦い、沢山の事、例えばフィジカルの差、を肌で感じそういう相手にも気持ちで負けては行けないんだと思いました。
−それじゃ、日本人には負けないよね?
−もう負けません。相手をナスだと思えば負けません!
−親御さんに一言。
−素晴らしい経験をさしてくださりありがとうございました!


明日はベスト16で破れたチームと午前中に最後の試合を行い、決勝を観戦→閉会式と行い、ミラノに移動します。明日は午前中にミラノの街を観光し、午後にいよいよ帰国となります。
明日まで遠征報告を更新したいと思います。もうしばらくお付き合い下さい!

2012年4月 9日

ダラスカップ遠征最終日

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

__.JPG
担当:前嶋

こんにちは。
昨日、一昨日は練習試合が行われました。
一昨日の相手は、フランスのパリサンジェルマン。グループ予選は最下位に終わっていたものの、メンバーの中の7人が黒人で個人の能力が高いチームでした。
試合は序盤からボールの支配に成功し、主導権をこちらが握りながら戦い続けることが出来たと思います。3-1で勝つことが出来ました。
そして昨日は、地元のFC Dallasとの試合でした。
今回の遠征で最後の試合という事もあり、選手達も気持ちの入った試合をしてくれました。
FC Dallasは予選初戦でマンチェスターユナイテッドと戦い、0-2で敗れてしまったのですが、彼らは強豪相手にボールを丁寧につなごうとし、立ち上がりから主導権を握ろうとしていた非常に良い印象のチームでした。
試合は、2-0とレイソルのリードで折り返したものの、後半からの勢いのある攻撃に失点を許してしまい、最終的には3-3の引き分けで終えました。
写真はFC Dallas戦後の写真です。

本日は休息日として、ホストファミリーと1日ゆっくり過ごす時間としました。
仲良くなったホストファミリーとの別れの時間も近づいてきています。
選手達もこういった温かい時間を貴重な時間として過ごしてくれていると思います。

長かったダラスカップもアメリカ時間の明日の午前中には日本に向けて出発します。
今大会の試合結果は2勝1敗2分という成績で終わることになりましたが、この世界で経験したことを、帰国後に開幕するプリンスリーグで発揮することが、私たちにとってとても大事なことだと思っています。
選手たちは普段と全く違った環境で2週間近くの時間を過ごして、その中で戦ってきました。
日本に帰った時に、サッカー選手としても、一人の人間としても大きくなったと思ってもらえるよう、今後もこの経験を1つのきっかけとして戦っていきたいと思います。

2012年4月 8日

イタリア遠征6日目

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC_0137.JPG
DSC_0138.JPG
担当:松本

いよいよ始まった大会。初戦の相手は地元イタリアのチーム「TREVISO」。相手は5バックに、中盤が4枚、中央に1トップという5-4-1という布陣で来ました。後方でボールを奪ったらシンプルにトップに当ててカウンターを狙ってくるチームです。
中盤の枚数はレイソルの方が多いため、必然的に主導権を握ります。しかし、5バックの相手になかなか最後の突破するスペースを見つけられません。また、相手の1トップの選手が大きくややパワーもあり、その相手に競り合いで怯んでしまい、ルーズボールを拾われるシーンも目立った前半となりました。ハーフタイムには酒井監督の激が飛びます。「お前たちはイタリアまで何しに来たんだ?」確かに言われて当然の内容です。まずはバトル(競り合い)しなければ、勝てる見込みもありません。
後半はバトルに負ける事もありましたが、全員が怯む事なく戦い、主導権を完全に握り、攻撃→奪われたらすぐさまボールを奪い返す。最後まで相手陣内に押し込んでいました。ただ、20分ハーフという短い時間と、5バックの相手を崩しきれずに、最後まで得点が入らず、0対0の引き分けで初戦は終了しました。

2戦目の相手は、スイスの「SELEZIONE TICINO」。相手は4-4-2で、片方のサイドにボールがあるときに逆のSHがレイソルのトップ下をマークする為に、ボールと逆のSHは常にフリーです。素早くチェンジサイドをすると数的優位ができ、一気にゴール前までボールを持っていく事が出来ます。しかし、芝生が長い事、パススピードが遅い事、パスが少しずれてしまう事などが原因で、スムーズに攻撃出来ない事もありますが、前半、数的優位を活かす為にオーバーラップした印南が上げたクロスが直接入り先制!
その後は相手陣内に押し込んでは途中で奪われ、カウンターを受ける場面もありますが、前半は1対0で折り返します。
後半も前半と同じような展開ですが、ボールを失いカウンターを受ける回数も増えてしまい、その1回が失点につながり、またしても1対1の引き分けで終了です。2戦2引き分け。

明日の予選リーグ残り1試合は、2点差以上で勝てば自力で決勝トーナメントに進出出来ます。
しかし、やはり「主導権を握り相手陣地に押し込む」「厚みのある攻撃」「奪われたら瞬間からの素早いプレス」
と、我々がやりたい事がまだまだ発揮出来ていないというのが現実です。
残り2日しか時間は残されていません。時間を無駄にせずに取り組むのみです!

明日は10時から予選リーグ第3戦。相手は地元イタリアの「FIUMI VENETO」。
決勝トーナメントに進出した場合は15時からベスト16、その試合に勝利すると今度は20時からベスト8の試合と、勝ち進むと一日3試合する事になります。

今日はこの3名からコメントをもらいました。
大野義博(写真中心)
−大会が始まりましたが、大会にかける意気込みを
−試合に出たときは得点を決めて勝利に貢献したいです
−親御さんに一言
−高いお金を出して連れてきてもらっているので、お父さんお母さんにはとても感謝しています。

白川恵士朗(写真右)
−今日の結果を踏まえて、明日ならの意気込みを
−今日の事を反省するというよりも、明日、何をしなければならないのかを考えてプレーしたいと思います。
−親御さんに一言
−(イタリアまで連れてきてもらった事に対して)本当に感謝しています!

高埜秀太(写真左)
−今日の反省を踏まえて、明日からの意気込みを
−僕の課題は冷静にプレーする事です。この大会では冷静にプレーして効果的な攻撃、効果的な守備が出来る様に意識します。
−親御さんに一言
−(連れてきてもらって)どうもありがとうございます!笑顔で帰れる様に頑張ります(笑笑笑笑)!

ありがとうございました。

今回、例えば大野は、試合にはあまり出ていませんが、ボールの受け方をとても考えて工夫して、努力している姿が印象的です。その努力を無駄にしない為にも、選手もより頑張らなければなりませんし、我々スタッフも協力していかなければ結果はついてきません。
残り少ない遠征ですが、選手と協力して頑張っていきたいと思います。

2012年4月 7日

イタリア遠征5日目

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC_0104.JPG
DSC_0114.JPG
DSC_0119.JPG
担当:松本

いよいよ大会を明日に控え、今日はオープニングセレモニーがこのポルデノーネの街の中心部で盛大に行われました。
この大会は、サッカーとバレーボールの国際大会で、バレーボールは19歳以下で行われます。

しかし、バレーボール選手は、男女問わずとにかく背が高い!

レイソルでの最高身長はGKの滝本で188cmですが、彼の背でも平均程度じゃないでしょうか?
勿論種目は違います。しかし、サッカーにおいてはこんなにも身体的に差がある国の選手を相手に、日本のチームが何を武器に戦えば良いのか?セレモニーの最中、考え込んでしまいました。
イタリアのチームは多数エントリーしておりますが、中でもエンポリ、アタランタの2チームはセレモニーの最中でも選手はとても落ち着いており、強そうな雰囲気を感じます。
一方のレイソルの選手たちは・・・、いや、この遠征期間中に成長している事もあり、逞しさを感じました!この遠征期間中で、こんな逞しさを感じられた事が初めてだったので、とても嬉しい気持ちになりました。写真上は教会下での集合写真、写真中心はオープニングセレモニーの集合写真、写真下は柏レイソルの選手のお立ち台風景です。

明日は予選2試合が組まれております。第1戦は11時から。相手はFBC TREVISO(イタリア)、第2戦は17時から。明日はSEL.TICINO(スイス)です。そして翌日は予選第3戦を行い、グループ上位2チームが決勝トーナメント(ベスト16)に進みます。
また明日からの報告をお楽しみに!

あっ、今日は選手からコメントを聞くのを忘れてしまいました。申し訳ありません。実はカタールの「ASPIRE」のGKコーチがドイツ人であり、選手そっちのけ(!?)で話に夢中になってしまいました。
しかし、会話をするとまた共通の知人とつながり、自分の世界が広くなっていきます。
選手も今後、自分の力で自分の道を切り開いて行ってもらいたいと、つくづく実感した一日となりました。

明日からまた、選手コメントを載せていきたいと思います。

2012年4月 6日

イタリア遠征4日目

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC_0078.JPG
DSC_0075.JPG
DSC_0093.JPG
担当:松本

早朝ランニングが億劫になってきた事を察してか、今日は朝から本格的な雨模様となりました。
朝9時からバスに揺られて1時間。我々はウディネーゼのホームスタジアム「Friuli」の見学に行きました。ウディネーゼというクラブは1896年に設立された古豪で、スタジアムの収容人数は41825人とされています。
本来はセリエAの練習見学を組み込みたかったのですが、セリエAは予め練習時間が告知されてない為にバスの手配が出来ません。そして、大会運営サイドからの行動制限もされており、よって今日は、唯一許可の許された「スタジアム見学」のみとなりました。

「カメラを意識しないで下さいよ!」と言っても、昔からの癖なのか!?カメラを意識せずにはいられない監督をパシャリ!そしてセリエAといえばこのビニールの伸縮可能な通路の写真です。

午後にはカタールの「ASPIRE」というチームと試合です。コーチングスタッフが全員イギリス人(一人、どうみても日本人だろ!という方も居ましたが(笑))で、なんとスタッフが6名とレイソルの倍です。
試合では相手に主導権を握らせず、前半6分に伊藤、18分に白川が得点し、2対0で勝利しました。

夜はようやくゆっくりと選手と過ごす時間も出来て、チームミーティングを行いました。
選手に「今のチームは理想のチームか?」と聞くと、勿論誰一人手を上げません。出来るだけ選手から話を聞いて、お互いの考え方を擦り合わせていく為の時間を過ごしました。

今日は印南和博(写真中央)、トム・クルーズ改め廣瀬太我(右)、住田裕二(左)の3名からコメントをもらいました。
印南:
−ミーティングを終えて、チームがより良くなるためには何が必要?
−1つの目標に向かって、何かあればお互いで話をしあって、進んでいきたい。今は話をしあうって事が少なく、バラバラになってる部分も多いので、みんなで道を外れないようにしていきたいです。
−親御さんへは?
−お父さんお母さんのお陰でレイソルでサッカーが出来ているので、すごく感謝しています。恩返しする為にも、絶対にプロになりたいです。その為にもチームで問題があればこれからは自分から話をしていきたいと思います。

トム:
−ミーティングを終えての感想は?
−なかなか自分から人に意見を言ったり、知らない人に積極的に話かけたりするのが苦手だったけど、ブラジルのチームの選手とかに積極的にコミュニケーションをとっていきたいです。あと、チームで一発芸をする機会がまたあったら、質を高めていきたいです。
−親御さんへは?
−親に、少しでも高いレベル(ステージ)でサッカーをしている姿を見せてあげたいです。

住田:
−ミーティングを終えての感想は?
−知らない人とコミュニケーションを取る事を自分は積極的に出来ていたので良かったと思います。
チームで問題点があれば、積極的に意見を言っていきたいです。
−親御さんへは?
−いつもサポートしてくれている事に感謝しています。僕は酒井(宏樹)選手みたいな選手になる為に努力します。その為にはより基本技術の質を高めていきたいと思います。

明日は午前中に地元チームと練習試合、午後はこの「ポルティノーネ」の街の中心部の観光を行い、夕方から大会のセレモニーに参加します。大会は明後日から始まります。

チームが更に団結しあい、良い内容、良い結果が出せる様に。また、日本の、レイソルの価値を高められる様な紳士的な姿を披露出来る様に努めていきたいと思います。

2012年4月 5日

今週末の各カテゴリーの予定

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末の各カテゴリーの予定をお知らせいたします。


4月7日(土)

U18A・・・・・ アメリカ遠征(ダラスカップ)3月29日?4月10日
U18B・・・・・ TR
U15・・・・・ イタリア遠征
U14・・・・・ TM vs大宮(柏 10:00)
U13・・・・・ TM vs大宮(柏 12:00)
U12・・・・・ 川口フェスティバル vsアズー(10:20)終日:神根第2グランド
                  vsエレファント(11:40)
                  vs飯塚(15:40)
U11・・・・・ 川口フェスティバル vsヴァリエ(11:00)終日:神根第2グランド
                  vsアルディージャ(12:20)
                  vsレガーラ(16:20)


4月8日(日)

U18A・・・・・ アメリカ遠征(ダラスカップ)3月29日?4月10日
U18B・・・・・ 県リーグ vs千葉SC(柏 9:00)
U15・・・・・ イタリア遠征
U14・・・・・ TM vs古河(柏 15:00)
U13・・・・・ TM vs古河(柏 13:00)
U12・・・・・ 川口フェスティバル 決勝トーナメント
        相手・時間未定  神根グランド
U11・・・・・ 川口フェスティバル 決勝トーナメント
        相手・時間未定  神根グランド


以上

アカデミースタッフ

2012年4月 5日

u-18ダラスカップ大会3日目

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

__.JPG
担当:前嶋

こんにちは。
本日はダラスカップ大会3日目、予選リーグ最終戦のColitiba(ブラジル)戦でした。
この試合に勝てば、明後日の準決勝に進出できることになる試合でした。

Colitibaは4-2-3-1のシステムでフィジカル的にも非常に強く、Everton戦のようにボールを握ることが非常に難しい試合でした。
相手にとっても準決勝進出の為に、開始前から非常に気合いの入った様子でした。
先制は私達が取りましたが、その後はハードなプレッシングに苦戦し、同点に追いつかれてしまい、決定機を作りながらもそれを決めきれずに逆転されてしまう苦しい内容となりました。
後半に入り、立ち上がりからよりハードなプレッシングに出てきたColitibaに主導権をなかなか握れないまま失点を許してしまい、結果的に1-4で負けてしまいました。
選手たちはフィジカルの差も、戦いに出るという事に関しての差も肌で感じることができた試合だったと思います。

残念ながら予選突破はなりませんでしたが、彼らが経験した戦いは大きな経験になったと思います。

今後の予定としては、フレンドリーマッチが組まれ、明後日にパリ・サンジェルマンとその翌日にはFCダラスとの試合が決まっています。
この2試合が更なる向上につながりように頑張ってきたいとおもいます。

また準決勝には私達のグループからColitibaとEverton、他のグループからはフランクフルトとマンチェスターユナイテッドに決まりました。

写真は本日のColitiba戦を応援に来て下さった、ダラスの日立で働いている方々との試合後の写真です。
こういった方々が応援してくださることにもとても感謝し、また選手たちがホストファミリーと積極的に英語でコミュニケーションをとる姿にも成長を感じ、残りの貴重な時間を大事に過ごしていきたいと思います。

2012年4月 5日

イタリア遠征3日目

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC_0070.JPG
DSC_0065.JPG
担当:松本

あいにくの小雨に早速朝ランニングは妥協し(笑)今日は散歩からスタート!
午前は軽めでもない練習をこなし、午後には地元チームとの練習試合です。

今日の練習試合の相手はここポルティノーネの地元チームであるU.S.BRUGNERA。前半6点(白川4、伊藤1、安西1)、後半6点(広瀬2、新井1、大野1、白川1)の12点、相手シュートは0本に抑え完勝です。ただ、まだまだ課題も多い試合となりました。

さて話は変わりますが、皆さんはイタリアと言えば何を想像しますか?僕は「ジェントルマン」、つまり紳士的な姿を思い浮かべます。
ピシッとスーツを着こなす姿、レストランで上品に食事をする姿などなど。

変な格好はつけなくてもいいが、そういう紳士的な部分は是非とも真似し、格好つけてもらいたいものです。
食事の際にも、靴ひもを結ばないが為に中途半端に靴が脱げていたり、肘をついたり、貧乏揺すりをしたり。
とても紳士的な姿とは程遠い姿が目立ちます。

かつて工藤や酒井が参加した2008ビジャ・レアル国際大会で、現在のアヤックス監督(フランク・デ・ブール)がその当時率いてたアヤックスユースの選手は、となりのテーブルで全ての選手がポロシャツをズボンの中に入れ、全く同じ服装で統一し、靴ひもを結び、食事のマナーもきちんとわきまえており、上品に食事を採りながら楽しそうに会話していて、そのあまりの紳士的な姿に当時、ものすごい衝撃を受けたものです。勿論我々柏レイソルも、マナーをわきまえた姿を披露してましたが、彼らの集団としての姿に、大変感心したものです。

彼らとて、意識をすれば上品な振る舞いが出来るはず。先ずは身だしなみや、格好から。遠征の残りの期間、少しでもジェントルマンらしい振る舞いが出来るような働きがけをしていきたいと思います。

さて今日は窪田匡輔、渡辺康平、熊川翔の3名からコメントをもらいました。3人の写真が無くて申し訳ありませんが、この遠征で初となる失態(パスポート入りのバックを無くし、青ざめた姿で探し回り、結局は部屋の床にあった)を犯した窪田が代表して写真に収まりましたので、彼だけ写真を取りました。ちなみに窪田は卓球の平野美宇選手にそっくりなのです(笑)

窪田:
−この度の失態について
−この度は皆さんにご迷惑をおかけしました。命が無くなると思いました。
−親御さんへは
−今回の遠征にかかった費用分の経験をしてきたいと思います。
−平野美宇選手に一言
−・・・・・(ややこちらを睨んでおります)

渡辺:
−今大会への意気込みを
−かつてこの大会はU15日本代表が参加し優勝しているので、僕らも優勝し、強いチーム=レイソルと思ってもらいたい。
−親御さんへのは
−・・・・・(頭をかかえ考え込み、返答がありませんでした(笑))

熊川:
−今回の遠征では何を心がけたい?
−今回の遠征では、色々なものを吸収し、ピッチ外でも自分が今何をしなければならないかを考えて行動出来るようになりたいです。
−親御さんへは
−・・・・・(頭をかかえ考え込み、返答がありませんでした(笑))

みんな、感謝はしているようですが、なかなか素直には口に出せない様子です。しかし帰国後、少しでも成長した姿を見せれる様に我々スタッフも努力します!

明日は午前中にセリエAのウディネーゼのスタジアム見学、午後はカタールのチームである「ASPIRE」と練習試合、を行う予定です。

最後に。
この遠征のコーディネーターの方が3名います。山崎さん、星野さん、吉川さん。この3名のうち常に2名の方が帯同してくれ、何から何までサポートして頂いております。
残りの期間も沢山ご迷惑をおかけすると思いますが、宜しくお願い致します!

2012年4月 4日

イタリア遠征2日目

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC_0041.JPG
DSC_0043.JPG
DSC_0047.JPG
担当:松本

「ベニスの朝はランニングから!」をテーマに、酒井監督に負けない様な爽やかな男になろうと朝6時に窓を開けると、まだまだ外は真っ暗。7時頃から次第に外は明るくなり、若干肌寒い中のランニングから(僕だけ)スタートしました。朝食はブュッフェスタイルのバイキング形式を採り、9時から我々一同はベニスの街に繰り出します。

水上に街があり、我々は水上バスで街の中心部に向かいます。日本の「ディズニー・シー」もこのベニスの運河をモチーフにしているらしく、この景色を何と表現して良いのか分かりませんが、とにかく素敵な港街。何人かの選手は「ディズニーシーに異性を連れて行く」姿を描いている事でしょう。サッカーのイメージもいつも描いてくれると良いですけどね(笑)。

心も体も大人へと変化する年頃の彼ら。こういう場所での集団行動、自分を大きく見せたい、格好つけたい、素直な自分を見せられないでふざける・・・。接していると選手の態度は様々ですが、彼らの態度は良く理解しているつもりです。そこで、普段はあまり話しないような事(異性の話が多いですが)を彼らと話し、また彼らを認めてあげる事で、彼らとの信頼関係や絆が深まっていく気がします。

彼らに必要なのはそんな「信頼関係」ではないでしょうか。一方的ではなく、お互いがお互いの持っている物(能力)を引き出しあう。そうやって彼らの先輩は我々スタッフと一緒に歩んできました。この中からも「レイソルの血」を受け継いだ、トップチームを支えられる選手が育ってくれればと願うばかりです。

その他にも、「ヴェネチアン硝子」を実際に作っている現場を見学したり、ヴェネチアにまつわる文化を観て回り、見所満載!貴重な時間を過ごす事が出来ました!

さて午後は、今回の国際大会の会場である「ポルデノーネ」という(県にあたる場所)に向かいました。ベニスから北東に60キロ程離れた場所に位置し、サッカーとバレーボールの2競技を、復活祭(キリストの復活を祝う祭り)のタイミングに合わせ、ポルデノーネが、県をあげて開催する国際大会との事です。

大会期間中に滞在するホテルにバスで移動し、到着後すぐに、1時間程度、久しぶりにボールに触れて汗を流しました。

今日は三島竜二(写真中央)と伊藤達也(写真右)、そして安西海斗(写真左)の3名からコメントをもらいました。

三島:大会は無失点に抑えたいと思います。その為に身体を張って守りたいです!親に対しては、怪我をしないで帰りたいと思います!

伊藤:大会では、自分の持ち味(ドリブル)がどれくらい通用するか試したいと思います。親に対しては、(ドリブルが通用するかの)良い報告が出来るように頑張ってきます!

安西:○×△■◎▲
声が小さくて聞こえませんでした(笑)また明日コメントをもらいたいと思います!

明日は午前に練習、午後には地元チームとの練習試合を予定しております。心も身体も徐々に大会モードになってきました!
また明日ご報告いたします。
チャオチャオ!

2012年4月 3日

u18ダラスカップ大会2日目

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

__.JPG
担当:前嶋

こんにちは。
本日はダラスカップ大会2日目、予選リーグ第2試合のEverton(イングランド)戦でした。
予選リーグ第1戦でブラジルのColitivaに1-0で勝っている相手だけに、準決勝進出には絶対に勝たなければいけない試合でした。
4-3-3のトップ下でプレーする20番のRoss Barkleyはプレミアリーグでデビューを果たし、トップチームでプレーしながらも、このダラスカップにはチームに戻ってきていました。

前半から相手に先手を取られ、追いかける内容となりタフな試合を強いられました。
一度は1-3まで離されてしまいましたが、平久のハットトリックと川島のゴールで逆転、4-3で勝利することが出来ました。
先日のBolivar戦では、相手に残りの時間を守られ、焦りも見えてしまい逆転には至りませんでしたが、今日の試合では90分間を自分たちのリズムで戦い抜き、結果を出すことが出来ました。

また試合後はホームステイでお世話になっているFC Dallasの試合の応援に行きました。
残念ながらFC Dallasは負けてしまいましたが、レイソルの選手達はまるで自分の試合かのように立ち上がって必死に応援していました。試合後のホストファミリーとコミュニケーションを取っている姿が、ホームステイの充実感を表していました。

明日は大会オフ日で、選手はトレーニングの予定となっています。
そして明後日は準決勝進出をかけて、本日Bolivarの7-0で勝ったColitiva(ブラジル)との決戦です。

この試合も絶対に負けられません。
ダラスカップで未だ日本のチームが予選を通過したことがないという、これまでの結果を塗り替えることができりように、1つ1つ全力で戦ってきたいと思います!

2012年4月 3日

イタリア遠征初日(2)

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:松本

おはようございます。長旅となりましたがようやくホテルにチェックイン!
新井瑞希君がバスにパスポートを忘れた!事もなく(笑)増本マネージャーの腹痛以外は皆元気にホテルに到着しました。
これより就寝です。
お休みなさい!

2012年4月 2日

ダラスカップ大会初日

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

__.JPG
担当:前嶋

こんにちは、本日はダラスカップ初戦のFC Bolivar戦でした。
炎天下のピッチでの戦いになりましたが、気合いの入った表情でのぞむ初戦でした。

4-4-2のボックス相手に立ち上がりに右サイドを破られ失点し、苦しい立ち上がりになりましたが、その後は普段のリズムを取り戻し、徐々にスペースが空くようになり、ボールを支配しながらゲームを進めて行くことができ、平久のゴールで同点に追いつきました。

最終的に相手は2人の退場者を出し、相手陣内に押し込む時間もふえましたが、1点が奪えずに初戦は引き分けで終わりました。

明日の相手は、今日Colitiba(ブラジル)に1-0で勝っているEverton(イングランド)との戦いです。
落とせません。
選手の目つきも変わってきたと思います。
全力で戦ってきます!

2012年4月 2日

イタリア遠征初日

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC_0018.JPG
DSC_0017.JPG
担当:松本

こんにちは。今日からいよいよイタリア遠征がスタートしました。9時50分に成田空港第1ターミナル集合。これから出発となります。

今回レイソルアカデミーとしては初のイタリア遠征。向かう場所は水の都ヴェネツィア(以後ベニスと省略)。遠征6日目から国際トーナメントに参加します。

昨日の千葉ダービーは3対4の負け。悔しさのあまり涙を流す選手もいましたが、決して悲観する内容ではなく、逆に、良さも目立った試合となりました。ただ、負けは負け。この敗戦、戦績を含めて選手、スタッフ一同、一緒にまた坂を上って行きたいと思います。

さて、今回の遠征では毎回メンバーを選び意気込みや、保護者様への感謝の気持ちをコメントしてもらおうと思います。
選手は、3年間の親御さんの、決して安くはない月々の積み立てがあってこその実現する海外遠征です。普段は素直に話出来なくても、これを期にして成長した姿を見せてもらいたいと思います!

初日はこの2名。酒井監督とキャプテンの山崎海秀です!(写真とコメントの場所がずれてしまう可能性もありますがご了承ください)

酒井監督:保護者様の援助があって実現する遠征なので、大変感謝しています。海外のチームとも対戦し、また新たな発見もあると思うので、その経験を次に活かせる様な遠征にして欲しいし、スタッフとしても、次につなげられる様に努めたいと思います。

山崎:関東リーグでも連敗してるので、大会では優勝して帰りたいと思います。結果を出して、親にこの遠征の感謝の気持ちを還したいと思います!

現在日本とイタリアの時差は7時間。イタリアの時間でベニスのホテル到着が23過ぎの予定となってますので、日本時間では明日の朝6時過ぎのホテル到着。少々疲れる移動となりますが、皆、長友選手になった気で、海外組の代表召集だと思えば疲れも問題ないですね(笑)
それではまた明日からお楽しみに!
チャオチャオ!

2012年4月 1日

u18ダラスカップ3日目

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:前嶋

こんにちは。
本日はダラス遠征3日目です。
午前中に選手全員が大会の最終登録を行いADが配布され、ホテルには各国から参加チームが集まり、いよいよ大会の開幕が目前に迫っていると感じます。
このインターナショナルな雰囲気にもレイソルの選手たちはだいぶ慣れている様子で、各チームの様子を見ながら午後はトレーニングを行いました。

時差ボケに悩まされ、なかなか体の重さも抜けなかった昨日のトレーニングでしたが、今日のトレーニングでは、状態も良くなってきたというコメントを聞くことができ、チームも戦いに向けて準備が整ってきている様子です。

いよいよ明日の現地時間で12:30から、初戦のFC bolivar戦が行われます。
試合の詳細はまた明日UPします。
皆様、応援宜しくお願いします!