" />

TOP > ニュース一覧 > 『三協フロンテア株式会社』スタジアムネーミングライツ及びユニフォームスポンサー契約締結

ニュース

スポンサー

2018年01月24日(水)
『三協フロンテア株式会社』スタジアムネーミングライツ及びユニフォームスポンサー契約締結

 このたび柏レイソルは、三協フロンテア株式会社(代表取締役 長妻 貴嗣)と2018シーズンからスタジアムネーミングライツ及びユニフォームスポンサー契約を締結することになりましたのでお知らせいたします。
 スタジアム名称を「三協フロンテア柏スタジアム」とし、ユニフォーム鎖骨部分に「三協フロンテア」のロゴマークを掲出いたします。

【三協フロンテア株式会社 概要】
■会社名:三協フロンテア株式会社
■代表者:代表取締役社長 長妻 貴嗣
■本社所在地:〒277-8539 千葉県柏市新十余二5番地
■創業:1969年12月
■従業員:約1,250名
■契約期間:2018年2月1日から2021年1月31日までの3年間

【スタジアム名称】
■名称:三協フロンテア柏スタジアム
■略称:三協F柏

18sankyof-stadium.jpg
※画像はイメージです

【ユニフォーム】
2018uni.jpg

【三協フロンテア株式会社 長妻 貴嗣 代表取締役社長コメント】
「このたび、スタジアムネーミングライツ及び、ユニフォームスポンサーとして契約することとなり、サポーターの皆さまとともに柏レイソルを応援させていただくことになりました。
 柏で創業以来、建物は動かないという常識を覆す「モバイルスペース」にこだわり続け、現在は国内に500以上の拠点を構え、海外へも活動の場を広げるまでに成長してまいりました。これもひとえに、柏市をはじめ近隣地域の皆さま方の温かいご支援の賜物と、心より厚く御礼申し上げます。そのご厚意にお応えすべく、微力ではございますが、スポンサーという形で少しでも恩返しさせていただく所存です。今後もより一層社会に信頼され、社会に貢献できる企業を目指し、社員ともども鋭意努力してまいります。」

【株式会社日立柏レイソル 瀧川 龍一郎 代表取締役社長コメント】
「この度は、ホームタウンの柏で半世紀近くの歴史を有する三協フロンテア様と、スタジアムネーミングライツ及びユニフォームスポンサー契約を締結できましたことを、非常に嬉しく思います。これを機に、三協フロンテア様と力を合わせて、お互いが発展できるよう、更にはより柏を盛り上げていけるよう精進して参ります。」

■三協フロンテア株式会社:
1969年、建設現場の環境改善を旗印に創業以来、業界の先駆者としてユニットハウスの製造・販売・レンタルを手がける。従来の建築物はスクラップ&ビルドが繰り返される中、建設廃材をほとんど出さない「モバイルスペース」を提供することで、資源循環型社会の実現を目指す。その用途は、建設現場事務所をはじめ、一般企業のオフィスや店舗、イベント施設、災害時の応急仮設住宅など多岐にわたる。国内の展示場は183店舗、トランクルームは全国直営体制で372店舗を展開。近年、海外にもネットワークを拡げ、「柏から世界」を目指す企業として柏レイソルのクラブスローガンと同調している。

All Rights Reserved, Copyright (C) KASHIWA REYSOL