2018年9月14日

明日は清水戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

ルヴァンカップの準決勝進出、鈴木大輔選手の復帰、伊東純也選手の日本代表初ゴール。今週はいいニュースが続けて舞い込んできました。これを勢いに変えなくてどうするんだというポジティブなこと。ここからのリーグ戦、特に明日の清水戦、来週の鳥栖戦は、J1生き残りへのアドバンテージを得られるか、ダメージを受けるか。後になって振り返った時に本当に大きなターニングポイントとなるであろう、大一番を迎えます。

Jは代表戦翌日の水曜の昼ごろ、日立台のクラブハウスに帰ってきました。翌日からレイソルのトレーニングに合流し、多くのメディアの方に囲まれながらのコメント対応をしました。「アップの時間が長くて、疲れました笑」。Jらしい、飄々とした感じは代表に行っても全くかわりなく、旧知のメディア皆さんを笑わせていました。「早くからアップしていたんですけど、すごく良いリズムで戦っていたんで、仕方ないところもあったかなと思います」。

ただ限られた時間の中でも「時間が少なかったので、何かをしなければダメだと思っていました。(昨年のアウェイガンバ戦のように)最初は巻こうとしたんですけど、敵も来ていたので、振りを速くしようと。あとで映像を見たら(思ったより)速い球だった」と自分でも驚きのゴールだったようです。レイソルでは縦への突破だけでなく、中へ切れ込んでの左足シュートも日々練習してきました。巻くシュート、そして今回のようなパワーシュート。その成果を代表の大舞台でしっかり発揮し、レイソルに戻ってきました。「レベルの高いところでやってきたものを、やっぱりプレーでチームに伝えられるようにしたい。清水と鳥栖と勝点の近いところとの2連戦。まずチームのためにも、自分のためにもしっかりやりたいと思います」

180914_D.jpg

そして鈴木大輔選手です。先週金曜に帰国し、土曜からトレーニングに参加。日曜午前も練習参加し、午後にはメディア対応と皆様へのご挨拶と、精力的にスケジュールをこなして、今週も火曜から通常のメニューをこなしてきました。「紅白戦をやって、見えてきたこともあるし、合わせていなければいけないところもある。でも大体つかめてきました。監督ともチームのやり方や紅白戦での流れで感じたところをお互いに話しあいました」。

加藤監督も「彼のパーソナリティー、ものすごくポジティブなので、十分発揮してもらいたい。チームのために戦えるところが彼のいいところ。きっちり戦って、球際に激しく行くところ。そういうところを期待していますし、後ろからチームを引っ張って欲しい」と大輔を表しました。今日、試合への出場登録手続きも無事に完了し、背番号4のユニフォームを着て写真も撮りました。準備は整いました。あとは今のチームの中、選手たちの中、自身のコンディション、相手選手との関係やチーム戦術のなかでどう起用されるかどうか。キックオフを楽しみに待ちたいと思います。

明日は「三協フロンテアDAY」です。
https://www.reysol.co.jp/news/event/001294.html
レイソルの地元である柏市の新十余に本社を構え、二ユニフォームスポンサーおよびスタジアムネーミングライツホルダーとしてご支援をいただいています。大きな大きなサポートを本当にありがとうございます。その手掛けられている「モバイルスペース」が日立台にやってきました。

180914_SF.jpg

一昨日からトラックで搬入され、クレーンで設置されている特設ブースでは、三協フロンテアの紹介や、レイソルの歴代ユニフォーム・トロフィーの展示、またブースの壁面は、自由にメッセージを書いていただける仕様になっています。またサイン入りグッズや特製タオルマフラーが抽選で1500名様に当たるスタンプラリー、オリジナル不織布バッグが先着10000名プレゼントもあります。またスタンプラリーの台紙は裏返すと黄色のパネルになっていますので、キックオフ直前の選手入場時にはぜひ頭上に掲げて、黄色一色のすばらしい応援の雰囲気を作り上げ、勝利への後押しをよろしくお願いいたします!!!

180914_T.jpg

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.reysol.co.jp/MT/mt-tb.cgi/15351