2018年4月19日

ACL天津戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

4度目のACL挑戦は、2-3の敗戦で終わりました。前半途中で2点のビハインドを負い、スタジアムの後押しを受けた天津のさらなるゴールを浴びせられそうな雰囲気のなか、2階席の上段スタンドから懸命に声を送り続けたサポーターの後押しを受けて、心折れず、二度もゴールを返し、最後まで何とかゴールへ、勝利へと試合を動かそうと懸命に走った選手たちのプレーや気持ちは十分に伝わるものがありました。しかし敗戦は敗戦です。1-2にしてからの時間は、十分逆転できそうな雰囲気や勢いがありました。しかし踏ん張らなければいけないところでの失点。サイドからのシンプルなクロスから喫した3失点を防がないことには、絶対に勝利も上位進出もありません。1勝1分4敗という成績が示すとおり、勝ち抜くための準備も力も足りなかったと言わざるを得ない結果です。

今日の試合だけを見れば、ボコボコのピッチの上でいつものように丁寧にビルドアップすることよりも、手数をかけずに大きな展開で攻め込むことを選び、そして前線からのプレスや球際での争いにも果敢に挑み、アグレッシブな戦いを90分続けました。ワイドに開いた今井選手、そしてプロ初先発の宮本選手へボールを運び、積極的なしかけからチャンスを作りました。1点目は小泉選手の果敢なカウンタードリブルから生まれ、2点目はそれまでペナルティエリアでチャンスを何度も狙い続けていた瀬川選手にとって待望のレイソル初ゴールでした。去年8月以来の復帰戦、手塚選手の美しい左サイドへのフィードは今後への完全復活へ大きな期待感を抱かせるものでした。

180418_kei.jpg

180418_segawa.jpg

180418_toshi.jpg

180418_kohei.jpg

180418_sp.jpg

180418_kuri.jpg

ACLを経験できた。次に生かせばいい。しかし「それでは遅い」と言い切る選手もいます。栗澤選手です。ACLは何かを経験する場所ではなく、それまでに日頃から鍛錬し、厳しく要求しあって準備してきたことを100%以上出し切ってようやく勝負になる舞台。練習から試合に出るための激しい競争や厳しさのなかで、選ばれた選手が試合に出場する。「俺やタニだけでなく、ベテランも若手も関係なく、全員がそういう意識や厳しさを持ってやらないと、ACLを勝ち抜くのは相当難しいと思う」。レイソルはACLに強い、だから今回のグループも突破できる。私自身も心のどこかでそう信じていたふしがあったかもしれません。しかしチームとして過去3回、グループステージを突破していたからといって、今回も勝ち抜ける保障などまったくありません。そうした経験や財産があっても、次世代へつないでいかなければいずれは薄まり、消えてなくなります。

今回戦った3チームを破り、そして勝ち進んで優勝をつかむには、相手を圧倒するようなさらなる攻撃力のアップ、高く強いフォワードを跳ね返す守備力、韓国や中国人選手たちのスピードやパワーを覆すだけのフィジカルだったり、当然サッカー自体を極めなければいけない、、、いろいろなものがもっともっと必要です。そうしたものを身に付けるために、今のレイソルに与えられているのはJリーグでの戦いと、そこに向けた地道な毎日の積み重ねしかありません。ACLに出ることが目標ではなく、勝つために日頃から何をすべきか。一人一人が変わっていかなければいけない。あらためて突き付けられました。

2018年4月17日

明日はACL天津戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

天津での3日目。今日は試合前日のトレーニング、記者会見を消化しました。会場は昨日と異なり「天津奥林匹克体育中心体育場」、試合会場である天津オリンピックスタジアムへと場所を移しました。こちらは、天津にもうひとつあるプロサッカークラブ「天津泰達」のホームスタジアムですが、今回のACLでは天津権健のホームスタジアムとして3試合目の開催です。

収容人数は約60000人のビッグスタジアム。2層式のスタンドがフィールドをぐるっと一周取り巻いていて、屋根もその上に完備。ここが満員になって応援の歌声が響いたら、それはものすごい雰囲気になることでしょう。このスタジアムは2008年の北京オリンピックのサッカー会場となり、U-23日本代表がグループステージの1戦目、2戦目を戦いました。

180417_haji.jpg

そのピッチに立っていたのが細貝萌選手でした。練習後に声をかけると「たしかにここで戦いましたね」と巨大なスタジアムを見渡しながら懐かしい表情でした。「そのオリンピックでは自分自身いい結果を残せなかったので、ここでしっかり勝って、良いイメージのスタジアムにできたらと思います。チームとして次のラウンドには行けませんが、ここに来ているメンバーでこの試合を全力で勝ちに行きますし、ここに来ているメンバーで消化試合だと思っている選手はいないし、勝って日本に戻りたい」と勝利へのこだわり、思いを語りました。

180417_shin.jpg

ほかの選手たちも同じで、この試合に懸ける思いをこの試合にぶつけます。
「レイソルのユニフォームを着て戦う以上は勝利を目指さないといけない。ACL敗退が決まってしまったが、もう一度プライドを持って戦いたい」(中谷選手)
「ここで負けるのと勝つのでは次のJリーグを戦う上でチームの雰囲気が全然違ってくる。しっかり勝って、次のJリーグにいい雰囲気でつなげたい」(手塚選手)
「負けていい試合なんて1試合もないし、明日勝てばまたJリーグの方にフォーカスをおける。勢いよくまたどんどん勝ちが勝ちを呼ぶだろうし、勝てるようにやっていきたい」(滝本選手)
「この大舞台でまたみんなと一緒に戦えることを誇りに思います。レイソルのプライド、日本の魂を持って、必ず明日は勝てるように一丸となってやるしかない」(澤選手)

180417_haru.jpg

ピッチは、芝が長く、それでいて凹凸がある、非常にタフな状況でした。日本ではあまり見られない状況ではありますが、中国の選手たちはこうした状況で日々戦っているからこそ、スピードやパワーといったフィジカルの強さ、球際の強さを身につけ、ACL有数のクラブに成長していっただろうかとも想像しました。我々がこの試合に勝つためには自分たちのスタイルを出しながらも、その時に応じて適切にやるべきことを判断し、何よりハードに戦うこと、走ることです。こちら現地で19時、日本時間で20時のキックオフ。こうした状況にも関わらず駆けつけてくれる50名ほどのサポーターの方々のために、そして自分のため、チームのために。力を出し切って戦い抜いてほしいと思います。

2018年4月16日

天津遠征

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

4月半ばを過ぎたところ、まだまだ連戦は続いています。チーム本隊は、いま中国の天津に滞在中。ACLグループステージの6戦目、天津権健戦に向けて調整しています。残念ながら、そして大変悔しいことに、レイソルのACL挑戦は4度目にして初のグループステージ敗退が決定しましたが、この試合をどうとらえて、どういう結果を残すか。個人としてもチームとしても成果を残さなければいけません。ただ、このACLに出たというだけになってはいけません。

札幌戦の翌日、日曜の午前6時に日立台を出発。羽田空港から空路4時間弱のフライトで北京首都空港へ降り立ちました。非常に大きな空港で、そして多くの乗降客で混雑する中、入国や荷物の積み下ろしには1時間半以上かかりました。食事をとり、そしてバスで2時間半。天津へと無事に到着しまし。北京に到着してすぐに目に入ったのは、宙を舞う白いふわふわとしたもの。選手もスタッフもナニナニ??とびっくりしていましたが、実は綿。柳の木から飛んだもののようで、この季節の北京では当たり前の状況だそうです。ここ天津ではかなり量が減ったものの、宙を舞っている綿を目にします。特に花粉症のような症状は感じませんが、日本からのご観戦の方で、気になる方はマスクを持参いただいてもよろしいかもしれません。

180416_1.jpg

天津市は、人口1500万人を超える大都市で、北京、上海、重慶と並ぶ国家中心都市のひとつとして栄えています。今日は午後3時からトレーニング。会場は「天津海河教育園区体育場」=天津海河教育公園スポーツセンター。海河とは川の名称でその河口に発展したのが天津市です対戦する天津権健の中国スーパーリーグでのホームスタジアムを利用しました。サイドスタンドがない珍しい構造でしたが、メインとバックスタンドはびっしりと座席で埋め尽くされ、平均入場者数は20000人以上と多くのサポーターをスタジアムに集めています。

180416_2.jpg

今日は1時間半ほど身体を動かしました。ウォームアップから守備と攻撃の戦術練習へ。ゲームを想定し、繰り返したプレーを試合でも発揮し、個人としてもチームとしても勝利のために、持てる力をすべて出し切って、90分間をアグレッシブに闘い抜いてほしい。今のチーム状況を好転させるのは自分だという気概や思いをプレーで示してほしい。そんな願いをこめて、この試合を見守りたいと思います。明日も午後からトレーニング、試合会場であるオリンピックスタジアムでおこないます。

180416_3.jpg

2018年4月14日

札幌戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

180414_game.jpg

またしても終盤の失点。「何回繰り返すんだ!」とサポーターの方から叱責されて当然の結末で、試合を落としました。選手たちからは勝ちたい、勝たなければいけないという必死の思いが感じ取れました。残っている力のすべてを懸けてゴールへ迫ろうとしていましたが、一方で疲労や焦りがありありと見えて、いつもなら息が合って通るはずのパスがずれたり、味方を使うプレーよりも個人で何とかしなければという気持ちが空回りして、ますます心身のダメージが増していったように思います。

立ち上がりは、先日の鳥栖戦と同じか、それ以上に良い入りでした。札幌が自陣に引いてブロックを作るやり方で来たこともあってか、後方のビルドアップから、スムーズに全体が敵陣へと前進し、さらにボールをつなぎながら、絶えず裏を狙う動きを繰り返し、サイドの裏のスペースを何度も陥れました。鳥栖戦で献身的なランニングを繰り返した中川選手、亀川選手が今日もキーマンとなりました。先制点は亀川選手の1対1の仕掛けから、すばらしい右足のシュートを突き刺しました。

180414_kame1.jpg

180414_kame2.jpg

ところのその4分後、同点に追いつかれます。「畳み掛けなければいけないところだったのに」と悔やんだ中谷選手。三好選手のクロス、宮吉選手のヘディング。ともに相手をほめるべきすばらしいプレーでしたが、それでもあまりに呆気ない、もったいない失点。唯一のピンチが失点につながってしまいました。そこからも中川選手がチェイシングのスイッチを入れて積極的な守備、そこからの波状攻撃を繰り返しましたが、どうしても中2日の連戦で時間が経つにつれてチーム全体のディフェンスの強度が保てず、悪くはなかったのに、でも停滞したまま前半を終えてしまいました。先手必勝、先行有利。結果論になりますが、ここで勝負を決めなければいけなかった。勝負どころを逃してしまったのが、大きな分岐点となりました。

この連戦のなか、フィジカルコンディションを懸命に回復させ、またメンバーを入れ替え、ベースとなる戦術を継続しながらも相手を分析してそこにアレンジを加え、個人もチームも1試合1試合に全力を尽くして臨んでいます。その成果が勝利につながることもありますが、それが続いていかず、一進一退の状態です。ホーム日立台で3連敗。ファン・サポーターの皆さんは我慢して、信じて、応援を続けてくれています。この苦しい状況を打開できるのはチームであり、選手たちです。明日からはACLの第6戦、天津へ向かいます。試合に臨む者はこのチャンスで自分の真価を発揮してチームの新しい力になれるように、そして柏に残る選手は心身を回復させ、本来の力が出せるように。サポーターに今度こそ勝利を届けるために、来たるリーグ戦につながる1週間にしなければいけません。

180414_sup.jpg

2018年4月13日

明日はホーム札幌戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

水曜の鳥栖戦。特に立ち上がりは、ボール保持からのサイドアタック、そしてペナルティエリアでの決定機を逃さず仕留めるという、レイソルらしい攻守にアグレッシブなサッカー、胸のすくような戦いを見せてくれました。一転して相手の猛反撃を受けた後半ですが、後半30分まで無失点で凌いだことが非常に大きかったですし、度重なるピンチ、セットプレーを懸命に身体を張って防ぎ、苦しみながらも勝ち点3を手にしました。3勝2分2敗と白星先行、さらにその白を続けていきましょう!!

中2日で迎えるのはホームでの札幌戦。同勝ち点でレイソルが8位、コンサドーレが7位です。マッチデープログラムでも紹介している両チームのスタッツチャート。札幌の数字に注目すると、攻撃系のスタッツはすべてリーグ上位。パス本数も多く、クリアが少ない、タックル数も少ないということは、むやみに蹴りださず、自陣から積極的にビルドアップをおこない、守備よりも攻撃の回数や時間の方が多い。このデータからだけですが、そんな考察を立てられます。こういう形は、これまでの浦和や、川崎、鹿島が作り出していたように記憶しています。近年タイトルを争ってきた強豪チームと変わらぬスタッツを叩きだし、これまでの札幌からモデルチェンジしながらさらに強さを増している。そんな今シーズンではないでしょうか。

stat.jpg

前線や最終ラインは昨年からの高さ、パワーは維持しながら、チャナティップ選手や駒井選手、三好選手といったスピードとテクニック、機動力を持ったアタッカーがそろい、そこにペトロヴィッチ監督の攻撃的な戦術が加わりました。10得点中、4得点がセットプレーから、3得点がクロスから。福森選手の左足はやはり相手のストロングポイントであり、クリア後のセカンドピンチを含めて、レイソルにとっては脅威となるでしょう。鳥栖戦のように押し込まれて、後半だけでコーナーキック11本も与えるような状況は避けなければいけません。下平監督は前節を振り返り「広島戦の反省を繰り返さず、いい試合の入りができたが、後半はとても押し込まれた。自分たちでゲームをコントロールしなければいけない」と勝利の中にも反省や改善点を挙げ、この試合に臨みます。

明日は14時キックオフ。ホーム側はその3時間前、11時にオープンとなります。スタジアム隣のグラウンドでは、クラブスポンサー「モラージュ柏」さんによる『サッカー教室』が行われます。5歳以上、小学生までが対象でクラスごとに分かれて、ボールフィーリングやドリブル、ゲームなどのプログラムになっています。先着で合計95人が参加できます。詳細はこちらからご確認いただき、多くの皆様のご参加をお待ちしております。
http://blog.reysol.co.jp/news/2018/016496.html

また通常通り、新グッズの発売やスタジアムフード、選手チャリティオークションは中村航輔選手がスパイクを出品、またファンクラブ「アソシエイツ」様向けにはピッチサイドウォークを実施します(先着20組)。スタジアムイベントや当日券販売のお知らせはこちらからどうぞ。
http://www.reysol.co.jp/ticket/next/#0414

また柏駅にある高島屋柏店では偶然にも「春の大北海道展」が開催中です。試合の前、もしくは試合後にはこちらのグルメやスイーツでも北海道を体感されてはいかがでしょうか。
https://www.takashimaya.co.jp/kashiwa/hokkaidouten/index.html
土曜の天気は心配された雨は避けられそうです!風が少し吹くようですので、スプリングコートなど一枚上着をお持ちいただいた方がいいかもしれません。鳥栖戦の勝利を、今度はホーム日立台、満員の三協フロンテア柏スタジアムで!ぜひ皆様お誘いあわせの上、お集まりください。

2018年4月12日

鳥栖戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

立ち上がりからのすばらしい前半。一転して後半は守勢に回りましたが、1失点に食い止め、また2-1となってからの耐える力、勝ちたいという思い、次々と投入されたリザーブの選手たちの働きもあって、苦しみながらも、逃げ切りました。苦しんだ末の勝利、やはり勝つことは格別でした。

先日日曜の広島戦は、立ち上がりの入りが悪く、非常にもったいない前半でした。「今日は試合の前から選手たちが声をかけあって、いい雰囲気を作っていた」。下平監督もそう振り返るように、ウォームアップから誰となく声を出し、手を叩いて、味方を、そして自分を鼓舞し、チームの士気を高めて、いい試合の入り方ができました。

広島戦ではビルドアップで激しいプレッシャーを受けたこともあり、今回はそのやり方に変化を加え、戦術的にも相手の想定外のこと、嫌がるようなことを実践し、先手に打って出ました。そこに選手たちの球際のファイト、前へ出ていく推進力、強い気持ちを存分に発揮しました。この時間帯に点が獲れれば。そう思った矢先の、前半7分、キムボギョン選手の先制ゴールでした。

広島戦は少ない時間ながらチャンスメイクした亀川選手が先発起用に応え、左サイドの高い位置からクロスではなく、グラウンダーのすばらしいラストパス。「カメがボールを受けた時に、自分もスペースでボールを受けたいという意図で動き出して、カメが素晴らしいパスをくれたので、あとは自分でゴールまでのイメージは出来ていたので、そのイメージ通りのプレーが出来た」(キム選手)。ボールを動かし、ペナルティエリアへ多くの選手が入り込んで、流動的に多くの選手が絡んだプレー。ボギョンのフィニッシュもすばらしく、鮮やかにネットを揺らしました。

180411_bo.jpg

その後は、立て直した鳥栖の攻撃を受け、自陣で跳ね返す時間が続きました。シュートこそ許さないものの、ここは耐え時でした。そんな時に、一転して刀を振り返したのが中川選手でした。前線からのチェイス、ビルドアップからのボールをタイミングよく引き出す動き。彼らしさを存分に発揮していた中、もうひとつ伝えたいのが、味方のミドルシュートに詰める動きでした。立ち上がりから、同じようなケースに必ずオフサイドラインぎりぎりから飛び出し、GKが万が一弾いたときには必ず詰められるような動きを繰り返していました。

180411_hiro.jpg

「いつも得点は狙っているし、キーパーが弾く所を狙っていたし、泥臭い所を狙っていた」。37分、右サイドから亀川選手が左足で狙ったシュートだと思いますが、これが左にそれるところに懸命に足を延ばし、ゴールへとボールを送りこみました。「たまたま僕の所にボールが来た」と言いますが、まず常に予測して準備いなければあのボールには反応できないでしょう。そして無駄にはなるかもしれないけど、それでも怠らなかったダッシュ。他よりは小さな身体で、でもそこで自分がいかに生き抜いていくか、走りだけでなくゴールという明確な結果を残すか。そこにこだわりピッチで表現したヒロトの完璧な勝利です。「試合に出ていない期間に練習を真摯に取り組んできたことが今日のゴールに繋がった」

180411_hiro0.jpg

後半からは、サガンの反撃を受けます。その圧力は、予想はしていました。いかに耐えて、そして先に3点目を獲れれば勝負を決められる。伊東選手のビッグチャンスが決まっていれば、という展開の中、ついに後半30分、小野選手の見事なボレーシュートでリードは1点に縮まりました。前回の日記でも書いた通り、鳥栖の前回のホームでは0-2のビハインドを後半28分からひっくり返しています。逆転を信じてやまないサポーターの声援や圧力がさらに強まりました。

2-0で迎えた後半。いつも私はレイソルが攻め込むゴール側でカメラを構えるのですが、今日は逆サイド、守るゴールを狙っていました。キリやディフェンダーたちが相手の攻撃を跳ね返す姿、そして喜びに沸く勝利の瞬間を収めたいという思いでした。改めてキーパーは孤独だと感じました。相手サポーターとも戦っているんだなと。鳥栖のサポーターの応援歌が頭に残るほど、ずっと45分間相手側の声援のなか、平静を保ち、時には大きな声を出して周りを勇気づける。キリだけでなく、シンやタニも、セットプレーのピンチやプレーが止まるたびに手を叩いて鼓舞を続けていました。

180411_kiri1.jpg

この日最大のピンチは小野選手のゴールの4分ほど前。どうやって防いだのか、ピッチサイドからは判別できないような、何本もの決定的なシュートをチームで止め続けました。「まずヘディングを自分が止めて。すぐに起き上がったと思ったら、もうシュートが飛んで来てて。最後はシンに当たって」。あんなにも混雑した場面をキリはしっかりと振り返っていました。チームが押し込まれていた中でも、彼は沈着冷静で、そして集中できていたのでしょう。

180411_kiri2.jpg

「ACLの負けられない全北戦で自分が出て負けて、その流れを断ち切れずにホームの広島戦でも負けて、自分としてはすごく難しい気持ちだった。今日ピッチに立って、カッコいいプレーはなかったけれど、柏レイソルのために、みんなと勝ち点3を掴めてよかった。危ない場面もあったけれど、練習や今日に向けての気持ちが良い方向に繋がって守りきることができた」プレーどうこうよりも、勝利。キリがこだわっていた結果をついにその手につかみとりました。苦しい試合だったせいか、彼が年齢を重ねたせいか、喜びを爆発させるというよりは、安堵というか勝利に浸るような様子が印象的でした。

180411_kiri3.jpg

勝利を次の勝利へ。次は14日土曜日の札幌戦、ホーム日立台で勝利を分かち合えるよう、共に戦ってください。ご声援ありがとうございました!

180411_sup.jpg

2018年4月10日

明日は鳥栖戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

連戦が続いています。日曜の広島戦から中2日、明日アウェイ鳥栖戦です。さらには、続く土曜にはホームでの札幌戦へと続きます。広島戦では0-1と惜敗。相手のペース、練ってきた戦い方にはまり、相手のシュート数はわずか3本に抑えながらの敗戦でした。

ただ、大きな実力差があったとは思えませんし、前半途中からはボールを握って、相手のゴールを繰り返し迫りつづけました。クリスのPKが止められ、またそのPKを引き出した山崎選手が負傷退場。正直、下を向いてしまいそうな状況でしたが、またそこから代わって入った亀川選手ほか、ゴールを狙い続け、最後の最後まで1点を必死にめざした姿勢を、この鳥栖戦での結果につなげたいところです。

現在2勝2分2敗の勝ち点8で並ぶ両チーム。順位はレイソルが8位で、サガンが9位。得失点差が1ポイント違うだけです。勝ち点8のチームは7位から13位まで7チームも並んでおり、ここからしっかり勝ち点を重ねていかないと、上位はおろか、すぐに残留争いに巻き込まれるような、大混戦となっています。心して試合に臨まなければなりません。

サガンといえば、まず前節、フィッカデンティ監督が前節の試合後、判定についての抗議があり、試合後の会見が通常より30分ほど遅れたというニュースがありました。これほど会見が遅れるということは異例で、広報としては頭を抱えるような事態ではあり、判定についての意見提出のやり方が決まっている中ではありますが、それでもここまで抗議を続けたというのは1試合1試合の勝利や結果にこだわっていたという証左とも言えます。

チームにも絶対にあきらめないという姿勢が根付いているように見えます。3月30日のグランパス戦、今年一番のアップセット、大逆転ゲームでした。69分に失点し、0-2とされながら、74分、77分、93分と立て続けにゴールを奪って3-2と逆転。見習いたいし、呑まれてはいけない。明日の試合でレイソルがリードできていたとしても決して緩めてはならないし、ビハインドでも絶対に諦めない姿勢、追いつけると信じてのプレーを貫かなければいけません。

平日のナイトゲーム、鳥栖まで駆けつけてくれるサポーターの皆さんは決して多くはないかもしれませんが、数ではなくその思いこそが大切で、チームにはこの一人一人の大きな思いや声援、願いに応えるプレー、試合、勝利への執念を見せてほしいと思います。スタジアムに来られない方もDAZNや試合速報でレイソルの勝利を祈って応援してくれることでしょう。勝ちたいという思いをピッチで表現し、柏に勝ち点3を持って帰りたい。ご声援よろしくお願いいたします。