2021年9月18日

広島戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

前半最初の飲水タイムまで無失点。選手たちの表情を遠くから見て、ここ数試合の守備の安定感や効率的なディフェンスができていて余裕を持って戦えているのかなと個人的にはとらえていました。ただ試合後のレイソル陣営のコメント、相手チームの分析を聞くと、守備のところでもっとハードにいかなければいけなかった、もしくは狙いを絞り切れず、攻撃的なディフェンスがやりたくてもできていなかったのかもしれないと。

サンフレッチェのキーマンのひとりが青山選手であるのは間違いありません。ボランチの位置から3バックの間に降りて攻撃を組み立てたり、巧みにレイソルのプレッシャーがかからないエリアに立ち、チームを動かしていました。彼のような屈指のコントロールタワーをいかに潰し、自由を奪うか。果たして先制点のシーン、あの位置で青山選手にフリーで前を向かれてはいけない場面でした。レイソルの守備は人に激しく行くというのが持ち味のひとつ、そこで奪いきればチャンスになるし、でも相手は食いついたところの裏を狙っていく。その駆け引きの中で、レイソルらしい積極的な戦いをさせてもらえなかった。

210918_ao.jpg

ハーフタイムには、ネルシーニョ監督から、もっと前から相手を捕まえにいくこと、そして交代カードを見ても、明確なメッセージが込められていたように思います。サヴィオ選手、神谷選手を中盤に入れ、もっとボールを握っていくぞと。1点差をキープしながら攻撃の主導権を握っていこうという立ち上がりは機能的でしたが、9分のレイソルの背後へのボールでボールを奪えず、空いてしまった無人のゴールへ2点目、その6分後にも3点目。勢いを出していこうというところで出鼻を挫かれてしまいました。台風による悪天候にもかかわらず、日立台に駆けつけてくださったみなさん、1点でもゴールを決めてほしい、見せてほしいという思いを、瀬川選手らが最後までシュートを放つ意欲を見せ続けてくれましたが、今日は0-3、完敗という結果に終わりました。

210918_seg.jpg

連勝は3でストップ。ここまで失点を食い止め、リードした点数を粘り強く守り抜く形ができつつありました。今日の敗戦で、それまでに得た積み重ねや勝ち点が消えるわけでもなく、もう一度今日足りなかったところを省みて、そしてこれからも愚直にやり抜くこと。Jリーグは上位から下位まで力の拮抗したチームばかり、下位とのポイント差が開いたからといって気を緩めるわけにはいきません。来週日曜日も6ポイントマッチのガンバ大阪戦、強い気持ちをもって戦ってくる相手を、さらに強い気持ちで跳ね返すような戦いを期待したいです。

210918_ric.jpg

210918_cris.jpg

210918_kaw.jpg

2021年9月17日

明日は広島戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

まず、明日18時からホーム日立台でサンフレッチェ広島が開催予定です。今日日本列島を台風14号が東進し、鳥栖での試合が中止延期になったように、天候が心配されています。今夜の時点では土曜の試合は予定通りの開催で準備を進めています。また明日、開催実施の状況や変更事項などありましたら、ホームページやSNSを通じて速やかにお知らせさせていただきます。

今週、日体大柏高校に行ってきました。同校のサッカー部に所属する土屋巧選手の新加入内定が決まり、学校主催のメディア対応に同席させていただきました。校長先生をはじめとする学校関係者の皆さま、布部GM、根引監督、菅沼コーチ、そして昨年まで日体大柏サッカー部を率いた酒井直樹現U-18監督と、土屋選手のご両親、この日の晴れ姿に熱いまなざしが注がれました。

「自分の夢だったプロサッカー選手になることができて、本当に嬉しく思います。今まで支えてくれた家族をはじめ、多くの方々への感謝を忘れることなく、柏レイソルの勝利やタイトル獲得に貢献できるような選手になれるよう全力でプレーしていきます。これから応援をよろしくお願いします」。

今年は2度、レイソルトップチームの練習に参加。ボランチのポジションでプレーする機会が多くありましたが、高校ではセンターバックでもプレー。ネルシーニョ監督の前でも臆することなく自分の持ち味を発揮し、また先輩となる選手たちにも自分を高めるためにどんどん質問していったそうです。詳しくは今回も同席くださったゲキサカさんのサイトへ。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?341271-341271-fl

柏レイソルと日体大柏高校は、もともとU-18選手たちが通うなど近しい間柄でご支援をいただいていましたが、2015年からは、レイソルと日体大柏が共にプロ選手が一緒になってプロ選手輩出をめざすという相互支援契約を結び、より密接な関係性を築いてきました。それがついに実りました。布部GMは「今回土屋選手という素晴らしい選手と加入内定に至り、成果が出たことを嬉しく思っています。ただそれがゴールでなく、スタートとなって、土屋選手にどんどん続いていってほしい」とさらなるエールを贈りました。

土屋選手と日体大柏は、10月16日から冬の選手権大会千葉県予選を戦います。1回戦を突破できれば、いきなり千葉の横綱の一角、流経大柏戦です。こちらも要注目のビッグマッチ、大きなご声援をお願いいたします。

そしてレイソルは、今季初の4連勝を懸けて、サンフレッチェと対戦です。6月の対戦は0-1で敗戦、スコアこそ終盤の失点で惜しかったとも言えますが、試合内容は終始相手にボールを譲り、懸命に自陣を固める守備一辺倒の戦いを強いられました。ルーキーGK佐々木選手の奮闘もあり、1ポイントでも、という粘りを見せたものの、ディフィレクションがゴールへ決まるアンラッキーな失点で敗れました。

あれだけ自陣での時間が長くなると厳しくなります。あれから3か月たち、ネルシーニョ監督が伝えてきた戦い方、守備戦術が着実に浸透し、強固なディフェンス、カウンター、そして勝負強さ、勝利につながる成果がはっきり出ています。明日は間違いなく雨中戦、アウェイ戦以上のタフなゲームを覚悟しなければなりません。事故も起こるシチュエーションでもありますが、粘り強く、あきらめず、チームがこれまでのように同じ方向を向いて戦えれば、きっと成果は得られるはずです。広島とは勝ち点3差と並ぶチャンス、逃してはなりません!

今回のマッチデープログラム、インタビューは土屋選手から「走れるし、戦える選手です」と目標とする選手として名前の挙がった戸嶋選手です。こちらの動画も合わせてぜひご覧ください!

2021年9月13日

FC東京戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

前半9分の先制ゴールを最後の最後まで守り抜いて、リーグ戦3連勝。順位を13位に上げ、17位の徳島とは勝ち点10差の位置にまで進むことができました。

FC東京とは、1月のルヴァンカップ決勝、そして5月のリーグ戦と苦杯を味わってきました。ともに前線の強力な外国籍選手の突進を止められず、前半早々に失点し、試合の流れを変えられないまま終わってしまった。そんな試合でした。今日の試合、やはり相手のアタッカーたち、アダイウトン選手、レアンドロ選手、そしてお馴染みのディエゴオリヴェイラ選手がフルパワーで挑んでくる前半の立ち上がりをいかに凌げるか、まずはそこがポイントだと感じていました。

ネルシーニョ監督も「前回は我々の入りが非常に悪くてアラートに試合に入れていなかった。そういったこともあって相手に得点を許してしまうという経緯があったので、今節に関しては前回の教訓として入りからしっかりアラートにいこうと選手たちに再三声をかけていた」とより守備の意識を高めて臨むことを選手たちに求めていました。

そんな矢先、レイソルが最初のチャンスをしっかりものにしました。自陣でのボールカットから、ボールをつなぎ、クリスティアーノ選手へ。前線では相手の2センターバックと駆け引きして、細谷選手がちょうどのその間から抜け出すところへ、クリスから絶好のボールが入りました。「ラッキーなバウンドでした」と控えめだった細谷選手ですが、相手GKとDFのちょうど間へフルスロットルで走り込んだからこそ、先にボールに触り、ゴールへ懸命に戻る相手守備陣の脇を抜くシュート。U-20日本代表候補キャンプから戻ったばかりの初戦で、1トップとしての仕事を堂々果たしてくれました。

210912_mao.jpg

試合序盤の先制点だったからか、変に後に重心がかかりすぎることもなく、しっかり前から守備に行くという場面と、ブロックを強いて守備を固めるところ、またビルドアップからボールを繋いで攻撃に出ていくという意識も持ち続け、ゲームをしっかりコントロールしながら進めることができた前半でした。

210912_cris.jpg

210912_seg.jpg

210912_sac.jpg

後半開始から相手は選手を入れ替え、強烈な外国籍選手を下げても、永井選手や田川選手というスピードスターを投入し、レイソルの最終ラインの裏を幾度も突いてきました。これは、という決定的な場面、またシュートがゴールマウスを叩くという際どいシーンもありましたが、今日も選手たちは非常に献身的で、よく走り、球際も激しく、そして守勢に回る時間が長くなっても耐えられるという自信のようなものがついてきている、そんな感じすらある終盤戦でした。虎の子の1点を守り切っての大きな一勝、勝ち点3でした!

続く18日の広島戦、翌週のガンバ戦、今節時点の勝ち点差ではありますが、3ポイントで追う広島と、3ポイント差で追いかけられるガンバ、またしても大事な大事な6ポイントマッチが続きます。ここからまた上に上がっていくためにも、負けられない試合が続きます。

2021年9月11日

明日はアウェイ東京戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:笹原麻央

9月に入り夏の暑さも少しばかり和らぎ、選手達のトレーニングも夕方の時間帯から午前中に。季節の移り変わりを感じる気候になってきました。

レイソルは8月、どれも簡単な試合ではありませんでしたが、5試合を3勝1分1敗と勝ち越す結果で終えることができました。
中でも徳島、横浜FCという残留を争うチームとの直接対決を制することができたのは非常に大きなことで、現在降格圏との勝点差は7。少しずつ、着実に上の順位へ上がっています。

残りは11試合。ここからはこれまで以上に一試合一試合が大きな意味を持つ終盤戦となります。
そんな中で迎える明日のアウェイゲームの相手はFC東京。今年は1月のルヴァンカップ、5月のリーグ戦と2度対戦するも2連敗。特にホームで行われた第14節では0-4の敗戦。今季最多失点の非常に悔しいゲームでした。

リベンジを果たしたい東京戦へ向けて、監督や選手の囲み取材を聞いていてやはり必ず話題に上がるのは、東京の強烈なブラジル人トリオ。先述した試合も、レアンドロ選手は出場がありませんでしたが、前半早い時間帯にディエゴオリヴェイラ選手、アダイウトン選手の得点で3失点を喫したところから、立て直すことができずに苦しんだ試合でした。

KEN_8764.JPG

「3選手ともブラジル人選手は独特のプレーユーティリティを兼ね備え、相手チームにとっては脅威になります。ただ、我々としては前期のFC東京との対戦を踏まえて、入りからしっかりアラートに入ること、相手はなんといってもスピードが特徴のチームですので、相手のスピード、ストロングポイントをニュートラルにしながら相手にスペースを与えない。逆に相手が前がかりになったところで空けてくるスペースを活用しながら攻撃を構築していくことが我々の狙いですので、非常に白熱した良い試合になると期待しています」(ネルシーニョ監督)

さらに今週囲み取材に対応してくれた上島選手も、守備の重要さを語りました。
「僕たちディフェンダー陣が彼らをどこまで抑えられるかが重要になってきますし、無失点で抑えている時間が長ければ長いほどチャンスがあると思っています」。
今季2度目の3連勝へ向けて、選手それぞれが非常に強い思いを持って臨むこのFC東京戦ですが、上島選手はこの試合にもう一つ強い思いがありました。

それはFC東京のDF渡辺剛選手の存在です。
二人は中央大学の同期。大学4年時には堅守を武器に関東大学サッカーリーグ2部優勝に貢献。チームの4年ぶりの1部復帰に大きく貢献した2人でした。

kamijima_watanabe.jpg

「自分は一昨年去年とJ2でプレーしていたのに比べて、剛はJ1でコンスタントに出場して実績や経験がある。自分には無い特徴を持っていて、センターバックとして非常に良い選手だなと大学時代から思っていたし、今もそのリスペクトの気持ちは変わらない。ただ選手として負けているとは少しも思っていないし、それをこの試合で示したい。とても楽しみにしています」(上島拓巳)

大学時代から切磋琢磨し合ってきた二人の、プロでの対戦はこれが2度目となります。
1度目は2019年、日立台で行われたルヴァンカップグループステージでした。
私も二人と同い年なのですが、マネージャーではありますが大学サッカー出身であることもあり、学生時代から活躍していたこの二人の対決を当時は注目して見ていた覚えがあります。
IK3_3937.JPGIK3_3839.JPG

この試合はレイソルが逆転勝利を飾りましたが、東京の先制点は奇しくも渡辺剛選手が決めたものでした。
「選手として負けているとは少しも思っていないし、それをこの試合で示したい」
心の底からのリスペクトの気持ちを持ちながらも、戦友だからこそ負けたくないという強い気持ち。

明日、2人の出場があるかは分かりませんが、同時に出場となれば、拓巳のゴールで勝利を!なんて出来過ぎたシナリオを想像してしまいますが、、、
サポーターの皆様には、チームの勝利を願いながらも、上島選手の心に秘めるもうひとつの思いも重ねながら、試合を応援頂ければと思います。

明日はビジター席がございませんので、DAZNでの観戦をお願いいたします。
味スタにエールを送ってください!3連勝しましょう!
IK3_0293.JPG

2021年8月29日

横浜FC戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

立ち上がりから優位に進めて1-0とリード。しかし、一発のセットプレーで同点に。そしてクリスが勝ち越しのPKがまさかの枠外に外れてしまいました。

今日のポイントは、ここでどれだけ気落ちせずプレーできるか。そこに尽きると思って、試合を見ていました。今日のレイソルは、守備に追われたここ数試合と比べ、攻守にわたって見違えるようでした。だからこそ、焦らずやり続ければ必ず結果が出るはずだと信じられました。そして、こういう時のクリスは、必ず自分で借りを返してくれるとも。こういう時にこそやってくれる男だと。たしかそんなシーンが記憶にありました。いつだったかなぁ?という疑問は、オフィシャルライターの鈴木潤さんが試合後の会見で「2016年の鹿島戦で同じようなことがありましたね」と解き明かしてくれました。

210829_cris2.jpg

クリス自身も「ミスは起きてしまうものだが、私自身PKを外した後に集中力を切らしてはいけないと思っていた。前半も後半も良い形で攻撃が作れていたので、PKを外したからと言ってそれを全て台無しにするわけにもいかなかった」。決勝点の場面は、クリスが瀬川選手へ鋭い縦パスを送り、すばらしいトラップからキープ。「セガワー!セガワー!と大きな声で彼が分かるように呼んでいた」という声に瀬川選手が優しいベルベットパスで応えると、クリスらしい豪快かつ強烈な一発が柏熱地帯のゴールネットに突き刺さりました。

210829_cris.jpg

210829_cris3.jpg

横浜FCの選手が「今日はビルドアップで3バックの優位性を活かせなかった」と試合を振り返っていましたが、細谷選手、瀬川選手、そしてクリスティアーノ選手がコースを限定したり、プレッシャーをかけたり、それに中盤の選手が続いて、何度も前向きでボールをカット。そして得意のカウンターに結びつけていました。球際のファイトでも、前向きに走り出すスピード、運動量も相手に勝っていたように見えました。

ネルシーニョ監督もハーフタイムに「やれていることを継続すれば自ずと結果はついてくる」と選手たちを自信付け、後半戦へと送り出しました。「後半も、ゲームテンポと活力も衰えることなく、非常に良い入り方ができた。序盤からの選手たちの献身的な闘いぶりと仲間意識というものが今日の結果をもたらしたと思う。チームとしての今日の戦い方は勝点3にふさわしかったと思う」と胸を張りました。

210829_sachi2.jpg

誰もが勝者にふさわしい働きを見せていたことは間違いありませんが、でも今日は戸嶋祥郎選手を取り上げたいと思います。前線のプレッシングをうけて、判断良く、そして思い切りよく縦パスにアタックし、そのまま奪いきってカウンターへ。またレイソルのカウンターのピンチには懸命に帰陣して、相手に食い下がる場面も光りました。そして、瀬川選手の先制ゴールにつながるボレーシュートも放つなど、攻守にわたる大きな働きを見せてくれました。

210829_sachi1.jpg

去年の大きな負傷から復帰して、初めての90分フル出場。試合後の会見にはサチを呼ぶべきだと、真っ先に思いました。そこでこんな話がありました。「徳島戦を終えて監督から、1対1でボールを奪いきったり、ボールにチャレンジをするところができていない、本来はそこにお前の良さがある、と喝を入れられました。後がないと思い、より気を引き締めました」。

210829_nel.jpg

ネルシーニョ監督にも、サチについての質問が寄せられると、これほどの言葉が返ってきました。「祥郎は徳島戦が終わった後に、長期戦線離脱を強いられていた分、なかなかゲームに入れていない印象を持った。球際のところで、本来であればもう1歩2歩足が伸びるところで、もう少しアグレッシブに守備にいけるのではないかと話をした。1年近く足の複雑骨折で戦線離脱していた選手なので、「この現状を心配することない、ただただ思いきりやってほしい。毎試合自分の力の100%でやってくれ。それを積み上げていくことでしか、自信や技術的な部分・戦術感もリカバリーしていけない。60分でも70分も自分の力を出し切ってほしい、それがいつか100%になる」と話をした。今日は見事100%で90分戦いぬいてくれ、且つ非常にゲームの中でキーになる活躍をしてくれ、素晴らしい出来だったと思う。戦術的な理由で代えなければいけないことがあるかもしれないと伝えていたが、良い意味でこちらの期待を裏切ってくれた。非常に素晴らしい出来だったと思う」

そして、会見の順番を待つサチのそばを監督が通りかかると、直接こんな言葉も贈っていました。
「今日のお前は、オレの知っているサチだったぞ」。

210829_sachi3.jpg

2021年8月28日

明日は横浜FC戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

梅雨のような涼しい雨の時期がありましたが、また残暑が戻ってきました。徳島から戻ってきて、びっくりするような暑さに戻っていた柏は、昨日も今日も引き続き太陽が煌々と照り付けていました。8月最後は、3週連続ホームゲームのラストマッチ、横浜FC戦です。2年前にJ1に一緒に昇格して、そして今年は総力を挙げてJ1に生き残るため懸命に戦うライバルになりました。

210828_yfc.jpg

〇〇▲●〇
2チームの直近5試合の星取表はまったく同じです。レイソルは10ポイントを挙げて、少し順位を上げることに成功もしていますが、横浜FCも同じく勝ち点10を奪い、グランパスやガンバという強敵を破るなど、非常に調子を上げています。この夏、補強した外国籍選手が活躍。前節はシルバ選手、ヴィゼウ選手と新加入選手がアベックゴール、またドイツから来た188cmの大型GK、ブローダーセン選手の存在感も光っています。

ただ、レイソルのGKもJリーグに誇れるすばらしい活躍を続けています、キムスンギュ選手です。この5試合で言えば、0-0で首位フロンターレを久々の無得点に抑えた試合、先日のヴォルティス戦でも終了間際、相手のロングスローからの連続ピンチを身を挺して防ぎきりました。上り調子のチームについて「一番の理由は、選手たちが守備的な部分で安定感を持ってプレーできていることだと思います」と話します。ただ、DFたちの背中に、スンちゃんがいてくれる、という途轍もない安心感を与えているからこその結束した守備を展開できているのだと思います。

210828_kim.jpg

「GKにとって無失点という結果は非常に大きいですし、最近3試合のうち2試合が無失点というのは嬉しいです。ただ、今までの試合を振り返ると無失点の試合が少ないので、これからもっと無失点の試合を増やしていきたいです」。ここ数戦はチーム全体のディフェンス面での奮闘が勝ち点獲得を生んでいますが、ぜひ明日は、守備陣が落ち着いて守れるようなゴールをアタッカーたちに期待したいです。スンちゃんのインタビューが載ったマッチデープログラムはこちらです
https://www.reysol.co.jp/fileg/Vitoria419.pdf

明日のチケットは、AL席、AR席、MR席、そして柏熱地帯は完売となっています。ご購入ご来場ありがとうございます!まだSS席や、バックスタンド中央には多少残席がありますので、ぜひローチケでお買い求めください。またスタジアムでは、たくさんの実用的な新グッズを販売します。また「全選手対応のミニタオルマフラー」は封を開けて誰が出るかのお楽しみ、明日は通常より50円安く500円での販売となりますので、ぜひチャレンジしてみてください!クラブスポンサーであり、レイソルのグッズ制作販売を担っていただいている加茂商事さんがいろんな企画やグッズを毎試合ご用意いただいています。柏駅南口のKAMO柏店での販売や、店舗でのレイソルポスター配布もありますので、ぜひそちらにもお立ち寄りください。

2021年8月26日

徳島戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

守備の時間が長く、肉体的にも精神的にも本当に厳しく辛い試合でした。ボール支配率はレイソル33%、ヴォルティス67%。これを乗り越えられたのは、やはり瀬川選手のゴールがチームを勇気づけてくれたこと、そして、残留争いの直接のライバルである徳島を相手にリードし「絶対にものにする」という6ポイントマッチへの重みがあったからでしょう。非常に価値ある勝ち点3を勝ち取りました。

210825_df.jpg

徳島は、巧みなパスワークやポジショニングで、ボールポゼッションするスタイルが明確でした。レイソルは、まずビルドアップからいかにプレッシャーを与え、そして自陣でのスペースをいかに消しながら入ってくるボールを跳ね返すか。大きなタスクを担ったのは、2トップに入った瀬川選手と細谷選手でした。瀬川選手は「二人ともスピードがあるタイプなのでプレッシャーをかける部分は意識した。僕たちが5-3-2で守っている外側で(相手が)パス回しをしてくる分にはあまり怖さはなかったし、それにストレスを感じないように、僕たちはボランチの選手が触らないように守備をしていた」。

チームとしての戦い方、まずは守備からという意志がしっかり共有、浸透していたことがわかる言葉です。そこから効果的なカウンターがなかなか出せずとも、我慢してそれぞれのタスクを実行し続けました。そして前半38分、千載一遇のチャンスをものにしました。相手のビルドアップにプレッシャーをかけたところで、相手GKのパスミスを瀬川選手がカット。ビッグチャンスではありましたが、ペナルティエリアの外で、ゴールまでの距離はかなりありました。

「まずボールを持った時にクリスの声が聞こえていて。クリスにパスを出そうかなとも思ったんですが、気付いたらシュートを打ってました(笑)。自分に寄せてくるDFがどのように切ってくるかという部分と、GKは焦ってファーを切ってくるだろうと思っていたので瞬間的にニアを狙った。上手くGKの逆を突いて決めることができてほっとしています」。あの瞬時に自分と味方の位置、そして相手との駆け引きもしながら、ゴール隅へ丁寧に決めたシュートの正確性。「FWの人にはお願いしていました(川口選手)」。そして「ナオキに、ゴール決めたらやってね」と言われていましたという、川口選手次男誕生へのゆりかごダンスをプレゼント。「ここ徳島は、2年前のアディショナルのゴールもあったし、ザスパの時にもアシストを決めたし『持ってる』のかもしれないですね」と鳴門のスタジアムで再びの見事な活躍でした。

210825_seg.jpg

210825_yuri.jpg

ただ、本当に厳しい戦いを強いられたのはここからでした。徳島が攻勢を強め、レイソルは跳ね返してカウンターを狙っていく、その構図が強まっていきました。川口、クリス、椎橋と立て続けに3選手がイエローカードを受けたものの、それだけ球際激しく、ピンチを防ごうとした証拠でもあります。疲労の見える選手をフレッシュな選手に入れ替え、ネルシーニョ監督もゲームボリュームを維持しようと使えるカードは次々と切っていきました。最終盤で川口選手が足を攣らせた場面は一体どうなるんだろうと心配しましたが「僕はアクエリアスを飲むと、復活できるんです」と再びピッチに戻り、最後の最後まで相手に食らいつく素晴らしい守備で貢献してくれました。

210825_kawa.jpg

後半43分、レイソルのペナルティエリアの攻防。密集からの至近距離からの連続シュート。ここに立ちはだかった韓国代表、キム・スンギュ選手のビッグプレーが最後に勝利を引き寄せました。苦しんだ分だけ、大きな喜びがある。耐え抜いた選手たちから歓喜と安堵がありました。

210825_kim.jpg

この残留争いの中、懸命なのは我々だけでなく、他のチームも同じです。夏の中断期間を境に、レイソルと同じようなペースで勝ち点を重ねています。次節も6ポイントマッチ、横浜FC戦です。この日はガンバを3-1で破る快勝でした。この強敵を日曜日に日立台で迎え撃ちます。チケットはまだ残席があります、ぜひスタジアムで選手たちを応援ください!!
https://www.reysol.co.jp/ticket/next/#0829