2020年10月18日

湘南戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

201018mika.jpg

立ち上がりの失点からも、落ち着いて試合のリズムを掴み、クリス→オルンガ選手のセットプレーで前半のうちに同点に。そして後半開始から投入された神谷選手が強烈なシュートを放つと、ミカのプレスで奪ったボールを江坂選手がGKを引き付けての完璧なラストパス。古巣相手に「前日から少し眠れないぐらいに気持ちが入ってきた」という言葉とは裏腹に、神谷選手がまさに「流し込む」というパスのような柔らかなシュートで逆転します。

201018esaka.jpg

201018yuta.jpg

201018goal.jpg

今日は、コロナ禍の中、レイソルサポーターにとって初めてビジター席を設けられてのアウェイ戦。見慣れたイエローの段幕がゴール裏に所狭しと並べられ、久しぶりの太鼓による応援で、選手たちは後押しを受けました。そしてミカの高さと決定力、クリスが加わったパワフルな前線、そして前線からの守備。レイソルのストロングポイントが遺憾なく発揮され、ここまでは狙い通りの展開でした。

201018sup.jpg

そして3点目を奪って勝利を決定づけようとさらに前に出たレイソルでしたが、監督や北爪選手の言葉によると、縦に急ぎすぎてしまい、もっと落ち着いてボールを握りながら攻めることも必要だった、と。前線へのロングボールが増え、そのセカンドボールを中盤がなかなか拾えない。ボールが行き交う展開になり、湘南のストロングポイント、走力が優位になる状況でした。相手も0-1など僅差で勝ち点を逃す試合が続き、それでも折れずにこの試合に懸ける執念を見せられた終盤でした。

2失点目、3失点目とも、レイソルは守備の陣形を作って待ち構えてはいたものの、球際で潰しきれず、背後を取られてひっくり返されると、フリーのシュートを許してしまいました。守備を頑張ろう、何とか粘ろうという思いがピッチ上からひしひしと見えていました。連戦が続き、疲労や消耗との戦いも非常に厳しい。ただ、それでも何とか踏ん張って勝ち点3を持ち帰らなければいけない試合でもありました。同じような展開で落としてしまった鳥栖戦の教訓、もう一度思い返さなければなりません。この頑張りを何とか結果に。来週は水曜の試合がなく、しっかり静養と準備を整えて、目下4位、8ポイント差で追うガンバ戦を戦います。

201018df.jpg

201018nel.jpg

2020年10月17日

明日はアウェイ湘南戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:笹原麻央

8試合を戦う10月も明日で5試合目。明日の湘南戦を終えると、久しぶりに水曜に試合のない1週間がやってきます。しかしルヴァンカップ決勝に向けて本当にたくさん取材のご依頼を頂いており、来週は取材で大忙しの1週間になりそうです。またお知らせできるものがありましたらお伝えいたしますのでお楽しみに!

まず初めに、昨日戸田伊吹選手、田村蒼生選手、中島舜選手、揖斐俊斗選手、田中隼人選手、近野勝大選手の合計6名の柏レイソルU-18所属選手のトップチーム登録をお知らせいたしました。今季は既にGK佐々木雅士選手とDF大嶽拓馬選手が登録されておりますので、合計で8人が登録されることとなりました。
トップチームに怪我をしている選手も多いですので、出場のチャンスはあるはずです。このチャンスを是非活かしてほしいと思います。
彼らが戦うプレミアリーグ関東は、4節を終えて1勝2敗1分。厳しい戦いが続いておりますが、この難しいシーズンのイレギュラーな大会でも3年生にとっては高校最後の大舞台。残りは3試合となりましたが、最後まで悔いなく戦ってほしいと思います。
IMG_4625.JPGIMG_4590.JPGIMG_4577.JPG

さて、明日はアウェイで湘南ベルマーレと対戦します。湘南とはルヴァンのグループステージを含め今季3度目の対戦。レイソルが2勝していますし、良いイメージで試合に入れるのではないでしょうか。
さらに明日は、このコロナ禍で初めてレイソルサポーターがアウェイ戦を観戦できる試合となります。ここまで今季はカップ戦も含めて、アウェイで7勝3分3敗と好成績を残しています。そこにサポーターの後押しが加われば、選手たちはさらに力を発揮できるに違いないでしょう。現地に行かれない方々も引き続きDAZNでの応援をよろしくお願いいたします。
現地へ来られる方も、まだまだ制限はありますのでこちらをご確認いただき、安全に観戦をして頂けたらと思います。
https://www.reysol.co.jp/news/event/033596.html
IK3_7167.JPGIK2_3342.JPG

そして、「プレーヤーズユニフォーム型クッション」「プレーヤーズユニフォーム柄マグカップ」の受注販売の締切が明日18日となっております。ご希望の選手をお選びいただける、ネーム・ナンバー入りの完全受注生産品となります。まだご注文されていない方、是非お好きな選手のグッズを手に入れてはいかがでしょうか。
https://www.reysol.co.jp/news/goods/033553.html
C18E765D-B5AD-451A-BD98-E8D41B011D07.jpeg7E841D62-651E-411E-9FAF-57753E0C5E42.jpeg

明日も低い気温が予想されますので、スタジアムにお越しの方は暖かい服装でいらしてください。リーグ戦も2/3を終え終盤へと差し掛かっていきます。まだまだ上を目指せる位置にいますので、一戦一戦上を目指して戦っていきましょう。
明日も熱い応援を、よろしくお願いいたします。

2020年10月15日

浦和戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

9月、レッズとフロンターレの試合をテレビで見たときに、立ち上がりからレッズがアグレッシブで速いテンポに巻き込むようなサッカーをしていて、フロンターレを押し込んでいたのがすごく印象的でした。その時とはメンバーや戦術ももちろん変わったりしているとは思いますが、そういう個も組織も整ったレッズを相手に、前半のレイソルはボールをしっかり握って、連携して敵陣に繰り返し入っていくところはすばらしかったですし、前半で1点を取れればという好リズムの中で、41分に相手を駆け引きしながら背後をとった江坂選手と、裏への動き出しを見逃さなかった三丸選手の息の合ったプレー。そして見事な切り返しから、ニアを射抜いたシュート。それはすばらしいゴールでした。

201015_ataru1.jpg

201015_ataru2.jpg

201015_ataru3.jpg

もちろんレッズも後半からさらにエンジンをかけて、我々のゴールに向かってきました。14分、同点に追いつかれた場面。相手にヘディングされた瞬間、川口選手がラインを上げ、江坂選手にボールが触れていないとすれば、ポストに跳ね返ったボールにプレーした選手はオフサイドポジションにいたように見えました。「中央 5 ヘディングS ポストかえり 24 ↑ 30 シュート」という公式記録によれば、江坂選手がボールに触れていないことになっています。映像をじっくり見返せばそういう情報が見えてきます。あの混戦の中で、誰がボールに触った、どこに立っていたのか、プレーに関与したのか、ということを、2人の4つの目で見極めるのは非常に難しいことだと改めて思いますし、そうしたレフェリーのサポートをするためのVARがコロナ禍を経て、安全に導入されることを願います。

「相手は3トップのような形で高い位置をとってきた」というところでネルシーニョ監督は山下選手を投入し、3バックに変更。守備を安定させ、そしてミカやクリスのスピードやパワーを起点にカウンターで相手ゴールに迫りました。一方でレッズのカウンターも鋭く、最終ラインが1対1で対峙するようなピンチが何度もありましたが、そこはスリーセンターバックを中心に、最後まで失点を許さなかった守備は評価に値するものだと思いますし、連戦が続くタフな試合のなかで良く戦い抜いたと思います。

次節は、日曜日。アウェイでの湘南戦です。この試合はコロナ禍で初めてレイソルサポーターがアウェイ戦を観戦できる機会です。今季はカップ戦も含めて、アウェイで7勝3分3敗と好成績を残しています。チケットは、明日15日正午から発売です。ここまでアウェイ戦は、ホームサポーターに囲まれて、ある種孤独な戦いでしたが、次はサポーターの皆さんの拍手や後押しがあってとても心強く戦えます。引き続きのご声援をどうぞよろしくお願いいたします。

2020年10月13日

水曜は浦和戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

横浜FC戦、ルヴァンセミファイナル、そして神戸戦と公式戦3連勝中、クリスの復帰が弾みをつけてくれたことでしょう。いい形で10月のスタートを切ることができました。1週を除いては、毎週ミッドウィークの試合があるタイトなスケジュールが続いています。欠場する選手をかわりの選手がカバーし、誰が出場しても同じようなクオリティーを保ちながら戦えています。

迎え撃つは浦和レッズです。7月のアウェイ戦では4-0と胸のすくような勝利をおさめたものの、先制するまではレッズに相当攻め込まれる厳しい試合でした。完封勝利に貢献した大南選手も「前半のピンチをGKを中心に防げたからこそ勝利になった戦いでした」と振り返ります。一方で「そういう粘り強さは僕らの強みでもあるし、自分の得意とするところ。今回もピンチが来ると思うので、そこで抑えられるかが鍵になると思います」と、守備での踏ん張りでゲームのリズムをつかんでいきたいところです。

201014_takuma.jpg

アウェイ戦で見事なヘッド!勝利を大きく引き寄せた仲間隼斗選手のマッチデープログラムムービーもアップしていますので、ぜひご覧ください!

現在「プレーヤーズユニフォーム型クッション」「プレーヤーズユニフォーム柄マグカップ」の受注販売の受付中です。あなたのお好きな選手のネーム・ナンバー入りをセレクトしてご注文をいただけます。今週末の18日日曜日が締め切りとなっております。KAMO柏店、もしくはオンラインショップ( https://www.reysol-online.jp/s/pages/order2020.aspx )にてお申込みいただけます。ぜひこの機会にお好きな選手のアイテムをお買い求めください!!
https://www.reysol.co.jp/news/goods/033553.html

fe2d8a2a5f95852668869566f84c0aed.jpg

201003_cushion.png

201003_mugcup.png

2020年10月10日

神戸戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

201010_aflac4.jpg

ミカとアタルが複数得点のダブルダブルで4-0。開幕の札幌戦を思い出すとともに、しっかり守備を整えて逃げ切ってほしいと思っていたところからの3失点。2月よりももっと冷や冷やする終盤になりましたが、イニエスタ選手擁する神戸の攻撃をすべて止めるのは簡単ではありませんし、中5日の相手に対し、ルヴァン準決勝の死闘から中2日で、立ち上がりからフルスロットルで戦い、最後までリードを守り抜いたのですから、その戦いぶりを称えたいと思います。

どちらが多く得点を獲るか。サッカーのシンプルなルールで競い合った、そんな試合でした。イニエスタ選手を経由してレイソルゴールに迫ってくる相手を食い止め、生み出したチャンスを逃さなかったのがレイソルでした。1点目、江坂選手を起点に、復活したクリスからのクロス、「相手の競り合いで腕も使いながら相手のバランスを崩し相手より先に体を入れた」と振り返ったミカ、強靭な肉体で競り勝ち、なおかつ低い体勢、頭で合わせる、非常に高度なゴールでした。

この日、一番きれいな形だったのは、2点目の江坂選手のゴールだったと思います。多くの選手が絡んだゴールだから選びました。自陣大南選手からのくさび、江坂選手からの落としは少しずれたようにも見えましたが、三原選手がサポートして、ダイレクトパス。抜群のタイミングで駆け上がり「マー!!」と右サイドを駆け上がる川口選手へすばらしいパスが届きます。ペナルティエリアには4人が飛び込み、これは決まる、と予感しました。

「クリスがニアで潰れてくれた。こぼれてくるかなと思って走り込んだら本当に流れてきたので押し込むだけだった。良いランニングがクリスと2人でできた」。ボールを動かし、縦につけて、スピードアップしながら、多くの選手が絡んだ江坂選手のゴール。これは本当にすばらしいゴールでした。前半最後には、神谷選手が角度のないところからでもシュートを放った積極性が実り、最後はミカがプッシュ。後半に入り7分には、ルーズボールの競り合いから、江坂選手が左足を一閃。札幌戦を見るようなシュート、そして展開でした。

201010_aflac5.jpg

ただ、ここからイニエスタ選手が本領を発揮します。彼が、バイタルエリアで前を向くと、ほとんどがチャンスになり、決定的な仕事のできる世界的な選手であることを今日も証明しました。そのおぜん立てを受けて、仕事を果たしたのは日立台に戻ってきた田中順也選手。今日が復帰戦という状況ながら、落ち着いたシュートで連続得点。日立台で聞くDAZNの下田アナウンサーの「たなかじゅんやー」が、最初はどこか懐かしく、でも2点目で試合がわからなくなり、87分にはイニエスタ選手のPKで1点差。高橋峻希選手が2枚目の警告を受けるアクシデントもありながら、最後はボールを敵陣に運び、時間を使いながら、なんとか勝ち点3をもぎとりました。

今日はアフラックデー。試合前には笠井信輔さんとヒデさんによる「柏熱生配信」で、この試合を盛り上げてくださいました。小児がんへの理解や支援の輪をひろげるツイッターキャンペーンにも多くのご参加をいただきましてありがとうございました。この試合を見てくれたお子さんたちやそのご家族のみなさんに、今日のレイソル選手たちのプレーや勝利で、少しでも力を届けることができたら幸いです。

201010_aflac1.jpg

201010_aflac2.jpg

201010_aflac3.jpg

2020年10月 9日

明日の神戸戦はアフラックデー

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

まず、台風接近で心配される天候です。本日時点では、あす土曜日に予定通り開催する予定で準備を進めています。当初の予報にくらべて、台風の進路が大きく東へ進む予報に変わりました。ただ雨量や強い風には引き続き警戒の必要がありますし、太平洋側の地域のみなさまはくれぐれもご注意ください。もし急な天候悪化や交通機関のダイヤによって、試合開催についての急な変更があった場合は、レイソルの公式サイトやツイッターですみやかにお知らせします。

明日のヴィッセル神戸戦、今季、みなさまが最も楽しみにされてきたホームゲームのひとつだと思います。イニエスタ選手の存在感が、近戦とくに際立っています。三浦淳寛監督にスイッチしてから4連勝、4試合で12点、そのうちイニエスタ選手が3ゴール3アシスト。明日は雨予報ですが、さらに彼のテクニックが際立つのか、一方でレイソルのフィジカルや守備の力強さ、スピードが上回るのか。レイソルはルヴァンカップ決勝進出の勢いをさらにリーグ戦で加速させたい、ここからのホーム2連戦です。レイソルにもヴィッセルにも、古巣対戦の選手が多くいます。そのひとり、三原雅俊選手はアウェイ戦で劇的な決勝点をマーク、その時の裏話もあったインタビュームービーもぜひご覧ください。

明日は「アフラックデー」の開催です。レイソルの選手たちの背中、ユニフォームスポンサーとして長年のご支援をいただき誠にありがとうございます。毎年さまざまな企画でサポーターのみなさんを楽しませていただいていますが、今年はコロナ禍のなかで、小児がんの子どもたちとそのご家族が抱える課題を広く社会と共有し、小児がんへの理解や支援の輪を広げていきたいという想いから、新しいイベントを実施くださいます。
アフラックデー特設サイト:  https://aflacday.com/

201009_aflac.jpg

まず、YOUTUBEライブ配信です。15時キックオフの前、13:45からYOUTUBEで「柏熱生配信」があります。アフラックの新CMに出演するフリーアナウンサーの笠井 信輔さんに加え、「ペナルティ」のヒデさんが出演。笠井さんは、最近の日立台にわざわざお越しくださって、レイソルの試合をご観戦。報道出身のアナウンサーさんらしい"事前取材"もいただいて明日を迎えます。ヒデさんは言わずと知れた芸能界屈指のサッカー通、サッカーの名門市船出身で、相方のワッキーさんとともにサッカー界を盛り上げて下さっています。試合前、ウォームアップに登場する選手たちの様子も生配信される予定です。スタジアムに来られた方も、自宅応援の方も、ぜひYOUTUBEでイベントをお楽しみください

また「ひろげよう小児がん支援の輪 Twitterフォロー&リツイートキャンペーン」も実施中です。

レイソルの公式ツイッターをフォローし、この投稿をリツイートいただいた方に、抽選でサイン入りレプリカ、色紙、キーチェーンが合わせて50名様に当たるチャンスです。小児がんを経験された子どもたちや、がんで親を亡くされた子どもたちを支援する奨学金制度を、より多くの方に知っていただき、支援の輪を広めようという取り組みです。みなさんのリツイートが、皆さんの知人友人を救うことになるかもしれません。ツイッターを利用の方は、ぜひご協力ください!
https://www.aflac.co.jp/corp/mesena/mesena_kids_02/

2020年10月 8日

ルヴァン決勝進出

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

201007_vit.jpg

「監督から、技術ではなく気持ちだと言われた」。試合後のオンライン会見で大谷キャプテンがそう明かした通り、ファイナルに行きたいという思い、気迫、執念で相手に勝ったのだと思います。これだけ攻め込まれながら、最後の最後まで守り切れたのは、11人と4人の交代選手、さらに3人のリザーブとチームスタッフ、そしてスタジアムには来られなくともレイソルを信じて応援してくださったみなさんの気持ちがあったからこそです。7年ぶりのカップ戦決勝戦に勝ち進みました。

立ち上がりから攻め込まれ、ヘディングシュートがレイソルのゴールマウスを叩くピンチもあったなか、11分にセットプレーのチャンスをものにします。CKを蹴ったクリスのふわりとしたボールが、大外から飛び込んでいく選手の軌道が見えて、決まる!と思った通りでした。山下選手にとってレイソルでの嬉しい初ゴールが、値千金の決勝ゴールになりました。「クリスが復帰してから、練習の中でも(セットプレーから)良いゴールが生まれていたのでチャンスはあるかなと思っていた。案の定良いボールが来て、決めることができてよかった。自分の1点で決勝に行けるというのは非常に嬉しく思います」。

201007_yama.jpg

試合速報ツイッターでゴール時にアップするGIF画像を用意しています。笹原広報が「いつも前線の選手は事前に準備しているんですけど、今日は山下選手の画像を用意していたんです。何かゴールを決めそうな気がして」。勝つときというのは、何か予感めいたことがふと降りてくるのかもしれません。

ただ、ここからが本当の戦いでした。これまでの今季2度の対戦でマリノスのクオリティの高さは身をもって体感していた選手たち。先日、大谷選手が取材の中で「マリノスと対戦したチームは、みんな速いテンポでゲームをさせられる。じっくり運びたいフロンターレですら、いつもより少し速くなっている」。ボールを動かすスピードやテンポ、出した選手がさらに違うスペースを取りに行き、それに連動してもっと多くの選手がスピードを上げて動く。そして休まない、リスタートが非常に速い。このテンポで90分間やり続けられるのがマリノスの凄さであり強みです。そうして疲弊してやられたのが、9月27日の試合でした。今日も5-4-1の守備陣形でスペースを埋めながら、どんどん動いてくるマリノスの選手を捕まえるという難しいタスクに直面しましたが、全員が足を動かし、身を挺し、声を張り上げ、競り合って、相手の波状攻撃を食い止め続けました。

201007_tani.jpg

その努力を、完封という形で勝利に結びつけたのは、GKキムスンギュ選手の数えきれないほどのビッグセーブでした。あれだけのチャンスを作り、シュートを放った相手側からすれば、どうして決まらないんだと思うしかないほど、神がかっていました。でも当の本人は自分のプレーに徹しただけ、とばかりにいつも通り沈着冷静なコメントでした。でもそれが逆に頼もしくもあります。「個人的に決勝に行きたい気持ちが非常に強かったし、チームとしても決勝に行くための準備を続けてきた中、いい結果を得られてとても嬉しく思います。今日はラインコントロールを注意して戦おうとDF陣と話していたし、高いラインを保ったときは相手も狙ってくるので、裏へのボールへの対応や、相手の前線の動きを後ろからしっかりコーチングして、みんなといい守備ができたと思う。」

201007_kim.jpg

「彼の今日の役割・活躍というのは決してサプライズではない」。監督がスンギュの評価を求められて発した言葉。彼ほどの選手なら、今日のプレーはスタンダードだ、監督もスンギュも表情を大きく変えることなく、当たり前のように今日を振り返ったことがとても印象的でした。

201007_vit2.jpg

2013年、改装前最後のナビスコカップで優勝したシーズンを最後に、国立競技場が改修に入り、今年あたらしく生まれ変わりました。旧国立最後のリーグカップに優勝し、新しい国立での幕開けの決勝戦で優勝のチャンスを握っているのは、我々柏レイソルだけです。レイソルにしかできないことを果たせるチャンス。ファイナリストとして過ごせるこの1か月は、本当に誇らしく、嬉しいことです。さっそく明日、Jリーグと対戦相手のFC東京と、ファイナルに向けてのオンラインミーティングがあります。Jリーグでたった2チームしか参加できないことに、我々が臨んでいることを誇りに感じます。新国立ですばらしい景色が見られるように、また明日からリーグ戦の戦いに戻ります。