2021年12月30日

1年間ありがとうございました

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

2021年は残すところ、あと2日だけとなりました。コロナ禍での2シーズン目、観客制限が少し解かれ、徐々にこれまでのJリーグが戻ってきたというシーズンでした。その中、レイソルはリーグ戦15位。4チームが降格するというイレギュラーなシーズンで、8戦無勝利で18位まで順位を落とした時期は本当に苦しかったですが、残留争いでの直接対決で勝点3を獲り、相手に勝点3を与えず、なんとかJ1残留を果たしたという1年でした。チーム内から上がっていた「本来、目指していたところではなかった」という声のとおり、当然、満足のいく結果ではありませんでした。

このシーズン、レイソルで一緒に戦ってくれた多くの選手がチームを離れることになりました。日々、そして毎試合、一緒に過ごしてきた仲間ですから、サポーターの皆さんと同じように、当然寂しい気持ちでいっぱいです。リリースを準備する作業、相手チームの広報さんとのやりとりは、加入退団、両方のケースでの気持ちをお互い分かっているだけに、いつも複雑な気持ちです。退団や移籍、契約延長に際しては、契約満了となって退団となる場合もありますし、そこで契約延長の話し合いをもち、まとまることもあれば、新天地を求める場合もありますし、他クラブからのオファーが届くこともあります。選手それぞれが考える自分のキャリア、サッカー観、環境を変えてチャレンジしたい、例えばそういった思いに沿って、選手はどの道を進むのかという決断をしていきます。それぞれ個々のケースについて伝えることはできませんが、レイソルでプレーしてくれた選手たちのこれからを応援したいという気持ちは、以前も今も僕は変わりありません。

セレモニーや別れの場を設けてほしい、という声は深く受け止めています。強化担当のスタッフとも話をしました。もちろん、その時の状況下で実施することが難しいこともあります。もし状況が許すなら、選手の希望や気持ちを尊重をしたうえで、ありがとうを伝えたいというサポーターの皆さんにとっても、よりよい形にしていきたいと思っています。至らないところがあり、申し訳ございません。昨年から続くコロナ禍で、チーム内での感染予防、接触を減らすというところにチームは注力してきました。外部やメディアの方との接触も極力控えてきました。一方、広報としての矢印がクラブの内側内側に向いてしまったという反省が大きくあります。もちろん、来たる試合に関わるような負傷の情報などは、監督やチームの考えに基づいて、これからも慎重に対応させていただきます。ただコロナを取り巻く状況も変わりつつあり、矢印を少しずつでも外へ、サポーターの皆さんへと向けていきたいと思っています。

先日、瀧川社長からのご挨拶を掲載させていただきました。
タイトル獲得の裏でJ2降格もあったなか、『余りに振れ幅の大き過ぎた歴史から学ばなければならないこと。それは「常にJ1で戦い続けられる経営とチームづくり」を目指さなければならないということだと思います。自らの身の丈を知るところから始め、取り組まなければならない目標だと思っております。当然ながら、挑戦は大切です。しかし勢いだけにまかせた背伸びであってはならないと思っております』。財政状況を整え、その上でチームの強化に努めていく。規模は小さくとも、できうる限りのチーム強化を続けていくという姿勢に変わりありません。ただ自分たちが持っている資源以上の無理が祟ってはいけない、足元を見ていかなければいけない。先の栄光を見る前に、今は目の前のひとつひとつの試合にこだわっていく。そういう方針をご理解いただくためには、レイソルが来シーズンにその姿勢を見せなければいけません。

今年はサポーターの皆様には悔しい思いばかりをさせることになりました。オフシーズンも多くのご心配をおかけしています。クラブを離れる選手もいますが、でも新しくレイソルでプレーすることを選んでくれた選手たち、アカデミーを経てトップチームに上がってきた選手も多くいます。これからも引き続き、選手たちへの後押しをどうぞよろしくお願いいたします。今年1年、ありがとうございました。

2021年12月 4日

今季最終戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

まず、今日は「柏ホームタウンサンクスデー」ということで、先日市長に就任された太田和美柏市長がスタジアムにお越しくださいました。試合後にはレイソルやサポーターの皆様に向けてもお言葉をいただきました。
「今日は絶好のサッカー日和の中、最後まで皆さんと一緒に観戦させていただきました。最後まで精一杯戦った選手の皆さん、サポーターの皆さんには心から敬意を表させていただきます。また日頃より柏レイソルの皆さんに対しては、健康増進、青少年健全育成、チーム活性化など、市政に多大なるご協力をいただいていることに御礼を申し上げます。今日でJ1リーグが全て終了しましたが、来季に向けて、選手、スタッフ、サポーターの皆様、心を一つにして柏から世界を目指していきましょう」

今日の最終戦。日立台に多く足を運んでいただいた皆様に、勝利をお届けすることができませんできず申し訳ありませんでした。前半は0-2のビハインドで、システムを変え、選手を入れ替え、そして何より「ボールが全然前につけれていない。もっと勇気を持って、ミスを恐れるな」とネルシーニョ監督からの檄。後半早々に2連続得点。相手と同じシステムに合わせ、前へ前へという意識が強まり、最近見せている大南選手の迫力満点の攻撃参加から、戸嶋選手がゴール左隅へのファインショット。さらに左サイド三丸選手のクロス、ペナルティエリアの混戦から、サヴィオ選手らしいボールテクニックからのゴール。正直、望みを感じられなかった前半から一変して、黄色く埋まった日立台らしい迫力の同点劇は、今日のハイライトでした。

ただ、いい時間を長く続けることはできませんでした。「2失点に絡んでしまった」という戸嶋選手はそれを取り返そうとゴールで結果を返したものの「2点取った段階で自分たちはもう1点を取って勝ち越そうと思ってやってはいたけれど、チャンスもある中で決めきれなかった。どこかで無意識に(同点になったことで)落ち着いてしまったところがあったのかなと思う。監督からも(プレーが)後ろ向きだったと言われて、そこで圧力が弱くなってしまったり、決定機を外してしまったことで相手に突き放されてしまった」。

古賀選手は「3点目をとるチャンスもあったし、上手くはめていきながら良い形でボールを奪うことは何度かできていた。決めきるところはもちろん大事だし、ああいった時間帯に点が取れない時こそ、後ろがもっと締めなければいけなかった。3バックでも4バックでも、上手くフリーマンを作りながら剥がしていくという作業をやれていなかったし、そこを意識的にやっていくことがもっと今のチームに必要だと思うし、ポジショニングひとつで解決できることにもっと目を向けなければいけない」と終始険しい表情で試合を振り返りました。

最後のセレモニーについても「サポーターの皆さんの反応は当然の反応だったと思うし、僕ら選手たちからしても今年の1月にルヴァン優勝を逃してから、タイトルを獲るためにシーズンをスタートしたのにこの結果なので、本当に申し訳ない気持ちが強い。不甲斐ない試合を多く見せてしまったことは責任を感じている。ただそれでも会場に足を運んでくれたサポーターの方は本当に多かったので、来シーズンこそ、簡単にタイトルを獲れる状況ではないけれど今年よりもより上に、少しでも向上していく姿を見せなければいけない」とゲームキャプテンとして、チーム最多出場の選手として、この直面する現状とサポーターの皆さんへの思いを話しました。

瀧川龍一郎社長からは、この大変なコロナ禍でサポーターやスポンサー、ホームタウンの皆様をはじめレイソルを支えてくださった方々への感謝、そして1年間戦い抜いた選手やチームへの労いを伝えました。また来季、ネルシーニョ監督が引き続き指揮をとることもお伝えさせていただきました。続けて「来年はレイソル創立30周年の節目の年でもあります。この30年間、本当に多くの皆様から温かいご支援を頂いてここまで成長することができました。別の場でもお伝えしてまいりますが、まずはこの場をお借りして御礼申し上げます。コロナもあり先行き不透明な時代ではありますが、もう一度足元を見つめ直して、皆様とともにしっかりと新たな一歩を踏み出してまいりたいと思います」とご挨拶させていただきました。

サポーターの皆様からの厳しい言葉を頂くことも当然で、当初の目標とは異なる不本意なシーズンに終わりました。30周年の来季に向けて、これまで歩んできた道を振り返り、反省し、自分たちの立ち位置を見つめ直し、ここから進んでいく道をお伝えしていきたいという思いです。十分ではないかもしれません。満足のいくものではないかもしれません。それでも、レイソルが進んでいくために考え抜き、それを追ってお伝えしていきたいと思います。

少しでも恩返しを、という思いは選手やスタッフも持っています。明日はファンクラブ会員様向けと限られてはいますが、サッカー教室を開催します。「今年はなかなかファンの方たちと触れ合うことが難しかったので、何か子どもたちに」と北爪選手が発してくれた思いを、少しでもお届けできればと思います。10人以上の選手に加え、松原コーチがプログラムを考え、井原ヘッドコーチや栗澤コーチ、井上GKコーチ、岡村テクニカルスタッフと楽しいサッカーの時間を過ごしていただけたらと思います。写真や動画でその様子をお届けしたいと思います。明日10時前からレイソルのSNSをご確認ください。

最後にはなりましたが、改めまして、今シーズンも柏レイソルへのご声援、温かい気持ちをいただいて大変ありがとうございました。

2021年12月 3日

明日は最終戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

いよいよ明日、今季最終戦の日を迎えることになりました。ホーム側のチケットは全て完売、J1残留も決まった後の試合ではありますが、こうして多くの皆様にスタジアムにお越しいただけること、本当にありがとうございます。明日は「セブンパークアリオ柏 エキサイトマッチ」として、先着2000名の方を対象に、空くじなしのプレゼント抽選会が実施されます。お買い物クーポンや、柏熱地帯裏のスタジアムイラストが描かれたオリジナルクッションが当たるチャンスです。また大好評の全選手対応グッズ、今回はオンラインではなく、スタジアムでのガチャガチャにて販売です。「つながるアクリルキーホルダー」。お目当ての選手の商品、お財布と相談の上でぜひチャレンジください

イベントのお知らせはこちらです
https://www.reysol.co.jp/ticket/next/#1204

今になって、大分との試合を振り返ると、運命の分かれ道になった試合の一つと言えます。4月、敵地での1-0の勝利。神谷選手のPKが防がれるも、江坂選手がプッシュして先制。一方、勝ちが見えてきた終了間際には逆にPKのピンチ。ここでキム・スンギュ選手が神がかった今季随一のセーブと、守備陣の懸命の踏ん張りで勝ち点3を得ました。現在勝点41のレイソルは、もしこの大分戦で引き分けていたら勝点39、大分は勝点33。レイソルの残留も大分の降格も決まらないまま、この最終戦を迎えていたことになります。そういう状況を回避できたのも、直接対決の接戦をものにできたからこそです。

大分は片野坂監督のもと、組織的で自分たちのサッカースタイルが見えるチームです。ビルドアップは巧みで、ゆっくりとしたテンポから、ゲインラインを突破した瞬間にスピードアップし、背後も狙っています。戸嶋選手は「自分たちの良さとしてボールを奪い取るところ。相手はそこを掻い潜って、自分たちのやり方で前進していくチーム。そこをうちは消すというやり方で、そのやり合いで上回れるようにしたい」と双方のスタイルが真っ向からぶつかる激しい試合になりそうです!

試合前には、三原選手のJ通算250試合出場、戸嶋選手のJ通算100試合、そして椎橋選手のJ1通算100試合出場のセレモニー。そして試合後にはホーム最終戦のセレモニーがあります。勝利の余韻の中、みなさまへの感謝をお伝えできるような1日にしたい。最後の日、笑顔で終えられますように。

211203.jpg

2021年11月27日

札幌戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

この試合の前まで、コンサドーレとレイソルの勝点差は4ポイントでした。ただ、今日の試合の結果はもちろん、どちらがどれだけ自分たちのやりたいサッカーをできていたかという面を見ても、そのポイント以上の差を見せつけられたような気がします。本州で生活する人たちには一面の雪化粧に驚くばかりだったこの11月末、遠く寒い札幌まで駆けつけて下さったサポーターの皆さんにとっては、厳しい声をぶつけたくなるような辛い試合だったと思います。

立ち上がりから札幌がボールを握る中、それでも前半10分過ぎ、古賀選手の縦パスからクリスティアーノ選手がつないで、サヴィオ選手へ決定的なラストパスが通った場面。今のレイソルはそれほど多くのチャンスを作り出せていない中で、あれを決められるかどうか。一方で、相手のGK菅野選手は素晴らしい仕事をしました。その直後、逆にカウンターを受けて失点。直後には敵陣からのスローイン、相手の手に当たったボールではありましたが、プレーをそのまま続けた縦パス一本からの失点。前に出て行った場面で交わされた時、背後を取られた時にどうするのか。最終ラインの個人の力が必要な場面もありますし、中盤でいち早くファウル覚悟で潰さなければいけないこともあるでしょう。ここ数試合なかった、そういう淡白というか隙を突かれてしまう失点は本当にもったいなく、悔しく思います。

自分たちからアクションを起こしているのはコンサドーレの方に目立ちました。ビルドアップ、背後へのランニング、サイドチェンジ、三人目のアクション。守備でも前から前から捕まえにいこうという積極性がありました。レイソルも2失点した直後や、フレッシュな選手が入った後半からは、選手たちがフルパワーで前向きにプレスに行ったりする場面も増えて、躍動感のある時間帯もありました。決定機の数も全くなかったわけではありませんが、結果的に仕留めたのは相手の方が多く、特に3失点目はボールを動かし、さらに人がスペースに入り込んでいく、レイソルは完全に後手後手に回ってしまい、相手のいいところが存分に出てしまった場面でした。

勝ったり負けたりを繰り返す今シーズンです。勝つことは当然簡単なことではありませんが、やはり積み重ねだったり、右肩上がりになっていくような流れがなかなか作り出せないシーズンです。勝つことのフィーチャーしながらも、内容面での向上を積み重ねていかないと、来季以降の戦いはより一層厳しいものになってしまいます。残る最終節、攻撃でも守備でも自分たちからアクションを起こして、来季に向けて少しでも明るい材料やいいイメージを掴んで締め括らなければいけません。

2021年11月26日

明日はアウェイ札幌戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

まず、今週、大変悲しいニュースが届きました。湘南ベルマーレのオリベイラ選手が逝去されました。ネットニュースで初めてそれを知った時、本当にあのオリベイラ選手が、、、という驚きと信じられない思いでいっぱいでした。今年は9試合出場されたうち、レイソル戦がもっとも多い3試合で、時間も一番長く出場していました。若く、とてもアグレッシブでファイトしている姿が思い出されます。ご遺族や日々を共にしていたベルマーレの方々、そしてサッカーに関わる人たちにとって本当に悲しい辛い出来事でした。明日の札幌戦では、両チームで喪章を着用し、黙祷を捧げることになっています。札幌ドームで、そしてDAZNで視聴される方も、祈りを捧げていただければと思います。心よりご冥福をお祈りいたします。

FFBCgDIaUAA_luN.jpg

レイソルにとって、今季残り2試合となりました。来季のことはまだ確定していませんが、今年戦ってきたメンバーで過ごせる日はもう10日ほどしかありません。この苦しかったシーズンを何とか乗り越えてきた仲間と、この2試合を勝利で終えたい。笑顔で終えたい。そういう光景を見たいと心から思います。ネルシーニョ監督も「今後に向けてスタンダードを確立しながら、選手一人ひとりのクオリティーを底上げしていかなければいけない。残りの2試合、限られた時間ですがチームの底上げを図っていきたいと思います」

そしてホーム最終戦は12/4大分トリニータ戦です。先日会員先行発売したチケットは、予定販売枚数に達しており、お早めのご購入ありがとうございます。一般販売は28日日曜の夕方18時からのスタートとなっております。こちらも完売必至かと思われますので、枚数に限りのある中で申し訳ございませんが、ローソンチケットにてお買い求めください。
https://www.reysol.co.jp/ticket/next/#1204

その最終戦翌日の12月5日には、ファンクラブ会員様向けイベントとして「小学生サッカー教室」を開催いたします。コロナ禍の中で、なかなかふれあいの機会を設けることができない状況でしたが、オフシーズンに入ることもあり、また選手からも何か子どもたちと一緒にできることがあれば、という声をもらって、実施することになりました。最終戦後ということもあり、スタジアムのピッチを使っての実施で、選手数名やコーチたちも参加して楽しいサッカーの時間を一緒に過ごせたらという思いです。募集人数は60名(1.2年生20名、3.4年生20名、5.6年生20名)で男女・サッカー経験は問いません。
すでに定員を上回るご応募をいただいており、大変ありがとうございます。応募締め切りは11月28日日曜いっぱいで、まだ間に合いますので、ぜひご応募いただければと思います。
★開催概要
https://www.reysol.co.jp/news/event/034546.html
★応募専用フォーム
https://reysol.secure.force.com/regist/evententry

FEogG1eWYAA0NZo.jpg

2021年11月20日

福岡戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

今日は、試合前に2つのセレモニーを行いました。
まず村上伸次主審のJリーグ通算500試合主審出場、史上3人目の偉業となりました。そしてネルシーニョ監督のJ1通算200勝のセレモニー。サプライズで奥様にお声掛けし、また長年タッグを組んできた井原ヘッドコーチから記念パネルが贈られました。2人とも長年Jリーグで活躍、貢献してきたからこその大記録達成、スタンドからは大きな拍手が贈られました。お2人とも、おめでとうございます!

211120_nel.jpg

211120_mura.jpg

前半の飲水タイムまでを見て、今日は1点勝負になるのでは、という思いがより一層強くなりました。両チームとも非常に組織的で、堅い4バックのディフェンスでした。このエリアでは前から行く、ここからはブロックを敷いて中央を固める、という狙いがとても見えて、さらに球際も激しく、本当に集中を切らすことのできない、緊迫した90分間でした。ゴールこそありませんでしたが、両チームが力を出し切って勝ち点1を分けた試合でした。

特にレイソルの2センターバック、高橋祐治選手と古賀選手が、アビスパの2トップ、フアンマ選手とマリ選手に対して、とても激しく勇敢に戦ったプレーが今日は何より印象的でした。フアンマ選手のパワー、そしてマリ選手のスピード。「正直あの組み合わせは予想していなかったが、チームとして相手の選手が変わったところで劇的にやり方を変えることはなかったので、特にそこで問題が起きることはなかったし、スムーズに試合に入ることができたと思う」という古賀選手。「祐治君とは出ていく人とカバーする人を毎回はっきりさせようということは試合前から話していたし、まずは一つ目の競り合いで勝つことは大事にしていた。お互いに声をかけ合いながら上手くできていたのかなと思う」

211120_koga.jpg

また高橋祐治選手はフアンマ選手とのハイボールの争いに一歩も引かず、跳ね返す。またマリ選手に背後を狙われながらも懸命に戻ってクリアした場面は、今日のハイライトのひとつでした。ネルシーニョ監督も「2人は、非常に(ゲームの)入りから素晴らしい出来だったと思う。笛がなるまで集中を切らさず、アラートにゲームに入れていた。空中戦・グラウンダーで入ったボールに対して球際のところも相当厳しく、相手に自由を与えない意識ができていた。今日はその2人だけではなく、守備の対応が非常に素晴らしく、ゲームを通して非常にいい働きをしてくれた」とチーム全体の守備を称えました。

211120_yuji.jpg

ボールを保持した時間帯には、この前のセレッソ戦と同じように、武藤選手がリンクマンとしてボールを引き出したり、サイドバックの2人が高い位置へ飛び出したり、三原選手やドッジ選手からのボールムーブもスムーズで、アタッキングサードへ攻め込む場面もありました。ただペナルティエリアで決定的な場面は作れず、またサイドからのクロスも、相手の山脈DFたちを賀状が高く、低いボール、ニアへの飛び込み、もう一つ工夫を織り交ぜて、チャンスが作れたらという惜しさもありました。

9月から10月にかけて少し苦しい時期がありましたが、またここに来て、メンバーが多少変わったりしながら、また堅い守備を取りもどして安定感が出てきたように感じます。今季は残り2試合、アウェイでの札幌戦、ホームでの大分戦のみ。9試合続けて1得点以下という現状もありますが、攻撃にかける人数が増え、ボールに絡む複数の動きもよく見られるように感じます。そして瀬川選手も待望の復帰を果たしました!「お互いに動きがない時間が長く続いていた中で、アクセントになる動きと、できるだけボールを収めて前を向いて繋がれるように意識した。もう少しシュートを打つチャンスはあったので打てればよかった。正直個人的にはまだまだだと思っている。みんなもそう思っていると思うけれど、上手くいった部分をもっと伸ばすべきだし、上手くいかなかったところをもっと突き詰めていかなければいけないなと思う」。チームでゴールを決めて、そして複数得点での勝利を、残り2試合で見せてほしいと思います。今日も太鼓と手拍子による応援が、あと一歩、ぎりぎりのところで選手たちの足を踏み出す力になったと思います。今日も多くのご来場、ご声援をありがとうございました。

211120_seg.jpg

211120_sup.jpg

2021年11月19日

明日は福岡戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

今シーズンは、本当に早いもので、もう約2週間を残すのみとなりました。2週間前のセレッソ大阪戦を制して、何とかJ1残留を決めることができました。苦しかった前半戦を振り返ると、来年もJ1で戦えるという安堵の気持ちがより一層生まれてもきます。ただ、周りのチームの試合、上位争いを見ると、そこに加わることができなかったという悔しい気持ちを、監督や選手たちから伝わってきます。

マッチデープログラムのインタビューに答えた古賀太陽選手は「うまくいかない時期があるなか、一番試合に出て、キャプテンマークを巻いていたし、責任を感じていました。J1残留は本来の目的はなかったですし、まだまだ足りないところがたくさんある。来年に向けて気を緩めることなく、少しでも上の順位で終われるなど、こだわり続けないといけない。見ている人に『来年は楽しみだ』と思ってもらえるように、残り3試合は前向きな内容と結果を追求していきたい」。マッチデープログラムのインタビューや1分質問ムービーはこちらから~

ネルシーニョ監督も「残り3試合で、勝点9を獲れる可能性が残っている」。さらにJ1通算200勝達成の満足感よりも、「次の目標は、この先どこで何をしていようとも、次の試合に勝利すること。いつもそう思ってやってきましたし、その思いはこれからも変わりません」とあくなき勝利への執念を改めて口にしました。自分たちのために、そして応援してくれるサポーターのためにも、どんな状況でも目の前の試合に全力をそそぐ。それがネルシーニョレイソルの変わらぬ姿勢です。

今週、戸嶋選手がSNSで紹介している新グッズが明日から発売になります。「KASHIWAマップデザインコレクション」。数カ月前、戸嶋選手が「どうやってグッズを制作しているのか、教えてもらうことはできますか」と相談をもらいました。だったらと、ちょうど制作段階に入っていたこのグッズが出来上がるまでに時折関わってもらおうと。KAMO柏店さんのスタッフさんとのミーティングに入ったり、デザインの感想などをもらいながら、無事に完成。そしてスマホ片手に選手たちに突撃して、動画レポートなど自ら進んでPRにも協力してくれました。こちらのYOUTUBE、またツイッターや、インスタグラムの「サチカメラ」。ぜひご覧いただき、グッズ購入の参考にしていただけたら、サチも嬉しいと思います!

明日の『明治安田生命柏支社・船橋支社エキサイトマッチ』。イベントや販売も多数あります。まずアビスパ福岡と、日立台初の「ヨネックスダービー」を記念して、ヨネックスさんがブースを設置され、冬やスポーツにぴったりのウェアなどが販売されます。またSNS企画「twitterで得点者予想キャンペーン」も実施中です!

さらに、松戸・野田ホームタウンサンクスデー、朝日新聞スペシャルイベント 『ホームで勝利!!スコア予想クイズ!!』、『選手顔写真入り六角形缶バッジ』販売イベント、スタジアム内グッズ売店『応援ビッグセール』など、たくさんの催しがあります。13時45分のホームゲートオープンです。チケットは、ゴール裏席を残して、指定席は残りわずかになっていますので、お早目にお買い求めください!
★イベントやチケットのお知らせはこちら
https://www.reysol.co.jp/ticket/next/#1120