2021年10月16日

清水戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

211016_stand.jpg

キックオフ1時間ほど前から、日本平には馴染みのサンバのリズムが響き始めました。ウォームアップスタートを待っていた栗澤コーチと「やっぱり、ここは雰囲気がいいよね」と。アウェイに乗り込んできたなと強く思わされるスタジアムの一つです。オレンジに染まるホーム側に加え、今日はレイソルの黄色いサポーターが500人以上お越しでした。オレンジとイエローのコントラストがとても美しく、やっぱりホームとビジターのサポーターあってのサッカー、Jリーグだなと改めて感じました。だからこそ、最終盤のエスパルスの猛攻と後押しするオレンジの一体感はとても脅威的で、最後までレイソルの選手たちが踏ん張りきれたことに余計に価値が増す勝利でした。

211016_ric.jpg

ただ、今日は終始厳しい展開でした。なかなかボールをキープできず、ボールを蹴らされて、セカンドを拾われる。守備の時間が長く続く試合。ただ、ここ数試合あった一瞬の隙を見せたり、あっけなくやられるようなことはなく、集中を切らさず戦えていました。中盤での激しい守備からのカウンター、そこで得たCKのチャンス、ここを1本でも決められたらというところは、今後も高めていけるところです。

211016_SPt.jpg

徐々に敵陣での時間も増え始め、試合が動きそうだなという予感がした後半の立ち上がり。スローインから右サイドバックの大南選手が中央へ切れ込み、神谷→武藤とつないで、左サイドからスルスル上がってきたのは三丸選手でした。あの角度、そして中央にはクリス&神谷が飛び込んでいたのでクロスが入ると思ったところ、「クロスも考えましたが、思い切り振り抜きました」と左足一閃。日本代表GKの権田選手を打ち破る見事なゴールでした。

211016_mit.jpg

これは三丸選手にとって、嬉しいプロ6年目のJ1初ゴールとなりました。「実は、どうやって喜べばいいか、わかりませんでした(笑)。どこに行けばいいか迷いました」。試合を見返すと、バックスタンド側に行こうとして、ゴール裏のリザーブ選手たちの元へ、踵を返していました。一番激しく抱きついていたのは、やっぱり同期の高橋祐治選手でしたね。「もう少し早く取れた場面はあった。そこまで得点にこだわってきていなかったし、プラスαの部分ではありましたが、結果的に大事な一戦で取れたことは嬉しいです」。ディフェンスの選手は、やはり体を張ってゴールを守り、後ろからチームメイトを支えることが大きな仕事。だからこそ、こういった特別なゴールにチームメイトが喜ぶ様子はいつもよりも熱と喜びを帯びているように見えます。本当にみんなが嬉しく、喜んでいたゴールセレブレーションでした。

211016_mit2.jpg

その後は、前半以上にピンチが続き、いつやられてもおかしくないようなスタジアムの雰囲気でした。でもやっぱり、ミツが決めたということが大きな勇気になり、ミツが取ったゴールを全員で守り切る、この6ポイントマッチを絶対にものにする、そういった気迫に満ちた後半でした。この日、久々に復帰した仲間隼斗選手のファイト、気持ちがひたひたと伝わってきました。その先に掴んだ勝利、スマホを構えましたが、いつも以上に笑顔と喜びを溢れんばかりに表現してくれました。

211016_nakama.jpg

これで17位の湘南とは、2ポイント差を広げ、9ポイント差に戻しました。残り6試合、次節は22日金曜日、アウェイ埼スタでの浦和レッズ戦です。

211016_mit3.jpg

2021年10月15日

明日は清水戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

2週間ぶりのJリーグ、明日土曜日、15時からアウェイでの清水戦です。レイソルは勝点34で13位。対する清水は勝点32で15位。16位以内のJ1残留圏内生き残りのため、「勝点6以上の価値のある試合になる」とネルシーニョ監督のこの試合にかける思いも人一倍です。「シーズン終盤戦を迎えて我々としてもラストスパートをかけなければいけないところ。ミスは許されないですし、ゲームのスタートから自分たちのテンポでゲームを進めていきたい。何より結果が求められる試合です」

清水には「前線にはスピードのある強烈なアタッカーがいる」とネルシーニョ監督も警戒するチアゴサンタナ選手が絶好調、最近の5試合で4ゴールを挙げ、前節は上位のアビスパから貴重な勝点3をもたらしています。レイソルと同じく前線、中盤、最終ラインと外国籍選手が多くピッチに立ち、チームの中心を形成しています。中盤のキーマン、鳥栖から加入の松岡選手は出場停止ですが、鈴木唯人選手のスピードに乗ったドリブル、レイソルユース出身の長身FW指宿選手も非常に警戒すべき存在です。

レイソルは、3連勝のあと、続く3試合でわずか勝点1。勝った試合は全て先制し、その後は全て前半に先制点を許しています。やはり立ち上がり、勢いを持って戦ってくる相手を受けてしまってはいけないですし、自分たちから攻守に渡ってアクションを起こす必要もあるでしょう。

211015_3.jpg

211015_2.jpg

ただこの2試合は、3バックと4バックを併用しながら、ビハインドを追うためにより攻撃的な戦い方も実践しており、ガンバ、ベガルタに非常に多くのシュートを放ちました。サヴィオ選手の復帰も大きなその要因ですし、最終ラインやボランチからの配球も増えています。レイソルは元々サイドからのクロスはしっかりアテンプトできているチーム、ただ中央でズドンと合わせる場面は多くはありません。対するロティーナ監督の作るチームに対しては、中央をしっかり固められ、クロスを高いCBに跳ね返されることが多くありました。パスの精度や飛び込むタイミングはもちろん、クロスのその先の崩しやもう一工夫で、なんとか相手のゴールを先に割りたいところです。

211015_1.jpg

試合は15時から。今回日本平にもビジター席を設けていただいています。感染対策やルールをお守りいただいて、レイソルへの熱い応援をお願いいたします!
https://www.s-pulse.co.jp/news/detail/47822

セレッソ戦チケット販売のお知らせもリリースしましたので、ぜひ来週からお買い求めください!


2021年10月 2日

仙台戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

まず、今日5430人のご来場をいただき、リーグ戦ホームゲーム来場通算500万人を達成することができました。本日と、これまでの27年間のご来場に改めて深く感謝を申し上げます。この記念日に、500万人目のご来場となったのは柏市からお越しのご家族4名様にむけ、チバテレビ、ライジングレイソルの西谷綾子さんの発声をいただきながら、セレモニーやプレゼントをさせていただきました。小学1年生のお子様が柏市内小学校向けの招待チケットに当選されたということで、スタジアムに応援に来て下さったそうです。本日ご来場の皆様、本当にありがとうございました。

211002_500.jpg

211002_sup.jpg

さて試合ですが、今日は前半終了間際、目を覆いたくなるような決定的なピンチを、GKキムスンギュ選手がビッグセーブで救いました。ここで1失点で踏ん張れたことが、あとになって大きなことになれば、流れが変われば、そんなふうに期待を抱かせる韓国代表らしいプレーでした。レイソルは今季引き分けが少なく、今日で4つ目。12回の引き分けで勝点12を獲っている広島や湘南、仙台も11回の引き分けで獲得してきたポイント差を見れば、シーズン終盤になると大きなファクターになります。もちろん勝たなければいけない試合で、今日結果的に最良ではなかったものの、勝点1を獲り、ベガルタから勝点2を奪ったことは、レイソルにとって価値あるものだったと思います。

211002_kim.jpg

今日は久々に4バックでのスタート。ボランチにサヴィオ選手が入り、サイドバックが高い位置をとり、中盤から前に、守備でも攻撃でも人数をかけていく。そんな戦いを立ち上がりから見せてくれました。立ち上がりから攻勢で、敵陣でプレーする時間が長く、CKは前半だけで9回。だからこそ、4バックの間を突かれたあの失点だけが本当にもったいなく、ゲームを苦しくしてしまいました。

「焦らず落ち着いて戦っていこう」。今日のハーフタイム、ネルシーニョ監督は作戦を授ける前に、選手たちにじっくりを語りかけました。勢いのある前半でしたが、一方でそれによる焦りやミスもありました。後半に改めて主導権を握ることができたのは、そんな言葉があったからかもしれません。細谷選手の投入、背後への動き出しやキープでリズムを作り、チーム全体で敵陣へ押し込む戦いができました。後半だけで14本のシュート、ガンバ戦同様に決定力に課題は残りますが、これだけのチャンスを作れたことはポジティブに、これからも続けていかなければいけません。

真夏のような日差しだった日立台が夕暮れに包まれ、時計が気になり始めた残り15分でした。中央の狭いスペースをこじ開けるように、神谷選手が細かなタッチでシュートコースを作ると左足を一閃。「あそこしかなかったです。あの狭い中で一瞬シュートコースが見え、打たないと入らないと思いシュートを振った。バウンドとかはあまり気にしなかったが枠にいくことを考えて、丁度見たコースが枠内のコースだった」というシュート。GKの前で弾み、柏熱地帯のサポーターの願いが通じるような同点ゴール、自身2試合連続ゴールで貴重な勝点1をもたらしました。

「やっぱりアウェイサポーターも入るのは、いいですね」。今日からビジター席を販売し、わずかな販売期間の中、多くの仙台サポーターが日立台にお越しでした。クラブにとってはホームもビジターも大切なお客様に変わりありませんが、応援ということだけを考えればメリットが減ってしまう可能性も否定できません。ただ、優太のようなメンタルでピッチに立ってくれる選手がいることは我々もとても心強いことです。

211002_yuta.jpg

211002_mao.jpg

211002_eme.jpg

残り7試合になりました。次は10月16日のアウェイ清水戦まで間隔が空きます。勝点2差の、今日以上の「6ポイントマッチ」になりました。恐れるよりも、勝って突き放せばいい。そういう気持ちで戦うことが一番です。ビジター席も販売になっていますし、アディショナルタイムで勝ち越したノエスタのような後押しをどうぞよろしくお願いいたします。

211002_sup2.jpg

2021年10月 1日

明日はリーグ戦ホーム来場500万人記念試合

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

先日、お知らせさせていただきましたとおり、柏レイソルのリーグ戦ホームゲームにおいて、明日のベガルタ仙台戦で通算500万人を突破する見込みとなりました。1995年のJリーグ参戦から27年目、これまでメインスタジアムの日立台、三協フロンテア柏スタジアムをはじめ、柏の葉、旧国立競技場、また黎明期には新潟でのホームゲームもありました。日立台はコンパクトなスタジアムですので、一回の試合でお越しいただく人数は決して多くはありませんが、その分、長く応援いただいている方に何度も何度も足を運んでいただいた証だとも感じています。改めまして、これまでの柏レイソルサポーター、Jリーグファンの皆様に御礼を申し上げます。

これまでの多くの方々のご支援に少しでも感謝の思いをお返しできればということで、明日の仙台戦は「柏レイソルホーム500万人来場アニバーサリー」と題して開催いたします。

まず500万人目の入場の方をゲートでお迎えし、特別プリントのレプリカユニフォームのプレゼント、記念プレートや認定証を持っての記念撮影。また当日の試合球や、特別プリントの記念チケット、また後日のVIPルーム観戦など、今回だけの特別プレゼントをご用意しました。残り1356人となっています、今回はビジター側のお客様もお迎えしますので、ゲート間で連携しながら、ホームゲートにて該当のお客様をご案内させていただきます。
https://www.reysol.co.jp/news/event/034439.html

また、それ以外のお客様にも、各方面のご協力をいただいて、こちらのとおりご用意しております。ぜひこの記念マッチをお楽しみください!

★ヨネックスサンクスデー
https://www.reysol.co.jp/news/event/034424.html
特設ブースの設置、ヨネックスのウェア、レイソルのアンセムジャケット限定販売もあります

★オーダースーツSADA予約販売会
https://www.reysol.co.jp/news/event/034452.html
2021モデル柏レイソルオフィシャルスーツ、ネクタイを限定特別価格で販売するほか、豪華賞品が当たるガラガラ抽選会を実施いたします

①直筆サイン入りポスタープレゼント
後期ポスターに登場している選手12名がサインを入れたものを、100名様にプレゼントします。ひとり10枚前後、記入しているので、どれが当たるかはお楽しみです!当選は「チケットの席番」とし、ゲートオープンの14時前にツイッターなどで発表いたします。ご当選の方は、柏熱地帯のインフォメーションにてお受け取り下さい。新人研修の選手たちに心を込めて封入をしてもらいました!

②グッズ売店
[1]1回のお会計で¥1,500(税込¥1,650-)以上お買い上げいただいた先着500名様に選手トレーディングカードが1枚引けるキャンペーン
[2]¥500(税込¥550-)均一セールコーナーの設置

③フード売店で「500万人」にちなんだ特別価格メニューのご提供
□柏熱地帯 ブラウンシュガーさん 柏熱ドッグレギュラー 500円
□柏熱地帯 メディトリーナさん 塩だれ肉焼きそば 500円
□柏熱地帯 エフェケバブさん もちもちポテト 500円
□柏熱地帯 一富士フードサービスさん レイくん今川焼 50円
□メインスタンド 鳥よしのカレーライス 500円、各種カレー100円引き

リーグ戦は残すところ8試合。3連勝のあと、2連敗。そして仙台、清水と、J1残留をかけて争うライバルチームとの直接対決が続きます。仙台とは5月にアウェイで0-1の惜敗、先日の仙台vs徳島を見ていましたが、まずはしっかりと守備を固め、そしてカウンターやセットプレーなどで勝点を狙う戦いをチーム全体で懸命にやり続けていました。レイソルもやはりまずはいい守備でリズムを作ることが第一です。そしてハードワークを続け、そして素早い攻撃を仕掛ける。立ち上がり、終了間際、絶対に失点してはいけない時間帯でより注意深くアラートに戦うこと。歴史的にも、近年的にも、互いのチームカラーを見れば堅い試合になることが予想されます。粘り強く、諦めず、泥臭く戦うことが求められます。苦しんで、その先にようやく勝点3が見えてくるはずです。選手たちには記念すべき節目の試合、ホーム日立台のサポーターに勝利と感謝を届ける戦いを期待しています!

2021年9月27日

ガンバ戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

3ポイント差の直接対決。ともに勝ちあぐねる今シーズン、だからこそ立ち上がりやセットプレーにもっと注意深く、アラートに戦わねばなりませんでした。「立ち上がりから押し込まれて、でもあのセットプレーを与える前に、クリアできるチャンスもあった。しっかりとラインを越えるようなクリアをして、ラインを押し上げて、セットプレーを与えないようにしなければいけなかった」。大南選手はこう振り返り、やはり立ち上がりの失点が試合を厳しくさせてしまったことを悔やみました。

26分もセットプレーからの失点。右サイドからの大きなクロスをヘディングで合わされる形は、先日の横浜FC戦でもあったシーンでした。偶然か、それとも狙われているのか。いずれにせよ、セットプレーで2点を相手に与えてしまっては、勝てる試合もそうでなくなってしまいます。その後の戦いぶりが悪くなかっただけに本当に勿体無い失点でした。

後半から3バックから4バックに変更。「2点差を追いつくために、より攻撃に人数をかけられるようにという狙いをもった」とネルシーニョ監督は武藤選手を投入。ガンバが2点のリードを大事に戦ったこともあり、サイドバックが高い位置をとり、この日ボランチで先発した椎橋選手とサヴィオ選手がボールを前後左右へ展開。神谷選手が右サイドから仕掛け、左サイドに入った戸嶋選手が周りをサポートします。

210927_shii.jpg

210927_mao.jpg

サイドからのクロスが増え、後半のシュート数はガンバ2本に対し、レイソルは10本。細谷選手の倒れ込みながらのシュート、ポストに当たる乾いた音がパナスタの安堵のため息に変わります。圧倒的に攻め続けながら1点が遠い展開で、時計が気になってきた86分、ついにゴールが生まれます。左サイドクリスティアーノ選手のカウンターから神谷選手が最後押し込みました。

「これまではロングボールからの攻撃が多い中で、なかなかゴールまで迫る、相手が怖がるような攻撃ができていなかった。ずっと心がけてきたことでもあるが、ペナルティエリア付近で落ち着いてプレーするということが僕自身すごく大切だと思っている。相手が一番嫌がるところで落ち着いてプレーできることが一番怖いと思うので、ピッチ内で周りに声をかけながらプレーしていた」

210927_kamiya.jpg

210927_cris.jpg

右サイドからのアタック、またプレイスキッカーとして、ゴールを狙い続けた仕掛けがようやく実りました。ただ、あと5分でも早ければ、もっと勢いが出て、あと1点追い付けたのでは。そう思えた、そう悔やまれた後半の猛攻でした。

広島戦に続き、今日も2点を先行される難しい展開。広島戦では3点目を早くに失って盛り返すチャンスすら見いだせませんでした。ただこの日は、チーム全体が下を向かず、バラバラではなく組織的に、自分たちのやり方をしっかり共有しながら最後まで戦うことはできました。組織的に献身的に、そしてハードに戦う。ネルシーニョサッカーで絶対に疎かにしてはいけないことを大切にして、選手たちは戦っていました。どんな困難な時にもこれを続けることです。まだ8試合あります、下位とのポイント差よりも、上を見て、勝点3を積み上げていく。自分たちに目を向けて、戦うことが何より大切です。

210927_takuma.jpg

210927_muto.jpg

無念の負傷退場となった瀬川選手、2点差を追いつこうとシュートを狙い続け、そして地面を叩いて悔しがる姿が焼き付いています。この気持ちがあれば、自分たちは必ず生き残れる。そう信じています。

210927_seg2.jpg

210927_seg1.jpg

2021年9月25日

明日はアウェイガンバ戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:笹原 麻央

広島戦の敗戦から1週間。4試合ぶりの敗戦は非常に悔しいものとなりましたが、今週の選手たちからは、次の試合に向けて前を向いて、またここから勝ちを積んでいこうとトレーニングに励む姿が見られました。

今節は、勝点30のガンバ大阪と対戦します。ガンバはリーグ戦では3連敗中と、思うように勝点を積み重ねられずにいましたが、22日に行われた天皇杯では湘南に4-1の快勝。
ネルシーニョ監督はガンバの現状を次のように考察します。
「ここ最近のガンバの戦いを見ていると、3連敗した時というのは3バックで戦っていましたが、(天皇杯の)湘南戦では4−4−2に変えて勝っていました。ガンバはこの順位にいるチームではないですし、レイソルも置かれている状況として同じだと思っているので、次の一勝でまた順位を変えて、落ち着いて上を見て戦える状況にしたいというのはお互い一緒だと思います」。
KEN_1390.JPGKEN_0744.JPG

レイソルの勝点は33。今日行われた17位徳島と18位仙台の対戦で徳島が勝利し、降格圏17位の勝点は26となりました。ガンバとレイソルはお互いに降格圏からは少し勝点差がありますが、決して油断できない順位であることも確かです。
だからこそ今節は絶対に勝点3を積み上げて少しでも上の順位へ、そんな一戦になります。

前節の広島戦、無得点に終わりましたが、1トップで最後までゴールへ迫る姿勢を見せてくれた選手の一人が瀬川祐輔選手です。
KEN_2308.JPG

広島戦後、瀬川選手はInstagramでこんな言葉を発信しました。
「僕がFWをやると相手DFとミスマッチになることは多いです。確かに難しいこともありますが、勝てる要素もたくさんあります。
ロングボールが来てもキープします。ヘディングも勝ちます。どんなボールが来ても闘います」

どんな時も全力で、守備でも攻撃でも闘う姿勢を見せてくれる瀬川選手のプレーに、これまで何度も勇気や感動をもらってきました。チームのSNSでもお見せしましたが、今週は全体練習後に細谷真大選手とヘディングの練習をする姿が印象的でした。
動画を撮ることができませんでしたが、今日は二人のヘディング練習に、高橋祐治選手が先生として指導する姿もありました。
チームにいる全員で力を合わせて、残り9試合戦い抜きましょう。

まずは明日、パナスタで勝利を!!
ビジター席はございませんので、DAZNを通しての応援を、よろしくお願いいたします!

2021年9月18日

広島戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

前半最初の飲水タイムまで無失点。選手たちの表情を遠くから見て、ここ数試合の守備の安定感や効率的なディフェンスができていて余裕を持って戦えているのかなと個人的にはとらえていました。ただ試合後のレイソル陣営のコメント、相手チームの分析を聞くと、守備のところでもっとハードにいかなければいけなかった、もしくは狙いを絞り切れず、攻撃的なディフェンスがやりたくてもできていなかったのかもしれないと。

サンフレッチェのキーマンのひとりが青山選手であるのは間違いありません。ボランチの位置から3バックの間に降りて攻撃を組み立てたり、巧みにレイソルのプレッシャーがかからないエリアに立ち、チームを動かしていました。彼のような屈指のコントロールタワーをいかに潰し、自由を奪うか。果たして先制点のシーン、あの位置で青山選手にフリーで前を向かれてはいけない場面でした。レイソルの守備は人に激しく行くというのが持ち味のひとつ、そこで奪いきればチャンスになるし、でも相手は食いついたところの裏を狙っていく。その駆け引きの中で、レイソルらしい積極的な戦いをさせてもらえなかった。

210918_ao.jpg

ハーフタイムには、ネルシーニョ監督から、もっと前から相手を捕まえにいくこと、そして交代カードを見ても、明確なメッセージが込められていたように思います。サヴィオ選手、神谷選手を中盤に入れ、もっとボールを握っていくぞと。1点差をキープしながら攻撃の主導権を握っていこうという立ち上がりは機能的でしたが、9分のレイソルの背後へのボールでボールを奪えず、空いてしまった無人のゴールへ2点目、その6分後にも3点目。勢いを出していこうというところで出鼻を挫かれてしまいました。台風による悪天候にもかかわらず、日立台に駆けつけてくださったみなさん、1点でもゴールを決めてほしい、見せてほしいという思いを、瀬川選手らが最後までシュートを放つ意欲を見せ続けてくれましたが、今日は0-3、完敗という結果に終わりました。

210918_seg.jpg

連勝は3でストップ。ここまで失点を食い止め、リードした点数を粘り強く守り抜く形ができつつありました。今日の敗戦で、それまでに得た積み重ねや勝ち点が消えるわけでもなく、もう一度今日足りなかったところを省みて、そしてこれからも愚直にやり抜くこと。Jリーグは上位から下位まで力の拮抗したチームばかり、下位とのポイント差が開いたからといって気を緩めるわけにはいきません。来週日曜日も6ポイントマッチのガンバ大阪戦、強い気持ちをもって戦ってくる相手を、さらに強い気持ちで跳ね返すような戦いを期待したいです。

210918_ric.jpg

210918_cris.jpg

210918_kaw.jpg