2020年2月16日

ルヴァン開幕勝利

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

200216_sr.jpg

今日はルヴァンカップではありましたが、我々にとっては、イコールJ1復帰戦でした。しかも相手は、日本代表経験者が多く揃うガンバ大阪と、これ以上ない相手でした。しかもアウェイ戦。2年ぶりのパナスタの雰囲気は、去年のJ2時代とはまた異なるもので、久々に聞くJリーグファンなら誰もが知っている応援歌の音量や、その応援の圧力はやはり強大でした。そんな中、今日の勝利は間違いなく自信になった一方で、ここまで防戦を強いられたり、ゴールマウスを叩くシュートを浴びたりで、勝つか負けるか、どちらに転ぶかわからないJ1の勝負のきわどさをまざまざと蘇らせられました。瀬川選手の見事なループアシスト、オルンガ選手が決めた1点がものを言いました。

200216_seg.jpg

200216_MO1.jpg

200216_MO2.jpg

ネルシーニョ監督は会見で明かしましたが、試合後即座に選手たちに説き、さらに上を目指していくための道筋を示しました。「選手たちにもロッカールームで伝えたが、今日のゲームというのはこれからJ1で戦いを進めていく上での教訓になるようなゲームだった。J1で対戦していかなければならないクオリティというのは昨年とは全く違うもので、序盤であれだけの決定機を作ってそれを決めきれなかったことによって流れが完全に変わってしまった。今日のようなゲームというのがこれからの指標であり教訓になったのではないかと思う」

ルヴァンカップのルールで21歳以下選手の1名以上の先発が義務付けられており、この機会に2年目の山田選手が抜擢されました。先週のトレーニングマッチでゴールを挙げるなど、監督の期待に応えるパフォーマンスを発揮していたからこそのチャンスでした。「自分は今まで試合には出てこられなかったので、足を引っ張るというか力不足なことはわかっていたけど、でもその分思い切ったプレーや自分に出来る限りのことを100%出そうと思って1週間準備をしてきた。始まった瞬間からフル出場とか後のことは考えずに100%でやった」。昨夜、アルカスカップでバルサに勝利したU-18の後輩たちから「大きな刺激を受けました」という言葉どおり、ガンバの巧みなボールポゼッションに対し、チームで構築するディフェンスの歯車の一枚として、全力でぶつかりました。「30分までは良いゲームができた」。監督が称賛した前半のメンバーのひとりとして、間違いなく今日の勝利に貢献しました。これからもっと出場機会を得て、自信を深めていってほしいと思います!!

200216_yama.jpg

前半途中からガンバが攻勢を強め、後半開始から加わった遠藤選手の力もあり、耐え忍ぶ時間が本当に長く続きました。ここまで押し込まれるようなことは去年はありませんでしたし、これがJ1の、優勝経験クラブの力だとまざまざと見せられました。ただ、去年のチームから、我々レイソルも選手を補強し、J1で勝ち抜くための戦力を整えました。今日はGKキムスンギュ選手が、間違いなく勝ち点3をレイソルにもたらしてくれました。

「どの試合も難しい時間帯というのは必ず訪れると思っているし、ハーフタイムに監督からも難しい時間があってもしっかり耐えようという話はあったので選手たちもしっかり準備していたし、各ポジションの選手たちが役割を全うできたのかなと思う。自分のポジションとしては失点をしないということが1番なので、そういった意味では(今日の自分のプレーは)ある程度評価していいのかなと思う」。今日のパナスタホームのゴール裏は、その背番号17が大きく憎らしく思えたのではないでしょうか。ミカと並ぶ、MOMと言えるでしょう。

200216_ksg.jpg

今日の自信と教訓を、リーグ戦へ。来週からJ1リーグが開幕します。同じく今日勝利した強敵、コンサドーレ札幌をホームで迎え撃ちます。チケットは予約流れがあった場合に再版されるのみで、すでに完売同様の状況です。今日の勝利を次に、ネルシーニョレイソルの2度目のJ1再挑戦がいよいよ始まります。

200216_V.jpg

2020年2月15日

KOC&明日はルヴァン開幕戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:笹原麻央

昨日、都内で2020Jリーグキックオフカンファレンスが開催されました。レイソルからは古賀太陽選手が出席。東京五輪世代ということで、古賀選手に声がかかりました。イベント自体は15時からでしたが、その前から2時間ほどでしょうか。ゆっくりと座る暇もないほど絶えず撮影や取材が行われていました。様々なポーズが求められる撮影に「いやー難しいですね(笑)」と笑いながらも、柔軟に対応してくれました。日本テレビ「サッカー☆アース」の撮影、東京五輪世代の選手たちでのDAZNの座談会の撮影など、放送予定が決まりましたら随時お知らせしていきます。

カンファレンスでは、開幕戦の相手である北海道コンサドーレ札幌の鈴木武蔵選手と登壇。「3シーズンぶりのJ1ということで自分自身もすごく楽しみな気持ちでいっぱいです。チームが困った時に自分が助けられるような存在になりたいですし、常にチームの中心にいられるような存在になれれば」と"太陽"という名の通りレイソルを背負い、力強く意気込みを述べてくれました。
jkoc.jpg

クラブプレゼンテーションで様々なメディアの方々から取材を受けた後には、2018シーズン途中まで監督としてチームを率いた下平隆宏 現・横浜FC監督のもとへ挨拶に。「(挨拶に)来るのが遅い(笑)」といじられていましたが、「お前もクラブを代表して来るようになったんだな」とその後は言葉を交わし、激励を受けていました。
さらに、柏レイソルU-18出身の日本テレビアナウンサー、山本紘之さんもレイソルのブースへ足を運んでくださいました。「試合も観に行きます!」と言ってくださいました。お待ちしております!
IMG_7173.JPG
KOC_yamamoto.jpg

キックオフカンファレンスはリーグ戦の開幕前イベントでしたが、まずは明日、いよいよルヴァンカップが開幕。レイソルはアウェイでガンバ大阪と対戦します。今季は鹿島アントラーズがACLプレーオフで敗退。グループリーグからの出場となったため、各グループ上位2チームだけでなく、3位チームの内上位2チームの10チームがプレーオフステージに進出します。つまりグループリーグ3位までにプレーオフステージ進出の可能性があるため、一戦一戦がより重要になり、勝点を1でも多く積み重ねることが大事になります。

さらにルヴァンカップでは、"全ての試合において21歳以下の選手を1名以上先発に含める"というルールがあります。古賀選手は今年22歳となるため該当せず、レイソルでこれに該当するのは山田選手、井出選手、鵜木選手、細谷選手の4名となります。
yamada.jpg
hosoya.jpg

今年は実力のある新加入選手たちが多く加わり、厳しい競争を勝ち抜かなければ出場、メンバー入りすることさえ難しい今の状況で、"U-21枠"というのは間違いなく大きなチャンスです。先日のジェフとの練習試合では山田選手が決勝点となる素晴らしいゴールを決めたほか、鵜木選手も途中から出場しサイドからの攻撃を活性化しアピールしました。公式戦の出場経験は浅い4名ではありますが、このチャンスを掴み取ることができれば、U-21枠としての出場ではなくこの先のリーグ戦の出場へも繋がっていくことでしょう。まだ誰が出場することになるかはわかりませんが、若手選手たちへのご声援をよろしくお願いします。活躍をお楽しみに!
koga_shoji.jpg


2020年2月 9日

ちばぎんカップ

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

千葉に春の到来を告げる、というには少し肌寒い日曜でしたが、この千葉県にまたサッカーシーズンがやってきたという高揚感は十分に感じ取っていただけた「ちばぎんカップ」だったのではないでしょうか。

前半の2得点を、終始ゲームをコントロールしながらの完封勝利。スコアでは昨年最終戦のような強烈なインパクトを与えるものではありませんでした。ただ、我々が取り組んできたことをそのまま忠実に実行した結果だとも感じました。レイソルの先発メンバーは昨年ラストのメンバーとすべて同じで、J2リーグ優勝を果たした力を今シーズン初戦も継続して出し続けた。特別なことをしたのではなく、やるべきことをやった。それがこのスコアに現れたのだと思います。

200209_sris.jpg

もちろん、ゴールを奪ったミカとクリスのパワーや個人技は、レイソルの大きなストロングポイントに違いありません。今日は最初に迎えたビッグチャンスをしっかりと仕留めてくれました。チーム全体での前線から相手のボールを奪いに行く姿勢や、球際のファイト、相手のロングボールの跳ね返しなど、強度の高いディフェンスが土台として組まれ、その奪ったボールを大事につなぐ。ジェフはしっかりと4-4-2のブロックを作り、レイソルのパスをタイミングを見て、プレスをかけ、奪ってからのカウンターを狙っていました。そうしたプレスをいなし、スペースを見つけ、前線への起点を作る。江坂選手の1点目のアシストはまさにそういう形でした。後ろからつなぎながらも、相手の背後も狙う。一辺倒ではなく、多様性柔軟性が、J1で戦っていくためには必要です。

200209_serg.jpg

200209_ric.jpg

サポーターの皆さんは、多くの新加入選手のプレーをもっと見たかった、そう思われた方もいるかもしれません。でも、今日先発した11人を超えるプレーをして、初めてピッチに立てる。それがネルシーニョ監督の信念のもとにできあがっていくチームです。もちろん、みな個性的で、光るものを持った選手ばかりです。古賀選手が先日こんなことを言っていました。「去年は最初のちばぎんに出られたけど、そこでいいプレーができなくて、リーグ開幕から外されました」。だからこそ、今年は常にいいプレーをして、周りに認めてもらわないといけないという強い思いを持っています。みんなもそうでしょう。周りからの突き上げを感じて、自分に目を向ける。ポジションは約束されたものではなく、掴み取るものですから。

200209_koga.jpg

200209_shu.jpg

200209_ji.jpg

そんな選手たちの戦いを、ネルシーニョ監督もこのように評価しています。「ゲームを通して終始チームはいいテンポでボールを動かせたと思う。狙いとして持っていた組織的に戦うという部分も、前半の早いタイミングで得点が入ってからは我々が優位にボールを支配する時間が続いて、それを90分間選手たちはしっかりとやり切ってくれた。流れの中で急いだ時間はあったが、今季これから(ルヴァンカップ、J1リーグ戦の)戦いを始める1試合目としては非常に良かったのではないか。選手たちの出来については非常に満足している」

J1復帰の助走としては、いいスタートの一日になりました。でも、戦いはこれからです。来週日曜にルヴァンカップのアウェイガンバ戦、そして22日にホームでの札幌戦が待っています。J1でタイトルに絡む十分な力を持った強敵が待ち構えています。まず1週間、次の戦いに向けていい準備を続けていくのみです。

2020年2月 8日

ちばぎんカップへ

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

指宿キャンプから柏へ戻り、日立台でのトレーニングが続いています。新型肺炎の影響で練習非公開、ファンサービス休止とさせていただいており、選手たちに会えることを楽しみにしていただいているサポーターの皆様には心苦しく、申し訳ございません。なかなかチームの状況を外にお知らせすることができず、ちばぎんカップに向けて、どんな調整が進んでいるんだろうと期待やご心配をいただいているかもしれません。そこは心配はありませんし、指宿から柏へ続いてプラン通りトレーニングが続いていますし、昨日は瀬川選手の26歳の誕生日を盛大にお祝いしました。その同じ日には鎌田家に3番目の子が無事に誕生しました。「男の子です。セガワと同じ誕生日ですよー」。おめでたいことが重なる今週でした。

200208_CBC1.jpg

200208_CBC2.jpg

200208_CBC3.jpg

さあ、ちばぎんカップです。去年は2度、ジェフとの千葉ダービーが実現しましたが、やっぱり、この今年初戦は何年たってもワクワクしますし、新しいメンバーがどんなふうにレイソルのサッカーに融合していくのか、本当に楽しみです。この試合は6人まで交代が可能で、18人のメンバーに誰が選ばれて、そしてピッチに立つのか。新しい応援歌もご用意いただいているようですし、ぜひフクアリでの応援をお願いいたします。13時5分キックオフです。

ネルシーニョ監督はキャンプからちばぎんカップに向けて、そして多くの新加入選手たちについて、このような現状と期待を述べています。
「選手たちにとっては実戦形式でやれる最後の位置づけになる。まだ100%でやれている選手はいないと思うが、公式戦に向けてコンディションをより良くしていくこと、あとは試合感覚を実戦で改善していくための非常に良い機会になると思います。

キャンプから、技術、戦術、フィジカルの部分も含めて全体の底上げを図ってきた。去年から積み上げてきたものに加えて、戦術的な部分に関しては選手たちもよくわかってくれていて、戦い方は去年と何ら変わりないですし、新たに加わった選手との連携を深めてさらにこれまでのクオリティーに上積みをしていければという狙いでキャンプに取り組んできた。新加入選手に関しては、しっかりチームにフィットできている選手もいれば、細かい部分でまだ順応できていない選手もいます。ただ全体を見れば、新しい選手たちは本当に高いクオリティーを持っている選手たちで、特にキャンプではそういう部分を垣間見ることができた。これからシーズンを戦っていくうえで、間違いなく素晴らしい戦力になってくれると思っています」。

フクアリまでいけないという方も、県内周辺の方であれば、千葉テレビの生中継があります。例年レイソルOB選手がマイクをとりますが、今年は酒井直樹、日体大柏高校監督が解説を務めます、ジェフ側は佐藤勇人さんです。またららぽーと柏の葉では、パブリックビューイングイベントが開催されます。キックオフ前には、キックターゲット体験やe-Sports大会などのイベントももりだくさん。MCには応援番組ライジングレイソルでおなじみの、佐藤大さんと西谷綾子さん、実況の西達彦さんと盛り上げてくださいます。本館2F クリスタルコートへぜひお集まりください!
https://www.reysol.co.jp/news/event/033014.html

それでは、千葉ダービーを盛大に盛り上げ、熱い試合になるよう、応援よろしくお願いいたします。

2020年2月 1日

指宿キャンプ13日目

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

残すところ、指宿キャンプは今日を含めて3日のみ。明日、総仕上げとなるトレーニングマッチに向けて、今日はセットプレーの入念なトレーニングをおこないました。その練習後に、ネルシーニョ監督がここまでのキャンプを振り返りました。

「ここまでいい準備ができています。こちらが事前に準備したプラン通りに、選手たちはこなしてくれていますし、いい強度で練習が積めています。このキャンプの前の、柏での数日間を含めて、有意義な時間が過ごせていると思います。クラブの厚いサポートを受けて、我々は勝つための準備をしている。目の前の敵をひとつひとつ倒していくこと、一つでも多くの勝利を重ねていくことが短期的な目標です。質の高い選手がそろい、グループの中での競争も激しくなり、その中で選手たちは自分の役割を果たそうと必死でやってくれています。ここからは、よりチームの成熟度を高めていきたい」

あすの練習試合、9日のちばぎんカップ、16日のルヴァン初戦のガンバ戦、22日のリーグ開幕の札幌戦とマッチスケジュールが決まっている中で、その後のシーズンも含めて、監督のチーム作り、コンディションの持って行き方はしっかりとプランニングされています。それを、一日一日のトレーニングから全力で取り組み、競争して、チーム全体で高めていく作業が続いていきます。

200201_3.jpg

200201_1.jpg

200201_2.jpg

2月22日の開幕戦をはじめ、ホームゲームチケットが今日から先行発売、明日からは一般販売もスタートします。とくに開幕の札幌戦、3月8日の川崎戦は完売必至です。チケットがなくなってしまう前に、お早目にお買い求めいただければと思います。今年はローソンさんにPRパネルをお借りして、選手たちにフリーポーズ撮影に協力してもらいました。双方のSNSでもレイソル選手たちの写真が見られますので、今後も楽しみにしてください!

レイソル戦のチケットは引き続き、ローソンまたはミニストップ、そしてローチケのWEB販売となります。今季から電話での購入受付がなくなったこと、そして消費税引き上げに伴い値上げさせていただいたことが大きな変更点となります。詳しくはニュースからもご確認ください。
https://www.reysol.co.jp/news/ticket/032939.html

それでは指宿からの更新は本日で最後とさせていただきます。読んでいただきましてありがとうございました。

2020年1月31日

指宿キャンプ12日目

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

200131_1.jpg

今年もレイソル後援会のみなさんが九州最南端まで、レイソルの選手、スタッフを激励にお越しくださいました。久しぶりの青空で、何よりの朝でした。例年、差し入れをいただいておりまして、今年も鹿児島のおいしい豚肉を誠にありがとうございます。2日の練習試合のあとに、選手たちの力と胃袋を満たしてくれることと思います。今シーズンも引き続きのご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

200131_3.jpg

昨日は試合翌日のリカバリーでストレッチやジョギングなどの軽いメニューを消化。そして今日は、2日のトレーニングマッチに向けて、紅白戦がおこなわれました。宮崎戦で得られた成果や感覚はそのままに、そして改善すべき点にはすぐに取り組む。ネルシーニョ監督によるピッチ上での青空ミーティングは10分以上と綿密。また試合が始まっても、監督が笛を止め、選手に歩み寄り、身振り手振りや大きな声を出して、選手たちに指導や要求を繰り返しました。それは熱く、激しいもので、これぞネルシーニョ監督という姿でした。前日には「力を出し惜しみせず、目の前の試合にもっと全力で」と叱咤し、選手たちもそれに応えるように激しいバトルが繰り広げられました。


200131_2.jpg

そして昨晩ですが、レフェリーの方をお招き、VAR(ビデオアシスタントレフェリー)説明会をおこないました。2017年まで副審としてご活躍された宮島一代さんに説明をいただきました。例年ですとルール講習会なのですが、今季からJ1で新規導入されるVARについて、現場の選手やスタッフに対して運用方法や理解を求める貴重な機会です。すでに国際大会やヨーロッパなどで導入されていますが、もちろん最大の効果を生んでいるものもあれば、一方で混乱を招いてしまっている事象もあります。

古賀選手は先日参加したU-23アジア選手権でおこったプレーで「これは、みんなが、レフェリーがビデオ確認するプレーだと思っていました」と宮島さんに質問していましたが、実はすべて事象において主審がオンフィールドレビューするものでもないのです。「事前に説明されていたやり方とも違っていました」と運用面で少なからず混乱もあったようです。せっかくのすばらしいテクノロジーを、審判と選手がともに有効活用し、観客のみなさんにより公正でエキサイティングなサッカーの本質の面をたのしんでいただかなくていけません。

何より、こちらのJFAのルールサイトを見ていただくのが一番ではありますが
https://www.jfa.jp/rule/var.html
■大原則として、こういうものがあります。
「はっきりとした明白な間違いがあった場合に利用する」。

※最良の判断を見つけようとするものではありません
※例をあげれば、昨年の浦和vs湘南戦でゴールインが見逃されてしまったこと、こういう事象をなくすために使われるものです

■では、どういう場面でVARが使われるのか
1、得点かどうか
2、PKかどうか
3、退場かどうか
4、警告退場の人間違い

さらに、主審が確認できなかった重大な事象
※主審が確認できなかった行為、例えば相手選手をプレーとは関係ない場所でけったり打ったりした、また、ペナルティーエリア内で守備側選手がボールを手で扱った(ハンドの反則)というような、主審の位置からは全く見ることができなかった事象

ですので、得点や得点機会にかかわる事象、ボールがゴールラインを割ったかどうか、ハンドかどうか、オフサイドだったかどうか、などをビデオを使って確認する場合があります。

ただ、まずは主審の判断が第一です。その判定を下した基準、たとえばPKになった際に「4番の手に当たったハンド」だと視認し、それを無線通信で伝えます。もしその判定の根拠が明らかに間違っていた場合に、VARが正しい情報を与える。逆に、明らかなハンドを見逃した場合、VARが主審に伝え、無線交信やオンフィールドレビューによってPKとされることもあります。

一方で、主審がVARに対して「いまの見えなかった。どっちかな?PKかな??」なんていう運用はしないわけです。それが=「最良の判断を見つけようとするものではありません」ということにあたります。あくまで主審の判定の根拠に明らかな誤りがないかを定めるものです。これは当たってるかもしれないし、当たっていないかもしれない。そういう微妙な時にはハンドとされないこともあるでしょう。

【JFA公式】ビデオアシスタントレフェリー(VAR)について
https://www.youtube.com/watch?v=DRSEMh4igf0&feature=emb_title
【Jリーグ公式】VAR導入のために。審判員が行っているトレーニングとは!?https://www.youtube.com/watch?v=2tykqeRrkP4&feature=emb_title
【Jリーグジャッジリプレイ番外編】ビデオアシスタントレフェリー特集!
https://www.youtube.com/watch?v=8em-_twRjPY
【Jリーグジャッジリプレイ番外編】ルヴァンカップ決勝VAR大特集(後編)
https://www.youtube.com/watch?v=3LxgGVsaTG4

こちらの動画は、協会やリーグ側が、サポーターのみなさんにわかりやすく、そしてレフェリーの皆さんがこうして運用しているというものを映像で公開しています。とくにルヴァンファイナルの舞台裏は非常に興味深く、よりより判定を目指そうとする人とテクノロジーの総力を結集したものだとよくわかります。

VARは、J1リーグの全試合、そしてルヴァンカップはプライムステージ(準々決勝以降)で運用されます。いま日立台でも、ゴールラインカメラを新たに設置する場所を作っているところですし、ソフトハード両面での準備が進んでいます。みなさんもVARを理解いただいて、よりサッカーを楽しんでいただければと思います!

2020年1月30日

指宿キャンプ10日目

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

2020ネルシーニョレイソル、初の対外試合が行われました。昨年同様、JFLのテゲバジャーロ宮崎さんにお越しいただき、30分×3本にて実施。選手によって30分出場、または60分出場と、選手それぞれのコンディションやチーム編成のなかで調整された時間でプレーしました。

200130_yji.jpg

1本目は昨年からの主力選手がベースで、そこに新加入のDF高橋祐治選手が加わりました。立ち上がりからレイソルらしいダイナミックなカウンターからチャンスを作り、クリスがゴール前に迫ったところで、相手のオウンゴールで先制。ただその後は実戦を積んで躍動する相手の攻撃を防ぐ時間が増え、クロスバー直撃の危ない場面もありましたが、GK中村選手やDF染谷選手ら、守備陣がさすがの存在感で失点はゼロで終えました。「みんなの攻撃のエリア、守備のエリアがまだ大きくなくて、距離間が広かったですね。でも今日が初めてのフルピッチのゲームでしたし、ここから調子を上げていけたらと思います」。とはいえ、瀬川選手、今年も攻撃でのしかけのキレ、プレッシングへのスイッチオンなど、彼らしいプレーは随所に見せてくれました。

200130_seg.jpg

200130_nel.jpg

2本目は全員が入れ替わり、新加入選手が多くプレー。トレーニングから監督の求めるプレーを学び、それを実戦で発揮する機会。レイソルで上を目指そう、ポジションをつかみたい、そんな高い意識がうかがえ、でもセルフィッシュではなく、チーム組織として連動してプレーしようという動きも伺えました。サヴィオ選手が中盤のプレーメーカーとしてボールを引き出して配球。サイドからしかける神谷&仲間コンビ、また常に背後を狙いストライカーらしい動きを見せる呉屋選手。ゲームをコントロールする大谷キャプテンの周りで、戸嶋選手、北爪選手、大南選手も持ち味を発揮していました。

200130_goya.jpg

大谷選手です。「新加入の選手と実戦でプレーして、こういう特徴があって、ここでボールを受けたいんだなとか、こういうプレーをするんだというのは掴んできています。ただ最後にゴールを奪うときに、点と点とがつながらなければいけないし、そこを合わせていく努力はチーム全体で必要だと思います。みんながしっかり目の前のゲームに向けて、前向きに100%で取り組めている。それぞれで競争がある中でもポジティブな空気を全員で出せています。今日の課題や反省を修正して、今日フルコートでゲームをやったことでコンディションも上がるだろうし、そこは次の試合では違うものが見せられると思います」

3本目は、継続して出る選手、新しく出場した選手が一緒になりました。仲間選手や神谷選手、川口選手は複数のポジションでプレーするなど、また違う特色を見せました。ゴールは、右サイドからの攻撃参加でフィニッシュにからんだ川口選手、そしてカウンターのチャンスからドリブルで相手をかわしながらシュートコースを作り、しっかり流し込んだ神谷選手の2ゴール。神谷選手はその前にバー直撃の惜しいシュートがあり、また前日の練習では見事な直接フリーキックも決めています。ドリブル、パス、そしてシュート。周りとの連携が深まれば、互いにもっともっと輝けるのではないでしょうか。

200130_kami.jpg

試合を通して、前線からのプレスをみんなが献身的に繰り返し、そして最終ラインやGKがゴール前を固める、跳ね返す。90分を通して無失点で終われたというのも、選手たちがこれまで取り組んできたことの自信や、さらなる成長につながるポジティヴな成果になったのではないでしょうか。2日のTMは非公開となり、詳細をお伝えすることはできないのですが、それは2月9日のちばぎんカップ、フクアリでその目でご確認いただければと思います!!