2019年10月14日

水戸戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

前半、メインスタンドの上から、レイソルの攻撃の場面を見たとき、相手の水戸の守備陣形が4-4-2のラインが本当にきれいで、横も縦も等間隔になって侵入してくるレイソルを待ち構えていました。非常に統率がとれていて、組織的で、鍛えられているチームだと改めてわかりました。

守備を固めるだけでなく、常に2トップが守備もこなしながら、カウンターの機を狙っていました。フォワードに当てて、サポートした選手が落としを受けて、さらに後ろから飛び出していく。サイドに展開して、そのクロスになだれこんでいく形が見事でした。1失点目はその前のプレーがファウルのホイッスルが鳴ってもおかしくないプレーに見え、0コンマ何秒かは判断が遅れたかもしれません。ただ、そのままプレーが流れて、流し込まれました。

またレイソルの3失点目は見事しか言いようがありません。2失点目のフリーキック、決めたのは今季初出場の選手でしたがすばらしいキックでしたし、またその前のセットプレーでも細かな変化を加えたりと、いろいろな工夫が見えました。そして攻守、守攻の切り替えが非常に速く、スコアこそ2-3の僅差でしたが、どちらが狙い通りに戦えたかといえば、相手のほうだったと思います。

ネルシーニョ監督も試合をこう振り返りました。「ゲームの結果をみて、相手の優勢な戦い方というものを認めざるをえない。ボールを奪ってから縦に急ぎすぎて、決定機は何度か作ったが、攻撃の形を作る上で個人技に頼ってしまう時間帯が増え、組織的に我々が普段してきた通りの攻撃の形が作れませんでした。結果をみてもわかる通り、戦術的な部分、ボールの支配率も相手が我々よりも上回っていた」

縦に急ぎすぎてしまい、ボールロストが増えてしまった。ボールを運んでサイドでフリーの選手は作れたが、そこからのクロスの精度が足らなかった。守備面でも、基本的なこと、相手のDFに簡単にロングボールを蹴らせないようにFWがしっかりプレッシャーをかける。蹴られたらDFはしっかり跳ね返し、前線や中盤も自陣へ戻ってセカンドボールを取るためのポジションを取る。相手のオーバーラップには、後ろは時間を使わせ、前線の選手が必死に戻ってくる。そして球際で絶対に負けない。そうしたひとつひとつの当たり前のことをピッチに立つ全員が怠ってはなりません。相手は、J1に上がろうと、なんとかプレーオフや自動昇格圏内をめざして、本当に必死で、我々を倒そうと全身全霊を懸けて戦ってきます。サポーターの皆さんも、この悔しい負けの直後でも手を叩いてチームを鼓舞する声が聞こえてきました。この応援に応えるためにも、残り6試合、もっともっと闘わなければいけません。

191014_yama.jpg

191014_taka.jpg

191014_sega.jpg

191014_some.jpg

191014_kohei.jpg

最後に、台風被害への募金活動にたくさんのご協力をいただきまして誠にありがとうございました。今回も20万円を超える義援金をお預かりさせていただいております。繰り返しになりますが、被害に遭われた方にお見舞いを申し上げるとともに、復旧活動が少しでも早く進みますようお祈り申し上げます。

191014_bokin.jpg

191014_bokin2.jpg

2019年10月13日

明日は水戸戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

まず、昨日の大型台風が日本各地に大きな爪跡を残し、今なお洪水や浸水、停電や土砂崩れなどの被害が続いています。被災された方に心よりお見舞いを申し上げるとともに、まず身の安全を第一に行動されるようご注意ください。明日対戦する水戸ホーリーホックのホームタウン、水戸市を流れる那珂川が氾濫し、大変な水害に見舞われています。以前使われていた練習場、河川敷にあるホーリーピッチは完全に水没しているそうです。明日公式戦を戦うというのは心身ともに大変な状況かと思いますが、今回の試合変更に際してご協力をいただきまして深く感謝申し上げたいと思います。

柏レイソルでは、明日の水戸戦において『Jリーグ TEAM AS ONE』募金活動を実施し、被災地支援に向けて少しでもお力添えができればと思います。12時15分から13時まではメンバー外選手たちもホームゲート付近の特設ブースにて参加予定です。ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

この台風19号の影響により、試合日程の変更を余儀なくされました。12日のご観戦を予定されていて、この事態で観戦できなくなってしまった方には大変申し訳ございません。ただ昨日の天候や交通事情を振り返ってみても、到底、安全に試合をできる状況ではありませんでしたので、改めてご理解ご容赦をお願いいたします。
※10月12日のチケットは、そのまま14日の試合で利用いただけます。
※チケットの払い戻しは、10月15日午前10時から、10月27日の23:59まで実施しますので、お忘れなくご対応ください。
https://www.reysol.co.jp/news/ticket/032673.html

191013_bokin.jpg

今日は、台風一過のすばらしい青空が広がり通常なら試合には絶好の日曜となったもしれませんが、超大型台風による被害を懸念し、13日を台風被害の点検の日にあてて、14日の再試合というスケジュールを立てさせていただきました。今朝早くから、グラウンドキーパーのグリーンテックさんにはスタジアムはもちろん、今日トレーニングをおこなうグラウンドも整備、メンテナンスをいただいて、水戸戦に向けたチームスケジュールは滞りなく進行できました。誠にありがとうございます。また我々フロントスタッフ、コーチングスタッフやアカデミースタッフもグラウンド内に広がる無数の枝木の清掃、また施設点検をおこない、無事に明日試合が行えることになりました。

現在、国際Aマッチウィークということで、レイソルはオルンガ選手がケニア代表へ、古賀太陽選手がU-22日本代表のブラジル遠征に参加しています。磐田から期限付き移籍している水戸の若きエース、小川選手もブラジル遠征で不在という試合です。ミカは前線のターゲット、得点源として欠かせない存在ですが、実はセットプレーの守備でもその高さが大きな効果を発揮しています。不在だった山形戦、理由はそれだけでないでしょうが、ミカの不在がセットプレーでの2失点に影響があったかもしれません。古賀選手は最終ラインからの配給役として、相手のプレスを受ける厳しい状況を打開するパスが光っていました。もちろん彼らの不在は事前からわかっていたことですし、それを理由にするまでもなく、チーム戦術を練り直し、代わりに出場する選手とともに勝利を得るためにしっかり準備を進めてきました。

3位との勝ち点差は最大10ポイント→8ポイント→7ポイント→9ポイント→8ポイントと一節ごとに変動しています。ネルシーニョ監督には「追われる立場でのプレッシャーはありませんか」というメディアからの質問がありました。しかし「まったくありません」と表情を変えず答えました。シーズンの前半は相手の勝ち点差を気にしなければいけなかったが、今は自分たちが自力で勝ち上がれる状況にある、と。

191013_nel.jpg

「2-0は危ないスコア」と言われることがあります。2011年のマリノス戦の前半で2-0とリードした際、逆にそれを心配する選手たちに向けて、監督はこう一喝しました。「勝っているのは我々だ。2点をリードして圧倒的に優位なのに、どうして我々が負けることを考えなければならないんだ!」。勝者たる者はこうあるべきだ、という監督が唱える勝利の精神は、こうして当時のチームの血や骨となっていきました。残りの7試合、ひとつひとつをおろそかにせず、全身全霊で戦う。その先には必ず目標達成があるはずです。その精神を、選手スタッフはもちろん、サポーターのみなさんもひとつにして、どうか最後までともに戦い続けてください。14時キックオフ、日立台でどうぞよろしくお願いいたします。

191013_cris.jpg

191013_sup2.jpg

191013_sup1.jpg

★クリスのインタビュー動画もぜひどうぞ!!

2019年10月10日

水戸戦が日程変更になりました

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

本日16時に発表しました通り、週末に予定されていた水戸戦の延期が決まりました。

【変更後】10月14日(月・祝)14:00キックオフ

9月上旬に大きな被害をもたらした台風15号以上の規模で日本列島に接近しており、試合の進行や、お客様や運営スタッフの安全に大きな影響を及ぼす可能性をかんがみて、このたびの決定をさせていただきました。急な事態にもかかわらず、対戦クラブの水戸ホーリーホックの方々、Jリーグの方々、試合運営や販売などで協力いただいている関係みなさまのご協力に深く感謝申し上げます。

14日月曜での実施については、祝日であるということ、JRから12日から13日にかけて計画運休の可能性が発表されているということ、また関東地方は13日早朝に台風通過見込みで、同日そのあとにスタジアムの安全確認をおこなった上で、ということなど、諸般の事情を総合的に判断して、14日への変更を決定しました。この変更に伴い、楽しみにされていた試合観戦が出来なくなったという方におかれましてはお詫び申し上げるとともに、なにとぞご理解ご容赦くださいますようお願い申し上げます。

チームは試合変更に伴い、スケジュールを組み直し、引き続き重要な水戸戦に向けて準備を進めております。

すでにお買い求めいただいているチケットですが、そのまま14日の試合に使用いただけます。また払い戻しも受け付けますが、年間シートと6試合セットチケットは払い戻し対象外となりますので、あらかじめご容赦ください。チケットについてのご案内はこちらからご確認ください。
https://www.reysol.co.jp/news/ticket/032673.html

なお、10月10日(木)16:00~19:00まで、該当試合のチケット販売を一時休止いたします。19:00から10月14日開催分としてチケット販売を再開いたします。また、10月10日(木)19:00~10月11日(金)9:59まで、該当試合の座席選択でのチケット購入はできませんのでご容赦ください。

最後に、非常に大型の台風ということで、気象庁からも繰り返し注意喚起がされています。くれぐれもご自身やご自宅など、身の回りの安全を第一に行動ください。被害の拡大が少しでも収まるようお祈り申し上げます。

2019年10月 6日

横浜FC戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

0-0のままタイムアップを迎えるかと思われたアディショナルタイム、横浜FCのセットプレーからゴールを守れず、0-1。最低限の結果として手にしたかった勝ち点1を失い、そして昇格争いに勝ち点3を与えてしまう、厳しい結果に終わりました。前半から両者ともになかなかペナルティエリアでのビッグチャンスを作れず、一方でセットプレーのチャンスが多かっただけに、今日はそこで1点を獲れるか獲られるかの勝負だと感じていましたが、最後の最後に、相手方にやられる結果となってしまいました。

ただ、試合内容はまさに、拮抗という言葉がふさわしい一進一退の攻防。我々がプレーや戦う姿勢において劣っていたとはまったく思えませんし、選手たちは90分間インテンシティーを落とすことなくハードにタフに戦い続けたと思います。特に、相手のストロングポイントを封じ込めるという点において、個人のがんばりが組織的となってとても機能していました。イバ選手に対する鎌田&染谷コンビ、サイドアタッカーに対しての瀬川選手と古賀選手。何よりレアンドロドミンゲス選手に対して大谷選手と三原選手が監視の目を離さず、また前線からの守備でそこへのパスも可能な限り遮断。集中した守備を最初から最後まで続けていましたし、これこそ残り7試合で継続すべきところです。

ただ大谷選手は敗戦をこう振り返りました。「レアンドロに仕事をさせないようにという意識がチームの中で強かったので、それもあって全体が前へ行く場面が少なくなってしまったのもあると思う」と、前線へのプレスやレアンドロ選手のカウンターへのケアでなかなか攻守にわたって前にいけず、それで攻撃での厚みや迫力を出せなかったというところに、21試合ぶりという無得点の一因があったかもしれません。

もちろん反省しなければいけない点もあります。大谷選手が挙げたのは「失点のCKの前のシーンで、FKを速くリスタートされてゴール前まで持っていかれていた。集中が切れたとは思わないけれどそこの切り替えのところで隙を与えてしまったというのはある。北爪くんにぽっかりスペースを与えてしまっていたので、あのシチュエーションを作ってしまったことが自分たちとしてはいけなかった」。

ハーフタイムにネルシーニョ監督から「ファウルを犯した後にすぐに守備に切り替えること。相手の速いリスタートに注意すること」と指摘がありました。あのセットプレーの前、オルンガ選手のファウルの位置は敵陣深くではありましたが、そこからの速いリスタートで一気に自陣まで運ばれてのカウンターピンチ、そしてCKからの失点。なぜ失点したのか、なぜCKになったのか。大谷選手以外にもその点を認識している選手もいるとは思いますが、そういう「気付き」が多くの選手から生まれて、それを全員で共有していくからこそ、ミスが減り、失点が減り、勝利へとつながっていきます。

来週の水戸戦は、今日イエローカードをもらってオルンガ選手、そしてU-22日本代表遠征で古賀太陽選手が不在です。太陽は試合後ひとりスーツに着替え、ブラジル遠征への集合場所へと移動しました。「自分がいなくてもやってくれるチームだと思っているし、自分が抜けたからと言って変わるわけではないと思う。チームの心配はしていないし、むしろ帰ってきた時にもっとチームの力になれるように成長して帰ってこなければいけないという気持ちの方が強いので、チームは勝ってくれることを信じて自分は(代表で)アピールをしてきたい」。水戸は今日ホームで2-0リードから、後半の13分間で大宮に逆転されたという悔しさを、日立台にぶつけてきます。一日一日最善の準備をして、試合当日はその相手を上回る心身の強さで戦わねばなりません。

2019年10月 5日

明日は横浜FC戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

10月に入りましたが、今日は30度に迫るような夏の一日。他の試合では引水タイムがもうけられるなど、選手にとっては非常にタフなコンディションの一日でした。我々レイソルの試合が行われる明日は25度前後と過ごしやすい日曜になりそうです。

残り8試合、強敵との戦いが続きます。明日は、現在3位の横浜FCの敵地、三ツ沢に乗り込みます。4月、日立台での対戦は0-0のスコアレスドロー。あれから半年が経ち、両者とも一変、成績を飛躍的に伸ばしてきました。横浜は5月に、元レイソルの下平隆宏監督が就任すると、それまでの4勝5敗4分から、12勝7分2敗と昇格県内へジャンプアップしてきました。ボールを握る、という下平監督の志向するスタイルが着実に浸透。安定したビルドアップができる最終ラインとボランチがいて、サイドにはクリスやJのようなスピードあふれるアタッカー、松尾選手、中山選手、斉藤選手がいます。そしてイバ選手という決定力のあるセンターフォワード。組織と個のバランスの取れた非常に強いチームです。

191005_LD.jpg

そこで一味違うエッセンスを出しているのが、やはりレアンドロドミンゲス選手。レイソル時代のような鋭いカウンタードリブルはなくとも、トップ下の定位置からの正確なキック、そして気配を消しながら相手の間をとる嫌なポジショニングは健在です。下がり目の位置でビルドアップに加わり、そこからワンツーやロングパスで味方のチャンスを作り、さらにはゴール前のフィニッシュへ。ミドルシュートやプレイスキックも脅威です。彼に仕事をさせないこと、できるだけゴールから遠ざけることが勝利への道でしょう。

191005_GK2.jpg

そして最後尾に構えるのがGK南雄太選手です。18歳でレイソルに加入したのが1998年。先月で40歳の誕生日を迎えましたが、まさに不惑という言葉にふさわしい、長年の経験に裏打ちされたすばらしいプレーを続けています。強いチームには良いキーパー。11連勝のレイソルもそうですが、16戦無敗の横浜には南選手がいます。

191005_GK.jpg

さらに先月は、J1・J2通算600試合出場の偉業も達成。レイソルでのJ1:246試合+J2:45試合から、10シーズンでこの大記録に到達しました。600試合出場を超えるのは、楢崎選手、遠藤選手しかいません。現在横浜FCで販売中の記念グッズにはルーキーイヤーの写真をご提供させていただきましたが、明日の試合前にはそのセレモニーも行われます。今となってはまさに最強の敵となってレイソルに立ちはだかる存在ですが、試合前は大きな拍手で称え、そしてすばらしい戦い、最高の勝利をめざし、三ツ沢で選手とともに戦ってください。ビジター側はチケット完売だそうで、アウェイへの大挙参戦、本当にありがとうございます。14時キックオフです!

2019年9月28日

東京V戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

まず試合前に「JFAリスペクト フェアプレーデイズ」の活動として、差別・暴力根絶宣言を両チームのゲームキャプテンがおこないました。サッカーやスポーツの現場で顕在化する様々な差別や暴力に反対、撲滅する意思を強く示し、これらの問題発生を未然防止するよう、啓発を行うことを目的とするものです。マイクの前に立ったのはヴェルディの近藤直也選手、そしてレイソルは大谷秀和選手。ネルシーニョ監督のもと栄冠を勝ち取った盟友の再会です。近藤選手が日立台でマイクの前で話すのは、4年ぶりのこと。レイソルを離れることになっての別れの挨拶が思い出されて、胸が詰まる思いでした。ただ、このフェアプレー宣言の日に、この日立台で試合がおこなわれ、ドゥーとタニが揃って先発し、しかもキャプテンマークを巻いて、という偶然が巡ってきたということに、感謝したいと思います。

190928_do.jpg

190928_tani.jpg

試合ですが、ミカ、ミカ、クリスの3発で快勝!!柏らしい前線の外国籍選手たちのパワーを活かした勝利!!一見すればそんなふうに表現される結果かもしれません。もちろん彼らが持てる攻撃力、決定力を存分に発揮したのは間違いありません。立ち上がりは相手の見事なパスワークに押し込まれる場面もありましたが、徐々にリズムをつかんで攻め込み、そしてサイドからの仕掛けでコーナーキックを何度か獲ったことが先制点につながりました。ヴェルディの選手たちに対して上背で上回るレイソル、その最長身オルンガ選手のヘッドで先制というのは理想的なプランでした。

190928_mica.jpg

2点目はオルンガ選手らが左サイドで起点を作り、細かいパスからクリスの大きな大きなサイドチェンジ。右サイドのスペースへ駆け上がった瀬川選手が、非常に難しいダイレクトのクロス。それは見事だった折り返しに、逆サイドからゴール前へいち早く詰めたミカが合わせました。試合を決めた3点目は、途中出場のジュニオールサントス選手が長い足をいかしての速くパワフルなカウンタードリブルからのラストパス。右サイドフリーのクリスが、右足強振ではなく、意表をつくチップキックで沈めました。

ただ、いつもネルシーニョ監督が説くように、サッカーは、攻撃と守備が表裏一体のもの。巧みなパスワークで攻撃的なサッカーを仕掛けてくるヴェルディのアタックにいかに対抗するか。その意味で、今日は中盤3枚の戦い、特にレイソルの守備意識の高さが勝利を引き寄せたと思います。相手のアンカー、展開力が光る17歳の山本選手を江坂選手がマークし、ボールを持たせず、攻撃の糸口を封じ込めました。それだけでなく相手CBへのけん制、オルンガ選手のカバーと、攻撃だけでなく守備面の貢献が光りました。

190928_mihara.jpg

それに加え、大谷&三原コンビの球際の強さ、カバーリング、バランス感覚は今日も抜群の安定感で、「今日はタニくんがいてくれたから、間をきちんと締めてくれたし、それでサヴィオやジュニオールのマークもはっきりしたと思う(鎌田選手)」と、前線や最終ラインにも好影響を生み出しました。もちろん、派手な攻撃に目が行きがちな外国籍選手たちですが、ミカもクリスもサヴィオもジュニも自陣に戻り味方を助けようとするプレーもたくさんありました。そして忘れてはならないのは、前半20分のGK中村選手のビッグセーブ、あれは間違いなく試合の流れがどっちに転ぶかわからないところを食い止めた、非常に価値あるプレーでした。ピッチに立った全員の守備、それゆえのクリーンシートでした。

190928_segawa.jpg

先週に引き続き、台風15号被災への募金活動を実施しました。今日は選手5名も参加し、愛媛戦の約22万円を超え、26万円をうわまわる募金をいただき誠にありがとうございました。これにレイソル選手会による20万円を加え、千葉県共同募金会の「令和元年台風第15号千葉県災害義援金」にお送りさせていただきます。また10月に始まる赤い羽根募金の啓発ポスターに、中村、古賀、瀬川、菊池選手の写真を活用いただいています。復旧作業が非常に困難だという報道が伝わってきていますが、引き続きのご支援ご協力をお願いいたします。
https://akaihane-chiba.jp/publics/index/43/#block513

190928_bokin.jpg

今日も大きな大きな応援、味方を支え、相手を飲み込むような歌声をありがとうございました!次は10月6日、アウェイ横浜FC戦。決戦です!三ツ沢を黄色に!!
190928_sup.jpg

2019年9月27日

明日はヴェルディ戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

先週の愛媛戦は4試合ぶりの勝利で、勝ち点は66となりました。2位の山形以下に8ポイント差をつけていますが、横浜、水戸、大宮は勝ち点57とまったく気を抜くことができない熾烈な争いが続いています。愛媛のように順位は上位でなくとも、しっかりとした自分たちのスタイルを築いて攻撃的に戦ってくるチームは非常に危険な存在で、あらためて我々が良い守備を続けることの重要さを感じさせる結果でした。

あす対戦する東京ヴェルディもそうです。3月のアウェイでは0-2と敗戦。レイソルが主導権を握りながら、ヴェルディはそれまで自陣を固めてきたところから前半終了間際に牙をむき、あっという間に続けてゴールを割られました。どちらかといえば守備的な戦い方でしたが、局面のテクニックはヴェルディらしい伝統的なうまさを随所に見せていました。

190927_koga.jpg

190927_ric.jpg

当時とかわり、ヴェルディ生え抜きの永井監督がユースからトップ昇格。ネルシーニョ監督がヴェルディ川崎時代に指導した選手で、今回は師弟対決となります。育成組織から培ってきたサッカーをより推し進め、10代の若い選手を抜擢。攻撃的なスタイルを貫いています。パス数はリーグ2番目の多さで(レイソルは6番目)、前節の大宮戦でもボールを握り、相手を苦しめています。

一方、セットプレーで2失点。上背のある選手が少なく、レイソルにとってそこは愛媛戦同様に糸口として狙っていきたいところです。ただ最終ラインには元レイソルの近藤直也選手が控えています。翌週の10月3日に36歳を迎える今でも、最終ラインの柱として守備に攻撃に活躍を続けています。ネルシーニョ監督のもとでプレーした経験も十分で、レイソルがどういう手に打って出てくるかという予測も、他のチーム他の選手に比べればはるかに備えていることでしょう。手強い元盟友が立ちはだかります。

190927_do.jpg

明日は「LAWSONエキサイトマッチ」の開催です。スポンサー、チケッティングパートナーとしていつも大きなご支援をいただいていますが、今回もサポーターの皆様に向けて多くのイベントをご準備いただきました。まことにありがとうございます!

すでにツイッターで大きな反響がありますが、「ローチケスポーツ」をフォロー&リツイートでプレイステーション4とサッカーゲームソフトがあたるキャンペーンを実施中です。また試合当日には、ローソンの制服を着て店員さんにふんした選手たちとのパネル写真を投稿すると、サイン入りトレシャツや試合球が当たるチャンスもあります。
https://twitter.com/lawsonticket_sp

190927_L1.jpg

恒例の「ローソン福引大会」では、9月25日(水)0:00~試合当日に全国のローソン店舗で税込800円以上ご購入いただいたお買いものレシート、または試合当日スタジアム場内ローソン売店(常設売店3箇所・特設ブース売店)でも税込800円ご購入につき1枚配布される参加券をLAWSONブースにお持ちください。レシートまたは参加券1枚につき1回(800円ご購入ごとに1回)ガラガラくじにチャレンジいただけます。この試合限定非売品のスウェットトートバッグ60名様、ステンレスドリンクボトル30名様など、合計130名にプレゼントが当たります。注意事項がありますので、ぜひこちらのニュースをご確認いただき、お買いもの&福引チャレンジいただければと思います。
https://www.reysol.co.jp/news/event/032606.html

190927_taki.jpg

また明日は、先週に続いて台風15号災害への募金活動をおこないます。今回は特設ブースにて選手たちも参加します。時間は13時15分から14時ごろの予定です。またインフォメーションや売店などにも募金箱を設置させていただきますので、ぜひとも同じ県内の被災地復興にむけて引き続きのご協力をどうぞお願いいたします。