2019年4月25日

ルヴァン東京戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

0-2というスコア以上に、公式記録上でのシュート数が前後半合わせて1本だったことに少なからずショックを感じます。前半は、選手たちのコメントから読み取ると「チームのやり方をしっかり遂行し手ごたえも感じながら守れていた」。FC東京に与えたチャンスはほとんどなく、ニュートラルな前半だったと思います。両チーム合わせて最大のチャンスだった前半37分、FC東京のシュートをこの日先発起用されたGK滝本選手が左手一本でストップ。無失点で前半を終えることができたのは、このプレーあっての結果でした。

だからこそ、後半立ち上がり、相手のクロスボールに果敢に飛び出しながらも、先に相手に触られての失点は本当にもったいないことでした。「出たならしっかりボールに触らなければいけない。失点してはいけない時間帯で失点してしまったことも良くなかった」。試合の流れを大きく左右するプレーになってしまいました。

また終了間際のディエゴ選手のシュートも含めて「2つとも自分の責任だと思う」と、もう少し違う対処、プレーができたはずという思いが自分の中にあるのでしょう。ようやくつかんだ出場のチャンス、悔しさが深く募っていることと思いますが「自分にしっかり矢印を向けてやっていきたい」と、今日のプレーを省みて、また明日からのトレーニングに取り組んでいってくれることと思います。

190425.jpg

4月3日以来、5試合勝利から遠ざかっています。勝利への執念、諦めない思い、負けたことに対する悔しさ。ぐっとこらえないいけない時はありますし、選手たちはそれぞれの思いが胸にあると思いますが、もっとそれを表に出してもいいんじゃないか、もっと出さなければいけないんじゃないかとも思います。負けや勝てないことに慣れてしまう前に。「勝利に慣れなくてはいけないんだ」と監督が先日の敗戦後に強く選手たちに伝えたことが思い出されます。また日曜日、今度はホームゲームです。ホーム側のチケットは、残すところ柏熱地帯が100枚程度です。黄色く埋め尽くされた日立台で、サポーターの皆さんを喜ばせるゴールを、勝利を次こそ!

2019年4月23日

明日はルヴァン東京戦@大宮

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

日曜のリーグ戦から中2日、非常にタイトなスケジュールで明日水曜にルヴァンカップを戦います。ルヴァンカップはここまで3試合を戦い、1勝2敗。3連勝のベガルタ仙台が大きくリードしているなか、他の3チームが三つ巴で勝ち点3で並び、ここからの3試合の勝敗次第では十分にチャンスがある状況です。

ここまでの3試合を振り返り、ネルシーニョ監督はこう話しています。「このルヴァンでは収穫が相当あって、例えばタクミ(上島選手)。ここまで3試合に出た中で、パーソナリティ、ポテンシャルを見せてくれた結果、Aチームのリーグ戦での出場機会を得た。彼だけに限らず他の選手もルヴァンカップの実戦の中で、勝ち負けという結果ではなく、それぞれに与えられた役割をしっかりやれている選手に対しては、当然のことながら今後もどんどん出場機会がもたらされると思います。また長いシーズンの中で何が起こるかわからないので、必要な時にきちんと出場できる準備ができるようにという位置付けで、ルヴァンカップは非常に重要だと思っています。

優先順位の話をするとすれば、我々が全身全霊をかけて戦わなければならないのはJ2のリーグ戦というのは間違いない。ただ、ルヴァンカップも自力で次のステージに勝ち上がるだけのチャンスがあり、彼らにはきちっと与えられた出場機会を最大限活用してもらいたいと思っています。いまリーグ戦とカップ戦が同時平行に行われていく中で、Bチームがきちんと戦える準備をしていくことは、ひいては我々がリーグ戦を戦っていくプランBを準備することになると思っています」。

あす戦うFC東京とは第1戦で対戦。前半セットプレーで先行されますが、オルンガ選手の連続ゴール、特に2点目はクリスのスーパークロスをダイビングボレーで合わせるという見事なゴールで逆転勝利をおさめました。その試合では東京はすべての選手を入れ替えましたが、4月10日の第3戦鳥栖戦では、林選手、室屋選手、森重選手、永井選手らリーグ戦の主力が出場し、決勝点は途中出場の17歳久保選手が決めて1-0で勝利。現在リーグ戦首位を走る原動力となっている主力選手が明日の試合も出場する可能性もあり、非常に手ごわい相手です。

そして明日はFC東京のホームゲームですが「NACK5スタジアム大宮」での開催です。本来おこなわれるはずの味の素スタジアムは、平日はラグビーワールドカップのための改修により使用できず、大宮での開催となりました。ご観戦の方はそんなことはないとは思いますが、念のため、決してお間違えのないようご注意ください。明日夜19時、NACK5で共に戦いましょう!!

2019年4月21日

金沢戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

今日もゴールが、1点が遠い90分間でした。3試合連続の引き分け、2試合連続のスコアレス。守備の安定は長いシーズンを戦っていく上ですばらしいことですが、やはりゴールを決めないと勝ち点は伸ばせません。すべての試合で勝つことは大変難しいことはわかっているものの、この3試合で6ポイントを積み重ねられず、首位とは1ゲーム以上の勝ち点差がついています。

190421_seg.jpg

今日は3バックで戦いました。ルヴァンカップはすべての試合で3バックですが、リーグ戦では2度目。相手の2トップに対して、3枚でしっかりビルドアップすること。そして長身選手に対してのチャレンジ&カバーのため。さらにウイングバックやボランチが攻撃に加わりやすくなるように。ネルシーニョ監督は、執った戦術、狙いについては「選手たちは当初予定していたプランを選手たちは最後まで遂行してくれた」と評価しました。ただ、金沢のGK白井選手、柏市出身で、柏イーグルス、流経柏高校でキャリアを積んだ身近な選手ですが、ビッグセーブを連発し、敵ながら賛辞がふさわしい今日のプレーぶりに防がれました。

190421_gk.jpg

190421_kami.jpg

相手のハイボールに対しては染谷選手、古賀選手、そして今日先発起用の上島選手としっかり跳ね返し、セカンドボールも回収。後半は前がかりになったところの裏を突かれて大きなピンチを作られる場面もありましたが、球際やシュートブロック、前線の選手もよく帰陣してなんとか無失点で乗り切りました。後半25分ぐらい、先制点献上かと思われた場面、GK中村航輔選手のビッグプレー、チームを救ってくれました。

一度は相手ドリブルで交わされながら、すぐさま立ち上がり、猛然とゴールラインへと戻り、こぼれたボールに覆いかぶさるようにセーブ。相手のプッシュを大きな背中で守り、身体ごとボールはゴールラインを割りましたが、相手ファウルにより失点を防ぎました。恐れを超越した、本当に勇敢なプレーでした。実際に手を痛めるほどでしたが、これぞ日本代表に選ばれるにふさわしいプレーだったと思います。もしかしたらジャッジリプレーなどで議論されるかもしれませんが、それでもあの最後のギリギリのところに反応した敏捷性、そして最後まで諦めない執念は、これからもレイソルにとって大きな力になるでしょう。

190421_kos.jpg

190421_esa.jpg

今日は江坂選手がセンターフォワードに入り、DFラインとボランチの間のスペースでボールを引き出し、攻撃のリズムを作り出しました。特に後半は小池選手、菊池選手と両ウイングバックが高い位置をとり、さらには染谷選手、古賀選手と3バックの一角もボールを持ちあがり、人数をかけたボリュームの厚い攻撃で相手を押し込む時間帯もありました。上島選手のセットプレーからの高い打点のヘディングシュートもおおいに可能性を感じさせるものです。今日も600人のサポーターのみなさんが金沢へ駆けつけてくださいました。帰りの金沢駅もレイソルイエローばかりで、そんな皆さんに笑顔で帰っていただくことができず大変心苦しいです。0-0のジリジリとした時間が続き、辛抱しながら応援をいただいていますが、続く水曜にはルヴァンカップの東京戦、日曜にはリーグ戦の横浜FC戦と連戦が続きます。どうか引き続きネルシーニョレイソルへの後押し、よろしくお願いいたします。

2019年4月20日

明日はアウェイ金沢戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

まずおめでたい話題から。昨日4月19日は小泉慶選手、24歳の誕生日でした!いつものようにケーキを用意して、みんなで記念写真。そして寒い時期は自粛ムードだった手荒い祝福も再開して、ケイの誕生日をお祝いしました。それだけではありません。今朝方、男の子の赤ちゃんも誕生したそうで、本人やご家族にとって、親子おなじ誕生日なんて、こんなに喜ばしいことはないでしょうね!!選手たちにはぜひ日曜、ゴールと勝利でお祝いしてもらえたらと期待したいと思います。

S__4136972.jpg

○○○○●●○△△。2連敗のあと、3試合で1勝2分、勝ちきれない試合、試合展開を見れば2ポイントを取りきれなかったという試合が続いています。SNS上にはレイソルが敵陣へ攻め込んでいる回数の多さが載っていました。それ自体は非常にポジティブなことで、攻められている回数より攻め込んでいる回数の方が多いことに越したことはありません。ただ一度のチャンスを仕留め、一度のピンチをいかに防ぐか。選手たちは当然その場面に全力を注いでいますが、もっともっとこだわることで、勝利を手にする回数を増やすことができるはずです。

日曜に対戦するのは、ツエーゲン金沢。レイソルとしては初対戦です。ただ会場の石川西部緑地公園ではJリーグで1試合戦っています。2000年8月5日、FC東京との一戦で、北嶋選手と大野選手のゴールで2-0と勝利しています。

190420_1.jpg

190420_2.jpg

ツエーゲンは、現在勝ち点14で8位。レイソルとは3ポイント差です。柳下監督が3シーズン目の指揮をとっています。ジュビロやアルビレックスを率いた時代には、4-4-2のシステムで、チーム全員の攻守にわたるハードワークが徹底され、堅守速攻で苦しめられた経験があります。そして今のチームは非常に高さがあり、コスタリカ人FWクルーニー選手の193cmを筆頭に、180cm超の選手がそろっています。レイソルとしては、パワープレーやセットプレーは特に警戒が必要です。

ネルシーニョ監督は「15日間におよぶ連戦のあと、選手たちがリフレッシュして、しっかりバッテリーを充電できるように2日のオフをとりました。得点が多くないというところは、この前の試合はサイドからの攻撃が多く、中央のバイタルを崩し切れていなかった。創造性や積極性の点で選手たちには話をして改善を図ってきました。そこが我々の課題であり、克服していかないといけない。バイタルを攻略するためにもっと貪欲な姿勢が必要で、同じミスをするにしてもまずトライすること、ミスを恐れない姿勢を彼らには求めていきたい」。この3試合でセットプレーの1得点のみという状況からの脱却、進化を待ちたいところです。

今日正午から、5/22仙台戦・5/26大宮戦・6/1岐阜戦のホームゲームチケット、アソシエイツ会員先行販売がスタートしました。またお得なペア、グループ、3試合のセットチケットも合わせて販売となります。また6/1岐阜戦のアソシエイツ対象で「柏熱地帯電子チケット」も発売します。これはスマートフォンの「ローチケアプリ」を利用するもので、会員専用チケットサイトでクレジット決済にてチケット購入いただき、その情報をアプリ上で管理し、スタジアムの入場ゲートで端末にて読み込んでチケットがわりとなるものです。店舗での引取りや発券手数料が不要、これでチケットを落としたり失くしたりということもありません。柏熱地帯でご観戦の方は、一度おためしいただければと思います。
https://www.reysol.co.jp/news/ticket/

続くホームゲームは。4月28日日曜の横浜FC戦。「アフラックデー」としてご来場の方やイベント参加の方に、ミニコットントートバッグ、オリジナルユニフォームキーチェーン、サイン入りレプリカユニフォームなど豪華賞品が当たるチラシ抽選会、SNS抽選会などおこなわれます。チケットは指定席がほぼ完売、全体的に残り少なくなっておりますので、ぜひお早目にお買い求めください!!
https://www.reysol.co.jp/ticket/next/#0428

0428_Aflac3.png

0428_Aflac.png

2019年4月14日

栃木戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

今日もシュート数は18本。そのまえ琉球戦は12本、ヴェルディ戦は21本。3-0で勝利した長崎戦のようにシュート本数自体は決して少なくはありませんが、その間取った得点は、0点、1点、0点。流れの中からも、セットプレーでもチャンスは作り出しているものの、なかなかゴールネットを揺らすことができません。

190414_cris.jpg

ネルシーニョ監督の会見コメントです。「今週、相手の守備ブロックを想定して戦術的なトレーニングをやってきた。相手の守備的な戦い方は想定していた通りだったが、我々がゲームに入るに当たって当初のゲームプランである縦パスや空いたスペースを上手く突いていくところがうまく機能しなかった。ゲームボリュームこそ非常にいいボリュームで終始ゲームを支配できていたと思うが、ただ最後フィニッシュのところで得点を決め切れなかったのは次に向けての課題。18本のシュート打っていた中で2、3本は決めていないといけないシーンもあった。フリーキックやコーナーキックも相当数あったのに、そこを決め切れなかった。やはりこういったゲームをきちっとものにしていかなければならないと痛感している」

相手の栃木は非常に統率の取れたチームでした。まず失点を防ごうと、堅いブロックを作り、激しい守備を続けます。キーパーからのリスタートになれば、ボランチのヘニキ選手をターゲットに、前線へ上がるまでキーパーが時間を待ち、それからロングキックを蹴りこんでいく戦術を徹底。ただそうした肉弾戦にも、レイソルの選手たちはまずしっかり競りかけ、そしてセカンドボールの競り合いでも激しく戦うなど、ハードワークを終始続けていました。

190414_koga.jpg

後半になり、レイソルが風上に立つと、それまで栃木が飛ばしていたロングキックが逆風で押し戻され、よりレイソルの優位な時間が続きます。江坂選手、手塚選手、菊池選手と攻撃に特色をもつ選手を投入。間違いなく1点勝負の様相でしたから、中央へのくさび、サイドからのクロス、後ろの選手もどんどん敵陣へ進み、攻め込みます。手塚選手のコーナーキック、クリスティアーノ選手の強烈なシュートなど、これはというチャンスもあったものの、アディショナルタイム6分の猛攻も実らず、スコアレスドローに終わりました。

栃木の田坂監督は「勝ち点3にも等しい勝ち点1」とこの試合を振り返られました。ネルシーニョ監督もイヤーブックのインタビューで「レイソルは今季のJ2でターゲットにされるチームになるでしょうし、いろいろな相手が我々を脅かそうと向かってくる」と厳しい表情で語っています。レイソル戦に向けて、守備意識を高めたり、特別な戦術を用いたり、強い気持ちを持って向かってきます。我々はそんな困難な相手を切り崩し、打ち破らなければなりません。9試合で5失点。リーグを制するチームはやはり失点が少ないですし、大きな破綻なく安定している点、前線から最後尾まで守備の意識をもって戦い続けている点は評価に値するものかと思います。やはり足りないのは、ゴール、得点です。コンスタントに2ゴールできる得点力がどうしても必要になります。

190414_seg.jpg

長崎を除くチームとはルヴァンカップの試合数の違いもあるなかで、それでも我々はチーム力を高め、この競争に勝っていかなければなりません。連戦を終えて、明日もオフに替わり、久々の連休となります。心身ともにリフレッシュし、21日の金沢戦への準備期間もしっかりあります。カップ戦もふくめて3試合勝利がありません。次こそサポーターのみなさんに勝利をお届けし、喜びを分かち合える週末になるよう変わり身に期待しています。

190414_sup.jpg


2019年4月13日

明日はホーム栃木戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

3月30日からの5連戦がようやく明日の栃木戦で一区切りです。ミッドウィークの試合が連続し、厳しい日程を戦ってきました。沖縄→仙台への遠征もあり、この1週間は負傷している選手を除いて、全員で同じ時間を過ごしてきました。

190413_syugo.jpg

ネルシーニョ監督は「リーグ戦のメンバー、カップ戦のメンバー、両方のチームをトレーニングしないといけない状況で、生活を共にして、普段なかなか目が行き届かないところも観察しながら、よりよいコンディションで試合に臨めるようにという考えで、全員での遠征を決断しました。この時間はチーム全体としてより良く活用できたと思います。全員を連れていったという一番の狙いは、ここにいる全員がチームに必要な存在だということを個々の選手に感じてもらいたいという思いもあった。今後の長いシーズン、今は試合に出ていなくてもいつ何時ピッチに立つことになるかわからないし、日々準備を変わらず続けてほしいということで、全員で遠征しました」。

長いJ2リーグの戦いを終えたときに、J1復帰という目標に到達するために、より多くの選手にプレータイムを与え、長所を感じ取り、改善点の修正に努める。その繰り返しで、個人の力、チーム力を高めていく。そうしたチームのビルドアップをネルシーニョ監督は続けています。もちろんすべての試合で勝利を目指している中で結果がついてこない時もありますが、一喜一憂、心を乱さず、地に足を着けて戦っていこうとしているところです。現在4位、首位とは1ポイント差です。

明日対戦するのは栃木SC戦。2010年のJ2リーグで2度対戦して以来のリーグ戦です。当時は2戦2分でした。田坂和昭監督のもと、今季ここまで18位、2勝2分4敗。ただレイソルが敗れたヴェルディを3-2で下し、首位の山形と引き分けるなど、しっかりと守備を固めて勝ち点を狙う戦いを続けています。Jリーグ通算172得点の名ストライカー大黒将志選手がエース、昨年もJ2で12得点を上げ、38歳になった今でも得点感覚は健在です。

そしてレイソル出身の大島康樹選手も出場を続けています。昨年は栃木からJ3の群馬に期限付き移籍し10得点をマーク。今季は復帰を果たし、ヴェルディ戦で貴重な同点ゴールを奪うなど、成長した姿を披露しています。レイソルでは高校3年生だった2014年、ネルシーニョ監督に抜擢され、リーグ戦、ナビスコカップ、そして天皇杯では1ゴールをマークするなど、プロキャリアの原点となる一歩を監督から後押しされています。再開が楽しみな反面、彼のシュート技術の高さは誰もが知っているだけに、守備陣は目を離すことはできません。

190413_koki.jpg

明日はスーツサプライヤー株式会社佐田様による「order suits SADAプレゼンツマッチ」を開催します。特設ブースでは、オーダースーツの特別価格販売、2019モデル柏レイソル公式オーダースーツや瀬川&手塚&小池選手がモデルを務めたポスターなど、222名様にプレゼントが当たる抽選会などが行われます。当日配布されるこちらのチラシに必要事項をご記入の上、チャレンジしてください!
https://www.reysol.co.jp/news/event/031894.html
190413_sada.jpg

そのほか、フェイスペイントガチャ、日立台芝広場、古巣対戦となるクリスも大好きだという「イチゴ」を使った「苺ラッシー」などスタジアムフード、7品が発売となるグッズ、レプリカは少し高い、、、という方には、お求めやすい2052円の「ネオベーシックシャツ」はいかがでしょうか。通常の大人サイズに加え、110、130、150とお子様向けのサイズも多くあります。スタンドを黄色一色にするホーム日立台のパワーで選手たちを後押ししてください!!12時ホームゲートオープン、少し心配なお天気は試合終了まで何とか持ちこたえてくれたらなという期待をこめて、日曜午後はぜひスタジアムへのご来場をお待ちしております。
★チケットやイベント情報はこちらから
https://www.reysol.co.jp/ticket/next/#0414

190414_neobasicT.png

2019年4月11日

ルヴァン仙台戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

4月中旬とは思えない、仙台の雪。夏のような沖縄から、冬のような仙台へ。このチームと同じく、両方の試合にスタジアムまで駆けつけてくださった方もいたと思います。大変な寒さの中、人数は決して多くなくとも、ユアスタの屋根にも反響した選手たちへの応援はとても力強く、なんとか勝利という結果をお届けしたかったという思いです。

190410_sup.png

「ルヴァンカップはより多くの選手たちに実戦経験を積ませたい」というネルシーニョ監督とチームの方針により、このルヴァン第3節もフレッシュなメンバーで挑みました。「前半は同じシステムでミラーゲームの様相だった」という監督の言葉通り、3バック同士で、まずは守備を堅くという両チームの意志が見られた前半でした。

ただ「積極性に欠けていた」と、ハーフタイムにはもう一度勝利とゴールへの意識を高め、後半の戦いへ。大事な立ち上がりでしたが、ペナルティエリアへのボールを仙台の長身FW長沢選手に収められ、至近距離からのシュートを防ぎきれません。このあと、もう一度立て直し、鋭いボールカットからのカウンターや、ボールをつないでの敵陣でのキープも長くなり、レイソルが主導権を握りかけたところで、再び失点を喫してしまいます。

190410_kob.jpg

ただグループステージ6試合を考えれば、ここで0-2で終わるか、1点でも返して終わるか、最後の最後に大きくものを言うことも十分あります。途中交代で投入された、この日がトップデビュー戦になった鵜木郁哉(うのき ふみや)選手が、前線からのプレッシングを繰り返してスイッチを入れると、体力的に厳しい時間帯でも、江坂選手、菊池選手、小林選手らの動きは衰えず、とてもよく足が動いていましたし、気迫あふれるプレーが最後の最後まで続きます。それが実りました。アディショナルタイム、敵陣でボールキープし、手塚選手が顔を上げた時に、左サイドのスペースへ鵜木選手がタイミングよく飛び出します。スルーパスをうまく引き出すとそのままクロス。中央で待ち構えていた江坂選手、腰よりも高い位置の難しいボールを見事なボレーシュート!!まさに一矢を報いるゴールになりました。

190410_esaka.jpg

鵜木選手は「緊張してしまっていて余裕を持ってプレーできないかなと思っていたが、意外とすんなり(ゲームに)入ることができた。もう少し前向きにプレーできれば、という部分はありますが、アシストできたのはよかった。でも得点が欲しかったです。ただ練習からやっていれば(試合に)出してもらえるというのが分かったので、前向きにとらえて練習からもっと頑張っていきたい」と高校3年生という現時点の立場、プロをめざしていく状況で、プロのピッチで感じ取れたことがあるでしょうし、今日の経験をこれからの成長につなげていってくれるのではないでしょうか。

190410_unoki.jpg

そしてこの日が移籍加入後初出場となった高橋峻希選手。「キャンプから最初は出遅れてしまっていて、やっとここにきて出番をもらえて90分やらせてもらったが、個人の出来どうこうというよりもやはり結果が欲しかったのが一番。そこから自分のクオリティだったり出来というものを求めていきたかった。今日は勝てなかったことが悔しい。普段(試合に)出ていない人たちにチャンスのゲームだったので、そういった意味ではやはりこの世界で生きていく以上ものにしなければいけないと思うので、本当に悔やまれる。ただもう終わってしまったことなので、また一からアピールしてやっていくしかない」

190410_tak.jpg

チームとしても個人としても、やはり結果を残したい。勝ちたい。それがこの日のメンバーにとって一番の目的でした。それが達せられず、みな悔しい思いを持ってスタジアムを去りました。次のルヴァンカップは4月24日、NACK5大宮でのFC東京戦。もちろんリーグ戦でのメンバー入り、出場をめざして、また良いトレーニングを繰り返していきます。まずは次の日曜日、栃木SC戦です!

190410_df.jpg