2018年10月19日

名古屋戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

監督会見で両監督への質疑応答で話が及んだのは「試合開始20分」のことでした。相手ボールを引っかけたり跳ね返したりすると、名古屋の中盤にあまり人数がおらず、そこから効果的なカウンターが何本も繰り出されました。瀬川選手を中心に、相手ゴール前のDFをこじあけるようにして放った好シュートもありました。しかし、名古屋GKのランゲラック選手の長い手が伸びて、決まったと思ったシュートはことごとく弾かれました。その優勢だった時間を名古屋に耐えて切り抜けられてしまった。結果的に試合は1-0。振り返れば、その時間帯で仕留められなかったことがこの結末になってしまいました。

181019_kiri.jpg

徐々に名古屋にリズムをつかまれます。26分、30分とGK桐畑選手が立て続けにビッグセーブを見せ、チームを救ったのもつかの間、35分に左サイドからのグラウンダーを前田選手に押し込まれて先制を許してしまいます。このビッグセーブを勝利に繋げられなかったことはとても残念でなりません。

後半開始から名古屋は選手を入れ替えたり、システムを変えるなどするなか、レイソルはもう一度良い守備から良い攻撃を、という形で反撃を試みますが、立ち上がりからハードに戦ってきた分、徐々にパワーが落ちてしまったように感じます。オルンガ選手を投入、そして高木選手に替えて山崎選手が残り13分で準備した矢先に、高木選手が2枚目のイエローカードで退場に。切り札だった山崎選手が結果的にピッチに立てたのは、追加タイムを含めて残り7分ほど。刻一刻と状況が変わっていくなかでの決断は本当に難しいものですが、今日は結果として同点、逆転と引き寄せるカードにはできなかったことが本当に悔やまれてなりません。

181019_sup.jpg

今日はチケット完売となり、平日金曜日ながら、日立台のスタンドが一杯になり、大きな期待のこもった熱いホームの後押しをいただきました。本当にすばらしい雰囲気でした。にもかかわらず、勝利でお返しできなかったこと、J1残留へ勝ち点を積み重ねられなかったこと、お詫びするよりほかありません。でも皆さんが本当に求めているのはお詫びの言葉ではなく、ただただ勝利のはずです。クラブとして強いチーム、勝てるチームをお見せしなければいけないし、私もそういうチームが見たい。今は本当に苦しい状況が続いていますが、ここから這い上がろうとしている選手たちやチームを信じていますし、残り4試合もどうか引き続きサポートをお願いいたします。

181019_segawa.jpg

181019_dai.jpg

181019_all.jpg

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.reysol.co.jp/MT/mt-tb.cgi/15401