2017年3月 5日

ガンバ戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

170305_score.jpg担当:大重正人

スコア通り、文字通りの完敗。攻撃と守備、1対1、球際、運動量、つなぐのか仕掛けるのか。長沢選手の高さ、アデミウソン選手のスピードと突破力、最終ラインの強さ、遠藤選手の展開力、今野選手の運動量やボール奪取、GK東口選手はディエゴの完全に決まった!!と思ったヘッドを2発防がれました。非常に組織的で、周りを固める選手たちも非常にハードに戦い続けていました。「ヤットがあれほどまでに戦っているのは久々に見た。今野は肉離れするんじゃないかと心配になった」と長谷川健太監督が過密日程の中でもこれほどの戦いを見せたベテラン選手たちに賛辞を贈るのもうなずける、そんな試合でした。

170305_shin.jpg

一方のレイソル。中谷選手の言葉が表しています。「一番の要因は一人一人が球際で負けてしまったこと」。ストロングポイントである前線のアタッカーが90分間を通してなかなか仕事をさせてもらえず、また最終ラインからのビルドアップにも常にプレッシャーがかかり、非常に厳しい試合展開となりました。「ロングボールを蹴ったところを相手のセンターバックに跳ね返されたところを同じ形で何回も拾われてしまっていた。試合中に改善しなければいけなかった(小林選手)」。

「中盤でセカンドボールが相手にことごとく渡ってそこから相手に攻撃されたり、中途半端なクリアも相手にボールを奪われ、二次攻撃三次攻撃を受けた。そこは相手に主導権を握られた要因。根本的なところで、ロングボールを蹴ったら押し上げることや、みんなでセカンドボールを拾い合うなどしないといけない。チームとして球際も勝てず、そういったことが積み重なって、こういった結果になった(武富選手)」

170305_sup.jpg

前半立ち上がりに失点してから、リズムがつかめないまま迎えたハーフタイム。下平隆宏監督は戦術の修正を説明し、「今日はスタジアムが満員で、サポーターが後押ししてくれている。後半いい入りをして1点取れれば、必ず流れが変わる」と送り出しました。立ち上がりから「突き進め柏」のすばらしい後押しの中、セットプレーから小林選手の鮮やかなボレーシュート、Jリーグ初ゴールで同点に。

170305_koba.jpg

さらに高まる得点の雰囲気のなかで畳み掛けた攻撃。武富選手のキープとすばらしいターンから右サイド伊東選手へのパス。これまで何回も見た柔らかなクロスに合わせたのはディエゴ。完璧なヘッドが柏熱地帯のゴールへ突き刺さったかと思いましたが、ここでGK東口選手から結果的にこの試合を決定づけたかのようなビッグセーブが飛び出します。このチャンスを仕留めるか失うかで、この試合の結果は大きく変わったはずです。

不完全燃焼で終わってしまった試合でしたが、新しい芽吹きもありました。レイソルU-18から今季正式にトップ昇格した古賀太陽選手が開幕2試合でプロデビュー、クラブ史上に残る早いデビューになりました。
菅沼実選手 17歳05ヶ月10日
大津祐樹選手 17歳11ヶ月14日
明神智和選手 18歳01ヶ月21日
古賀太陽選手 18歳04ヶ月8日

往年の古賀正紘選手と同じ応援歌で送り出されましたが「なかなか自分達のリズムになれず、前にいくこともできず、難しい入りになってしまった。高い位置に行っていいと言われていたので、もっと攻撃に絡むことができればよかった。守備で簡単にクロスを上げさせていたので、一対一で自分に足りないものを痛感したし、練習からこのピッチに立っているイメージを持ってしっかりやっていきたい」とほろ苦いデビューとなりました。3月2日に日体大柏高校を卒業したばかりの18歳。「みんなを明るく照らせる存在になるように」と名付けられた、これ以上ないとびっきりの名前。太陽王レイソルをさらに輝かせる選手になってくれますように。まずはこの日立台で第一歩を踏み出しました。

170305_koga.jpg

2試合連続逆転勝利が叶えば、それはさらに波に乗っていけるところでしたが、やはりJリーグはレベルが高く拮抗したチームが多いことに変わりありません。ルヴァンカップを挟みますが、続く川崎、清水、仙台と厳しい試合は免れないでしょう。ビルドアップからの攻撃を主体としながらも、それができないとき、相手のウィークポイントを突くために、ロングボールや速い攻撃もできなければ、この長いリーグを戦い抜けません。そしてメンタルの強さもこれまで以上に身に着けなければいけません。もう一度立て直して、次節は平日金曜19時からアウェイ等々力で川崎フロンターレ戦です。

170305_koba2.jpg

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.reysol.co.jp/MT/mt-tb.cgi/14178