2018年1月17日

ACLプレーオフまであと13日

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

昨日の日記に書きましたが、指宿に吹き付ける風が雨雲を呼んで、予想通りに朝方に雨が降りました。1時間あたり14.5mmとかなりの量で、朝7時朝食時間にもまだ雨が残っていました。そこで「今日は大事な戦術練習をいい状態でできるように」ということで、1時間トレーニングを遅らせました。その甲斐あってか、雲が抜けた指宿には見違えるような青空がひろがり、昨日と同様に絶好のコンディションのなかでトレーニングができました。

180117_sora.jpg

練習前には、恒例の鹿児島県や指宿市のみなさまより、地元の名産品をいただく激励式がおこなわれました。鹿児島黒牛20kg、カンパチ、かごしま茶、フルーツ、そらまめ、スナップえんどう、SUBスープ、勝武士ラーメン。海の幸、山の幸、そして日本一の生産量を誇るかつお節を使った食品と、抱えきれないほどの数と量です。受け取ったのは、、、チームの土台を支えるナイスミドルのみなさんです。

180117_mid.jpg

最後に今井選手会長から「毎年、美味しい食事と温泉、そして指宿の温かい人々によって最高のキャンプを過ごせています。今年はACLのプレーオフがあるため例年より早い始動となりましたが、それに合わせるように指宿も例年より暖かく、とてもいいキャンプを過ごせています。本日頂いた特産品を食べてしっかりと英気を養い、必ずACL本戦へ出場できるように頑張りたいと思います。本日はどうもありがとうございました」とクラブを代表してお礼のごあいさつをさせていただきました。毎年毎年、いいキャンプができているのはホテルの皆さんやこちらの地元の皆さんのご支援をいただいてのことです。本当にありがとうございます。そのご支援に応えるためにも今年こそタイトルをお届けしたいという思いです。

180117_syugo.jpg

今日は、まずディフェンスとアタッカーに分かれてのトレーニング。ディフェンスは下平監督が指導し、最終ラインとボランチが距離感を保ちながら、相手のパスに組織的に対応する動きをしみこませます。アタッカーは加藤望ヘッドコーチが指揮。クロスへの合わせや、中央でのパスワークの精度など、身振りを交えながら大きな声で選手たちを鼓舞します。11人の選手だけでなく、コーチングスタッフにも新しい風をもたらす加藤コーチが加わり、トレーニングが進んでいます。

180117_kato.jpg

180117_ata.jpg

ここ数日の日中は本当に天気が良く、寒い日なら早々に引き上げることが多い選手たちも、芝生の上でストレッチしたり、談笑したり、リラックスできる時間となっています。鎌田選手が「カメラ貸してください」と言うもので、寝転がって何を撮るのかと思ったら、いろんな選手を撮ってくれました。「広報日記のネタになるでしょ!」。若手やチームメイトだけでなく、広報にまで気をかけてくれるベテラン。本当に頼りになります。Instagramにもアップしますので、巨匠鎌田のショット、そちらもぜひご覧ください!!

いよいよACLプレーオフまであと2週間を切っています。週末の21日土曜から会員先行、翌22日は一般発売です。ぜひお忘れなくお買い求めください。あらためまして販売要綱はこちらです。
http://blog.reysol.co.jp/news/2018/016226.html

2018年1月16日

ジョンス合流!ACLまであと2週間

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

昨日16.5度だった気温は、今日さらに上がって、なんと20.1度。まるで桜が咲きそうな暖かさで、今日も大変にこころよい一日でした。ただ昨日よりは風が強く、フラッグが強くはためいていました。いわさきホテルの職員の方は「南の方から風が吹くときは、だいたい天気が崩れるんだよね」とおしえてくださいましたが、その言葉通りに明日の午前中まで雨が降るようですね。。。とはいえ、明日の午前練習までにはやみそうでひと安心です。

今日はフルコートサイズではありませんでしたが、11対11の実戦練習が続きました。「しっかり、安定して前進していこう!」。下平監督の言葉は、レイソルの攻撃の生命線でもあるビルドアップについて。ピッチが狭いので、相手からのプレッシャーが早く、簡単ではない状況ではありましたが、その中でも求められるパスの正確性や展開力、スペースやフリーマンを見定める能力が、レイソルでのサッカーにはより一層求められます。全員でその意識と技術を共有していく作業が続きます。

180116_yuta.jpg

そのトレーニングを、今日は東京から取材にお越しの方が見守っていました。日本テレビの安村直樹アナウンサーです。なぜお越しいただけたかといえば、、、今年は『ACL』があるからにほかなりません。毎年日テレのCSチャンネルでACLは中継されます。1月30日のプレーオフを控え、早朝の飛行機で羽田を飛び立ち、鹿児島空港から鹿児島中央駅までバスで。さらに指宿までは電車と、遠く足を運んでくださいました。「レイソルは、柏から世界へというスローガンのとおり、クラブとサポーターが一体となって特にACLに思い入れが強いですよね」と言っていただきました。メディアの方々にもこのように期待をいただいていますし、何とか応えたいという思いが強まります。

180116_kei.jpg

午後からは、新加入のパクジョンス選手が指宿入り。元日の天皇杯ファイナルから所定となる2週間のオフを経て、チームに合流しました。練習を前にあいさつしてくれましたが、驚くほどの流暢な日本語で、通訳の必要はまったくありません。「こんにちは!マリノスから来たパクジョンスです。みんなとキャンプを始めたかったですが、ちょっと遅れてきて申し訳ないです。こんないいチームに来れてうれしいです。よろしくお願いします」。温かい拍手が自然と沸き起こりました!!移動してすぐでしたが、ウォームアップやパスなど精力的に身体を動かし、一日も早く全体合流できるように始動しました。

180116_PJ1.jpg

「天皇杯のあとはゆっくり休んで、オフが終わる前から体を動かしていました。今回マリノスからレイソルへ移籍しましたが、レイソルのサッカーを学ぶことで自分がさらに成長できると思い決断しました。レイソルはしっかりビルドアップして攻撃しますが、自分はそういうサッカーが好きですし、自分にもあっていると思います。アグレッシブな守備で相手の攻撃を防ぐところも見てほしいです」。若い選手が多いDFにさらに将来有望な選手が加わってくれましたが、CBでの争い、外国籍選手との争いが待ち構えている状況を知ってレイソルに来てくれたわけですから、その覚悟や成長したいという思いは本物でしょう。ジョンス、ようこそレイソルへ!これから勝利のために一緒に戦おう!!

180116_PJ2.jpg

2018年1月15日

ACLプレーオフまであと15日

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

1月の中旬で冬真っ盛りという時期ですが、今日は全国的に陽気に見舞われたようです。昨日も11.1度とたいへん心地よい午後でしたが、ここ指宿では最高気温16.5度。我孫子で10度ぐらいだったようですから、ここは南国鹿児島の恩恵をおおいにあずかっています。新加入選手が多い今年のレイソルですが、いろんな写真や動画でもお伝えしているように、もう何年も一緒にいるかのような明るく活発な雰囲気です。今思えば最初は当然ながら少しぎこちなかったように思いますが、いま毎日行っている監督面談で「しっかり練習から声を出して盛り上げていこう」と個々に話があり、選手たちもそれに応えて、毎日とてもいい雰囲気でトレーニングがおこなわれています。

ここで一日話が戻りますが、、、ヨーヨーテストが行われている脇ではキーパーたちが練習中でしたが、「カーン、カーン」という金属音が聞こえてきます。何事かと思いきや、、、

松本GKコーチが、選手たちにノックしてました。サッカーチームなのに笑。上の動画のとおりですが、小さめのボールを金属バットで打ちつけ、それをセーブするGKたち。至近距離からですから、実際のシュートよりはかなり早く感じるでしょうし、ボールは小さいので手に当てるのも簡単ではないはず。その心を松本コーチに聞いてみました。言葉自体はもっとシンプルだったのですが、少し補足させていただくと。「僕は『反応』には2種類あると考えていて。ボールが飛んでくるコースを予測して、そこに手を伸ばしていく形。もうひとつはそれでは間に合わないケース、もっと瞬間的に対処しなければいけないボールに対しての反応です」。この2つ目の反応を養う練習です。反応というか、反射にも近いかもしれません。

これまでもテニスボールを使ったり、いろんな器具を使ったり、よくぞいろんなアイディアがあるなと、松本コーチの発想力に感心することばかりです。実は中学までの8年間は野球少年で千葉県内の有力校からの誘いもあったほど。そこからサッカーを始め、キーパーになっていくのですから、そういった型にはまらないところがトレーニングにも現れているのかもしれませんね。久々に握ったバットで手の皮がむけてしまったそうです。。。

180115_ma.jpg

レイソルのGKの練習メニューは、もちろん足でシュートしたボールを止めるのはもちろんですが、それ以外にも試合で起こるいろんな事象を想定していると感じます。シュートを1本止めた直後のこぼれ球に対してすばやくポジションをとるとか、味方がシュートブロックしたボールのコースが急に変わって飛んでくるとか、実際の試合でよくありますよね。中村航輔選手から「想定外のことを想定内にする」という表現を聞いたことがありますが、試合の中で起こる変化や突発的なことにいかに対応できるか、それが優秀なキーパーの要素のひとつになります。これはまた興味深いトレーニングでした。

今日のフィールド選手たちは、昨日のビルドアップからさらに発展して、敵陣へボールを運んだあとの動かし方、やり方を監督がレクチャーし、それぞれ10のポジションに分かれてテンポよくボールをつないで、最後はシュートへ。監督からは大きくシュートを外した選手に対して「絶対にふかすな!!枠へ!」と強い口調の注意もありました。一方で、クリスのこれは止められないなという抑えの効いたシュートが隅に突き刺さったり、173cmの澤選手はやっぱりヘディングシュートへの合わせ方が抜群で、それをしっかり枠へ決めるところとか、個性的なアタッカーたちがまた揃って、早く実戦がみたいなという期待感でいっぱいです。

180115_sawa.jpg

180115_cris.jpg

今日は1月15日。ACLプレーオフまであと15日です!!

180115_run.jpg

2018年1月14日

指宿キャンプ4日目

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

今日、指宿では「なのはなマラソン」というフルマラソン大会が開催されました。市役所の方が「人口が4万人ぐらいの街に、10000人以上の方が走りに来てくれるんですよ!」と個の街最大のイベントについて熱く教えてくださいました。近隣の宿泊施設はほとんど満室だそうです。今日は2部練習だったので観戦に行くことはできず夕方のニュースで見ましたが、レイソルと同じイエローの菜の花が咲き誇る街並みをランナーのみなさんが駆ける様子をひとめ見たかったなと。

180114_shimo2.jpg

さあチームですが、キャンプ4日目は2部練習。日に日に戦術的な練習の要素が増していますが、今日は下平監督がピッチ上でボードを使ってレクチャー。アカデミー出身の選手が4人いるとはいえ、今日時点で10人の新加入選手がおり、このレイソルのトップチームがいかに攻撃し、またディフェンスするのか。その狙いやコンセプト、やり方をじっくりと説明し、ピッチのおよそ半面を使って、6対6+フリーマン+GKの形で、まずはビルドアップのやり方を何度も何度も繰り返しました。

180114_shimo1.jpg

180114_BU.jpg

新加入選手たちですが、他クラブで主力を担ってきた選手ばかりですから、止めて蹴るという基本技術はやはりしっかりしているという印象を受けました。そのビルドアップに対し、プレスをかけるのが、クリスティアーノ選手や中川寛斗選手で、その寄せの速さはやはりレイソルのストロングポイントであり、それに倣うように江坂選手や山崎選手のアタックも鋭く、去年と同じベースでありながらも新加入選手がまた違う色を加えてくれるのではと楽しみでなりません。

午後の練習前には、レイソル後援会の皆さんが今年もチームを激励に訪問くださいました。誠にありがとうございます。エネルギーとパワーを蓄えるお肉の差し入れをいただき、そして今年は黄色にはためくフラッグを200本制作されて、いわさきホテルさんや指宿市役所さんのご協力により、グラウンドはもちろん、いわさきホテルの敷地内、さらに指宿市内にも多数掲げられています。このご支援、サポートにお応えできるように、チーム一丸となってまずはキャンプから取り組んでまいります。

180114_sawa.jpg

180114_koen.jpg

180114_run.jpg

その後のトレーニングは「ヨーヨーテスト」。20メートル間を何回往復できるか、1本走れば10秒のインターバル、徐々に与えられる秒数が短くなり、時間に遅れた選手から終了していきます。筋肉や呼吸など体力の限界に挑み、息も絶え絶えになってひたすら往復。自分自身や隣を走っているチームメイトには負けたくないという根性も見え隠れします。脱落しそうになる選手に周りから飛ぶ声援が響いて、いい仲間だなあと思って毎年見守っています。選手たちは倒れるまで追い込んでいるところで、本当に申し訳ないのですが。。。

180114_yoyo1.jpg

特に走力が求められるポジションといえば、サイドバックです。最前線まで攻撃参加し、相手ボールになれば自陣の最終ラインまで戻らなければいけません。しかも全速力で。最後の2人に残ったのは、去年のナンバー1、ユンソギョン選手と、小池龍太選手でしたが、最後まで走りぬいたのはソギョン。今年もすばらしい走力、心肺機能は健在でした!!

180114_yoyo2.jpg

明日は、午後練習1本。午前中は静養につとめ、午後に備えます。

2018年1月13日

指宿キャンプ3日目

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

180113_segawa.jpg

今日で指宿での3日目。小雪が舞った昨日に比べれば、気温こそ午前中は5度前後でしたが、南国の太陽がピッチを鮮やかに照らし、少し歩くと身体が温まるような一日でした。今日もコンディションを上げながら、ボールを使うトレーニング。まだまだフルコートで11対11をする状況ではありませんが、少しずつプレーエリアを広げながら、戦術的な練習も組み込まれていました。新加入の選手たちが、レイソルのやり方を理解し、自分のものにしようとする必死な様子がとても印象的でした。

180113_run.jpg

その新加入のひとり、小泉慶選手がさっそく取材を受けました。サッカーマガジンのインタビューです。今年も指宿までお越しいただいて、チームと一緒にフル帯同のオフィシャルライター、鈴木潤さんが聞き手でした。プロ4年間ですでにJ1出場100試合以上、若くしてタフなJリーグを十二分に経験しているボランチです。「兄が通っていて自分も入りました」という、現レイソルアライアンスクラブの柏ラッセルで小1から3年間プレーし、マリノスの育成組織へ。「同い年のシンとはずっと戦っていました」と昔を思い出します。そして高校時代は流通経済大柏高校で10番を背負って、プレミアリーグを制覇。この柏にゆかりある選手が、レイソルの頼もしい味方になってくれました。

180113_kei.jpg

そしてACLについても「ACLに出られる選手は限られているし、天皇杯を見ていて、レイソルがプレーオフに出てくれと願う立場でしたが、進出が決まったときは素直に嬉しかったです」と話してくれました。やはりJリーグの上位にいること、そしてACLに出場できるというのは選手たちにとって魅力であるのは間違いないでしょうし、だからこそ我々が今回の出場経験を大事にして、また翌年の出場権も獲得することで、小泉選手のように「レイソルでプレーしたい」と思ってくれる選手が増えるでしょうし、チーム内の選手たちもさらなる競争の中で満足することなくより強くならなければという思いにかられることでしょう。それがチーム強化の理想的な形です。そして小泉慶の新しい挑戦への強い思い、今月末の発売をどうぞお楽しみに!

また、先日の新体制発表会の模様を、youtubeにてアップしておりますので、彼を含めた新加入選手の表情や言葉をぜひご覧ください。

そして今日、ACLプレーオフのチケット販売概要をお知らせしました。アソシエイツ会員先行は来週1月20日土曜日から、一般発売は翌21日日曜日か ら、ローソンチケットで発売です。AFCの規約により立見席の利用ができないため、柏熱地帯は2階部分のみを使用し、またビジターは指定席のみの販売となります。いずれにしても通常のリーグ戦よりも少ないチケットとなりますので、売り切れる前に1日も早くお買い求めください。
http://blog.reysol.co.jp/news/2018/016226.html
【車椅子席、駐車場のご案内はこちら】http://blog.reysol.co.jp/news/2018/016227.html

そして小泉選手のように、レイソルでの挑戦を選び、今年ACL初舞台となる小池龍太選手からサポーターの皆さんへ応援の呼びかけがあります。リュウを始め、新しい2018下平レイソルの初陣、思いをこめた「柏から世界へ」、相手をのみこむ「突き進め柏」で強力な応援をどうぞよろしくお願いいたします!!

2018年1月12日

ACLまであと18日

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

180112_J.jpg

指宿でのキャンプ2日目。全国的に雪に見舞われ、各地のニュースには大きな影響が出ているようですが、九州最南端の指宿では手がかじかむような寒さと風、そして午前中は一瞬だけ小雪が舞うような時間帯もありましたが、それ以外に練習の妨げとなるようなことはなく、しっかりと午前午後の2部練習が行われました。

今日が実質的なトレーニング初日でしたが、さっそくボールを使い、パス練習が始まりました。元日にACLプレーオフ出場が決まったその夜に松原フィジカルコーチからの通達があり、この始動日を迎えるにあたっての自主トレ、コンディショニングの指示が細かくありました。1月30日に向けて、早々に準備を進めてきたのは、すべてこの日のため。今日でプレーオフまであと19日ですから、一日でも早く多く、新加入選手を交えての実戦練習を積んでいかなければなりません。

180112_sawa.jpg

とはいえ、初日ですから無理なく、そして新加入選手が溶け込みやすいように、また気持ちが高まるように、大きな声が上がるようなメニューもあり、明るく活気あふれる時間が過ぎていきました。今日1月12日は偶然にも澤選手、クリスティアーノ選手が同じ誕生日。さらに山口ドクターも重なって、3人をお祝いすることになりました。日立台と変わらぬ光景。恒例の手荒い祝福で、新加入選手たちもレイソルの雰囲気を感じてもらい、メンバーの和が深まったのではないでしょうか。

180112_BD.jpg

そのACLプレーオフについて、AFCから正式に通達があり、日立台開催が発表されました。1月30日の19時キックオフです。スタジアムの開催条項について昨年いろいろな報道があってご心配をいただいたり、またそこから規約が変わったことにより、意見交換会でも「日立台で開催できる方向」とお話しさせていただいておりましたが、こうして正式に開催できることが発表されてほっとしました。このホーム日立台の大声援を浴びて、アジアの強豪と戦ってこそのACLですから。チケット販売については現在調整中で、近々お知らせできる予定ですので、今しばらくお待ちください。

またリーグ開幕は、2月25日の日曜日、アウェイでのベガルタ戦。ホーム日立台での開幕は3月2日金曜日、19時のナイトゲーム予定です(ACL本選不出場の際は翌3日開催)。また明日、1月13日からは、ちばぎんカップのチケット発売です。

そして現在受付中の年間シートのWEB申込ですが1月16日までさらに延長することになりました。新規の方、ご継続の方問わず、ぜひお申込いただいて、スタジアムでの年間参戦をぜひぜひお願いいたします。
【ご継続の方】https://l-tike.com/st1/reysol-ticket2018c
※2017年年間シート、一般会員の方
【新規の方】https://l-tike.com/st1/reysol-ticket2018n
※2017年未入会の方
【年間シートの席種・特典などの詳細はこちらから】https://www.reysol.co.jp/fan/supporters/associates-big.php
【座席のご案内詳細はこちらから】https://www.reysol.co.jp/ticket/stadium/h-sheet.php

2018年1月11日

ACLまであと19日

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。本年も柏レイソルと広報日記をどうぞよろしくお願いいたします。

この時期の始動はやはりイレギュラーで、12月23日にシーズンを終えた選手たちにとってはオフシーズンが非常に短くなりましたし、またフロントスタッフにとって、何分選手たちの去就が決まらないことにはユニフォームなど新シーズンの準備も始められませんし、ACLプレーオフ出場が決まったのも元日。この数日間で、チームスタッフもフロントも選手たちも何とか新体制発表会を終え、キャンプインできたというところかもしれません。とはいえ「ACLを戦える」のは、我々もサポーターのみなさんもはじめ、柏レイソルに関わる人たちにとって誇りであり、何よりのエネルギーです。1月30日まで、今日で20日を切り、カウントダウンが始まりました。

昨日は平日夜遅い時間にもかかわらず、新体制発表会には1200人のサポーターの皆さんにお越しいただき大変ありがとうございました。新加入選手10人(昨日不参加のパクジョンス選手はキャンプ中の来週に合流予定です)と加藤望ヘッドコーチをご紹介し、中谷選手によるACLユニフォーム披露をおこないました。最後に場内を包んだ「柏から世界へ」への歌声は、新加入選手たちに深く響いたでしょうし、柏レイソルでプレーすることへの思いが改めて高まったのではないでしょうか。

一夜明けて、今朝は早々にメディア周りの行事を済ませました。個人写真、集合写真、前進のポージング写真、J:COMとチバテレビの応援番組向けコメント、そして試合中継でのスタメン紹介動画撮影、そしてアンケートなどの記入が数件。例年にはない、ACLでの渡航用の書類記入も。今シーズンの違いはこういうところにも表れています。

昨日の新体制発表会をはじめ、選手たちの様子がまだまだ伝えきれておらず、申し訳ありません。SNS上での写真や動画も用いながら、少しずつ表情や言葉をお届けしていきたいと思いますので、各メディアをぜひご利用いただければ幸いです。

今日は夜8時前に指宿に到着し、夕食を摂って、選手たちは明日からの本格始動に備えています。練習予定ははこちらのとおりですので、いわさきホテルにお越しの方は、ご確認いただければと思います。そして明日の夕方に、Jリーグ開幕カードの発表もありますので、ぜひ楽しみにお待ちください!
http://www.reysol.co.jp/team/schedule/

180111.jpg