2018年11月10日

監督交代に際しまして

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

今朝、監督交代のお知らせを発表しました。今日から加藤望監督に替わり、岩瀬健コーチがチームを指揮することになりました。さっそく午前10時からのトレーニングをおこない、今季の残りの公式戦の采配をとります。

瀧川龍一郎社長がメディアからの取材に応え、経緯や状況をご説明しました。
「加藤監督にはシーズン途中からチームの立て直しをお願いして、アカデミー路線にプラスアルファを加えるといった面や、成績の立て直しも含めて、託しました。攻撃面など良くなった面もありチームの雰囲気も悪くはなかったので、このまま期待してきたことをやっていただけると思っていたが、一方でなかなか連勝がなく継続性という面で難しい状況もあった。そして名古屋戦以降の大事な局面での3連敗、特に川崎戦以降で迷いのようなものも感じられて、チームの雰囲気、状況も下降していたこともあり、ここで監督を変えるべきだと決断しました。

監督交代の時期については、早いからやらない、遅いからやる、というわけではなく、その時期、そのタイミングでどうすべきかを判断すべきだと考えており、一番はチームの状況、雰囲気で、残りの試合を勝つためにどうするかを考え、特に川崎戦以降の現況を鑑みて、監督交代することが勝つ可能性を少しでも高めることだと決断しました。

後任として岩瀬を選んだのは、今のチームの選手や現状、どういう経緯でこうなっているのかも含めて、状況を理解していて、任せられるのは岩瀬だという判断です。岩瀬には今シーズンいっぱい、とにかく全力でやってくれと伝えました。今のこの状態、窮状に落ち込んでしまっていることについて、ファン、サポーターをはじめ、スポンサーを含めて、支えてくださっている方に本当に申し訳ないと思っています。今は可能性が残り、まだやれることがあるので、そこに全力を尽くすことが我々のやるべきことだと認識しています」

その後、チームを率いて初めてのトレーニングを終えた岩瀬監督も取材を受け、今季残りゲームへの意気込みを語りました。
「今はとにかく残り試合で勝てるように。それだけです。覚悟を持って、勝てるように、勝つように、選手、スタッフ、サポーターの皆様も含めて勝つことだけを考えてやっていきます。コーチとして関わってきた僕自身にも責任はあると思っていますし、ただこの状況で、残りの試合を考えたときに、クラブがこの決断をしたのであれば、僕も覚悟を持ってやらなければいけないと思いました

まずは、攻撃と守備の大枠を少し整理して、僕らが目指すもの、どう攻めてどう守るのかということを示したり、整理したりすることが必要だと思い、今日もそのような練習をしました。一つの方向性を示すことが必要じゃないかと思っています。攻撃と守備を分けて考えられないのはみなさんご存知だと思いますが、いろんな状況があるなかで、シンプルなやり方を共有したいと思っています。勝つためにやるものなので、攻撃も守備も相手が嫌がるものを作る、攻守において相手が嫌がるものをやり続けていきたい。そこをどうすれば相手が嫌がるのかということをはっきりさせていきたい。相手の出たものに対して、相手がこう反応したら自分たちはこう攻略するよ、常に相手の嫌なものをこっちが先手先手で出せるようにしたいです。そして試合前に、選手の自信というか、自分たちがこうやってやるんだ、闘うんだというはっきりとしたものを持って試合に挑むことができていけば、残り2試合、選手の力が発揮されるのではと思っています。

ただ、残り2ゲームなので、そこを勝つためにどう攻めるのかどう守るのか、現実的に考えてやっていかなければいけない。選手それぞれみんなの思いがあるだろうし、クラブの思いもサポーターの思いもあるし、そういう思いを力に変えて、残りの試合を勝つために選手の力を合わせて全員で勝っていこうと話しました」

このシーズン終盤、厳しい状況に変わりはありませんが、今日のJリーグの試合結果も受けてJ1残留の可能性が残っており、その限りはこの2試合を勝つためにできること、今やらなければいけないことをクラブとして決断しました。まずは24日のセレッソ戦までの一日一日で、選手たちが改めて前向きにサッカーに取り組み、自分たちがやるべきサッカーを少しでも形にして共有していけるように、岩瀬監督以下、毎日を大切にして戦ってまいります。

2018年11月 6日

鹿島戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

川崎戦とは違い、選手たちは自分たちの持てるものを、この90分で出そうと必死でしたし、今の力は出し切ったと感じられる試合でした。鹿島はACLファイナルを控え主力選手がそちらに備えているなかで、出場機会が多くはない選手たちによるメンバーでした。ただ大岩監督が称えたように、非常に走り、激しく戦い、鹿島のユニフォームを着てピッチに立つ使命や意志を発揮しようと懸命でした。そのメンバーに我々は勝てなかった。力が及ばなかった。今の柏レイソルの力として受け入れなければいけません。これが今の実力です。

ボランチに中山選手と手塚選手が入り、U-18から同じ画を描きながらプレーできる2人によって、非常にボールの流れがスムーズでした。引いて戦うのではなく、自分たちが主導権を握ろうという意志がチーム全体から感じられました。2人がボールを持てば、それに合わせて動いたところにパスが来る。前線の選手、サイドバックの選手とも、細かな動きで密集のスペースを使い、時には大胆にダイナミックに背後へ飛び出す。セットプレーで先制点を許した後でも、下を向かずボールを走らせ、そして瀬川選手の本当に落ち着いた、枠をとらえる正確なシュートで試合をひっくり返しました。

ただ、すぐに追いつかれ、そして後半にはカウンターで失点。鹿島はどんな選手が出ても、ここぞという仕留めどころを逃さず、そして試合を落ち着かせ、きっちりクローズする。鹿島らしさはまったく変わりませんでした。そこに今のチームとしての差があるように思います。

これで我々に残されたのは2試合だけです。11月24日のセレッソ大阪戦、12月1日のガンバ大阪戦。この間、他のJ1チームの第32節があり、そしてJ2リーグは残り2節を終えて最終順位が決まっています。レイソルを取り巻く状況が、今よりももっと明確になっています。連勝すれば16位以内になれる可能性が残るか。連勝したとしても16位以内にも入れない状況、J2の結果により17位をめざし何としても入れ替え戦に可能性をつなぐか。それとも降格が避けられない状況になっているか。

どんな状況であれ、招いたのは自分たちの責任です。その責任は最後まで果たさなければなりません。セレッソ戦までの17日間ででき得る限りの準備をして、残り2試合で今日よりも良いサッカーができるように、相手より走り、ゴールを奪い、必死でゴールを守り、何より勝利できるように。これまで、そして今日も最後まで続いたサポーターのみなさんの応援に応えるためにも、J1に生き残る可能性を信じ、石にかじりついてでも勝とうとする姿勢を監督、スタッフ、選手、そしてチーム全体から出し続けなければなりません。

181106_kosuke.jpg

181106_segawaw.jpg

181106_yuta.jpg

181106_stand.jpg

2018年11月 5日

明日火曜は鹿島戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

明日の鹿島戦を前に、柏市のみなさんが日立台までお越しくださいました。柏市役所さんによる「応援メッセージボード贈呈式」に、大谷秀和選手とともに出席しました。J1残留にむけて終盤の戦いに挑んでいるレイソルに対し、市民のみなさま、サポーターのみなさま、秋山浩保柏市長、女子バスケット強豪で柏市に本拠を置くJX-ENEOSサンフラワーズのみなさんなど、総勢400名によるメッセージボード。11月1日から昨日4日まで、市役所やかしわインフォメーションセンターでお寄せいただいたものです。

181105_tani1.jpg

そして日立台にほど近い柏第三小学校からも5人の児童さんが来て下さって、その場でそれぞれメッセージを書き込んでくれました。「残りの試合、絶対に勝って!最高の勝利を」「明日に向かってガンバレ」「柏の市民として応援しています、ガンバレ!」「来シーズンは勝ち点50」「いつも応援しています。ガンバレ柏レイソル」

181105_tani3.jpg

大谷選手は「このようなメッセージをありがとうございます。今みんながここで書いてくれたメッセージを胸に、残り3試合、苦しい状況ではありますが、すべて勝って、来年もJ1で戦えるように一丸となって頑張ります。ここに書いてあるように、心をひとつにして、頑張って行きます」と、本当に多くの応援、願い、思いの数々を目にして、改めて我々も最後の最後まで勝利のため、残留のために戦わなければならないという思いを強くしています。

181105_tani2.jpg

状況は厳しいです。周りのライバルが勝ち点を伸ばすなか、残されたチャンスは3試合、いまできること、めざすことは最大の勝ち点9を獲ることだけです。明日対戦する鹿島アントラーズはACLファイナルとこのリーグ戦を並行して戦い、過密日程が続いていますが、前節のセレッソ戦ではそれまでベンチに控えていた選手、経験の浅い若手選手たちが躍動し、強豪のセレッソを1-0で撃破。チームとしての地力と勢いを感じさせる充実ぶりです。

我々も川崎戦から中2日。2週間の時間がありながら、0-3で敗れ、しかも闘うにも闘いきれなかったような不完全燃焼感が残る敗戦でした。明日は、攻めるにせよ守るにせよ、常に先手を、自分たちからアクションを起こすような積極性を見せてほしい。ボールが転がってくるのを待つのではなく、奪いに行く姿勢。待っているだけでは相手が楽をするだけです。相手を困らせる、嫌だと思わせる、戦いにくいと思わせること。そして失敗を恐れないこと。ボールを奪われたらすぐに戻る、カバーしてくれるチームメイトもそばにいます。個人で戦うことはもちろん、一人でダメなら束になる。そして大谷選手の34歳バースデーマッチ、出場すればJ1通算350試合出場のメモリアルマッチとなります。どうか選手たちへの後押しをお願いします。この状況を選手たちとチームと共に乗り越えられるよう、ご声援をお願いいたします。

181105_sta.jpg

明日はヨネックスサンクスデーです。2011年からサポートいただいているYONEXさんによるマッチデーイベントは今回で6回目です。毎回サポーターの皆さんにグッズのプレゼントをご用意頂いており、誠にありがとうございます。今回は「ユニフォームキーホルダー」が先着5000名様にホームゲームで配布されます。
https://www.reysol.co.jp/news/event/001451.html

181105_kosuke.jpg

また集合写真パネルで記念撮影いただき、Facebook、instagram、twitterのいずれかにハッシュタグ「#reysol、#yonex」をつけて投稿すると、プレゼント抽選会にご参加いただけます。また選手たちがACLやキャンプなどへ移動する際に着用していたウォームアップジャケット、ロングTシャツの販売もあります。鮮やかなレイソルイエローカラーですので、応援時にも着用できます。枚数限定となっておりますので、スタジアムでお早目にお買い求めください。

yonex.jpg

2018年11月 3日

川崎戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

アウェイでの川崎戦。スコア通り、いやスコア以上の完敗でした。ただ敗れただけでなく、自分たちがどうやって守りを固め、いかにしてゴールを奪うのか、そこが見えてこなかったのが何より残念で悔しく思います。迷いや戸惑いの中で、チームとしてどう戦えば相手のボールを奪えるのか、それが見いだせないまま相手ボールを追い続ける姿が本当に苦しかった。「この2週間、いったいどんなトレーニングをしてきたのか」というお声をいただいたとしても仕方のない90分間でした。準備やプランはあったのかもしれませんが、現在首位のフロンターレを相手に発揮するのは容易ではなく、残念ですが応援いただいたサポーターの方々をはじめ、「柏レイソルのサッカーはこうだ」という強い意志が伝わるようなプレーは見られませんでした。

これまでの4バックから3バックに変更。守備時には5-4-1のシステムで挑みました。攻撃時は相手の4バックに対して5トップ気味にして数的有利を作り出すこともやろうと思えばできました。しかし大谷選手の言葉にもあるように、狙い通りの状況を作るのは難しいものでした。

「もう少しプレッシャーにいこうと話していたが、紅白戦でもボールサイドに人を集められて取り切れないことがあって、今日の試合でも出てしまった。ディフェンス陣がマークする相手がいないときに重くなるのは仕方がない部分もある。そういった状態を作りたくないから前からボールを取りに行きたいなか、中盤の4枚から見ればプレッシャーをかけにいきたいが自分たちより相手の枚数が多いことで難しさはあった。色々な局面で相手に常に数的有利を作られていたのでボールに対してジャストにいけない。自分たちは5枚と4枚でブロックを作った時に、その間で相手にうまくポジションを取られたり、ワンタッチパスをうまく使われてしまい、なかなか思った形にできなかった。

また守備に人数をかけていた分、ボールを取った後も前に選手がいなかったり、距離感が遠かったりしてなかなか攻撃につなげることができなかった。前からプレッシャーをかけていくのではなく、ゴール前を守っていくシステムで今回は取り組んできたが、これまではチームとしてボールを前線で奪いたいという意図も持ってきたし、その点はチーム内でも話し合っていた部分であったがうまくいかなかったと思う。今のチーム状況で先制点を与えてしまったことが痛かった。今日のシステムの良さをゲームの中であまり出せなかったことが悔しい」。


181103_K1.jpg

この日は、GK中村航輔選手が約3か月半ぶりに実戦に復帰できました。7月18日の東京戦で2度目の脳震とうを負いました。続けての負傷でもあり復帰までの道は非常に慎重に進められました。安静を経て、散歩から始まった運動、室内での軽い筋トレなどを経て、ようやく9月中旬にピッチでGKコーチとのトレーニングに進みました。

この復帰に至るまで、脳神経外科の脳震盪専門医の診察を3〜4週おきに受け、眼球の動き、記憶の検査、平衡感覚の検査、反射の検査など、経過を観察してきました。そしてチームドクター、外部のスポーツドクターと複数の診断、判断を集約しながら、脳神経の機能が全て正常と判断され、プレーの許可が得られました。そして、10月中旬に対人プレーも可能と判断され、実戦練習やトレーニングマッチを経て、この日を迎えることができました。「自分に関わってくださった皆さんのおかげで、復帰できたことはとても嬉しいです。これから何試合も何百試合もプレーすることができたらと思います」

前半からピンチを救うシュートストップ、航輔らしいプレーや存在感を随所に見せてくれました。しかし結果としては3失点、復帰戦でチームを勝利に導くことは叶いませんでした。「まずチームとして川崎に屈してしまったことを認めなければいけない。前半に2失点したことは自分たちを苦しめたと思う。6日に試合があるので、今日の負けを認めた上で振りかえって次に向かいたい。メンタル的にもフィジカル的にもリカバリーが重要だと思う。残り3試合は結果を出すことが求められているし、求めなければいけない」

181103_K2.jpg

中村航輔の復帰を、今のレイソルは懸命に大きなプラスと勢いにしなければなりません。日本一のキーパーが戻ってきてくれたと思っています。このまま終わっていくことを易々と受け入れることはできません。残り3試合、次の鹿島戦は中2日、それでもできることがあるはずです。選手たちが持っている力を信じたい。最後まで信じています。

181103_e.jpg

2018年11月 2日

明日は川崎戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

まず、先日日曜日、ファン感謝デーに約3000人のご来場をいただきまして誠にありがとうございました。今季途中から選手会長を務める手塚選手から「今シーズンもここまで熱い応援をいただき、選手たちはとても大きな力をもらっています。今日は選手全員で日頃の応援への感謝の気持ちをいろいろなイベントを通じてお返しできればと思っています」と開会のあいさつをさせていただきました。

これまでも好評をいただいていた選手との撮影会やサイン会、キッズサッカーやスタジアムアドベンチャーは今年も大変にぎわいました。久々の実施となったフリーマーケットでは、あっという間に150個近い商品が売り切れになり、26万4300円の売上となりました。今後の選手会福祉活動の原資とさせていただきます、皆様のご協力ありがとうございました。また新たなイベントとして外国籍選手たちによる会話教室や、小さなお子さんたちが選手たちと遊べるキッズルーム、リニューアルされたクラブバスに選手たちと同乗ドライブできる「バスツアー」など、限られた時間ではありましたが、選手たちとのふれあいを楽しんでいただけたことと思います。そしてメッセージフラッグには、もう書くスペースがなくなるほどびっしりと応援の言葉、励まし、エールで埋め尽くされていました。

181102_flag.jpg

181102_sega.jpg

チームは現在17位で、J1残留にむけて厳しい状況のなか戦っています。そのなか引き続き後押しくださっているサポーターの皆さんにむけ、瀧川社長がご挨拶させていただきました。「皆様には日頃から柏レイソルに温かいご支援ご声援をいただいておりまして御礼を申し上げます。現在17位にあり、皆様に多大なご心配をおかけしており、またなかなか結果に結びつかずに悔しい思いをさせてしまっていると感じています。そして皆様と同じく悔しい思いをしているのは監督であり選手たちでもあります。その悔しさをバネに、毎日チーム一丸となって、同じ方向を向いて練習に励んでおり、非常に頑張ってくれています。誰一人下を向いている者はおりません。必ずやJ1に残ってくれると彼らを信じていますし、私ふくめフロントもチームを全面的に支援してまいります。残り4試合、クラブ一丸となって全力で1試合1試合を戦ってまいります。ぜひ皆様方にも最後の最後までご支援をいただきますようお願い申し上げます。」

そしてイベントの最後には加藤望監督も壇上に上がり、この日の御礼と、これからの戦いについてお話しさせていただきました。「今日は普段ピッチでお見せしている選手の魅力とはまた違った、ひとりひとりの魅力を感じていただけたかと思います。本当に選手たちは日々頑張っております。そして皆様の大きな大きな声援をいただきながら今後も戦っていけると感じることができました。チームは現在17位、残り4試合、どうか皆様の変わらぬご声援、大きな大きなご声援を選手、チームに送っていただければと思います。そして皆様とともに最後まであきらめずに戦ってまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします」。

181102_kato.jpg

明日は14時からアウェイでの川崎戦です。昨年の王者で、現在首位。間違いなく今リーグで一番の強敵です。離脱していた選手たちが復帰したという報道も伝わってきています。しかし何よりも、目の前の相手に11人とチームで必死になって戦っていく、勝ち点3をめざして戦いぬく。まずは、その思いや気迫を、明日ピッチに立つ選手たち、送り出す監督以下スタッフには1ミリも残すことなく出し切ってほしい。その姿、姿勢はゴール裏やビジター席に陣取る黄色いサポーターの皆さんに届くはずですし、間違いなくチームを支え、後押ししてくださいます。2009年、残り4試合の同じ第31節、迎えた首位清水との試合で5-0で勝ったこともあります。選手たちを信じて、等々力に一緒に戦いに行きましょう。DAZN、DAZNのツイッターライブ、NHK総合での中継もあります。明日14時、大きな力を選手たちに送って下さい!

181102_team.jpg

181102_sup.jpg

2018年10月19日

名古屋戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

監督会見で両監督への質疑応答で話が及んだのは「試合開始20分」のことでした。相手ボールを引っかけたり跳ね返したりすると、名古屋の中盤にあまり人数がおらず、そこから効果的なカウンターが何本も繰り出されました。瀬川選手を中心に、相手ゴール前のDFをこじあけるようにして放った好シュートもありました。しかし、名古屋GKのランゲラック選手の長い手が伸びて、決まったと思ったシュートはことごとく弾かれました。その優勢だった時間を名古屋に耐えて切り抜けられてしまった。結果的に試合は1-0。振り返れば、その時間帯で仕留められなかったことがこの結末になってしまいました。

181019_kiri.jpg

徐々に名古屋にリズムをつかまれます。26分、30分とGK桐畑選手が立て続けにビッグセーブを見せ、チームを救ったのもつかの間、35分に左サイドからのグラウンダーを前田選手に押し込まれて先制を許してしまいます。このビッグセーブを勝利に繋げられなかったことはとても残念でなりません。

後半開始から名古屋は選手を入れ替えたり、システムを変えるなどするなか、レイソルはもう一度良い守備から良い攻撃を、という形で反撃を試みますが、立ち上がりからハードに戦ってきた分、徐々にパワーが落ちてしまったように感じます。オルンガ選手を投入、そして高木選手に替えて山崎選手が残り13分で準備した矢先に、高木選手が2枚目のイエローカードで退場に。切り札だった山崎選手が結果的にピッチに立てたのは、追加タイムを含めて残り7分ほど。刻一刻と状況が変わっていくなかでの決断は本当に難しいものですが、今日は結果として同点、逆転と引き寄せるカードにはできなかったことが本当に悔やまれてなりません。

181019_sup.jpg

今日はチケット完売となり、平日金曜日ながら、日立台のスタンドが一杯になり、大きな期待のこもった熱いホームの後押しをいただきました。本当にすばらしい雰囲気でした。にもかかわらず、勝利でお返しできなかったこと、J1残留へ勝ち点を積み重ねられなかったこと、お詫びするよりほかありません。でも皆さんが本当に求めているのはお詫びの言葉ではなく、ただただ勝利のはずです。クラブとして強いチーム、勝てるチームをお見せしなければいけないし、私もそういうチームが見たい。今は本当に苦しい状況が続いていますが、ここから這い上がろうとしている選手たちやチームを信じていますし、残り4試合もどうか引き続きサポートをお願いいたします。

181019_segawa.jpg

181019_dai.jpg

181019_all.jpg

2018年10月18日

明日は「金J」名古屋戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

日曜日、ルヴァンカップ準決勝第2戦、熱く激しい闘いを繰り広げた120分、PK戦の末、惜しくも決勝進出はならず。これで我々に残された大会はJリーグ、残り5試合のみとなりました。まずは名古屋グランパス戦、明日金曜日の開催「フライデーナイトJリーグ」です。柏駅はこの試合に向けた特別広告でいっぱいに。柏駅がイエローペインティング、決戦ムードが高まっています!

181018_kashiwa.jpg

DAZNやJリーグのご協力により、先着12000名様にこの日だけのエコバッグプレゼント。写真の通り、応援グッズがたくさん入る大きめのサイズです。また先着2000名には試合当日有効のスタジアム飲食売店500円クーポンも配布されます。さらにDAZN2019シーズンパスの発売もあります。通常なら21000円のところ、19250円と割安になっています。特設ブースでお申込みの方にはスマホリング、選手サイン色紙のプレゼント(数量限定)もあります。

181018_bag.jpg

181018_toshi.jpg

レイソルの勝ち点は33ポイント、名古屋は31ポイント。相手は2試合消化が少なく、この試合でレイソルが勝って、5ポイント差にできるかどうか。シーズン終了後に名古屋の上でフィニッシュするために、J1に残留するために、必ず勝ち点3を勝ち取らなければなりません。

前半戦は最下位に沈んでいた名古屋ですが、夏の中断期間に他クラブの主力選手を多く補強。レイソルからは中谷進之介選手も移籍し、ディフェンスラインを整備。風間監督によるパスサッカーが強化され、安定したビルドアップから、リーグ屈指の前線のタレントたちが本領を発揮し始め、リーグ戦8連勝で降格ラインの上まで順位を上げてきました。5月、加藤監督の初陣だったアウェイ戦では3-2で勝利したものの、当時の名古屋とは大きく様変わりしました。エースFWのジョー選手はリーグトップの20得点、シャビエル選手の決定機に関わるプレーは本当に脅威的です。

「守備の時間が長くなると思う」。名古屋の特徴をふまえて、選手たちはそう話します。いかに穴を作らず、組織的に守れるか。突破されたとしても、ペナルティエリアの中で跳ね返したり、身体を張ったりと、我慢強く戦う試合が予想されます。そしてボールを奪ってからの素早い攻撃でフィニッシュにつなげたいところです。共に代表戦でゴールを挙げてきた伊東選手、オルンガ選手も無事にレイソルに帰ってきました。コンディションの状態を見極めての出場可否となるでしょうが、先日の湘南戦同様にチーム全員で戦う総力戦になるでしょう。何とか勝ち点3を獲り、広島戦からの連勝をつかみたいところです。

金曜開催ですが、ホーム側チケットは完売、ビジター自由をわずか残すだけとなっています。心配されたグランパスのサポーターも多く来場されると思われます。心配された雨も、午後から晴れそうな予報に変わりました!!我ら日立台、三協フロンテア柏スタジアムを黄色で埋め尽くし、圧倒的なホームの雰囲気、大きな大きな選手たちへの後押しをどうぞよろしくお願いいたします!

181018_sup.jpg