2017年5月20日

磐田戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

170520_win.jpg

リーグ戦6連勝です。2014年ラストから2015年開幕にかけての8連勝に次ぐ記録となりました。前線からのプレッシングやサイドからの攻撃といった戦術が浸透し、走りや闘いが求められている選手たちの頑張り、スタンドびっしりに埋め尽くして声援を贈ってくれたサポーターの皆さん。レイソルの力がひとつになっているからこそ得られた結果ですし、今日もヤマハスタジアムでそれをよう改めて実感しました。

170520_kosuke.jpg

今日も流れを引き寄せたのはGK中村航輔選手でした。立ち上がり、ゴール正面でのファウルからJ屈指のプレイスキッカー中村俊輔選手との直接対決がありました。トレーニングで準備してきたように壁の位置を細かく調整し、そして航輔のすばらしい反応。チーム一丸となってこのピンチを防いだことで、徐々にレイソルがペースを握っていきます。

170520_kosuke2.jpg

「アダイウトンがあんなにサイドに流れてくると思っていなかった」と中谷選手。ジュビロは1トップ2シャドーではなく、川又選手との2トップのような形をとり、そしてロングボールをどんどん蹴りこんできました。アダイウトン選手の隆々とした足腰スピードとパワーに対応するのは本当にタフなミッションだったでしょうが、鎌田&中谷のCBコンビは力負けせず、そしてクレバーにも戦い、相手の攻撃の一手を封じ込めました。そして大谷&手塚のボランチコンビがセカンドボールの争いで相手を上回ったことも勝因のひとつです。

170520_CB.jpg

前半終了間際、何度も繰り返したサイドアタックが実ります。伊東選手の突破からの折り返しに「2トップ」が反応します。ニアに飛び込んだ中川選手が相手DFを引き付けると、その後ろからクリスティアーノ選手がボールを捉えて先制。レイソルにとっては本当に良い時間帯、相手にとっては悔いの残る時間帯。気温が高く厳しい消耗戦だっただけに、大きな1点となりました。

170520_cris.jpg

後半、試合の流れ、結果が変わりかねない判定がありました。ペナルティエリアへ抜け出した武富選手がGKカミンスキー選手に倒されてホイッスル。PKを獲得したかと思いましたが、主審が副審に確認をとって、判定が覆るという本当に珍しいことが起こりました。我々にとってはあの場ですぐに納得するというのは難しいこと。ただ大谷キャプテンは相手選手とも話し、レフェリーからも説明を受け、そしてリスタートに切り替えました。手を叩いて、味方全員に集中をうながす声をかけていました。あの時間帯、スタジアム全体が息を吹き返し反撃ムードが高まる中、主将らしい振る舞いがチームの落ち着きを取り戻させたように思います。

170520_tani.jpg

そしてPKでなく、自分たちで追加点をもぎとって、強さを見せました。「2トップ」のカウンターでした。右サイドをドリブルで駆け上がったクリスから中央へのクロス。中央へ走りこんでいた中川選手の頭へピタリと合い、このヘディングシュートが勝負の大勢を決めました。

「ヒロトが前線から追ってくれるから」。チームメイトみんながチームの好調の要因を聞かれると、真っ先にその貢献を口にします。ただヒロト自身は「このポジションで出ている以上、もっとゴールに絡まないといけない」ともっとチームのためにならなければという思いで一杯です。

170520_hiroto.jpg

今週、日本テレビ「Going」さんの取材を受け、1年前に続いて取り上げていただけることになりました。この春には入籍し、奥様と住む素敵な新居にお邪魔しました。いかにしてあれだけの走力を発揮し続けているのかという取り組みや、またゴールを奪うための分析や探究を常に欠かさない日常の一部に触れさせてもらいました。「サッカーのビデオを見ているときは、集中してて構ってくれないんですよ。。。」と奥様がちょっと寂しそうなのも微笑ましい若い新婚さんでしたが、その献身的なサポートがあってこそ、ヒロトの活躍があります。今日のゴールも2人にとって本当に嬉しい出来事になったことでしょう。近日放送予定ですが、正式に決まりましたらお知らせします。

鹿島が敗れ、浦和が引き分け、ガンバが勝って、レイソルはまた上昇し2位です。まだまだ道の途中ですが、この連勝が長く続くように。続くリーグ戦は、日立台での埼玉勢2連戦。27日の大宮戦、そして6月4日の浦和戦です。引き続きのご声援をどうぞよろしくお願いいたします。今日も熱い応援をありがとうございました!

170520_fan.jpg

2017年5月19日

明日はアウェイ磐田戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

明日、リーグ戦6連勝を懸けて、アウェイでのジュビロ磐田戦に挑みます。昨年4月末から続けた連勝が「5」でストップしただけに、ひとつの壁を越えられるか、チームとしての1年間の成長が問われる一戦にもなります。ジュビロとは5月3日のルヴァンカップで対戦。前半からレイソルが躍動し、ドゥドゥ選手のスルーパスに抜け出したディエゴ選手が懐の深い切り返しから右足で流し込んで先制。その後も優位に試合を進めていたのですが、残り15分を切って、同点、逆転と敗戦。追加点のチャンスもありましたし、本当にいい試合をしていただけに、今でも悔しい思いが蘇ります。「今回は、その分のリベンジをしたい」。下平監督も今度こその思いを強くしています。

170519_diego2.jpg

ただ今回はリーグ戦に変わり、相手メンバーの入れ替えもあるでしょう。ジュビロには今季から中村俊輔選手が加入し、マリノス時代同様に、まさに司令塔という働きで新チームを引っ張っています。リーグ戦は負傷で1試合欠場しましたが、すでに先発復帰し2試合に出場。しっかり復調し、明日もレイソルにとって強敵になるのは間違いないでしょう。昨年アウェイのマリノス戦では、レイソルが優勢に進めていた試合でしたが、中村選手の大きなサイドチェンジやフリーキックなどから3失点。存在感を見せつけられただけに、大谷選手は「やっぱり俊さんを気持ちよくプレーさせないようにしないといけない」と名前を挙げて警戒します。

ヤマハスタジアムのチケットは、ホーム自由を除いて、すべて完売のようです。市内の小学生招待で多くの子ども達がジュビロの応援に駆け付けるそうですが、数年前の招待試合ではレイソルが勝ちましたし、アウェイの神戸戦も同様に勝ちました。昨年の磐田でもディエゴのスーパーゴールで逆転勝利。レイソルのサポーターの皆さんがアウェイでも力強く後押ししてくださいますから心配ありません!ひとつ、明日は最高気温25度に達する快晴となりそうです。暑さを避け、水分補給を欠かさず、熱中症にはくれぐれもご注意ください。選手たちにとっても大変タフな消耗戦となりそうですが、先発11人、リザーブ7人全員の力で相手よりも走り、勝ち点3を柏へ持って帰りましょう!!

170519_diego1.jpg

170519_sup.jpg

そして来週は、日立台での2連戦です。24日水曜日はルヴァンカップのFC東京戦。グループステージ残り2試合、グループ突破につながるプレーオフステージ出場への3位以内確保のためには2連勝しかありません。続く土曜日27日にはリーグ戦の大宮アルディージャ戦です。翌週の浦和レッズとの対戦を控え、勝ち点を積み上げて、首位を争う最高のシチュエーションで最強の敵と戦うためにも、まずは大宮戦でセレッソ戦のようなすばらしいホームの雰囲気を作り出して、選手たちを応援ください。

この2試合では、現在アソシエイツ会員様向けに「ペア&グループチケット」を販売中です。
http://blog.reysol.co.jp/news/2017/015528.html
170519_tic.png

対象席種は柏熱地帯とAL席で、表のように割引価格となります。家族や友人、仲間をぜひお誘いください。販売は試合3日前までとなっておりますので、ぜひお早目にどうぞ。またファンクラブへのご入会も引き続き受付中です。下のムービーのように試合当日に選手たちに触れ合えるイベントもご用意しておりますので、まだご加入でない方は、ぜひアソシエイツの一員になって、レイソルを応援しましょう!
■ご入会方法や特典の詳細はこちらから
http://www.reysol.co.jp/fan/supporters/associates.php

2017年5月14日

東京戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

昨年のこの時期以来の5連勝。アディショナルタイムの失点で連続完封はなりませんでしたが、試合のほとんどでゴールを許さず、逃げ切りに成功しました。順位は3位、首位に立った浦和とは勝ち点1差です。まだシーズンの約3分の1が終わっただけですが、ひとつひとつ試合をクリアしてきた成果が表れているのは間違いありません。

170514_sup2.jpg

まず立ち上がりからお互いがチャンスを迎え、ピンチを防ぎ合う展開でした。両軍同じように前線からアグレッシブにプレスをかけ、ボールを保持すればテンポよくパスをつないでいく攻撃。レイソルはクリスティアーノ選手、東京は太田選手、J屈指のプレイスキッカーが絶好の位置でシュートを放つと、それを林選手、中村選手と双方のGKがすばらしいセーブで阻止。緊迫感と見ごたえのある序盤でした。コウスケはほかにも2回の決定機を抑え、チームを踏みとどまらせました。

170514_kosuke.jpg

「太田選手は非常に良い左足を持っていて、チームとしてしっかりスカウティングをしていたので、何とかチーム全体で防ごうと言っていた。自分の止められる範囲に来て、防げたので良かった。前線の選手が一人一人ハードワークしてやってくれているので、自分も何とかフィールドの選手達の頑張りに応えたいという気持ちでやっている」

前半の拮抗を先に打ち破ったのは、レイソルでした。33分、鎌田選手からのボールを受けた手塚選手。距離を見ればここは得意のパスかと思いきや、迷いなく左足を振りぬきます。「あの位置にスペースが空くことを聞いていたので、ボールを持ったらシュートを打とうと立ち上がりから意識していた。枠に思いっきり飛ばせば良いかなと思って思いっきり蹴った。キーパーの嫌な所に行くように打った」。その言葉通りアウトにかかって沈んだシュート、野球で言えばシンカーのような弾道がGK林選手の長い手の下を抜けて、ゴールネットを揺らしました。

170514_tezuka.jpg

この日記で毎試合のように「1-0」の状態のことを書いていましたが、今日はこれまでの課題を一つクリアする、理想的な追加点を奪います。後半立ち上がり、30秒にも満たない電光石火の速攻でした。左サイドでの起点から、武富→手塚→中川と狭いエリアでダイレクトパスがきれいにつながると、クリスからのスルーパスに伊東選手が快足を飛ばします。相手DFと競り合いながら、GK林選手も飛び出してくるところ、懸命に足を延ばしてのスライディング。「どこに当たったかわからなかった。前を向いたらゴールに入っていた」。がむしゃらにボールを追いかけ、ほんのわずかでも相手より早くつま先で触ろうとする気迫が、待望の今季初ゴールを生み出しました。

170514_J.jpg

今日の試合のハイライトは、後半11分。FC東京の中島選手が途中出場し、小池選手との「いとこ対決」が実現しました。2人のお母さん同士が姉妹という関係で、小学生のころはよく遊び、一緒にボールを蹴ったりしたそうです。「まず5連勝できたことが嬉しいです。いとこ対決も勝てたので、個人としても満足しています」と笑顔がこぼれます。今日は家族やおばあちゃんも試合に招いていて、母の日の今日、大きなプレセントを贈ることができましたね。

170514_ryu1.jpg

170514_koike.jpg

その後、クリスやJにビッグチャンスが訪れながら、ダメ押しとなる3点目が奪えず、そしてアディショナルタイムに失点。だからこそ、Jの2点目が大きくものを言いました。大谷選手は「あの1点がなければ、最後のゴールで同点になっていたし、そこはポジティブに捉えながらも、自分も含めて3点目4点目を獲れるチャンスがあったので、そこはシビアに受け止めて、次も勝てるように準備していきたい」とこれまでからの進歩、そして次に修正すべき課題を挙げました。

夜の試合でガンバが勝ち、レイソルは勝ち点21で、浦和、ガンバに続く3位に浮上しました。大変気持ちいいことではありますが、一方でその下には同じ勝ち点の鹿島、そして勝ち点19で東京、セレッソ、川崎、神戸と4チームが続いており、一節の結果で順位は大きく変わる状況です。喜びや満足にひたるのは少しの時間で、もう次の戦いが待っています。

明日明後日は5月唯一のオフ。心身ともしっかり休息、リラックスして、また水曜日からのトレーニングで元気な顔を見せてくれることでしょう。サポーターのみなさんは明日から学校や仕事という方も多いと思いますが、貴重な休日をレイソルの応援に注いでくださって本当にありがとうございます。20日のアウェイ磐田戦を挟んで、24日水曜ルヴァン東京戦、27日土曜大宮戦と日立台2連戦です。引き続きの大きなサポートをどうぞよろしくお願いします。

170514_sup2.jpg

2017年5月13日

明日はアウェイ東京戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

2勝4敗から、神戸、横浜、新潟、セレッソと4連勝。6勝4敗の勝ち点18で、順位は5位まで上り詰めてきました。首位鹿島が21点、続いて浦和とガンバと東京が19点で並んでいます。首位とは3ポイント差、1ゲーム差です。ただ、まだ上位争いの入口に来ただけ。中谷選手は「去年は川崎戦で連勝が止まって、そこからズルズル行ってしまった。セレッソ戦でひとつ壁を超えられたけど、これを続けていきたい。苦しい時間帯もあるけど、後ろが踏ん張ればいい」とディフェンスリーダーとして、上位対決に闘志を燃やしています。ここからの上位チームとの直接対決を制し、順位が下のチームからのポイントを取りこぼさない。その繰り返しを、あと24試合続けていかなければいけません。

170513_shin.jpg

明日はアウェイでFC東京戦です。オフの補強でJリーグ屈指の陣容、タレントを擁する強敵です。GK林選手、MF高萩選手、MF永井選手、FW大久保選手、FWウタカ選手と他クラブの主力であった選手が加わり、DF太田選手が海外から復帰。ここまで6勝1分3敗で、目下3連勝中。16得点9失点。前節はエース大久保選手が2得点とギアを挙げてきています。一方でタレントをいかした攻撃力で圧倒するというより、リーグ2番目の失点の少なさで、堅くしっかりと勝ち点を積み上げている印象もあります。前線には日本人選手が並び、献身的にプレッシングをかける戦術はレイソルとも似ている部分もあります。

下平監督はまず「ミーティングで今の順位表を選手たちに見せて、ひとつ上の順位のFC東京に勝てば入れ替われると話しました。東京はセレッソ同様にタレントが揃っているが、前線からも守備をするし、ブロックを作って守る時もあって、メリハリができている」と分析します。またレイソルの3試合連続無失点については「やっぱり前線からのプレッシャーが効いているのと、中村もビッグセーブを見せてくれている」と評します。

170513_Jgoal.jpg

ここまでのリーグ戦対戦成績は、12勝3分12敗とまったくの五分。一昨年は2連敗でしたが、昨年はホームでは田中選手、アウェイでは伊東選手とWジュンヤのゴールで1-0のダブルを飾りました。今年の両軍のスタイルや結果を見れば、1点を争う拮抗戦になりそうな予感もありますが、いったいどんな戦いになるでしょうか。

味スタで15時キックオフ。今日はあいにくの天気ですが、明日は回復しそうです。味スタのビジター側をイエローペインティングして、選手への大きな声援をよろしくお願いします!

170513_J.jpg

2017年5月11日

ルヴァン仙台戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

平日水曜日のアウェイ仙台戦。おそらく200人ほどのサポーターの方々が駆けつけてくださいました。先週末のセレッソ戦に比べれば、数は大きく違いましたが、その分一人一人が選手たちの力になろうと声をはりあげ、ユアスタの屋根に反響する応援歌は逆サイドまで本当によく届いていました。だからこそ、勝利という最高のお返しをできなかったことが本当に残念でなりません。

立ち上がりから、攻守に勢いよく、アグレッシブにスタートした選手たち。試合が動いたのは13分、右サイドからディエゴ選手が力強く突破。ラインぎりぎりのところで持ちこたえながらマイナスの折り返し、ここに待ち構えていたのはドゥドゥ選手でした。「今日こそはゴールを決めてやろうと思っていた。自分はディエゴからのパスをはめ込むだけで済んだ得点」。先週のジュビロ戦ではすばらしいプレーを見せながら、二度の決定機を逃していました。先週同様にディエゴからのアシストを実らせ、真っ先にディエゴに飛びついて喜びを爆発させました。

170511_dudu.jpg

先ほども書きましたが、この日出場していた選手たちには先週のジュビロ戦の逆転負けが、色濃く残っていたはずです。今日も「1-0」とリード。そこからディエゴ選手や伊東選手に訪れた決定機を相手GKの好守にはばまれ、押し込まれる時間が続きました。3バックのベガルタは、両サイドのウイングバックがサイドに大きく開いて攻撃の起点に。レイソルの4-4-2のシステムが懸命にスライドして対応するも、後半13分には輪湖選手を投入して、最終ラインは5人で守る形になりました。

相手のクロスを何本も受けながら、懸命に跳ね返し続けます。残り時間が減っていく中で、なんとか耐え抜いていた選手たちでしたが、アディショナルタイム、時計は後半50分に差し掛かっていたラストワンプレーで力尽きました。細貝選手の回顧です。「後半はチーム全体で守りに入る時間が早かった。ボールを奪ってから前に出ていくことや、前に良いボールを供給していくことがチームとして足りなかった。守りに入ったなかで守り切れなかったことは課題。チームとしてどういう風に守っていくのかも共有していかないといけない」。

先週の逆転負けもあり、今日はどんな形でも結果にこだわり、ゴールを固めて守り切るということに集中していました。そこで1-0で守り切れるのも強いチーム、2点目3点目と追加点を獲れるのも強いチーム。ここ数試合、ずっと先制し、いい流れを作っていく中で、カップ戦もリーグ戦も、1-0からいかにゲームを運んで自分たちのものにできるか。これから暑さが厳しくなる中で上位に食らいついていくためには、チームとしてまた一つ上のレベルにならなければいけません。中山雄太選手がこの仙台戦を最後に、U-20日本代表に向かいました。ここから続く、東京、磐田、大宮、浦和のリーグ戦4試合。連勝中で結果が出ている今だからこそ、この課題に答えを出すような結果を期待したいと思います。

2017年5月 9日

明日はルヴァン仙台戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

マストウィン。勝たなければいけない、ルヴァンカップのグループリーグ第5節を明日迎えます。レイソルはここまで3試合を終え、1勝1分1敗の勝ち点4。消化試合数の違いがありますが、1位通過のためには3連勝が必要でしょう。プレーオフに進める2位または3位になるためにも、首位を走る明日のベガルタ戦は絶対に勝ち点3を逃せません。レイソルの残り3戦は、首位仙台、3位東京、2位札幌と上位との直接対決を残しているだけに、チャンスは十分に残っています。

ベガルタはここまで3勝1敗の勝ち点9で首位。下平監督は「まず、1位通過のためには3つ勝たなければいけないと選手たちに話しました。ベガルタのルヴァンに出ているメンバーを見ると、しっかりビルドアップして、結果を出している若手選手たちが自信を持ってやっていると感じています」と相手を分析しました。

レイソルにとっては3日の磐田戦で獲れたはずの3ポイントを落としているだけに、その敗戦を経験した選手が明日ピッチに立ったなら、前半のような躍動感あふれるサッカーを続けて先制し、そして最後まで集中切らさず、絶対に勝利を持ち帰るという強い気持ちを見せてくれるはずです。リーグ戦で出場している選手たちに負けられない。そんな気迫を期待しています。

土曜のセレッソ戦、14000人を超える今季一番の観客数をマークし「#チケット完売で勝利は気持ちいいね」という中谷選手の言葉通りの日立台になりました。来たる6月4日の浦和レッズ戦、すでに指定席はすべて完売で、柏熱地帯も残りわずかとなっています。セレッソ戦、行きたかったけどチケットが、、、という方もいらっしゃったと思いますので、まだ間に合います。ぜひぜひすぐにローソンやミニストップでお買い求めください!

2017年5月 6日

セレッソ戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

170506_win.jpg

担当:大重正人

泥臭くても、結果。相手より走り、ゴールはきれいに崩したものではありませんでしたが、身体を張って守り抜き、勝ち点3を手にしました。選手たちの頑張り、意地、プライド、相手に負けたくないという気持ち、自分たちが1点を守り抜くんだという気迫。今日は90分間、本当にピッチから日立台全体に伝わってきました。

170505_kohei.jpg

170506_tani.jpg

「この時期、急に気温が上がると体が慣れていなくて、夏場より厳しかったりします」と選手からこんな話を聞いたことがあります。まさに今日はそんな消耗戦でした。日本代表経験者をそろえるセレッソのパスワークが巧みで、レイソルは前線からのプレッシングがなかなかはまらず、失ったボールがなかなか戻ってこないという前半でした。自陣で守備に回る時間が長く、まさに耐える時間。ここ最近のレイソルにはなかった展開でしたが、まず45分間を無失点でクリアしました。

170506_shin.jpg

ハーフタイムのロッカーでは「苦しいけど、後ろはゼロでいこう!」。中谷選手が自分や仲間を励ますように声をかけていました。確かに言葉どおりの厳しい展開でしたが、立ち上がりの厳しかった状況から、マイボールの時間も徐々に増え、後半への糸口も見えていました。

下平監督は会見でこう話しました。ゲーム前に『勝負の神様は細部に宿る』というような話をして、キーパーへのバックパスに最後まで追いかけるとか、そういう小さな積み重ねが最後の勝負を分けるということを改めて伝えてゲームに臨んだ。まさにその通りにクリスティアーノのラッキーなゴールが決まって、苦しい中で本当に大きな1点になった」。後半12分、バイタルエリアでしかけたクリスが大きなドリブルをしかけるものの、身体からボールが離れてクリアされそうな状況でしたが、そのボールを蹴ろうとするDFにプレッシャーをかけました。

「ゴールは、運が後押しをしてくれた。相手の陣地内の高い位置からプレスをかけるということはずっと取り組んできたこと。今日は先制したチームが試合をものにすると思っていた。その通りになった」。

170506_cris.jpg

昨日の日記にも書きましたが、またしても先制叶い「1-0」の状況に。さあここから、どう残りの時間をプレーしていくのか。久々の先発ながら球際で奮闘していた武富選手からディエゴ選手にスイッチすると、1人2人と相手をなぎ倒すような重戦車ドリブルで敵陣で相手を押し込み、ディフェンスラインに攻撃にさらされる時間を減らしました。細貝選手もボール奪取や球際でのキープなど攻守に渡るサポートが効いていました。気づけば、先に足が止まっていたのは相手のほうで、レイソルがボールを握る時間となりました。

しかしセレッソは先制されても、前半のとおり、慌てず自分たちのサッカーを続けているように見えました。カウンターを許し、大きなピンチにも襲われました。しかし、レイソルの守護神、中村航輔選手が今日もビッグセーブを連発。間違いなく勝ち点3を獲った殊勲者のひとりです。最後の最後のセーブ、ほかの試合は見られていませんが、DAZNのベストセーブ2週連続1位になってもおかしくない、すばらしいプレーでした。

170506_kosuke2.jpg

「両チームともなかなかチャンスをつくれないなか、レイソルが1点取って、それを守り切ることができて、それが勝利という結果に繋がってよかった。セレッソは非常に良いチーム。しっかり対策して試合に入って、良い結果が掴み取れた。(最後のセーブについては)上手くボールが見えていたので良い対応ができた。今日は多くのサポーターの方たちが声援を送ってくれたので、それに応えないといけないと思っていた」

170506_kosuke.jpg

ゴールデンウィークの最終日、チームはリーグ戦3連勝中。相手はセレッソと、戦前からチケットが売れていき、ホーム側が先に完売となり、キックオフ前にはすべての席種もソールになりました。観衆は14000人を超えました。柏熱地帯はもちろん、バックスタンドやメインスタンドも黄色に染まり、こんなホームの雰囲気で戦えるのは本当にありがたく、幸せなことです。苦しい時間を耐え抜いた前半、クリスの先制ゴールに沸き、さらに輪を懸けて応援の熱が高まっていくのを感じました。相手GKのリスタートポイントが明らかに前過ぎることを、レフェリーにアピールするかのようなバックスタンド側からのブーイングも、また一つの日立台の一体感と圧力でした。春先に日立台の応援について言及されているコラムがありましたが、今日の日立台を見ていただきたかったと心から思います。これが日立台の力なんです、と。

170506_haku1.jpg

去年の5月8日の川崎戦。同じようにローソンエキサイトマッチで、ゴールデンウィークの最後で、連勝中で、多くのサポーターの皆さんが期待を込めて日立台に駆けつけてくれたなか、敗れてしまったことがずっと心に引っかかっていました。本当に勝ちたかった試合でした。今日はその溜飲を下げてくれる、選手たちの戦いぶりでした。よくぞ勝ってくれました。この勝利の勢いをまた水曜のルヴァン仙台戦、日曜のアウェイ東京戦へ。今日は日立台を満員にしていただいて、本当にありがとうございました。

170506_haku2.jpg