2019年5月22日

ルヴァン仙台戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

1-1。内容からすれば妥当なスコアかもしれませんが、でも先制し、試合の残り2割ほどまでリードしていただけに、今日のこの状況の試合に駆けつけてくれたみなさんに勝利を届けられていたら。選手たちの頑張りがとてもよく見えていただけに、あとは勝利さえあえば何よりだった、という口惜しい結果でした。

190522_sug.jpg

ただネルシーニョ監督が「前半からとてもインテンシティーの高いゲームができていた」と評したように、攻守ともに積極的でいい試合の入りができました。今日、プロ初先発だった杉井颯選手のアグレッシブさが目立ちました。「最初のプレーでかぶってしまって。石原さんがうまかった」と出鼻を挫かれかけましたが、そこで折れないのが彼のメンタリティーの良さ。ビルドアップ、裏へのフィード、斜めへのくさびなど、同じ左サイドに並んだ手塚選手、宮本選手とアカデミー出身のレフティーたちと共鳴。2トップの瀬川選手、ガブリエル選手との連携もよく、その流れのまま、前半26分に瀬川選手の強烈な左足シュートがゴールネットを射抜きました。

190522_seg1.jpg

「あの前に2.3回ミドルシュートを打っていたので、切り返したら絶対に抜けるというコースは見えていたのでイメージ通りのゴールだった」。大きなガッツポーズがこの試合への意欲、絶対に結果を残すという気概を示していました。そして久しく遠ざかっていたゴールの喜びがそうさせたのでしょう。ただ結果論ですが、瀬川選手自身も「あとは1本ポストに当ててしまっているので、こういった展開になってしまうのならばやはり1点決めなければならないと思う。勝たせる選手になるには複数得点取らなきゃいけない」と、まだまだ当然満足はできないという思いを残した試合にもなったはずです。

190522_seg3.jpg

後半途中からは、杉井選手と同じルーキーの山田雄士選手のプロデビューのピッチに立ちました。「自分が思い切ってやればできるかなという気持ちで入った。今日はJ1のチームが相手で、プレッシャーのかけ方だったり、一歩寄せるところや体の当て方はJ2より速いし強いので、今日デビュー戦をそういった相手とできてよかった。日立台でのデビューは、ピッチに入ったらすごく声援が頭の中に入ってきて、こういう感じなんだ、という感覚を初めて知れた。もっと応援されるような選手になれるように頑張りたい」

190522_yama.jpg

杉井選手も「足をつってしまった。練習から全力を出していたけど、それがまだまだだったということもわかりました」と、この公式戦のピッチに立って初めて体感すること、経験できたこと、ひとつひとつが若い選手にとってこれからの糧になるものです。今日でルヴァンカップ6試合が終わり、ここからはリーグ戦に全神経を集中し、戦っていける状況になります。改めて33人の選手でトレーニングから全力で競争し、高め合いながら試合に臨み、ひとつの勝利を次の勝利へつなげていく。そういうリーグ戦にしていかなければなりません。次の日曜は大宮戦、今季を占うビッグマッチに向けて、また明日から戦いが始まります。

190522_nel.jpg

2019年5月21日

雄太おかえり&明日はルヴァン仙台戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

昨日のことですが、非公開のトレーニングを見守っているとき、布部GMら強化部スタッフと話している見知らぬ人がいて誰か仲介人の方とかかな、、、と思っていたら

190521_yuta.jpg

「ご無沙汰してます!」。遠目からは見た目変わりすぎてて分からなかったです汗。笑顔で近寄ってきて握手してくれたのは中山雄太選手でした。オランダでのリーグ戦を終えて帰国、さっそく日立台に元気な姿を見せてくれました。昨年のシーズンオフから、いろいろな手続きをする間もなくオランダへ渡っていたそうで、ここ数日はその対応で忙しくしていたそうです。

オランダのズヴォレというクラブは今季13位。チームを率いていたのは、ヤープ・スタム監督、1990年代から2000年代にかけて活躍したオランダ代表の名選手でした。「僕が生まれたのが1997年なんで、選手時代の凄さはあまりわからなくて(笑)。見た目は少し怖いんですが、でも実際はすごく優しい方で、やっているサッカーもオランダっぽいというか、ボールを保持しようとするサッカーで、このレイソルでやってきたことを生かせたので、すごく入りやすかったです」。

「日本で英語を勉強してましたが、選手のほとんどがオランダ人なので、プレー中はオランダ語だけ。なのでサッカーに関するオランダ語は覚えました。ただみんな英語も話せるので、プレー以外のときは英語で会話してましたよ」。そして「先発は最後の2試合だけでしたけど」と当然悔しい思いもあったでしょう。ただ、たった5か月とはいえ、海外挑戦でまた雰囲気が大人びたようにも感じました。一部報道では、6月の代表戦に選ばれるのではという話もありますが、今週その発表がありますので、楽しみに待ちたいと思います。

明日から「日立台3連戦」のスタートです。まずはルヴァンカップの第6戦、ベガルタ仙台戦です。前節の鳥栖戦に勝っていれば、プレーオフ進出への可能性を残して迎えることができましたがとても残念ではあります。ただ「リーグ戦で出場機会の少ない選手たちがこのカップ戦で試合経験を積み、それを検証してきた」というネルシーニョ監督は、リーグ戦とカップ戦のタイトなスケジュールのなかで「2つのチーム」をつくり、最大目標であるJ1昇格に向けての個人育成、チーム構築を進めてきました。事実、古賀選手、上島選手はルヴァンからリーグ戦へとステップアップしています。このルヴァンで先へ進む道は絶たれましたが、それでもただの消化試合にしてはいけませんし、個人でもチームでも成果のある試合にしなければいけません。

このような状況で、しかも平日ナイトゲームにもかかわらず、チケットをお買い求めいただき本当にありがとうございます。スタジアムとなりの野球場での「ルヴァンカップキッズイレブン」をはじめ、ワークショップの「あそぼーたん」、ファンクラブ・アソシエイツ会員様向けには、先着制ですがレイくんとの写真撮影会、クラブバス内覧会、そしてくじ引きでの「サポートキッズ参加」のチャンスもあります。スタジアムフードや中村航輔選手のグローブが手に入れられるかもしれない「チャリティーオークション」もぜひご参加ください。またハーフタイムからは、日立台当日券売場でチケット半額になりますので、こちらもぜひご利用いただければと思います。皆様のご来場を心よりお待ちしております。
https://www.reysol.co.jp/ticket/next/#0522

2019年5月19日

水戸戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

190519_sup.jpg

今日の水戸、ケーズデンキスタジアムは、まるで日立台のようでした。ゴール裏やバックスタンドのビジターエリアにとどまらず、メインスタンドのほぼ半分がイエローに染まり、約1500人のサポーターのみなさんが駆けつけてくださいました。メインスタンドからも応援の歌に合わせて手拍子が起こり、本当に心強い後押しをいただきながらの90分間でした。現在2位の水戸を相手に、試合の多くを優位に進めたのは間違いありませんし、シュート数は14対6、特に後半は12対3と圧倒したにもかかわらず、今日もノーゴール。今季4試合目のスコアレスドロー、13試合中9試合で無失点に抑えているだけに、1点さえ取れれば、というところで今日も悔しい歯痒い結果に終わりました。

「終始ペースを握りながらも得点を奪いきることができなかった。今日の試合に関してはそれが全てだと思う」。ネルシーニョ監督の険しい表情がすべてを表していました。今日はとても風の強い日で、タフなコンディションでした。日立台と水戸のJリーグ公式映像制作局は同じで、スタッフの方に教えていただいたのですが「ここは前半と後半で風向きが変わったりするんですよ。前半も後半も風下になったりということもあるんです」。

190519_mica.jpg

今日のキックオフのエンドが入れ替わったのもそうした思惑があったかもしれません。いずれにせよ、ロングボールからの五分五分の局面を狙ってくる相手に対し、レイソルのDFラインは非常に難しい対応を迫られ、時にはクリアが押し戻されたりということもありました。ただ2次の競り合い、またセカンドボールの局面で、ヒシャルジソン&小林のボランチコンビを中心にハードに戦い、その甲斐あってか、主導権を握って試合を続けることができました。

190519_kob.jpg

特に立ち上がりは選手間の距離を保ち、ダイレクトプレーやビルドアップからの侵攻がスムーズで、その点も最近の試合の中でもとてもいいテンポで試合ができていたように思います。あとはラストパスやクロスの精度、ペナルティエリアでのポジショニングや動き出し、連携の質がまだまだ得点を量産するまでに至っていない。コーナーキックも後半だけで8回もチャンスがありましたが、こちらも決めきることができませんでした。

190519_esa.jpg

190519_seg.jpg

ネルシーニョ監督の上位との差を縮めるチャンスとして、並々ならぬ思いを選手たちに伝え、この試合に臨みました。これ以上離されてはいけない状況で、他チームの結果もみれば、なんとか現状維持の結果は得られました。ただ、このままでは追いつくことができません。安定した守備の上に、攻撃力得点力を上乗せしなければなりません。来週日曜日、3ポイント差の大宮アルディージャ戦にて、今日の分も取り返すような試合を、ホームのサポーターの皆さんの前で見せてほしいと思います。トンネルからまだ抜け出せていない状況ではありますが、何とか引き続きのご声援をお願いいたします。今日も力強い応援、本当にありがとうございました。

2019年5月17日

日曜は水戸戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:笹原麻央

今日5月17日は、杉井颯選手と山田雄士選手の19歳の誕生日でした。同じ年の同じ日に生まれ、同じ柏レイソルアカデミーに入団、ともにトップチームに昇格。そんな運命的な2人の誕生日を、練習後にミカのバースデーソングでお祝いしました。

そして、本日発表しましたように、古賀太陽選手がU-22日本代表に選出されました。古賀選手は5月28日(火)から代表チームに合流し、6月1日(土)に開幕する、第47回トゥーロン国際大会2019に参加することとなります。グループステージのスケジュールは以下の通りです。※NHK-BS1で生中継されます
■第1戦:
vsイングランド代表 @STADE DE LATTRE
6月1日(土)15:05キックオフ(日本時間22:05)
■第2戦:
vsチリ代表 @STADE D'HONNEUR
6月4日(火)16:05キックオフ(日本時間23:05)
■第3戦:
vsポルトガル代表 @STADE PARSEMAIN
6月7日(金)17:05キックオフ(日本時間24:05)

今回の招集にあたっての古賀選手のコメントです。
「去年1月以来、代表から遠ざかっていましたが、日本代表は常に意識してきましたし、まずはクラブで試合に出続けること、試合で活躍することにこだわってプレーしてきたので、その結果を評価してもらえたことをとても嬉しく思います。ただ、今回選ばれたことに満足せず、この大会でしっかりアピールして、オリンピックに繋がるようなプレーを継続して見せられるように頑張っていきたいです」

また、先日TBSより「スパサカ Road to TOKYO2020」の取材も行われました。

190515_supersoccer_taiyo.JPG

東京五輪世代として注目を浴びる古賀選手。その様子はスーパーサッカーTwitterで近日公開予定です。是非ご覧ください。古賀選手は5月26日(日)の大宮戦を最後にチームを離れ、代表へ合流します。その間もリーグ戦は続きますが、代表を通してまた一回りも二回りも大きくなって帰ってきてくれることを期待したいです。柏から世界へ。頑張れ、柏の太陽!

190517_taiyo1.JPG

190517_taiyo2.JPG

先日、千葉県のイベント情報誌「月刊ぐるっと千葉」の菊池大介選手への取材が行われました。
チームは先日の徳島戦で、リーグ戦6試合ぶりの勝利。苦しい状況が続いていましたが、J2をよく知る菊池選手はその期間を「優勝するためには必要な期間」と表現しました。
「勝つことはやはり難しいと再認識したし、勝ってこんなにも雰囲気が変わるんだと思った。勝った次の試合が本当に大事だし、波に乗っているチームを倒すことでチームも波に乗れると思うので、自分たちはチャレンジャーの気持ちでぶつかっていきたい」。水戸戦への意気込みもそのように述べてくれました。

190515_kikuchi1.JPG

自分のやってきたことの甘さを突き付けられ、自分が変わるきっかけとなったという湘南ユースへの入団。今のレイソルでの自分の役割。プロとして大事にしていること、サポーターに見てもらいたい点など、菊池選手のサッカーキャリアが丸ごと見られるようなそんな盛りだくさんな内容になっています。発売は6月21日(金)です。是非お買い求め下さい。

明後日はアウェイで水戸ホーリーホック戦。水戸は現在7勝1敗5分で2位。13試合で5失点と、現在リーグ最少失点の堅い守備をなんとかこじ開けなければいけません。
そして、水戸にはレイソル育成組織出身の白井永地選手も在籍しています。レイソルU-18から2014年に水戸ホーリーホックへ加入。今年で6年目となるシーズン、先発に名を連ね出場を続けています。

190517_shirai.jpg

昨日の囲み取材でのネルシーニョ監督のコメントです。
「(水戸は)今シーズン非常に良いシーズンを過ごしているチームで、4-4-2を基本としながらコンパクトな守備のラインを引いて、ボールを奪ってから縦に速く攻撃を仕掛けてくるという印象。
どの試合も間違いなく大切な試合になるのはこれから先変わらないけれども、水戸戦は、一つは勝ち点3を積み上げるということ、そしてその勝ち点3を積み上げることによって上位にいるチームとの勝ち点を縮める。そういった位置づけの試合になるので、非常に大事な試合になる。
どのチームも、勝てない時というのは勝ちに急ぐあまり焦りだとか不安というものを拭いきれずに次の試合に行くというサイクルに陥ってしまうけれど、徳島戦をきちっと勝って終われたというのはそういった意味でまず選手たちの焦りというものが少しでも緩和されるのではないかと思う。選手たちが自信を持って取り組むということが次の試合を戦ううえで非常に大事になってくる。水戸とは上位直接対決になるので、そういった意味でも、前節勝ったことでその勢い、敵地に乗り込んで選手たちがきちっと戦えるような精神的な部分は良い準備ができているのではないかと思う」。

水戸戦が終わると、5月22日(水)ルヴァンカップ仙台戦、5月26日(日)大宮戦、6月1日(土)岐阜戦とホームでの3連戦となります。ルヴァンカップは先日の鳥栖戦の結果から、グループステージ敗退が決まってしまいました。しかし仙台戦への選手たちのモチベーションは非常に高く、まだどのようなメンバーで戦うかはわかりませんが、選手たちにとってチャンスの場であることは間違いありません。ルヴァンカップからリーグ戦のメンバーに食い込んでくる選手が現れればチームにとっても非常に良い刺激になりますし、選手たちもそういった競争の意識を持ちながら日々トレーニングに励んでいます。大宮戦は、ビジター自由席・指定席共に完売となりました。ホーム側はまだまだ残席がございます。是非ホーム側も黄色で埋め尽くし、満員のスタジアムで選手たちの後押しをしていただければと思います。
一般販売はもちろん、アソシエイツ限定のお得な企画チケットも販売しております。ご家族やご友人をお誘いの上、是非スタジアムにご来場ください。柏レイソルへの声援を、どうぞよろしくお願いいたします。

https://www.reysol.co.jp/news/ticket/031949.html
https://www.reysol.co.jp/news/ticket/031952.html

190517_sup.JPG

2019年5月12日

徳島戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

後半アディショナルタイムに入って3分以上経っていたでしょうか。徳島の最後の猛攻を受け、ペナルティーエリアに攻守選手が殺到しました。相手のシュートを染谷選手がヘディングで跳ね返し、そのこぼれ球に足を延ばしたバイス選手のシュートがゴールマウスのわずか上に外れた瞬間、中村航輔選手が渾身のガッツポーズを繰り返しました。シュートを直接止めたわけではなかったですが、チーム全体でこの1点を守り切る、今日は絶対に勝つ、そういう勝利への執念が強烈にあらわれていました。航輔だけでなく、チーム全員の気持ちがそうでしたし、だからこそのリーグ戦6試合ぶりの勝利を手にできたと思います。

190512_win0.jpg

190512_win.jpg

きょうもこれまで同様の3バック。そこを起点にビルドアップしていくスタイルは変わりありませんでしたが、江坂選手や上島選手のコメントにもあったように、相手が狙ってくるところを見定めて、その逆を突くような落ち着きや臨機応変なプレーもありました。「鳥栖戦でも縦パスがすごく入っていて、それをすごく意識付けていたけれど、(パスが)入った後の圧縮がすごくされていたのでそこに無理につけるよりかはシンプルにクリス(クリスティアーノ)やミカを走らせた方がいいかなという考えでやっていた」(上島選手)

190512_esa.jpg

先制点はその狙いどおりの形からでした。上島選手から左サイドの裏のスペースへボールを送り、オルンガ選手がボールキープ。それに合わせて裏へ走りこんだクリスティアーノ選手へ流し込むと、自らはゴール前へ。そこへクリスから柔らかなクロスが入り、いったんブロックされたボールにいち早く反応して、利き足とは逆の右足で豪快にけりこみました。「今日の試合は、立ち上がりから勢いがあって、前線の3人の選手がシャープな感じで攻撃的なサッカーができ、自身も得点機をいくつかつくることができた。全体的に相手にサッカーをさせないプレッシャーをかけることができた。自分とクリスのコンビネーションで、最初のヘディングは弾かれたが、そのこぼれに反応して上手く決めることができた。」

190512_mica.jpg

ただ前半から徳島が見せていたパスサッカーは、とてもチーム内で浸透、成熟していて、本当に見事というよりほかないクオリティの高さが終始ありました。前からプレスに行ったボールを、3人4人が適度な距離感、ポジションをとって、少ないタッチで狭い局面を打開されてしまう場面が増えます。途中出場の狩野健太選手も彼らしいボールタッチや柔らかなパスで元気な姿を見せてくれました。運動量はどうしても落ちてくる終盤戦、そこでしっかり自陣のスペースを埋めるように体制を整えます。

190512_some.jpg

190512_koba.jpg

前がかりになる相手サイドバックの裏へのクリアから決定的なカウンターチャンスもありました。あの場面は、これから上位を狙っていく以上、前線の選手たちの力ならば決めなければいけないシーンで、相手の息の根を止めるところまで突き詰めていかないといけません。ただ、前線の選手も自分たちのピンチには全力で帰陣していましたし、そこは攻守関係なく、全員の力でこの1-0という難しい試合を獲ることができたと思います。

この一勝に満足している選手はいません。ここから勝利をめざし、トレーニングを積んで、そしてよりよい試合を続けなければいけません。続くリーグ戦は、水戸、大宮と上位を走るチームとの直接対決です。今季を占うビッグマッチになります。今日のように引き続き熱い応援をよろしくお願いいたします。今日もありがとうございました!

190512_sup.jpg

2019年5月11日

明日は徳島戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

アウェイでの鳥栖戦から中3日。リーグ戦に戻り、明日はホームでの徳島ヴォルティス戦です。鹿児島、鳥栖と続けて出場しているメンバーにとってはタイトな日程ではありますが、勝ちきれない試合が続く現状をなんとか打開しようと、非常にハードに戦ってきたサガン相手に一歩も引かず、よく戦い抜いた90分間だったと思います。

「選手が戦う姿勢や、今まで選手に求めてきたことをよくやろうとしてくれた。リーグ戦でも同じように、前からの守備、プレッシャー、前線での動き出しなど、あの高いインテンシティーを続けながらやっていくことがこれから大事になる」。ネルシーニョ監督も選手たちの戦いを称えながらも、これを継続しながらさらなる奮起を求めています。

190511_game.jpg

徳島は、スペイン人のロドリゲス監督が指揮をとって3年目。元レイソルの狩野健太選手が背番号10を背負い、懐かしい対面が見られるかもしれません。しっかりとビルドアップから攻撃を作っていくスタイルで、相手を引き込んで守りを固めるというよりも「後ろから選手が湧き出てくる(染谷選手)」という攻撃的な姿勢が目立ちます。

190511_kk.jpg

レイソルが前から相手を捕まえにいったとして、もし剥がされてしまった場合でも、そこからさらに帰陣して相手を離さないという繰り返しの守備、マークの受け渡しが欠かせないところです。そして何よりゴールを奪うところ。ここまで取り組んできた課題に対して、ホームのサポーターの前に結果として示さなければいけません。

明日は母の日ですね。ご家族連れでスタジアムにお越しいただく方におかれましては、フードエリアでスイーツをごちそうしたり、レイソルのグッズをプレゼントしたり、芝広場の塗りえコーナーで日頃の感謝の気持ちを伝える場にしていただけたら、とても嬉しいことです。選手にとっても育ててくれたお母さんに勝利をプレゼントして、ぜひ最高の親孝行の一日にしてほしいと願うばかりです。

190511_md.jpg

ららぽーと柏の葉エキサイトマッチや、アソシエイツ入会・ご紹介キャンペーン(6/22千葉戦での選手サイン会に参加できます)なども実施いたします。勝利から遠ざかり、残念な思いでスタジアムを後にされる試合が続いていて大変心苦しく思いますが、なんとか皆さんのご声援の力、後押しで選手たちをサポートしてください!スタジアムへのご来場を心よりお待ちしております。チケット販売やイベントのお知らせはこちらからご確認ください。
https://www.reysol.co.jp/ticket/next/#0512

2019年5月 9日

鳥栖戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

先週の鹿児島戦で逆転負けを喫し、「我々は勝ち方を知らなかった」と振り返ったネルシーニョ監督。ここまでリーグ戦とカップ戦のメンバーを分けて戦ってきましたが、この鳥栖戦にむけて選手たちの奮起を促すべく、鹿児島戦のメンバーほとんどを起用しました。J1復帰という最大目標に達するためには、この現状では順位的にもそこに届きませんし、日程が詰まった状況ではありましたが、ここで手を打たねばという決断でした。

190508_1.jpg

結果から言えば、0-0のスコアレスドロー。課題である得点力不足の改善となるゴールは生まれず、この試合と東京vs仙台の結果により、1試合を残してのグループステージ敗退が決まりました。ただ、監督の思いを受けた選手たちは90分を通して、とてもハードに戦っていました。良いことではありませんが、最近見られなかった小競り合いの場面もあって、そうした戦う姿勢、ファイティングスピリッツが前面に出ていたからこそのシーンだったと思います。

190508_3.jpg

攻撃でもトレーニングでやってきたことを試合でも随所に発揮できていました。シンプルに相手の裏を狙う速い攻撃、ビルドアップから丁寧につなぎ、3バックからウイングバックへの正確なフィード、また前線の選手が相手の間にポジションを取ったところを見逃さずくさびのパスを何度も通すなど、速遅長短、バリエーションをもってゴールに迫っていました。ただ「アタッキングサードでの生産性をもっと高めないと」「ラストパスの精度を上げないといけない」など、流れの中でのゴールを生み出すために、いまのやり方のクオリティーをさらに高める作業は必要です。

190508_4.jpg

ネルシーニョ監督の会見コメントです。「攻守にわたってゲームの序盤から、終始非常に良いテンポでやってくれたゲームだったのではないかと思う。守備から攻撃、ボールを奪ってから前につける、という意識が非常に多く見られましたし、カウンターでもいくつかチャンスを作ったと思う。選手たちは組織的に、献身的にボールを動かすということを最初からあきらめずにやってくれたと思いますし、選手たち一人一人が戦う姿勢を見せてくれた中で、結果こそ出ませんでしたが闘う姿勢や我々がやろうとしていることというのが理想に近い形でできたのではないかと思う」

190508_2.jpg

次の日曜日、ホームでの徳島戦で、なんとか結果に繋げなければいけません。日立台に駆けつけてくれるサポーターのみなさんに勝利と笑顔を、そしてJ1復帰に向けて期待をいただいてもらえるような内容で、結果を見せてほしいと思います。ゴールデンウイーク明けの平日のナイトゲームにもかかわらず、アウェイ鳥栖にまで応援に来てくださった皆さん、本当にありがとうございました。

190508_5.jpg