2019年3月17日

京都戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

90+3分、セットプレーからの決勝点。今日も1点差の接戦を制しての4連勝。苦しく際どいのギリギリの試合を、しぶとく我慢強くものにしました。京都のビルドアップ、ポゼッションに対し、前線からのプレスで挑んでいきました。立ち上がりは相手のミスを突いてショートカウンターを繰り出す場面もありました。闘莉王選手からクリスが奪ってのビッグチャンス、あれを仕留めていればという前半ではありました。一方、徐々に調子を上げた相手の巧みさもあって剥がされる場面が増え、ハーフタイムにはネルシーニョ監督から修正の指示がありました。「前からはめるのではなくてミドルゾーンできちっと守備をオーガナイズしてから、ミドルゾーンでボールを奪ってからのカウンターに繋げよう」と。

190317_se.jpg

190317_df.jpg

江坂選手を投入し、手塚選手と同じように相手のビルドアップにプレッシャーを与えながら、攻撃ではくさびを受けて攻撃のリズムを作り、後半の立ち上がりは試合を握りかけました。しかし、相手のパスワークはさらにテンポがあがり、サイドの崩されてのピンチが散見するようになります。それでも中央で構えていた染谷悠太選手はこう振り返りました。「一番いけないのは、外されて慌てて行ってさらに外されてスペースを与える、ということ。そこはみんなで中を固められたのが良かったし、一人がアタックしたら他がカバーするという形も上手くできていた。今日の試合は我慢比べなところがあった」。スタッツを見れば、許したシュートは前後半で2本ずつ。水際で食い止めたところもありましたし、身を呈しての激しいブロックでシュートカウントされないすばらしいディフェンスもありました。

ただ、失点はせずとも、0-0の拮抗が続きます。レイソルのビッグチャンスもクリスのヘディングがクロスバーを叩いた場面ぐらいで、今日は守備で我慢して、勝ち点1を持ち帰ったと割り切って考えられるような試合でした。でも最後の最後にドラマが待っていました。時計は92分を回り、セットプレーのチャンス。クリスのファーへのロングキックを、途中出場のガブリエル選手がやわらかく折り返します。

190317_jiro.jpg

「カブリエルが折り返したボールがゴールに向かうのではなくて、ゴールと並行に折り返した。少しスペースが空いて、相手がクリアしづらいボールを折り返してくれたので、自分はもう本当にボールに向かって飛び込むだけだった」。鎌田選手のヘディングがゴールをカバーするDFの脇をすり抜け、劇的すぎる決勝点。ヒーローインタビューを終えて、ゴール裏へ駆け出すジローを迎えた応援歌は、鳥肌の立つような一体感とパワーと喜びに満ちていました。

190317_tani.jpg

「ただ、勝ったから良しではなくて、しっかりと修正しないといけないところもあるし、また次のゲームに向けてやっていきたい」。大谷選手をはじめ、鎌田選手や染谷選手も早くも課題を見つめ直す言葉を残し、帰途につきました。何より大事な「結果」を得ながらも、その質を上げていかなければいけません。4連勝、残りはまだまだ38試合あります。一つでも多くの勝利を勝ち点と喜びをサポーターのみなさんにお届けできるよう、引き続き戦ってまいります。今日も西京極のイエローの一団が、90分を過ぎた最後の最後に勝利を引き寄せてくれたと思います。来週はホーム日立台、土曜日の岡山戦もご声援をよろしくお願いいたします。今日も応援ありがとうございました。

190317_sup.jpg

2019年3月16日

明日は京都戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

水曜のルヴァン鳥栖戦から中3日でリーグ戦のアウェイ京都戦へ。この短い間でしたが、うれしいニュースが飛び込んできました。GK中村航輔選手が日本代表へ復帰しました。思い返せば、去年のロシアワールドカップ以来の選出。5月に脳震盪を負い、なんとかワールドカップのチームへ合流し、さあここからレイソルで!という7月のFC東京戦でまたも負傷。長く慎重なリハビリを経て、11月に戦線復帰。今年は開幕からレイソルのゴールを守り、ここまでリーグ戦3連勝。試合を通して拮抗した試合が続きましたが、キーパーの力で勝ったと言える試合ばかりでした。

「森保さんに代わってから初めての代表で、本当に楽しみですし、嬉しいですよね!」と率直に笑みを交えて感想を話しました。23日の岡山戦は欠場することになりますが、それでもリーグ戦では味わえない経験や感情を得て、またレイソルで活躍してもらえたらと思います。

そして昨日、U-18のFW細谷真大(ほそや まお)選手のトップチーム登録を発表しました。毎年トップチームに昇格してくるアカデミーの精鋭たちですが、細谷選手は1月の柏でのトレーニングで練習参加し、指宿キャンプにもフル帯同。サイドアタッカー、またトップとして堂々のプレーを見せ、トレーニングゲームではゴールもマーク。監督からの評価を得て、今回登録とあいなりました。4月からはU-18プレミアリーグも開幕し、そちらではエースとしての活躍も期待されます。トップチームでの背番号は39番、U-18では11番です。

そして明日、京都でのアウェイゲーム。京都は大黒柱である闘莉王選手が健在で、また前線には生え抜きのアタッカー宮吉選手が今季から復帰。中盤の庄司選手は、山口時代に小池選手と共に旋風を起こした有数のパサーです。チームはここまで2勝1分の無敗で5位。レイソル同様好スタートを切っています。昨年まで在籍した染谷悠太選手にとっては古巣対戦となります。「勝ちたいです!」と率直な思いを話しています。そしてネルシーニョ監督は「非常に手強い経験豊富なチーム。開幕から2試合は4−3−3、前節はアウェイで3−4−3のシステムで試合をしている。スカウティングからの情報を選手に伝えた上で、どう戦っていくか。限られた時間だがしっかりと準備をして試合に臨みたい」とコメントしました。14時キックオフ、スタジアムやDAZNにて4連勝めざして共に戦いましょう!

2019年3月13日

鳥栖戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

0-1。直接フリーキックで喫した失点を最後まで取り返すことができず、リーグ戦カップ戦合わせて5試合目での初黒星となりました。サガン鳥栖の今日のメンバーを見れば、さすがJ1チームという布陣。元レイソルの藤田選手はサイドバックではなくセンターバックとして出場。持ち前の身体の強さ、そして走力を遺憾なく発揮していました。そして2トップには豊田選手と金崎選手。Jリーグ屈指のタレントが、このカップ戦に出場しているというところに相手の層の厚さを感じさせます。

190313_takumi.jpg

190313_koga.jpg

サガンと言えばロングボールのイメージが強いですが、ターゲットの豊田選手を目がけてくるボールは、レイソルの上島選手が先週のFC東京戦同様に持ち前のヘディングの強さを発揮。またその周りを衛星的に動く金崎選手のキープ力、サイドに流れてのボールの引き出し方など、なかなか潰しきれない場面もありましたが、しかしその強力2トップに対し、レイソルの5バックが決定的なシュートを打たせなかったのも事実です。チャレンジ&カバー、スライドなど全員が集中力を保って、しっかり守り続けました。

190313_taga.jpg

190313_riku.jpg

ただ攻撃では、思うように進められませんでした。ネルシーニョ監督は「前半なかなかビルドアップが機能せず、相手が前線からプレスをかけてくる中でうまくボールを捌くことが出来なかった。相手のプレッシャーをもろに受けたことでクリス(クリスティアーノ)が前線で孤立してしまい、江坂、ガブリエルが攻撃参加出来なかった」と振り返りました。古賀選手も「前回のFC東京戦は上手くいったが、今回プレッシャーをかけてくる相手に対して剥がせなかった。その辺は監督に言われたことを表現するだけじゃなくて、ピッチの中で起きている状況を理解しながら、自分たちで変化を起こしていかなければと思う」と反省と今後の改善へ向けての思いを話しました。

監督が修正点を伝えて送りだした後半。その矢先にうけた直接フリーキック。原川選手のプレイスキックはJリーグでも屈指で、あの場面あの位置でのファウルは、0-1で終わったという結果的に見ても何とか避けなければいけないものでした。ただその後は、レイソル復帰初戦となった小林祐介選手がピッチに入り、ビルドアップからボールがスムーズに動くように。上島選手のフィードからもチャンスを作り、攻撃のテンポを上げます。

しかし、レイソルサイドからすれば、さあここから!というところで、フラストレーションの溜まるプレーの止まり方が何度かあったように思います。一方で、相手のこの試合に勝ちたいという思いの強さがすごく表れていたとも思います。先行した1点を絶対に守り抜いて、何が何でもこの試合をものにするということが徹底されていました。勝利への執念、気迫という面では我々も常に忘れてはならないもので、相手を上回る思いの強さがあって初めて、J1へ復帰するという目標に近づいていけるものだと思います。

今日は風が強く、9.4度という気温よりも体感温度はもっと低かったと思います。そんな中でもスタジアムに駆けつけてくださった皆さんには勝利でお返しすることができませんでしたが、90分懸命に戦った選手たちに激励の声や拍手もいただきました。今日の敗戦を、次の勝利に。ここからは17日アウェイ京都、23日ホーム岡山、30日アウェイヴェルディとリーグ戦が続きます。J1昇格へ着実に進んでいけるようチーム一丸となって戦ってまいります。引き続きのご声援どうぞよろしくお願いいたします。そして今日の応援、ありがとうございました。

190313_sup.jpg

2019年3月12日

明日はルヴァン鳥栖戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

試合が続きます。2月24日のJ2開幕戦から、明日ではや5試合目を迎えます。中2日中3日の連戦ではありますが、やはり勝利の味が選手たちにより一層の力をもたらしてくれます。ルヴァンカップの第2戦、サガン鳥栖をホームに迎えます。

先週の第1戦、FC東京戦は、リーグ戦から大きくメンバーを入れ替えたものの、ネルシーニョ監督の綿密な準備と、抜擢された選手たちが躍動し、そして後半に瀬川&クリスというアタッカーの切り札を投入、そして生まれたミカのスーパーゴールで逆転勝利をおさめました。

190312_GS.jpg

堂々のデビュー戦勝利を果たした上島拓巳選手。ハイボールの対応、そしてフィード。彼が自負するセールスポイントを遺憾なく発揮し、本職の守備はもちろん、ミカのゴールのアシストのアシストをマークしました。「まだまだミスがあったので反省しないといけない」と喜びだけでなく、さらなる成長をめざしてトレーニングを積んでいます。

190312_takumi.jpg

今年からマッチデープログラム「VITORIA」のインタビューを動画撮影し、その一部をyoutubeインスタグラムなど公式SNSで配信しています。また今日からはYahoo内のスポーツコンテンツ「スポーツナビ」の動画コーナーにも配信スタートしています。レイソルサポーターはもちろんですが、サッカーファン、スポーツファン、レイソルを深く知らないという方にも、柏のスタジアムではこんな選手たちを見ることができます、という機会を少しでも作れたらと思います。タクミは特にカメラ映えする選手ですねーーたくさんの新しいサッカーファンに注目してもらえると嬉しいですね!
https://sports.yahoo.co.jp/video

明日はルヴァンカップですので、先週に続いて「ルヴァンキッズイレブン」、先着300名様にヤマザキビスケットのお菓子がもらえるサッカーアトラクションを開催します。アソシエイツの方向けには、レイくんとの写真撮影会、クラブバス内覧会を実施。先着順ですので16時30分のホーム開場に合わせて、お早目にご来場いただければと思います。お仕事や学校帰りの方には「ハーフタイム半額チケット」もあります。日立台公園で19:50頃から販売になりますので、ぜひスタジアムで応援ください!!
https://www.reysol.co.jp/ticket/next/#0313

190312_kids11.jpg

2019年3月 9日

新潟戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

今日も1点差の接戦でした。しかしチャンスを仕留め、無失点で守り切る。アタッカーもディフェンスもやるべき仕事をしっかり果たしたからこその勝利、そして3連勝でした。「非常に質の高いカウンターとスピードに特徴のあるチームだったので、我々も新潟のカウンターの対応というのは重点を置いて今週対策をしてきた」。戦前、ネルシーニョ監督が話した通りにタフなゲームになりましたし、相手の特徴を封じ込めながら、ゲームを進めることができました。

立ち上がりの2分、カウンターを受けて、最後はGK中村選手が飛び出したあとのゴールへ相手シュートが放たれたところ、戻ってきたのは大谷選手でした。あのカバーがなければ、間違いなく1失点し、ビハインドからスタートするという最悪の事態だったでしょう。試合を大きく左右するビッグプレーでした。

前半、チャンスよりピンチの方が若干多かったかもしれません。でも、そこを無失点で凌げたことが大きくものをいいました。「航輔が良いセーブをしてくれたりだとか、そこに(シュートに)持っていかせないのが一番だが、みんなで最後守れているのは非常にポジティブなことだと思う。最後ボックスの中でやらせないようにというのはみんなで話せていた」(染谷選手)

「チャンスを作られる場面はあったが、最後のところでキーパーのカバーに入ったり、シュートを打たせなかったり、シュートを体に当てたりというのは最後の局面でディフェンスラインに求められていることだし、そこで無失点が2試合続いたということはすごく大きいことだと思う。無失点であることを当たり前にしなくちゃいけないし、後ろの安心感だったり安定感というのは常に持ち続けなければいけないところで、その基準から自分たちが何をできるか、後ろが前をどれだけ助けられるか、ということが大事だと思う」(小池選手)

190309_DF0.jpg

小池選手が話した通り、シュートを打たれた場面はあっても、身を呈してブロックしたり、足を延ばし少しでも当てたり、とにかく良いシュートを打たせないという意識や努力が90分間最後まで続いているからこその無失点、1点差勝利だと思います。「トレーニングのゲーム形式でも、シュートを防がなければいけないような場面がたくさんあって、そこでシュートを打たせないということができているのではないかと思います。練習の成果が出せています」。よく言われます。「練習でできないことは試合でもできない」。練習は試合のため、試合で勝つための練習。それが実践できているからこそ、勝利や無失点につながっているのだと思います。

78分まで得点がなく、焦りを覚えたサポーターの方もいたかもしれません。でもピッチの選手たちからはそうした空気はほとんど感じられず、与えられた戦術、球際のところ、やるべきことを、心折れずに何度も繰り返していました。だからでしょうか、ゴールが生まれるのでは、という雰囲気で今日の試合も見守ることができました。

守備でも健闘していた小池選手ですが、先日の町田戦同様に、彼が高い位置まで前進して攻撃参加した際に、必ずといっていいほどチャンスを作り出します。昨年までは「レイソルのストロングの伊東純也をいかに活かすか」とコメントしていましたが、今年はもちろん守備での1対1の強さや粘りを発揮しながら、攻撃での決定的な仕事が光ります。後半の一番苦しい時間帯で、あれだけのスプリント、オーバーラップを繰り返し、なおかつ正確なプレーを続けています。レイソルの大きな力になってくれています。

190309_koike.jpg

そして試合を決めるゴールはオルンガ選手、2試合連続の決勝ゴールでした。小池選手からグラウンダー、相手の4人の足元をすり抜けるように届いたボールを押し込みました。「得点シーンは、右からのクロスをうまく合わせることができたのでよかった。後半に入って攻撃面を改善出来て、かなり難しい展開のゲームではあったが、守備もうまく耐えることができたので良い勝利を挙げることができた。かなり高いモチベーションで試合に臨めているし、監督が選手全員に、『常に難しい試合になる』とは伝えてはいたが、全員で戦って、チームワークを活かしたからこそこの結果を得ることができた」。来日2年目、味方を信じ、逆に頼られる存在になりつつあります。難局つづきのJ2だからこそ、余計に彼の高さと足元の技術、そして得点力が大きなものを言うシーズンになっていくことと思います。

190309_koike2.jpg

リーグ、リーグ、ルヴァン、リーグ、と4連勝。大谷選手が言います。「ルヴァンカップから中二日ではあったが、ルヴァンを戦ったメンバーがしっかり結果を出して良い流れをリーグ戦につなげてくれたのを、リーグ戦に出る自分たちが止めるわけにはいかないと思っていた。また、チーム内の競争という意味でも、今回も拓巳がメンバーに入ったりだとか、そういった中で競争を続けながら目の前のゲームに向けて今は全員がモチベーション高く準備できているので、これを続けていければと思う」。来週も水曜日曜の連戦ですが、上り調子、いい雰囲気で望めそうです。引き続きのご声援をどうぞよろしくお願いいたします。

2019年3月 8日

明日はアウェイ新潟戦

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

山口、町田、東京、と3連勝。異なる大会ではありますが、それぞれに出場した選手たちの準備と頑張り、そしてネルシーニョ監督のマネジメントにより、勝利を重ねています。圧倒した試合はなく、すべて1点差の拮抗した試合でしたが、だからこそ余計に価値を感じます。去年は獲れたはずの勝ち点3が勝ち点1に、勝ち点1が勝ち点0になることが多くありました。これからも1試合1試合を大切に戦ってまいります。

ルヴァンカップでは多くの初出場の選手たちが躍動。彼らが十分に試合でプレーできることを証明しました。これからのシーズン、まだまだ楽しみが増えました。そして迎えるアウェイでのアルビレックス新潟戦です。監督は「新潟は2試合アウェイを戦い、1分と1勝。カウンター攻撃が特徴的です。この2試合は、相手よりポゼッション率が低い中でこの成績を収めていることからしても、カウンター色の強い印象がある」と分析。先週のフクアリですばらしいミドルシュートを決めた田中達也選手らの名前を挙げて、警戒を強めます。

さらに続けます。「新潟にとってホーム開幕戦。相手も高いモチベーションを持って我々と戦ってくる。結果にこだわって前からアグレッシブに来るでしょう」。夕方、新潟NHKのニュースでは、やはりクリスを警戒せよ!と宮沢ミシェルさんが熱く語っていました、あのビッグスワンでの2年ぶりの試合。日立台とはまた違う、圧倒的なホームの雰囲気を作り出すスタジアムです。その「どアウェイ」のなかで、レイソルの選手たちが肉体的にもメンタル的にも強さを発揮できるか。注目して応援したいと思います。

190308_kohei1.jpg

190308_kohei2.jpg

あさってから、第2回のチケット発売です。4/14栃木戦、4/28横浜FC戦、5/12徳島戦の3試合が対象。特に横浜FC戦は、下平隆宏HC、南雄太選手、レアンドロドミンゲス選手との対戦、そして「アフラックデー」でもあり、多くのご来場をいただければと思います。3月10日日曜正午からアソシエイツ会員先行、16日土曜から一般販売もスタートします。
https://www.reysol.co.jp/news/ticket/031788.html
D1DUe1MVYAE6wZB.jpg

ホーム開幕の町田戦では1万人を超えるご来場をいただきありがとうございます。ファンクラブ会員の入会者数は、やや昨年を下回っていますが、すでに9000人を超え、過去最高だった昨年に近いご入会をいただいています。J2シーズンにもかかわらずご入会をいただいた皆様に、1試合でも2試合でも多くご観戦いただけるように、会員向けイベントを企画しております。

町田戦で実施した「あそぼーたん」は、お子様でも簡単に楽しめる手芸グッズで、ご観戦の記念のおみやげとしても大変好評をいただきました。続く3/23岡山戦でも実施いたします、3/12が事前受付終了ですので、アソシエイツ専用サイトからどうぞお申し込みください。
https://www.reysol.co.jp/news/fanclub/031770.html
190308_asobo.jpg

また来週13日水曜、ルヴァンカップ鳥栖戦でも「クラブバス内覧会」「レイくんと写真撮影会」「サポートキッズ」と会員対象イベントを実施しますので、合わせてご来場ご参加をお願いいたします。先週のクリス→ミカのスーパーゴール、あんなすばらしいゴールが生まれるかもしれません。ぜひスタジアムへ!!
https://www.reysol.co.jp/news/fanclub/
190308_pitch.jpg

2019年3月 6日

ルヴァン初戦制す

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:大重正人

やっぱり勝利は最高です!ルヴァンカップ初戦、FC東京相手に先制点を許しながら、後半にオルンガ選手の立て続けのゴールで逆転。若い最終ラインと、この日キャプテンマークを巻いたGK桐畑選手が最後までリードを守りきり、初戦白星スタート。そして公式戦は3連勝を飾りました!

190306_V.png

この日のスタメンは、山崎選手を除く10人が、先週土曜の町田戦から入れ替わるフレッシュなメンバー。もちろん驚きをもって受け止められたサポーターの方が多いでしょうし、またこのメンバーを見て、どんなシステムで戦うんだろう?と想像を膨らませたことでしょう。実際には3バック、守備時には5バックになる戦い方を「先週の金曜からこのチームでトレーニングしてきた」とネルシーニョ監督は東京戦を見据えて準備してきました。

前半は、FC東京らしい前線からのプレッシングにはめこまれて、なかなかビルドアップや、そこからのボールをつなげず「ボールを奪ってから失うまでの時間が短すぎた」とハーフタイムに修正を伝えました。「ボールをしっかり動かして。横に動かしていこう。つなげるところはしっかりつないでいこう」。そして「このまま前半と同じようにやっていくこと。この試合、引き分け、さらに勝ちまで十分持っていけるぞ」と鼓舞しました。

190306_sega.png

山崎選手のアクシデントはとても心配ですが、代わりに投入された瀬川選手の球際での強さ、守備への切り替えの早さ、そしてボールを持った時の切れ味。どれもがすばらしい働きで、ぐっと流れを引き寄せてくれました。続いて、ピッチに送り込まれたクリスティアーノ選手が、山口戦や町田戦同様に右サイドから攻め立てます。

今日は平日のナイトゲーム、そして年間シート対象外の試合にもかかわらず、チケットをお買い求めいただき、日立台に駆けつけてくれたサポーターが雰囲気を作り出して、間違いなく逆転への引き金を引いてくれたと思います。セットプレーから跳ね返されても何度もペナルティエリアへボールをけりこみ、最後はオルンガ選手が右足でゲット。さらに4分後、「あれはクリスティアーノがすごかった」と長谷川健太監督も舌を巻いたクリスのスーパークロスから、オルンガ選手が左足で合わせたボレーで逆転。アウェイのヤマハスタジアムで中川寛斗選手のヘッドをおぜん立てしたシーンが蘇る、2人によるスーパーゴールでした。

190306_mica.png

さらにチャンスを迎えながらも、東京も同点に追いつこうと攻勢を強め、最後は跳ね返す展開に。この日がプロデビュー戦だった、ルーキーの上島拓巳選手は、「それほど緊張しなかったですし、前の日も眠れましたから」と堂々と前半から持ち味を発揮し、90分守り抜きました。まず目立ったのは、ヘディングの強さ。相手のフィードを186cmのジャエル選手の上から強烈に跳ね返し続けました。

190306_kami1.png

特徴はそれだけではありません。後半になり、ビルドアップがスムーズになると、右サイドへ糸を引くような正確なフィードを連発。ミカの2点目、クリスへのアシストのアシストはタクミでした!「自分の持ち味はサイドにフィードを飛ばせるところ。前半は効果的なフィードを出せずに、繋げられる場面なのに自分が散らしてしまったりとか、そういうミスもあったので、満足はしていません。でも自分のやりたいプレーもできたし、まずは試合に勝てたこと、3バックという新しいシステムを真ん中として機能させられたというのは次につながる良い収穫だったかなと思います」とデビュー戦勝利を笑顔で振り返りました。

一方で、この日が同じくデビューとなった、FC東京の渡辺剛選手は中央大学でDFラインを組んでいた盟友です。なんと前半にCKからヘディングシュートを決められ「正直、ビビりました笑、もってるなあと。自分もやってやろうと思いましたし、今日は勝てたので痛み分けですかねー」。守備時のあのヘディングの強さ、跳躍力を見ると、セットプレーでの得点の期待も当然高まります。事実、キャンプでは強烈なヘッドを叩き込んでいましたから!

190306_kami2.png

そしてこの勝利を見守り、応援していた、リーグ戦のメンバーたち。当然チームの勝利をうれしく思っているでしょうし、一方でウカウカしていられない、と危機感も覚えたはずです。まだ3試合だけですが、勝利という何よりの結果を手にしながら、チーム内の競争が生まれ、刺激しあえる状況にあることは非常にポジティブです。次は中2日でのアウェイ新潟戦、先日の千葉戦は4-4-2のシステムで堅い守りからのカウンター、以前のこれぞ新潟というサッカーを見せつけられました。いい準備を続けて、アウェイ戦に挑みます!

190306_mica2.png