2009年6月 4日

ツキが変わって

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加

担当:河原 正明

勝利のダンスに沸くスタジアム。公式戦7試合、そして35日ぶりの勝利を分かち合うサポーターと選手の姿をみていると、安堵してはいけない、そうは思っていてもホッと自然と大きく息をひとつついてしまいます。
月が替わって、ツキも変わる。そう信じ、願っていました。


「サポーターのために勝ちたかった」試合後、監督と二人で話をしました。
「前半0点に抑えたのが良かった。今週はトレーニングから選手たちも自信を取り戻している手ごたえがあった。」選手たちに自信を取り戻す、そのためにできるトレーニングを積んで迎えた今日、前半を無失点で迎えたことが要因だけではなく、ハーフタイム、ロッカールームでの選手たちの顔がここ数試合と違って、明らかに闘う男・闘う集団になっていると私も強く感じていました。
そして後半、待望久しい先制点に追加点、そしてトドメの一発と理想的な試合展開だったのではと思いきや、監督は冷静に「どちらに転んでもおかしくはない試合だった。相手のチャンスもあったしね。でもだからこそ(こういう厳しい試合を)勝ちたかった」と振り返っていました。
最後に監督から「今日の試合はサポーターの皆さんの後押しがあったからこそ勝てた。本当に感謝しています。今は苦しい時ですが、選手・スタッフ一丸となって闘っている。俺たちは絶対にあきらめない。サポーターの皆さんには引き続き応援して欲しい。」とのメッセージを預かってきました。


crushonyou.jpg
ツキを呼び込んだ今日のヒーローは北嶋選手。J2時代、第2節の対草津戦以来、久々の2得点、しかもレイソルサポーターが待つゴールに頭で突き刺しました。ゴールを決め、胸のエンブレムを叩く、いつものキタジポーズに会場のボルテージも最高潮に。
「1点目は山ちゃんが、頑張ってくれた。2点目もクリが見事な切返しでボールを入れてくれたので、フリーで決めるだけだった」と自身のゴールにも仲間への賞賛を惜しみません。サポーターの皆さんが「俺たちのキタジ」と掲げるゲーフラの先には、常にチームメイトとサポーターと共にあろうとする北嶋選手がいます。こういう選手がチームにいて、一緒に闘えることをすごく誇りに思います。

theotherside.jpg
そしてロスタイム、トドメの3点目は李選手。開幕2戦目、千葉戦以来2ヶ月半ぶりのゴールでした。「チュンソンが点を取ってくれたのが何よりも嬉しかった。試合中、ずっと厳しいポジションで身体を張ってボールを受けてくれたので、すごく助かった。チュンソンの頑張りにチームが引っ張られたよ」とは北嶋選手ですが、負傷に苦しみ、耐えつかんだ今日のゴール。このゴールが彼に再び自信をもたらしてくれることでしょう!

believeyourself.jpg
昨日、石本広報の「広報日記」でいち早く、どの媒体よりも早く小林 慶行選手のコメントをお伝えしました。今日も引き続き加入2日目にして試合前イベント「ふれあいタイム」に太田選手とともに参加してもらいました。先着で整理券を手にしたサポーターとの写真撮影に応じ、さらにはアッキー司会によるトークショーに「正直つらいです(苦笑)」と早くも修練の場となりましたが、アッキーのリードで、早くも年下の選手たちからも「よっちゃん」とイジられていることや、弟である小林亮選手(山形)から「ホント黄色が似合わないね」という愛のあるメールが届いたことなど、だんだんとトークも弾みます。
しかし最後に「この苦しい状況を良くすることはすごく大変だし、パワーもいる。でもやり続けることが大事。選手はピッチの中でやるべきことをやり続けるので、サポーターの皆さんも応援し続けて下さい」と熱いメッセージを。この発言でグッとの心を掴まれたサポーターの方も多いのではないでしょうか。次はピッチでその姿を見せつけてくれることでしょう。

今日の試合ではこんなサプライズもありました。この顔、覚えていますか??
welcomebackbane.jpg
そうです、ドゥンビア選手がスイススーパーリーグ得点王のタイトルと共に日本へ、柏へ堂々の凱旋でした!「レイソルの試合を見たい!」ということで、日立台に直行してきてくれました!!「得点王おめでとう」と声をかけると「ドモアリガトゴザイマス」と、懐かしいイントネーションで言葉を返してくれました。
思えば昨年、選手たちがシュハスコをしている中、大谷選手に電話で旅立ちを伝えてくれて、当時の石崎監督やスタッフや選手と入れ替わり話して日本を去ったのが7月。あれから10ヶ月を経て、見事1部リーグの得点王になるとは、誰もが想像していなかったことでしょう(失礼!!)。さあ、どこまで彼は大きくなるのでしょう?楽しみです。少し日本でリフレッシュして、再び欧州へ。彼のサッカーの旅はまだまだ続きます。

さあ、反撃の6月進攻が始まります!次は日曜日にアウェイ山形戦。この試合に勝てばグッと決勝トーナメント進出の可能性が拡がります。喜んでいいのは今日だけ、明日からまた厳しい戦いに備えてトレーニングが始まります。
「あきらめない」この言葉とともにあと6ヶ月、一緒に闘って下さい。では。

chainreaction.jpg

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.reysol.co.jp/MT/mt-tb.cgi/1199